ITライフハック

ユニットコム

ユニットコム、スマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を期間限定で発売

img_138084_1

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP (アキバ スタートアップ)にて、CTJが販売しているスマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を2017年9月1日より展示・販売開始した。価格は1万5,000円(税込)。

CASE AirはカメラをWi-Fi化することで、スマートフォンやタブレットなどの端末で、カメラの遠隔操作を実現したカメラアクセサリー。USBでデジタル一眼カメラと「CASE Air」を繋ぎWi-Fiスポットとして通信することで、ライブビューやフォーカススタッキング、パラメータ調整などの操作がスマートフォンやタブレットでできるようになる。

■「CASE Air」機能概要
クイックビュー:撮影した写真を自動的に転送し、大きな画面で確認することができる
パラメータ調整:シャッタースピード/絞り/ISO/ホワイトバランスなどをアプリで簡単調整
遠隔ライブビュー:カメラから離れた場所でも、撮影シーンを見ながら遠隔撮影可能
写真のシェア:インターネット経由であれば撮影した写真を素早くシェア可能
その他:タイムラプス、HDR、長時間露出撮影などの機能も用意。
サイズ:60mm × 40mm × 10mm
重量:50g
Wi-Fi:802,11 b/g/n
有効距離:最大50メートル
バッテリー駆動時間:最大6時間
対応カメラ機種:CanonおよびNikon(詳しくは商品HPを参照)
対応OS:iOS8.0以降、Android 4.0.3以降、Windows7以降、OSX 10.10以降


img_138084_3

img_138084_2


CASE Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
レノボ・ジャパン、PHAB2 ProとTangoテクノロジーによる「ONE PIECE」コラボアプリを提供
ファーウェイ初のAIモバイル・コンピューティング・プラットフォーム「Kirin 970」を発表
「WiMAX 2+」のデータ通信速度がさらに高速化。256QAM対応で下り最大558Mbpsを実現
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ





ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売

img_137114_4

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP(アキバ スタートアップ) にて 、丸文の主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した世界最小・最軽量のノートPCアダプター「Dart(ダート)」の展示を開始する。展示は2017年9月30日までを予定。

Dart(ダート)はMIT(マサチューセッツ工科大学)発の高速スイッチング技術により、市場に出ている従来のACアダプターと比較し、4分の1の小ささ・軽さを実現。既存のレンガのようなACアダプターからポケットに入る大きさになったため、非常に持ち運びが楽になる。さらに小型化を実現できたことにより、DARTはコンセントに直接差し込むことができるモデルとなっている。 そのためかさばるケーブル類を減らすことができた。

Dartは、2.1Aの補助USB-Aポートを搭載しているため、PCと同時にスマートフォンやタブレット等の他の端末を充電することができる。そのためスマートフォンなどの充電器も削減でき、さらに持ち運びを楽にすることができる。

Dartは、適切なプラグの使用でAcer、Asus、 HP、Dell、Fujitsu、 Lenovo、NEC、Sony / VAIO、ToshibaなどのノートPCと接続が可能。また、18?21V、65W以下の電力レベルのノートPCであれば、DARTで正常に使用が可能だ。

同製品は現在、CCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE(グリーンファンディング)」にて先行販売を実施している。

■製品概要
定格出力: 65W (20V, 3.25A)
入力: 100-240V/AC50-60Hz/1.5A
出力: 18V-21V/DC
USB-A 出力: 5V/2.1A
最大効率: 95%
体積: 50cc
質量: 85g


img_137114_3


クラウドファンディングプロジェクト情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー
余った2.5インチHDDを手軽に外付けできるUSB Type-C接続 2.5インチSATAハードディスク×2ケース
Synology、NASの新製品「DiskStation DS418j」を発表




パソコン工房 AKIBA STARTUP にて アクティブノイズキャンセル付き耳栓「QuietOn」を販売

img_134270_2

ユニットコムは、2017年7月28日(金)に秋葉原にオープンするパソコン工房 AKIBA STARTUPにて、QuietOnのアクティブノイズキャンセル付き耳栓「QuietOn」の展示・試用・販売を開始する。価格はパソコン工房 AKIBA STARTUP出展記念特別価格(10%オフ)として2万816円(税別)。

「QuietOn」は米国のクラウドファンディング「INDIEGOGO」で約136万ドル(日本円で約1億5千万円)、国内クラウドファンディング「makuake」で約470万円の支援を達成。また、フィンランドのフラッグシップ航空会社であるフィンエアーの機内販売も開始されている。

「QuietOn」は、通常の耳栓ではブロックしきれない騒音を、アクティブノイズキャンセル機能を利用して減少させる次世代の耳栓アクティブノイズキャンセルは、特に低周波騒音と呼ばれる飛行機のエンジン音、交通騒音、室内のエアコン音などを減少させることに効果的だ。

人の話し声や目覚まし時計の音などは、「QuietOn」のイヤーチップ部分で確実に耳穴をふさいでいることで遠くから聞こえてくるように感じ、小さくなって聞こえるようになる。完全にブロックすることはないので、目覚まし音、飛行機内や駅でのアナウンスを聞き逃す心配はない。

高性能なアクティブノイズキャンセル機能を搭載した「QuietOn」は、 コードレスで、 耳にすっぽり収まるほど小さく、使い方も簡単、1回の充電で最大50時間分使用が可能だ。

■製品内容
キャリーケース、QuietOnイヤープラグ1セット(右・左)、充電用Micro-USBケーブル、COMPLY社イヤーチップ1セット(右・左)、シリコン製イヤーチップ大サイズ1セット(右・左)、小サイズ1セット(右・左)、説明書


QuietOn

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
さりげない猫耳がキュートなヘッドホン「ピンクキャットヘッドホン」を発売
つけるだけでエルフ耳になれる「妖精に変身!エルフ耳イヤフォン」
HDD/SSDをセットして大量の動画を内蔵できる「SSD/HDD対応 液晶付きすごいメディアプレイヤー」
ヤマハ、新たなバーチャル3Dサラウンド技術に世界で初めて対応した、サウンドバー2モデルを発売
冷凍冷蔵庫VEGETAと“ドラゴンボール”べジータコラボ企画第2弾を実施





「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1060を搭載した15型フルHDノートパソコンを発売

img_134009_2

パソコン工房・グッドウィルを運営するユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より、NVIDIA GeForce GTX 1060を搭載した、即日出荷が可能な15型フルHDノートパソコン「Lev-15FX093-i7-RNS1XM」を発売した。価格は16万9,980円~(税別)から。

今回発売した「Lev-15FX093-i7-RNS1XM」は、グラフィックスカードにNVIDIA GeForce GTX 1060、CPUにはインテル Core i7-7700HQプロセッサーを搭載しており、最新のゲームを遊ぶには充分なスペックとなっている。また、ストレージにはSATA接続のM.2 SSDを搭載しており、OSやアプリケーションの起動が早く、快適に利用可能だ。また即納パソコンは、14:00までにクレジットカードもしくは代金引換にて注文すると、即日出荷が可能となっている。

■Lev-15FX093-i7-RNS1XM [Windows 10 Home]概要
OS:Windows 10 Home 64ビット
液晶:15.6型 フルHD(1920×1080ドット)対応 非光沢[IPS方式]カラー液晶
プロセッサー:インテル Core i7-7700HQ
チップセット:インテル HM175 チップセット
メモリ:DDR4-2400 SO-DIMM 8GB×1(計8GB)
SSD:525GB SSD / Serial-ATA 接続 M.2 SSD
光学ドライブ:非搭載
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
無線LAN:IEEE802.11 ac/a/b/g/n対応ワイヤレスLAN


Lev-15FX093-i7-RNS1XM

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「親子で体験!! デル パソコン組み立て教室2017」参加者募集
「LEVEL∞」より第7世代 Core i7とGeForce GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンが登場
アスク、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表
Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表
富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売






「LEVEL∞」より第7世代 Core i7とGeForce GTX 10シリーズを搭載したコンパクトゲームパソコンが登場

js_img_133551_2

ユニットコムは、「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」C-Classより、第7世代インテル Core i7プロセッサーとNVIDIA GeForce GTX 10シリーズグラフィックスカードを搭載したコンパクトゲームパソコンの販売を開始した。

GeForce GTX 1060[6GB]とインテル Core i7-7700を搭載したコストパフォーマンスに優れる「 LEVEL-C122-i7-RNS」や、GeForce GTXシリーズの中でも最上位となるGeForce GTX 1080 Tiとインテル Core i7-7700Kを搭載したハイエンドモデルである「LEVEL-C122-i7K-XNA」など3つのモデルをご用意。最高設定でのゲームプレイや、複数モニター・VR・4K等の高解像度でのゲームプレイなど、ゲームのプレイ環境に合わせたモデルの選択・カスタマイズが可能となっている。

メインドライブにはSSDを採用。OSやアプリケーションの起動が高速になり、HDDと違って非常に軽快な動作で利用できる。また、SSDは480GBと、OSだけでなくゲームをインストールするのにも十分なデータ保存領域を持つものを採用している。

LEVEL∞ C-Classはコンパクトなデザインに、カスタマイズを幅広く行うことが可能なコンパクトケースを採用。ハイエンドグラフィックボードの搭載・カスタマイズを可能にし、コンパクトながらパワフルなゲーミングパソコンを構築できる。

各種カスタマイズが可能な「BTO」に対応している。

■LEVEL-C122-i7-RNS [Windows 10 Home]
販売価格:13万6,980円~(税別)

OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテル Core i7-7700
チップセット:インテル H110 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5
電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源

■EVEL-C122-i7K-VNA [Windows 10 Home]
販売価格:18万9,980円~(税別)

OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテル Core) i7-7700K
チップセット:インテル H110 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:2TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1080 8GB GDDR5X
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源

■LEVEL-C122-i7K-XNA [Windows 10 Home]
販売価格:20万9,980円~(税別)

OS:Windows 10 Home 64ビット
プロセッサー:インテル Core i7-7700K
チップセット:インテル H110 Express
メモリ:DDR4-2400 DIMM 8GB×2(計16GB)
SSD:480GB SSD / 2.5 インチ Serial-ATA
HDD:3TB HDD / 3.5 インチ Serial-ATA
光学ドライブ:非搭載
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti 11GB GDDR5X
電源:700W 80PLUS GOLD認証 ATX電源


コンパクトゲームパソコン LEVEL∞ C-Class

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、CORSAIR製のゲーミングキーボード「K68 Red LED」を発表
Synology、Wi-Fiルータ「RT2600ac」および「VPN Plus」を発表
富士通、デスクトップパソコン「ESPRIMO FH90/B2」を新発売
歩けるVRお化け屋敷が登場「呪いのVR体験会」を開催
ドスパラ、自作パソコンセット「はじめてでも簡単に作れる!シリーズ」を発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ