ITライフハック

モンスターハンター:ワールド

「モンスターハンター:ワールド」の“なんばマルチプレイスポット”オープン!

MHW@なんばマルチプレイスポット1

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、発売中のPlayStation 4(PS4)用ソフトウェア「モンスターハンター:ワールド」について、2018年7月28日(土)より8月5日(日)まで「なんばマルチプレイスポット」をオープンする。

■誰でも参加OK!
本体験イベントは「モンスターハンター:ワールド」のオンラインマルチプレイを楽しんでいる人や、「モンスターハンター:ワールド」をプレイしたことがない人、オンラインマルチプレイを未体験の人など、誰でも参加可能なイベントだ。

オンラインマルチプレイ体験コーナーでは、普段使っている自分のセーブデータやイベント用セーブデータを使い、リアルな空間の中で仲間と一緒に狩りを楽しめる。経験者、未経験者問わずプレイした人には「モンスターハンター:ワールド」オリジナルPS4用「特典テーマ&アバターパック」をダウンロードできるプロダクトコードや、ゲーム内の食事場に登場するものをイメージしたランチョンマットをプレゼントする。またイベント中にクエストをクリアした人には、クエスト難易度に応じた「クエストクリア認定証」もプレゼントする。

また、ゲーム体験の有無を問わず、会場内に設けられたフォトスポットなどで撮影した写真に「#モンハンワールド」と「#なんばマルチプレイ」をつけてSNS投稿することで参加可能なノベルティプレゼント企画も実施する。参加者全員にPS4用「特典テーマ&アバターパック」をダウンロードできるプロダクトコードをプレゼントするほか、抽選でオリジナルクリアファイルバックまたはモンスターアイコン図鑑ポスターをプレゼントする。

会場内では特大スクリーンでのマルチプレイ映像の放映や、本作の世界観を模した装飾がなされているので、ゲームを体験していない人にも本作の魅力を体感できるイベントとなっている。

■「モンスターハンター:ワールド なんばマルチプレイスポット」イベント概要
・開催日時:2018年7月28日(土)~8月5日(日)各日12:00~20:00
・開催場所:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY 地下1階 ガレリアコート
■参加方法
・オンラインマルチプレイ事前体験予約
下記URLにアクセスの上、参加希望の日時を事前予約のこと。
URL:http://namba-multiplayspot.peatix.com/
予約、参加は1名から4名まで可能だ。
3名以下で参加する際は他の参加者とマルチプレイをする場合があります。
予約当日は予約時間までに必ず来場のこと。予約時間までに来場しない場合、予約はキャンセル。
・オンラインマルチプレイ当日体験受付
事前予約をしていない人向けに各日先着にて当日体験受付を行います。参加は2名から4名まで可能。
3名様以下で参加する際は他の参加者の方とマルチプレイとなる場合があります。
各日の体験人数には限りがありますので、予めご了承ください。
・SNS投稿企画
当日誰でも参加可能。イベント会場外装や会場内のフォトスポットなどで撮影された写真に「#モンハンワールド」と「#なんばマルチプレイ」を付けてSNS投稿して、その画面を会場内受付にて見せた人にノベルティをプレゼント。


MHW@なんばマルチプレイスポット2


サポートへのお問い合わせ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
オリジナルショートストーリー「ようこそジャパリパーク」を「あにてれ」で独占配信
「PlayStation 4 MONSTER HUNTER: WORLD Value Pack」数量限定で発売
アプリ「妖怪ウォッチ ワールド」ジャイロセンサーやカメラ機能がなくても遊べるようにアップデート
ゲーミングPCの無償レンタルも!毎日新聞社とサードウェーブ、「第1回 全国高校eスポーツ選手権」を開催
空間演出だけに!手軽に幻想的な空間を作り出せるLEDカラーライト付き小型スモークマシン「煙出」」


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-09-11

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2100AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-07-24




PS4「モンスターハンター:ワールド」、発売3日間で135万本を販売。ファミ通調べ

MHW_pake_pub

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、カプコンが2018年1月26日に発売した、プレイステーション4向けソフト「モンスターハンター:ワールド」の国内推定販売本数を速報としてまとめたものを発表した。

「モンスターハンター:ワールド」は発売3日間(初週)で135.0万本を売り上げ、プレイステーション4向けソフトの中で過去最高の初週販売本数を記録。累計販売本数も歴代1位となったとのこと。さらに、ダウンロード版を含めると、200万本を超える勢いと推測される。

本作発売週(2018年1月22日~1月28日)のプレイステーション4(プレイステーション4 Proを含む)の週間販売台数は、前週の44,910台から3.1倍の140,432台となり、前週の販売台数から大幅に増加。「モンスターハンター:ワールド」がハードの牽引にも貢献していると言える。また、週間販売台数としては、プレイステーション4本体発売週(2014年2月17日~2月23日)の322,083台に次ぐ歴代2位となっている。なお、プレイステーション4は累計販売台数が6,187,000台となった。

Gzブレイン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ついに狩猟解禁!PS4でモンハンを遊びまくれ!
Amazon、RPG「アトリエ」シリーズの20周年を記念し、シリーズ楽曲のストリーミング先行独占配信を開始
ひと足先に体験!音響空間に泊まれる!椿山荘から専用リスニングルームのステイプランが登場!
天空の聖地を体験する「高野山テラス」、東京ガーデンテラス紀尾井町で3日間開催
シリーズ30周年を迎える「ストリートファイターII」と佐賀県がコラボ







ついに狩猟解禁!PS4でモンハンを遊びまくれ!

01

ハンターのみんなはこの時を待ちかねていたことだろう。2018年1月26日、ついにプレイステーション 4ソフト「モンスターハンター:ワールド」が発売された。ダウンロード版を購入して午前0時から遊んでいた人も多いと思うが、発売イベントが開催された東京・渋谷にあるSHIBUYA TSUTAYAでは、発売記念のカウントダウンイベントが、午前7時の発売に合わせて、午前6時40分から開催された。

■井上聡さんと歌広場淳さんもモンハンの発売をお祝い
ここにはモンハン芸能人としておなじみの次長課長・井上聡さんとゴールデンボンバーの歌広場淳さんが登場。本作のプロデューサーである辻本良三氏と、ディレクターの徳田優也氏とともにトークセッションが開催された。

「メイクのために午前4時起きをしてきました」と語る歌広場さん。ひさびさの据置機でのモンハンについての感想を聞かれて井上さんは「家にずっとこもるので新しい出前とか、できるかもしれませんね。いいお店もできてるでしょうし」。歌広場さんは注目しているモンスターを聞かれて「ネルギガンテですね」と即答。「ビジュアルもすごいですし、特徴的な角。ニッチェの尾上さんかと思った」(歌広場さん)。

02


試したい狩りの方法について「爆弾で水攻めをやりたいなと思っているんですが、リオレウスがいなくなっちゃって」と語る井上さん。「最初は1人でやりたいですね。武器はなんでもいいんですけど、周りがあまりやってないやつがいいですね。ネルギガンテをマルチで討伐したあと、翌日にβ版をダウンロードしてソロでやってみようと思ったら、テストが終わっていた。モヤモヤしかしていないので早くやりたい」(井上さん)。

また、歌広場さんが気になったシーンは、ゾラマグダラオスの登場シーン。チュートリアル的に操作を覚えるためのシーンを男キャラクターでプレイしていたそうだが、「女キャラクターだったら見えたんじゃないか。キャラメイクし直してやってみたい」と語ると、徳田氏は「ちょっと見えますよ(笑)」。なお今回はキャラメイクがさまざまにできるのが売りなのだが「樽美酒研二は作れなかった。次回は歌舞伎ペイントを配信してほしい」と要望を出す歌広場さん。

次に武器の話に移って、何を使うか聞かれた井上さんは「決めてほしい」。βテストのデータでは、一番利用率が低かったのは狩猟笛だったのだそう。基本的にサポート信木なのでそうなったようだが、「それは勘弁して。ざくざくいけるのがいい」と井上さん。徳田氏から提案されたランスを使うことに決まったようだ。

そしてこのあと開催される大会「狩王決定戦2018」の話が出ると、eスポーツに興味がある歌広場さんは挑戦したいと語るが、チーム戦なのでもう1人必要。「身近に頼れる人が井上さんしかいない」と語りかけると「別に出てもいいんだけど、何かいろいろと失わないとダメでしょ」と井上さん。

マルチプレイで一緒に狩に出たい人を聞かれて井上さんはピエール瀧さんを挙げる。この間一緒に仕事をしてモンハンの話で盛り上がったのだそうだ。あとはいつもやっている後輩だが、吉本の若手はプレステ4が買えないと語る井上さん。歌広場さんはゲッターズ飯田さんとやってみたいのだそう。

ここで発売の7時が迫る。10秒前からカウントダウンを開始し、0になったら「モンスターハンター:ワールドで、ひと狩行こうぜ!」のかけ声とともに販売開始。1番目から3番目までの人がステージに上がって、辻本氏からパッケージと特典を渡された。ちなみに先頭の人は前日の朝から並んだのだそうだが、その人のお兄さんは毎回1番でソフトをゲットしている強者。今回はダウンロード版を遊びたいので弟がやってきたのだという。

03


04


■渋谷MODIで巨大版のパッケージと肉焼きで写真を撮って景品をゲット

また発売に合わせて、渋谷MODIでは発売記念イベントが開催されている。ここではデカパッケージか肉焼きで記念撮影をして、その場でTwitterやFacebook、LINEなどにアップすると抽選で景品がもらえる肉焼き抽選会に参加できる。ソフトをゲットしたあとは、ぜひともこちらに立ち寄って景品を当てて帰ろう。

05

06

07

08


モンスターハンター:ワールド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
めくるめくJAZZサウンドと高速リリックで、遊び心がスウィングするPS4 Lineup Music Video最新作「Playin’ Swingin’」を公開
GMOメディア、小・中学生向けプログラミング無料ワークショップを開催






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ