ITライフハック

リュック

ファン&ヒーター搭載で夏でも冬でも背中が「蒸れない快適リュック」

2_000000003071

昨日は、クールスーツっぽい「ひんやり水冷クーラーベスト」を紹介した。便利なんだけど、ちょっとお高いと感じた人にこちらはどうだろう。

サンコーは、「クールファン&ヒーター in『蒸れない快適リュック』」の発売を2018年5月28日より開始した。価格は7,980円(税込)。

■リュック背負ってると背中に汗をかいちゃうことあるよね?
背中は汗腺が多く、筆者は汗っかき体質なのでリュックを背負ってると背中一面がじわっと汗をかく。リュックの背面パッドも汗を吸ってジメジメしてしまい、あまり気持ちの良いものではない。

この蒸れない快適リュックは、ファンとヒーターを搭載しており、夏でも冬でも背中が汗で蒸れることがない。背面パッドの裏にファンを搭載。本体底部より吸気した空気を背面パッドから背中にむけて風を送る仕組み。

■暑い夏も寒い冬も両方で使える
暑い夏でも蒸れを抑えて快適にリュックを背負える。背面下部には腰部分を温められるヒーターを搭載。最大約55度まで温まり、寒い時期でもリュックを背負うだけで暖をとることができる。

電源はUSBから給電。モバイルバッテリーをつないで使用できる。ショルダーストラップ部にはUSBポートがあり、手軽に抜き差しが可能。操作はショルダーストラップ部のボタン部分で行い、ボタンを押すごとにクーリングファン、腰温めヒーター、USB給電が切り替えられる。

■リュックには14インチのノートPCを収納できる
リュックの容量は約20リットル。14インチのノートPCが入れられるスリーブポケット、小物が入れられる小物入れポケット、タブレットなどの出し入れに便利な、フロントポケット、ペットボトルを入れられるサイドポケットを備えている。

両手が使えるリュックは便利だけれど、夏は背中が蒸れて不快。寒い冬でも快適に使いたいなどという人、バイク乗り、自転車乗り、そんな人たちにもおススメだ。

■製品仕様
・サイズ/幅192×奥行き151×高さ97(mm)
・重量/1160g
・容量/約20リットル
・電源/USB給電(モバイルバッテリー2A以上を推奨)
・機能/背面クーリングファン
   腰温めヒーター
  ショルダーベルトUSB出力ポート
・クーリングファン/電圧:5V
         電流:0.9A
        消費電力:4W
        回転速度:3000+-10%rpm
         最大風量:23.10CFM
          騒音レベル:43.67dB
         連続使用時間:約10時間(10000mAhを使用した場合)
・ヒーター/電圧:5V
     電流:1.2A
    消費電力:5W
     温度:最大約55℃(環境により変動)
     最大温度に達するまでの時間:15分以内
    安全装置:55℃を超えると電源がOFFになり、55℃未満になると自動で電源がONになります。
    連続使用時間:約8時間(10000mAhを使用した場合)
・内容品/本体、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅430×奥行き130×高さ530(mm)
・パッケージ重量/1200g(内容品含む)
・保証期間/12か月


6_000000003071


クールファン&ヒーター in「蒸れない快適リュック」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、28型 4KHDR対応液晶ディスプレイ「JN-T2880UHDR」を発表
深水10M 動作検知機能付きの超ミニサイズのサイコロカメラ「指でつまめる防犯サイコロカメラ防水ケース付き」
静かな動作音で寝室でも卓上でも車でも大活躍するマイ冷温庫「自分専用おとしずか冷温庫 10L」
オプトスタイル、HDR10対応55インチ4K液晶テレビを5万円台で発売
タバコの煙をグングン吸い込み浄化・排出してくれる充電式スモークレス灰皿「ちょっと吸っトレイ2」





15.6インチのノートPCやA4書類が折れずに入る、USBが2ポート搭載のPCバックパック

15_000000002901

サンコーは、「USB2ポート付きスクウスPCバックパック」を2017年9月25日より発売する。価格は4,980円(税込)。

本製品は、USBポート2つ搭載のA4書類が折れずに入る、スクエア型の薄いグレーのシンプルなバックパック。15.6インチのノートPCが入り、普段使いにもビジネスバッグとしても使える。持ち手部分にはカバーがあり、持ちやすく疲れにくくなっている。

バッグパックの側面右側部分にはUSBポートを2つ搭載。バックパック内に手持ちのモバイルバッテリーを接続しておけば、すぐに側面のUSBポートからスマホなどの充電が可能だ。

ショルダーベルトには、ファスナー付きのポケットがあり、充電ケーブルなどを入れられる。ポケットは、バックパックの内側に、5つ(うちファスナー付き1つ)、外側正面に3つ、そして、ショルダーベルトに1つ、合計9つ搭載。USBポートにさしてサッと充電。自転車でスマホでナビを使う場合などにも便利だ。

■製品仕様
・サイズ/幅290×奥行き130×高さ400(mm)
・重量/790g
・素材/ポリエステル
・容量/約18L
・USBポート/2個
・パソコン収納サイズ/15.6インチ 最大幅380×奥行き255×高さ35(mm)
・ポケット数/9
・内容品/本体、日本語取扱い説明書
・保証期間/6か月


2_000000002901

17_000000002901


USB2ポート付きスクウスPCバックパック
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
DAIV、4K動画の編集時間を短縮する、最新10コア20スレッドCPU搭載クリエイター向け水冷PCを発売
ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー




サンコー、折りたたみイスをビルトインした「どこでも座れるカメラリュック」を発売

1_000000002716

サンコーは、「どこでも座れるカメラリュック」を2016年12月16日より発売する。価格は7,980円(税込)。

本製品はイスが内蔵された、一眼レフカメラ、レンズを収納できる大容量のカメラリュック。間仕切りパッドで自由にレイアウトでき、間仕切りを外せば大きな収納スペースを作ることが可能。本体上部はカメラにすぐにアクセスできる構造になっているほか、サイドには三脚ホルダー付き、本体下部にはレインカバーが収納されており、急な雨でも安心だ。

本体背面側に耐荷重100kgのイスを内蔵、背面パッドのクッションが座面のクッションとなり、どこでも簡単に長時間快適に座れる。また、イスを撮影時の補助台として使用することも可能だ。重さはイスを含めても約1.6kgと軽量。気軽に持ち運びできる。

■製品仕様
・サイズ/リュック:幅290×高さ460×奥行210(mm)※ハンドル含まず、折り畳みイス:幅240×高さ300×奥行260(mm)
・重量/リュック:1300g(イス含まず)、イス:300g
・イス耐荷重/約100kg ※勢いよく座ったり、負荷をかけるような座り方は不可。
・内容量目安/カメラ本体×3、ズームレンズ×3(カメラ・レンズのサイズによって異なる。)
・内容品/本体、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅290×高さ460×奥行210(mm)
・パッケージ重量/1600g(内容品含む)
・保証期間/6か月


どこでも座れるカメラリュック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Fossil Group、ハイブリッドスマートウォッチ「MISFIT PHASE」を発売
ファーウェイ、心拍測定機能を搭載したスポーツリストバンド「HUAWEI FIT」を発売
小学生から70歳までの音声認識率、実に98.3%!リモコンに話しかけるだけで操作できるソニーのブラビア
「FINAL FANTASY XV」とコラボレーションしたハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホン、スピーカーが登場
京商、「DRONE RACER」を発売








通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売

p705542_1

ヒロモリは、オランダのデザインブランドXD Design(エックスディー デザイン)が開発し、全世界で25万個以上販売されている防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby(ボビー)」を、2016年10月27日より日本で初めて発売する。

今回発売する「Bobby」は、デザインブランドならではのデザイン性にこだわりつつも、世界で届け出があるだけでも1日に40万件と推定されているスリの被害から身を守り、安心安全に日々の生活を送るための防犯機能に優れた多機能リュックとして開発された商品だ。

従来のリュックは、無防備に出し入れ口が外側に向けられているものが主流となっており、防犯性に優れているといえるものではなかった。その一方で、出し入れ口を隠そうとすると機能的に使いにくくなってしまったり、格好悪いデザインになってしまうなど、別の問題が発生していた。

今回の商品は、これまで課題とされていた問題を解決しながらも、ビジネスシーンや旅行シーンでも活用できる様々な機能を兼ね備えたデザインリュックになっており、多くの人が利用できる仕様となっている。

なお、本商品に関しては、発売にあたりクラウドファンディングを導入。これは、「多くの方々にご使用いただくために、クラウドファンディングを導入することで、デザインや機能性を担保しつつ、実際に購入しやすい価格の実現を果たしたいため」としている。

「Bobby」の購入受付は10月27日(木)17時より、クラウドファンディングサイトMakuake(https://www.makuake.com/project/bobby/)にて実施されている。

Bobby

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売
「アプリ甲子園R2016」決勝大会を開催
「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」期間限定で発売へ
日本ワインとシャトー・メルシャンの魅力に触れるイベントを開催
ソニー・エクスプローラサイエンス、ブロック形状の電子タグ「MESHワークショップ」を開催






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ