ITライフハック

リアリティ

観光地や各種施設でリアルな聖地巡礼を可能にする音響定位技術を用いた空間演出プラットフォームをNECが開発

tpark_sound-ar

NECは、独自の音響定位技術やAR(拡張現実)技術を活用し、観光地や各種施設において専用イヤホンやスマートフォンを通じてリアルとバーチャルを融合させた空間を演出する「空間音響MR(Mixed Reality)」サービスを実現するためのプラットフォームを構築したと発表した。NECでは、本サービス事業を促進するコンソーシアムを今年度中に立ち上げ、同時にプラットフォームの提供を開始する予定だ。

空間音響MRは、顔の向きや移動方向に関係なく音源を空間に仮想的に固定するNECの「音響定位技術」を用いている。顔の向きを変えても一定の方向から音が聞こえるため、周囲のモノから実際に語り掛けられているような体験を提供することが可能だ。

また、仮想的なエリアの境界を作るジオフェンスの技術を利用して、利用者位置情報に基づいて音声コンテンツの起動タイミングを制御し、さらにAR映像を組み合わせることで、現実世界の風景とバーチャル空間が融合した新たな体験を実現できる。

具体的なサービスの例として、アニメやドラマなどのモデルになった地域で、来訪者があたかもその架空の世界にいるような演出をして集客を促進することによる地域活性化や、動物園の動物や文化遺産・史跡などを擬人化して人に話しかけることでエンターテインメントと情報提供を同時に実現し、新たな付加価値を提供するなど、様々な活用方法が想定されるとのこと。

今回提供を開始するプラットフォームでは、空間音響MRサービスを提供する上で必要なジオフェンス設定、音響の空間定位、音声・映像コンテンツとのマッピングなどをWebブラウザー上でGUIにて実現し、観光地や各種施設・団体などへ空間音響MRサービスを提案する事業パートナーに向けて提供する。

また今後、空間音響MRサービス事業を促進するため、現在事業パートナーであるコアミックス、ル・スポール、その他数社とコンソーシアムを立ち上げ、空間音響MR TMの認知向上と、事業パートナーの拡大を図っていくとしている。

空間音響MR

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
NTTドコモと埼玉高速鉄道など4社でRaspberry Pi 3ベースのIoTサイネージで状況に応じた動的広告配信事業の推進で合意
未来の名プログラマーを創出せよ!Windows Digital Lifestyle Consortiumが家庭で楽しくプログラミングを学べる特設サイト「CODEPARK」を公開
変な人を国を挙げて応援する異能vationプログラム「OPEN 異能vation 2019」授賞式
植えるだけで何もしない土壌機能回復術!ソニーコンピュータサイエンス研究所が六本木ヒルズで協生農法に関する実証実験を開始
郵便局でもキャッシュレス決済OK!日本郵便が郵便窓口でクレカや電子マネーが利用可能に






まるで実際のゴルフ場にいるようなリアル感でゴルフを楽しめる!「みんなのGOLF VR」が登場

01

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は日本国内に向け、PlayStation VR(PS VR)でVRゴルフ体験が自宅で手軽に楽しめる、PlayStation 4用/PlayStation VR専用ソフト「みんなのGOLF VR」の発売が決定したと発表した。

「みんなのGOLF VR」は、自宅にいながらまるでゴルフ場に来たかのような感覚で、誰でも手軽にゴルフを楽しめるVRゴルフゲーム。開発は、「みんなのGOLF」シリーズのクラップハンズと、ソニー・インタラクティブエンタテインメントワールドワイド・スタジオJAPAN Studioとなる。

「みんなのGOLF」シリーズならではの、“誰でも簡単に爽快ショット”を楽しめることはもちろん、シリーズ初の主観視点、PS VRならではの360度体験で、コースの起伏を目で見たり、風の向きを読んだり、ゴルフ場の自然を体感することが可能だ。

また、本作はPlayStation Move(PS Move) モーションコントローラーにも対応している。PS Move モーションコントローラーを使えばさらに、リアルゴルフのような臨場感で楽しむことができる。

■PlayStation 4用/PlayStation VR専用ソフトウェア「みんなのGOLF VR」概要
作品名:みんなのGOLF VR
ジャンル:スポーツ(VRゴルフ)
対応機種:PlayStation 4、PlayStation 4 Pro ※PlayStation VR必須
対応コントローラー:DUALSHOCK 4、PlayStation Move モーションコントローラー
発売時期:2019年予定
価格:未定
プレイ人数:1人
CERO:審査予定
開発元:ソニー・インタラクティブエンタテインメントワールドワイド・スタジオ JAPAN Studio/株式会社クラップハンズ
発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント


02

03


©Sony Interactive Entertainment Inc.

公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
親字5万字・熟語50万語を収録する“東洋文化の一大宝庫”大漢和辞典のデジタル版が11月に発売
月の土地が当たるかも!?個性派俳優3名が団結して地球を守る新CM「ダイドーブレンド まざりあって、超えてゆけ。」篇絶賛放映中!
初秋の京都にオリジナル苔アートが登場。苔の名所 5寺院で「モシュ印・コケ寺リウム」展示
「ひねもす式姫」がPlayStation Vitaで登場
ミルキィホームズファイナルシングルのタイトルと発売日が決定






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ