ITライフハック

ユニットコム

「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

img_142792_2

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」C-Classより、AMD Ryzenプロセッサーを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売した。価格はLEVEL-C0B3-R6-LNが9万2,980円から、LEVEL-C0B3-R7-XNAが19万9,980円から(いずれも税別)。

これまでのアーキテクチャから進化した「ZEN」アーキテクチャを搭載し、今までにない高性能かつ高効率化を実現したAMD Ryzenプロセッサー。オフィスでの資料作成やデータ処理を快適にこなすのはもちろん、ゲーム用途など高い演算処理能力を必要とするシーンにおいても優れたパフォーマンスを発揮する。

「LEVEL-C0B3-R7-XNA」では、メインドライブにSSDを採用。OSやアプリケーションの起動が高速になり、非常に軽快な動作で使うことができる。容量は480GBと、OSだけでなくゲームをインストールするのにも十分なデータ保存領域を持つものを採用した。また、2TBの大容量HDDも同時に搭載しているので、ゲーム中のスクリーンショットなどの画像や動画を大量に保存することも可能だ。

LEVEL∞ C-Classはコンパクトなデザインに、カスタマイズを幅広く行うことが可能なコンパクトケースを採用。ハイエンドグラフィックボードの搭載・カスタマイズを可能にし、コンパクトながらパワフルなゲーミングパソコンを構築できる。

■LEVEL-C0B3-R6-LN [Windows 10 Home]製品概要
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:AMD Ryzen 5 1600
チップセット:AMD B350 チップセット
メモリ:DDR4-2400 DIMM 4GB×2(計8GB)
HDD:1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載※オプションにてご選択可能
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1050 2GB GDDR5
電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源

■LEVEL-C0B3-R7-XNA [Windows 10 Home]製品概要
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:AMD Ryzen 7 1700
チップセット:AMD B350 チップセット
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:2TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載※オプションにてご選択可能
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB GDDR5X
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源


コンパクトゲームパソコン LEVEL∞ C-Class

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む

ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売
日本マイクロソフト、Surface ProのLTE対応モデルを法人向けに12月8日(金)より発売
アスク、TPCast製のVive用ワイヤレスキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」を発売
アスク、Synology製NAS「DiskStation DS218j」をはじめとするホームユーザー向けNASキット3製品を発表




ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売

img_142325_2

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」R-Classより、NVIDIA GeForce GTX 1070 Tiと第8世代インテル Core i7-8700Kプロセッサーを搭載した最新のミドルタワーゲームパソコン「LEVEL-R037-i7K-TXR」を発売した。価格は178,980円~(税別)。

本製品には、ゲームユーザーお馴染みの「GeForce GTX 1070」の上位モデルにあたる「GeForce GTX 1070 Ti」を搭載。4Kゲーミング環境でのさらなる高速化はもちろん、DirectX 12への最適化、注目のVRでの大幅なパフォーマンスアップなど、最新OS Windows 10と組み合わせることで最大限の性能を発揮できるグラフィックカードだ。

プロセッサーは最新の第8世代インテル Core i7-8700Kプロセッサーを搭載。Core i7-8700Kは6コア/12スレッド、最大4.7GHzに及ぶ動作クロックにより高い処理性能を発揮する。前世代である第7世代インテル Core i7プロセッサー (最大4コア/8スレッド)からマルチコアパフォーマンスが最大で約40%向上しており、ゲームをプレイするだけでなく、動画の配信に対するパフォーマンス向上や、マルチコアに最適化されたDirect X12対応ゲームやVRコンテンツのプレイもより快適になる。

■製品概要
OS:Windows 10 Home 64ビット [DSP版]
プロセッサー:インテル Core i7-8700K
チップセット:インテル Z370 Express
メモリ:DDR4-2666 DIMM 8GB×1(計8GB)
SSD:240GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:DVDスーパーマルチ
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti 8GB GDDR5
電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源


LEVEL-R037-i7K-TXR [Windows 10 Home]

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
日本マイクロソフト、Surface ProのLTE対応モデルを法人向けに12月8日(金)より発売
アスク、TPCast製のVive用ワイヤレスキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」を発売
アスク、Synology製NAS「DiskStation DS218j」をはじめとするホームユーザー向けNASキット3製品を発表
USBポートに差すだけで高音質化!USBサウンドクオリティアップグレーダー「APS-DR005」
握るように持つから使いやすいUSB接続垂直型RGBエルゴノミクスマウス






「LEVEL∞」、アーケードコントローラーがセットになった「鉄拳7」推奨パソコンを発売

img_139455_4

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より、アーケードコントローラーがセットになった「鉄拳7」推奨パソコンを発売した。価格は15万9,818円~(税込)。

「LEVEL-R027-i7-RNR-TK7 RAPSET」はインテルCore i7-7700とNVIDIA GeForce GTX 1060を搭載したデスクトップモデル。拡張性の高いミドルタワーケースを使用しており、ハードディスクややPCI-Expressカードの増設がしやすい設計となっている。なお、各種カスタマイズが可能な「BTO(Build to Order=受注後生産方式)」に対応している。

またゲームセンターに近い環境でプレイすることが可能になるアーケードコントローラーが標準でセットに。「HORI リアルアーケードPro.N HAYABUSA」はバンダイナムコのアーケード筐体と同様「ノアール配置」で設計されており、独自に開発したHAYABUSAユニットを搭載し、優れた応答速度と入力精度を実現した。

■LEVEL-R027-i7-RNR-TK7 RAPSET [Windows 10 Home]
OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテルCore i7-7700
チップセット:インテルZ270 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 4GB×2(計8GB)
SSD:240GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:1TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源
コントローラー:HORI リアルアーケードPro.N HAYABUSA


img_139455_3


「鉄拳7」推奨パソコン販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
15.6インチのノートPCやA4書類が折れずに入る、USBが2ポート搭載のPCバックパック
DAIV、4K動画の編集時間を短縮する、最新10コア20スレッドCPU搭載クリエイター向け水冷PCを発売
ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表

鉄拳7
バンダイナムコエンターテインメント
2017-06-01

鉄拳7 サウンドトラック
ゲームミュージック?(アーティスト)
スーパースィープ
2016-05-21




ユニットコム、スマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を期間限定で発売

img_138084_1

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP (アキバ スタートアップ)にて、CTJが販売しているスマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を2017年9月1日より展示・販売開始した。価格は1万5,000円(税込)。

CASE AirはカメラをWi-Fi化することで、スマートフォンやタブレットなどの端末で、カメラの遠隔操作を実現したカメラアクセサリー。USBでデジタル一眼カメラと「CASE Air」を繋ぎWi-Fiスポットとして通信することで、ライブビューやフォーカススタッキング、パラメータ調整などの操作がスマートフォンやタブレットでできるようになる。

■「CASE Air」機能概要
クイックビュー:撮影した写真を自動的に転送し、大きな画面で確認することができる
パラメータ調整:シャッタースピード/絞り/ISO/ホワイトバランスなどをアプリで簡単調整
遠隔ライブビュー:カメラから離れた場所でも、撮影シーンを見ながら遠隔撮影可能
写真のシェア:インターネット経由であれば撮影した写真を素早くシェア可能
その他:タイムラプス、HDR、長時間露出撮影などの機能も用意。
サイズ:60mm × 40mm × 10mm
重量:50g
Wi-Fi:802,11 b/g/n
有効距離:最大50メートル
バッテリー駆動時間:最大6時間
対応カメラ機種:CanonおよびNikon(詳しくは商品HPを参照)
対応OS:iOS8.0以降、Android 4.0.3以降、Windows7以降、OSX 10.10以降


img_138084_3

img_138084_2


CASE Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
レノボ・ジャパン、PHAB2 ProとTangoテクノロジーによる「ONE PIECE」コラボアプリを提供
ファーウェイ初のAIモバイル・コンピューティング・プラットフォーム「Kirin 970」を発表
「WiMAX 2+」のデータ通信速度がさらに高速化。256QAM対応で下り最大558Mbpsを実現
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ





ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売

img_137114_4

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP(アキバ スタートアップ) にて 、丸文の主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した世界最小・最軽量のノートPCアダプター「Dart(ダート)」の展示を開始する。展示は2017年9月30日までを予定。

Dart(ダート)はMIT(マサチューセッツ工科大学)発の高速スイッチング技術により、市場に出ている従来のACアダプターと比較し、4分の1の小ささ・軽さを実現。既存のレンガのようなACアダプターからポケットに入る大きさになったため、非常に持ち運びが楽になる。さらに小型化を実現できたことにより、DARTはコンセントに直接差し込むことができるモデルとなっている。 そのためかさばるケーブル類を減らすことができた。

Dartは、2.1Aの補助USB-Aポートを搭載しているため、PCと同時にスマートフォンやタブレット等の他の端末を充電することができる。そのためスマートフォンなどの充電器も削減でき、さらに持ち運びを楽にすることができる。

Dartは、適切なプラグの使用でAcer、Asus、 HP、Dell、Fujitsu、 Lenovo、NEC、Sony / VAIO、ToshibaなどのノートPCと接続が可能。また、18?21V、65W以下の電力レベルのノートPCであれば、DARTで正常に使用が可能だ。

同製品は現在、CCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE(グリーンファンディング)」にて先行販売を実施している。

■製品概要
定格出力: 65W (20V, 3.25A)
入力: 100-240V/AC50-60Hz/1.5A
出力: 18V-21V/DC
USB-A 出力: 5V/2.1A
最大効率: 95%
体積: 50cc
質量: 85g


img_137114_3


クラウドファンディングプロジェクト情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー
余った2.5インチHDDを手軽に外付けできるUSB Type-C接続 2.5インチSATAハードディスク×2ケース
Synology、NASの新製品「DiskStation DS418j」を発表




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ