ITライフハック

メカニカルスイッチ

eスポーツにおいて確実かつ正確な操作ができる!Razerの高速反応のメカニカルキーボード「Razer BlackWidow JP - Yellow Switch」

img_210664_1

Razerは、ゲーミング向けのメカニカルキーボード「Razer BlackWidow JP - Yellow Switch」を発売する。価格は9,818円(税別)。

Razer BlackWidow JP - Yellow Switchは、Razerを代表するメカニカルゲーミングキーボード「Razer BlackWidow」シリーズの新モデル。日本語配列の既存モデルではメカニカルスイッチに「Razer グリーンスイッチ」を採用していたが、本モデルでは静音性と反応速度に優れる「Razer イエロースイッチ」を採用した。

Razer イエロースイッチは、クリック感がなく、キーを押し下げると次第に荷重が上がっていくリニアタイプのメカニカルスイッチ。アクチュエーションポイントは一般的なメカニカルスイッチより浅い1.2mm、押下圧は45gで、なでるように軽く触れる入力でも正確に反応。連続打鍵や瞬時のリアクションが求められるシーンでも、確実かつ正確な操作を実現した。

またRazerデバイスでおなじみのライティングシステム「Razer Chroma」を搭載し、約1,680万色のライティングを設定できる。PCソフト「Razer Synapse 3」と連携することで、人気ゲームにシンクロしたイルミネーションを楽しんだり、攻撃を受けたときに点滅させたりできるほか、自身の好みに合わせた発光エフェクトを設定することも可能だ。

そのほか、1つのキーに2つの機能を割り当てられる「HyperShift」や、オンボードメモリおよびクラウド上の両方に保存できるハイブリッドストレージにも対応。ハイブリッドストレージには、最大5つのプロファイルを保存でき、使用する環境が変わってもカスタマイズした状態でキーボード操作できる。

※「HyperShift」とは……任意のキーをHyperShift キーとして設定し、長押ししている間すべてのキーに通常割り当てをしたキーマッピングとは別のキーマッピングへ変更ができる機能

■Razer BlackWidow JP - Yellow Switch概要
カラー: ブラック
発売日: 2020年4月24日
カテゴリー: キーボード
概算サイズ(L×W×H): 約446×166×42mm
概算重量:1,248g
ケーブル長: 約1.9m
レイアウト: 日本語レイアウト
押下圧: 45g
アクチュエーションポイント: 1.2mm
リセットポイント: 1.2mm
キーストローク: 3.5mm
キースイッチ方式: Razer イエロースイッチ
アンチゴースト機能: 対応
最大同時押しキー数: Nキーロールオーバー
ゲーミングモード: 搭載
バックライト: 搭載(個別カスタマイズおよびRazer Chroma 対応)
オンボードメモリ: ハイブリッド対応(オンボード&クラウド)
マルチファンクションダイヤル・ボタン: なし
リストレスト: なし
対応OS: Windows 7(64ビット)以降
接続方式: USB
保証期間: 24カ月


Razer BlackWidow JP - Yellow Switch

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ネット会議や在宅勤務に大活躍!スマホ向けの縦画面動画撮影対応で初心者にも使いやすいロジクールの高画質カメラ「ストリームカム C980」
1TBに1500時間録画!ピクセラから地上/BS/110度CSデジタル放送対応でWチューナー&Wトランスコーダー搭載のテレビチューナー「Xit Board XIT-BRD110W」
千円以下で買えるテレワークに使える会話や会議の通話に特化したモノラルヘッドセット上海問屋の「DN-915974」
狙いは「eスポーツ主義」!MSIからリフレッシュレート300Hz&最新インテルCPUにNVIDIA GPUを搭載したゲーミングノートPC
マウスから新規格Wi-Fi6に対応し最新の第10世代Core i7を搭載するビジネス向けスリムノートPC「mouse X5」シリーズ






あらゆるメカニカルスイッチの感触を実体験できる上海問屋の72キー搭載のメカニカルスイッチテスター

465089-7

上海問屋は、自分好みのキーボードスイッチを探すことができるメカニカルスイッチテスターを発売した。価格は7,200円(税別)。

■オリジナルキーボードのソムリエになれるかも
本製品は、メカニカルスイッチソムリエを目指す人にもおすすめの、超巨大スイッチテスター。アクリル製のテスト台にCherryMXシリーズ、Gateron、Kailh、ZealPCなど様々なブランドのメカニカルスイッチが装着されており、軸を押下したときの感触の違いを比較することができる(71種類+1)。

キーキャップにはそれぞれの軸の種類がプリントされており、どのスイッチを押しているのか判別しやすくなっている。

テスターとしての使用がメイン用途の製品だが、メカニカルスイッチ搭載キーボードが大好きな人は、これだけたくさんのスイッチを試せるというだけでもきっと気分が高まること請け合いだ。

■製品仕様
製品サイズ・・・・・約163mm(縦) × 182mm(横) × 9mm(厚み) ※スイッチ除く
重さ・・・・・・・・約353g
材質・・・・・・・・アクリル樹脂
内容物・・・・・・・テストベース、スイッチ72個、キーキャップ72個(DSA)、キーキャップ抜き


465089-6

465089-8


72キー搭載メカニカルスイッチテスター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
使い方自由自在!単体で持ち歩くよりもモバイルバッテリーをより便利に活用できるケース「DN-915930」
その重量約1.36㎏!タッチ操作時もぐらつかない安定性抜群なアルミ合金製のタブレットスタンド
ヘッドフォンをカッコよくシャレオツに見せつつ収納できるアルミ合金製のクランプ固定式ヘッドフォンスタンド「DN-915947」
煙が目にしみないんだぜ!はんだ付けの煙で目がしみないようにしてくれる「コンパクト吸煙器」
先手必勝の自己防衛!読み取られてからじゃ遅い!キャッシュレス時代の必需品スキミング防止機能つきカードケース






CherryMXスイッチユーザー必須のメンテキット!メンテナンスに超便利な「メカニカルスイッチメンテナンスキット」

459636-6

上海問屋は、メカニカルスイッチメンテナンスキットを発売した。価格は690円(税別)。

本製品は、CherryMX互換メカニカルスイッチを搭載したキーボードのメンテナンスで使用するツール類のセットだ。キーキャップの引き抜き工具2種、掃除用ブラシ、静音化リング、スイッチ引き抜き工具などよく使うツールがひと揃えになっているので手元に置いておくと役に立つかも。

■製品仕様
対応・・・・CherryMX互換キーボード
内容物・・・・キーキャップ抜き(プラタイプ)
キーキャップ抜き(メタルタイプ)
スイッチ抜き
ブラシ
静音化リング(※数量にばらつきがあります。入数は約100個前後です。)
製品保証・・・・購入後 初期不良2週間


メカニカルスイッチメンテナンスキット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本エイサーからHDR10対応のフルHDゲーミング対応IPS液晶ディスプレイ
前世代より性能1.5倍速い!インバースネットからGeForce GTX 1660 SUPER搭載デスクトップ6機種
1億回の打鍵に耐える!RAZERから新方式のスイッチを採用したゲーミングキーボード「Huntsman Tournament Edition- Linear Optical Switch」
ロジクールから同社初のキースイッチ交換に対応するテンキーレスキーボード「PRO Xゲーミングキーボード」
サードウェーブ、令和元年台風第19号被災地を対象とした、PC無料修理および無償レンタルサービスの提供を開始






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ