ITライフハック

ライフイズテック

子供たちが東京の写真展をVR空間に創出!PlayStation VR活用ワークショップ「MEMOREUM TOKYO」レポート

「MEMOREUM TOKYO」取材レポ

ソニー・インタラクティブエンタテインメントとライフイズテックは2018年11月3日~4日の2日間、日本最大のEdTech 国際カンファレンス「Edvation × Summit 2018」において、ワークショップイベント「MEMOREUM TOKYO」を開催した。本イベントは中学生と高校生を対象にPlayStation VRを活用して、VR上で自分だけの写真展を創るというものだ。その様子を取材してきたので紹介しよう。

■自分だけの東京の写真展をVR空間に創る
「MEMOREUM TOKYO」は、VR上で自分だけの写真展を創るワークショップだ。「VRで創るわたしだけの写真展」をテーマに、本ワークショップのために用意されたVR教育ツール「MEMOREUM」を使用して、写真に込められた感情をVR空間に表現するというものだ。

今回の写真展のテーマは「東京」。参加者は東京の写真データを各々持参して、VR内の3D空間に写真やオブジェクトを配置しながら、記憶や想い出を表現した自分だけの東京の写真展を創った。

PlayStation VR
PlayStation VR


初日はオープニングトークの後、自己紹介を行って、チームメイトとのコミュニケーションをとった後、開発に移った。

2日目は引き続き開発を行った後、自分たちで発表会を開催。体験会では、ご父兄の方に作品の体験をしていただくかたちをとった。

発表会では、自分が創った作品にどういう感情が込められているのかを、チームメイトにプレゼンを行った。どの生徒もしっかりとした説明だった。

発表会でプレゼンしているところ


VR空間に創った東京の写真展


体験会では、子供たちの個性ある作品がVR空間で展開されているのを見た父兄からは「わあ!」「凄い!」と童心に返ったように感嘆の声が上がっていた。

体験会の様子


■遊びが学びへ、未来を応援
体験会後、Edvation × Summit 2018代表/デジタルハリウッド大学大学院教授佐藤昌宏氏から講評・総括があった。佐藤教授は生徒たちに「自分たちの感情を人に伝える」ことを課題に出していた。

子供たちに対し「なかなか伝えることは難しいです。何が原因で伝わらなかったかを考えるのが非常に重要なことです。技術はどんどん進歩しています。皆さんは僕らが想像しえない技術を作る側にまわるんです。そういう可能性があることを頭の中に残してくれたら、嬉しいなと思います。」と佐藤氏。

ご父兄の方に対しては「普通にVRをやっていたらゲームやっているんじゃないか、遊んでいるじゃないか、何となくそんな気になると思うんです。今の技術はゲームかもしれませんが、ゲームの中から何の意味があるのか、彼らにとってどんな未来につながるのかを少し想像を膨らませていただくと、遊びが学びに変わるかと思います。彼らの未来を応援する意味で今後、見ていただけたら嬉しいなと思っています。」(佐藤氏)。

デジタルハリウッド大学大学院教授佐藤昌宏氏


今回のイベントはPlayStation VRを活用して、VR上で自分だけの写真展を創るというものだった。子供たちは「MEMOREUM」を初めて使ったが、メンターの協力もあり誰一人脱落することなく、作品を創ることができた。この中から未来の凄腕のVR技術者が誕生することを期待したい。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ライフイズテック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
AIをゼロから解説!メディアバンクとアララ、AI TOKYO LAB 北出宗治氏による人工知能セミナーを開催へ
コスプレプロダクション「12カンパニー」が「12CO2CO2COちゃんねる」を開設
クラフトビール「GOOSE ISLAND」が期間限定でBurger Maniaとコラボ!激ウマバーガーを食べ最高のビールを飲んできた!
毎日新聞社とサードウェーブ、「全国高校eスポーツ選手権」を開催
ゴールデンボンバー・歌広場淳による宝塚特番「あのOGにお会いしたい」第2回放送は、龍真咲&音海ゆうまが出演決定

SIE、PlayStation VRを活用したワークショップ「MEMOREUM TOKYO」を開催

作業風景イメージ(5)

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、プログラミング教育を手がけるライフイズテックと共同で、中学生・高校生のクリエイティブ力や表現力を培うことを目的にPlayStation VRを活用したワークショップ「MEMOREUM TOKYO(メモリアム・トーキョー)」を2018年11月3日(土)~4日(日)の2日間にわたり開催する。

本ワークショップは、「VRで創るわたしだけの写真展」をテーマに、本ワークショップのために用意されたVR教育ツール「MEMOREUM」を使って、「写真」に込められた「感情」を「VR空間」に表現し、VR上で自分だけの写真展を創るというもの。

写真展のテーマは「東京」。参加者は自分で撮影した東京の写真データをご参し、VR内の3D空間に写真やオブジェクトを配置しながら、記憶や想い出を表現した自分だけの東京の写真展を創ることとなる。

なお、本イベントは、2018年11月4日(日)・5日(月)に紀尾井カンファレンスおよび千代田区立麹町中学校で開催される日本最大のEdTech 国際カンファレンス「Edvation × Summit 2018」のプログラムの一環として開催する。

■MEMOREUM TOKYO(メモリアム・トーキョー)概要
日時:2018年11月3日(土)13時~18時 11月4日(日)10時~18時
場所:千代田区立麹町中学校(東京都千代田区平河町2-5-1) ※教育国際カンファレンス「Edvation × Summit 2018」にて開催するコンテンツになります。
参加者(対象):中学生・高校生 約40名
詳細・お申し込み:https://life-is-tech.com/sie-vr-memoreum/
申込締切:2018年10月24日(水) 23:59まで


作業風景イメージ(2)

作業風景イメージ(3)

作業風景イメージ(4)


MEMOREUM TOKYO

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
寒い時でも顔もホッカホカな「充電式あったかフェイスウォーマー」
日テレ新ドラマ「PRINCE OF LEGEND」の王子たちも駆け付けた「よみうりランド ジュエルミネーション ~輝きのライトピア~」点灯式
いま、未来が動き出す――トリガー起動!!TVアニメ「ワールドトリガー」1~37話無料配信
手のひらサイズの石原さとみを独り占めできるスマホ専用コンテンツ「明治 ザ・チョコレート 石原さとみの大人舌レッスン」
ペットボトル等の丸い筒状のものなら中に入れて保温できる「いつでもあったか『USB丸ごと保温ケース』」

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-10-12

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB (CUH-2200AB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-07-01

PlayStation VR PlayStation Camera 同梱版
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2017-10-14



ライフイズテック、教員向けのI T・プログラミングキャンプ「TECH for TEACHERS CAMP」を開催

名称未設定-1

ライフイズテックは、プログラミング教育を先導する人材を育成することを目的とした新たな試みとして、教員向けのIT・プログラミングキャンプ「TECH for TEACHERS CAMP」を2018年8月に開催する。

本取り組みでは、教員を対象に「Web デザインコース(HTML/CSS)」「UnityRゲームプログラミングコース(2D・3D)」「映像制作コース」の3つのコースを用意し、実際にIT技術を使ったものづくりに取り組みながら、最新のIT・プログラミングを学べるような機会や、教員同士の横の繋がりを作るきっかけを提供する。

なお本取り組みは、日本HPの協賛により、パソコンを持参することなく参加することができる。

■「TECH for TEACHERS CAMP」の概要
日程: 2018年8月15日(水)~8月17日(金)
対象: 教員免許を持っている先生、教員免許取得見込みの人
※本サービスは、学校教育法第1条の小中高校、通信制高校及びインターナショナルスクールの先生向けサービス。
定員数: 30名程度
場所: 成蹊大学 3号館
東京都武蔵野市吉祥寺北町3丁目3-1
コース: ・Webデザインコース(HTML/CSS)
・UnityRゲームプログラミングコース(2D・3D)
・映像制作コース
費用: 3万9,900円(税抜き)
応募ページ: https://life-is-tech.com/tech4teacherscamp
運営・主催:ライフイズテック
協賛:日本HP


ライフイズテック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
シンガポールの不動産ビジネスで数々の成功を収めた起業家が「FXTFグループ」のM&Aを実施
米マイクロソフト、GitHub を75億ドルで買収
ソニーとタクシー会社各社がAI技術を活用した新たなタクシー関連サービスの創造に向けて新会社を設立
LINE Payが利用状況に応じてバッジの色が決まる新たなインセンティブ「マイカラー」制度を開始
CEOに直撃!あのパナマ文書解析にも使われたツールを提供するNuixが日本市場に本格参入!






ライフイズテック、ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を発表

LiT_teaser_illust_web_small

ライフイズテックは、ウォルト・ディズニー・ジャパンとライセンス契約し、ディズニーの世界を楽しみながらプログラミングやクリエイティビティをオンラインで学ぶことのできるプログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を開発。2018年4月21日よりサービスを開始する。

また、2018年3月6日より、先行予約販売を「テクノロジア魔法学校」公式サイトで開始する。公式サイトの先行予約の特典として、「初回限定ナンバリングを施した魔法の本」と「白雪姫80周年記念オリジナルポストカード」を同封した初回限定モデルをが用意される。

さらに、本サービスのストーリーを盛り上げる主題歌として、Perfumeの「エレクトロ・ワールド」が決定し、本日より「テクノロジア魔法学校」のPVが公開される。

「テクノロジア魔法学校」は「プログラミングは現代の魔法である」をテーマとして、魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、「アナと雪の女王」「ベイマックス」「アラジン」など13のディズニー作品を使ったレッスンによって、ロールプレイングゲームのように冒険の物語が進みプログラミングを学ぶことができる。

「JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shader」といったプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインと3つのコースを総合的に学習するクロスカテゴリ学習を採用。基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分※1の学習コンテンツを用意し、週1回2時間の学習で、約1年間学ぶことができる。毎日学べば約2~3カ月と、自分のペースで進めることができる。

©Disney

テクノロジア魔法学校

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Amazon「ホワイトデー特集2018」で“これを買っておけば間違いない”ギフトランキングを発表
地図・ナビゲーションサービス「ゼンリンいつもNAVI[マルチ]」で「お花見特集2018」の提供を開始
牛久市と牛久青年所がLINEスタンプを発売
LINE MUSIC、みんなで使える「ファミリープラン」が本日よりスタート。月額1,400円で、最大6人まで4,400万曲聴き放題
PC向けVRゲーム「初音ミクVR」がミクの日に登場

Scratchで楽しむ レッツ!プログラミング ジュニア・プログラミング検定 公式テキスト
富士通エフ・オー・エム株式会社(FOM出版)
FOM出版(富士通エフ・オー・エム)
2018-03-09





ライフイズテック、春休みに中学生・高校生向けプログラミング講座3月18日より全国で開催

2018-01-17_2

ライフイズテックは、2018年3月18日~4月5日の期間、全国6都道府県9の大学や専門学校を会場に、国内参加者数最大の中高生向けIT・プログラミングワークショップ「Life is Tech ! Spring Camp 2018」を開催する。

このたび、春休み期間に開催する「Life is Tech ! Spring Camp 2018」は、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、北海道大学、九州大学、関西大学など全国6都道府県の有名大学や専門学校を会場に、計13回にわたり開催する。プログラムは、4日間~5日間を用意、宿泊の有無や参加会場も全国から希望にあわせて選択可能だ。

コースは、3DCGを学べるMayaコースのほか、IoTやマインクラフト、メディアアート、アプリ、ゲーム、デザイン、アニメーションなど17コースから興味にあわせて選べる。教材学習のほか、ITへの興味を広げるアクティビティなどプログラミングやデジタルのものづくりを楽しむプログラムも充実していまる。なお、定員は1,200名を予定している。

■「「Life is Tech ! Spring Camp 2018」」概要
開催期間:2018年3月18日~2018年4月5日(計13回実施)
(キャンプ日程は各会場によって異なる。1回につき4~5日間のプログラム。)
参加者総数(見込み):約1,200名
参加申し込み期限:2018年2月28日まで
※各会場・コースの定員に達し次第、受付終了
料金:5万9,200円(4日間通いの場合・税別)
※宿泊有無や参加日数、機材レンタル有無などに応じて料金は変動
割引キャンペーン等:
早割:1月28日までにお申し込みの人は3,000円割引
紹介割:過去にキャンプへ参加したユーザーからの紹介で友人がはじめてライフイズテックのキャンプに参加する場合、紹介割引を利用可能(早割と併用可能)
開催会場一覧:
東京大学・慶應義塾大学(矢上・SFC)・早稲田大学・東京都市大学・デジタルハリウッド大学・HAL名古屋・関西大学・北海道大学・九州大学
実施コース:プログラミングやデザイン、ゲーム制作など「興味」にあわせて選べる17コース
iPhoneアプリプログラミングコース、Androidアプリプログラミングコース、メディアアートプログラミングコース、映像制作コース、アニメーションコース、デザイナーコース(Photoshop/Illustrator)、デジタルミュージックコース、初音ミク V3コース、ゲームクリエイター入門コース(2D)、LINEスタンプクリエーターコース、Maya 3DCGコース、IoT入門 with MESHコース、カメラ&フォトグラフィーコース、Webデザインコース(HTML/CSS)、Webサービスプログラミングコース(Ruby)、ゲームクリエイター体験コース(2D)、UnityRゲームプログラミングコース(2D・3D)、Minecraftプログラミングコース
※一部会場により実施されないコースがある。


キャンプの詳細・申し込み

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今年も江戸の人気者が羽田に大集合!見事な花魁道中練り歩きを堪能「新春はねだ江戸翼まつり2018」
キムタクのLINEスタンプが初週売上歴代最高記録を更新。「BG~身辺警護人~」のキャストたちによるLINEスタンプも発売決定
総勢13人の豪華作家陣が一同に集結!「角川新春麻雀大会2018」をニコ生で中継
“あるくと”ビールがおいしい渋谷のビアバー巡りを開催
彼女へのプレゼントにいかが?「カードキャプターさくら」のコスメグッズが登場






ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催

main

中高生向けのプログラミング教育事業を手がけるライフイズテックは、「進撃の巨人」の素材を使用し、中学生・高校生を対象に、 ITやデザインを学ぶ1日無料イベント「創造兵団」をアドビ システムズの協力のもと、 2017年5月28日(日)にゲートシティ大崎にて開催する。

今回のコラボレーションは、 ITでのものづくりを楽しんでもらうことを目的に、参加者が「進撃の巨人」を題材にして創作活動が楽しめる様々なプログラムを用意。進撃の巨人の公式ファンサイト「みん撃」のコンセプトである「はなす、つくる、ひろがる」を実現する新しいプロジェクトだ。

参加者は「創造兵団」に入団する設定のもと、巨人を駆逐するためのミッションを通じて、デザインの基礎やAdobe Photoshop CCの使い方を学ぶ。イベントの前半は、インタラクティブ教材「MOZER」を使い、「進撃の巨人」のアニメキャラクター・エレン、ミカサ、アルミンたちから指導を受けながら、 “街に巨人を出現させよ”“巨人に変身せよ”“戦闘シーンの加工”など数々の作戦に挑戦。後半は、「進撃の巨人」の素材を使用し、オリジナル作品作りを行う。

■創造兵団 概要
開催日時:2017年5月28日(日) 9:30-17:30
場所:ゲートシティ大崎 地下1階 ルームC
対象:中学生・高校生
※応募多数の場合、抽選となります。定員は40名を予定しています。
参加費:無料
申し込み期限:2017年5月19日(金) 23:59まで
コース:Adobe Photoshop CC コース


sub1


創造兵団
「進撃の巨人」公式ファンサイト「みん撃」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始
FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦
会社員1,000人に聞く 2017年夏のボーナス調査(マクロミル調べ)
料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」





ライフイズテック、中学生・高校生世代に向けたものづくりメディア「MAKEYS」をリリース

makeys_top

ライフイズテックは、中学生・高校生世代向けものづくりメディア「MAKEYS(メイキーズ)」を本日より開始する。

「MAKEYS」は、中高生の身近なものや、気になっていることを切り口に、つくる楽しさを伝え、デジタルを使うものづくりに対して“作ってみたい”“やってみたい”と好奇心を刺激するWebメディア。情報感度は高く、YouTubeなどの動画投稿サイトやTwitterなどのSNSサービスは使いこなす中高生世代だが、一方でプログラミングやITを使ってものづくりを実践している人はまだ一部となっている。これまで延べ2万人以上の中学生・高校生が参加したプログラムでの経験や、スクールやキャンプから生まれるアイディアを、新たな角度・分野から発信し、中高生世代にデジタルを中心としたMAKEYS流の「クール」なスタイルを提案していくとのことだ。

MAKEYS(メイキーズ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ソースネクストが老舗ソフトメーカーの筆まめを子会社化
東京メトロ×NTT、表参道駅構内でナビゲーションと広告サービスの実証実験を実施
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展
商売繁盛をみんなで祈願!「【KIGAN】スタートアップ 祈願会 at 増上寺 2017」体験レポ
「LINE Customer Connect」をアスクルの「LOHACO」で試験運用を開始







九州・福岡で最先端のIT教育を!Life is Tech!、福岡市とのコラボイベントを開催へ

中高生にプログラミングを教える「Life is Tech!」がシンガポールに進出!』で紹介した、中学生・高校生向けのプログラミングキャンプを行うライフイズテック株式会社が新たな展開を明らかにした。

同社は、福岡市と連携し市内の中学生・高校生を対象に、アプリ・ゲーム開発を体験的に学び、福岡のIT起業家の話を聞くことができる無料講座の開催を、2014年11月24日に開催する。

なお、同社が無料公開イベントを自治体と共同で開催する例は全国初となる。

続きを読む

中高生にプログラミングを教える「Life is Tech!」がシンガポールに進出!

中学生や高校生向けのプログラミングキャンプを行うライフイズテック株式会社は、6月下旬にシンガポールにおいて、同社の海外進出初の試みである「3days CAMP & 5days CAMP」を開催することを発表した。

続きを読む

IT業界で“ドラフト”はじまる!「ITドラフト会議2014」に大手5社が参加



中学生・高校生向けIT 教育プログラムを運営するライフイズテック株式会社は、新しい採用プログラムとして「IT ドラフト会議2014」を2014年3月12日(水)に実施することを発表した。これはプロ野球のドラフト会議にならい企業が優秀な学生を指名し、最終面接権やインターンシップ権を獲得するというものだ。

続きを読む

プログラマー女子を世界に!クックパッド×ライフイズテックでJC&JK向けプログラミングキャンプ



ライフイズテックは、日本最大のレシピサイトを運営するクックパッドの協力を受け「Code Girls JC×JK」を開催する。「Code Girls JC×JK」は、女子プログラマー育成を目的とした女子中学生および女子高校生のみを対象としたプログラミングキャンプである。

現在、女性のIT関連の雇用全体に占める割合は約27%と言われている。また世の中のWebサービスは、女性ユーザーが多く利用するサービスが数多く存在している。だからこそ、女性にしかわからない視点やエンジニア能力が強く求められている現状がある。


続きを読む

大学生向けITリーダー創造プログラム「Life is Tech! Leaders」が本格始動



ライフイズテック株式会社は、2013年11月よりクックパッド、グーグル、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、ドワンゴ、日本マイクロソフト、ヤフー、リクルートホールディングスの8社の協力を受け「Life is Tech! Leaders」の本格始動を開始した。

「Life is Tech! Leaders」はアプリの開発方法を大学生(※)自身が学んだ上で、最終的には中高生がアプリ開発を学ぶ支援を行い、大学生と中高生両方の成長を促進するIT教育プログラムだ。Life is Tech!のキャンプや学校の授業で講師を務め、IT教育の最前線に立つ経験ができる。高校卒業後であれば学年や学校種を問わず無料で参加可能。当プログラムの実施において協力各社から、会場及び機材の提供、告知の協力、講師の派遣といったサポートを得ることになっている。

※学年不問。大学・専門学校1年生や大学院生も応募可能。


続きを読む

「アプリ甲子園 2013」優勝の高校一年生 浅部君がiPhoneアプリ開発について語る



スマホアプリは中学生でも作れる!「Life is Tech! ハッカソンキャンプ」を開催へ』で紹介したように、中高生向けのシリコンバレー風IT学習・テクノロジーキャンプを行うライフイズテック株式会社は、東京大学で「Life is Tech! ハッカソンキャンプ」というプログラミングイベントを開催した。

同キャンプの参加者のひとりで「アプリ甲子園2013」で見事優勝した高校一年生の浅部佑君にお話しをうかがうことができたので、ここで紹介しよう。

続きを読む

プロの現場で体験学習 Life is Tech!がYahoo! JAPAN本社でスペシャルキャンプを開催



中高生向けのシリコンバレー風IT学習・テクノロジーキャンプを行うライフイズテック株式会社が、日本でも最高峰のプログラマー&IT技術者を抱えるヤフー株式会社の協力を得て、Yahoo! JAPAN本社にて中高生向けのスペシャルキャンプを開催する。

続きを読む

超豪華登壇者 ITと教育をテーマとしたフォーラム「Edu×Tech Fes 2013」開催へ



中高生向けシリコンバレー風IT学習・テクノロジーキャンプを行うライフイズテック株式会社は、2013年5月26日(日)にIT教育のあり方を様々な角度から探るフォーラムを開催する。教育と様々な分野を掛けあわせて日本の教育の未来について考えるフォーラムである。

「グローバル」、「エンターテイメント」、「リアル」をかけ算することで見えてくるIT教育の未来とは? 各分野の第一線で活躍中の豪華著名人による講演、来場するゲストによる「スピーカー(登壇者)×スピーカー」、「ゲスト×ゲスト」、「ゲスト×スピーカー」など、このイベントに来るすべての人のかけ算でどんなシナジーが生まれるのか?

お祭りみたいな活気さと一体感を目指し、たくさんの見識を積まれてきた人たちの話を聞いて、人々が一歩を踏み出すエネルギーを産み出す"場"にしたいとしている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ