ITライフハック

レグザ

ノートにも4K時代到来!4KのIGZO液晶を採用した東芝が「dynabook T954」【デジ通】



東芝が4KのIGZO液晶を搭載した「dynabook T954」を発表した。今年の1月にラスベガスで開催されたCESで参考出品されたものと同じ機械が今回正式に販売されることになる。液晶サイズは15.6インチでタッチパネルを搭載、解像度は3840×2160ドット、この液晶に同社の4Kテレビ「REGZA(レグザ)」の技術をぎゅっと凝縮して投入することで、写真や動画を高画質で表示してくれる。もちろん超解像技術も搭載している。

続きを読む

ネットに繋がるだけじゃない!東芝、世界最薄タブレットの狙い



液晶テレビやブルーレイディスクレコーダーの多機能化にともない、生活のあらゆるシーンで放送中の番組や録画コンテンツを高画質で楽しみたいなど、ユーザーニーズは多様化している。そうしたニーズに対して、東芝は、高密度実装技術や薄型筺体堅牢化技術、デジタル映像処理技術などの同社独自の差異化技術により、世界最薄・最軽量を実現し、テレビやレコーダーと連動することでテレビ番組も楽しめるタブレットを商品化した。

続きを読む

堂々と欲しかったBDドライブを買うチャンス!パソコンを薄型テレビのBDレコーダーにして、父の威厳を復活だ



家庭内での父の威厳を復活させる方法として、前回はiPadをテレビ化する技を紹介した。「iPadをテレビ化しただけでは、まだまだ父の威厳を復活できない」とお嘆きの人に向けて、さらなる裏技をお届けしよう。

地上アナログ放送の停波にともない、薄型テレビを購入したご家庭は多いだろう。最近の薄型テレビには、必ずと言ってよいほど、録画機能を備えた製品が多い。薄型テレビに内蔵していない製品であっても、外付けのハードディスク(HDD)を接続することで、録画機能を使える機種が増えてきた。

そうしたテレビでは、録画したテレビ番組が知らず知らずのうちに増えていき、ついにはHDDが一杯になって録画ができなくなってしまう。

こうした事態を防ぐためには、ブルーレイディスク(BD)・レコーダーを購入して、録画したテレビ番組をBDに焼けばよいわけだが、そのためには5万円くらいの出費は覚悟しなければならない。

この出費を抑え、あまったお金で奥さんや子供にプレゼント、あるいは家族で夏休みを過ごす費用に使えば、お父さんの株も一気に上がること間違いなしだろう。

そこで今回は、ブルーレイディスクドライブ「BRD-U8DM」を堂々と購入して、薄型テレビのBDレコーダーにする神業を紹介しよう。
ブルーレイドライブ「BRD-U8DM」

「BRD-U8DM」は、DTCP-IPによるネットワークダビングに対応した外付型ブルーレイドライブだ。

パソコンの周辺機器だが、薄型テレビに録画したテレビ番組を、ホームネットワーク経由でBD・DVDメディアに保存することができる。

「録りためた番組をブルーレイにダビングしたいけど、テレビにはブルーレイドライブが付いていない。」と悩んでいる人には、オススメの神アイテムなのだ。

続きを読む

東芝のiPad 2対抗馬!レグザタブレットの魅力を解説



つい最近、「ASUSの変形タブレットPC」を紹介したばかりだが、東芝も黙っていない。同社は2011年6月20日、最新のプラットフォーム「Android 3.1」を搭載した「レグザタブレット AT300/24C」を7月下旬より発売すると発表した。

続きを読む

停電発生時でもテレビを見られる!薄型TV"レグザ"がバッテリー内蔵



東日本大震災以降、省エネ・節電意識の高まりと共に電力需要の平準化に貢献する機能を搭載した電化製品へのニーズが高まっている。このようなニーズに対応し、新たな製品が登場した。

東芝は2011年06月15日、地上デジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」として、本体にバッテリーパックを搭載し、簡単なリモコン操作で節電や電力需要の平準化に貢献する19V型LEDバックライト液晶採用の「レグザ 19P2」を7月上旬から発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

レグザAppsコネクトでZ2シリーズがもっと便利になる!【ITフラッシュバック】



東芝が液晶テレビ“レグザ”の新機種として、「Z2シリーズ」を発表した。ハイエンドの特別モデルとして東芝では高性能CPUであるCELLを搭載した「Xシリーズ」もあるが、特別モデル「Xシリーズ」を除いた通常モデルでは、この「Zシリーズ」がハイエンドのプレミアムモデルとしてレグザの主力機種となっている。だからこそ、「Zシリーズ」の動向が、東芝の液晶テレビ「レグザ」全体の動向を知る上でも外すことができない。
しかし、この「Z2シリーズ」の詳細は、東芝の新レグザエンジンCEVO第一弾「Z2」にまかせて、IT最新ニュースを振り返るITフラッシュバックでは、東芝のこだわりの詰まった「Z2シリーズ」の周辺機能を紹介していこう。

続きを読む

CELLレグザの思想を受け継いでいます!東芝の新レグザエンジンCEVO第一弾「Z2」



グラスレス3Dで3D液晶テレビに新風を巻き起こした東芝が、主力モデル「Zシリーズ」の新モデル「Z2」を発表した。「47Z2」(総低価格が32万円前後)、「42Z2」(25万円前後)、「37Z2」(20万円前後)の3モデルで、3月25日から発売する。

今回は3Dテレビではないが、発表会では、東芝 ビジュアルプロダクツ社 映像第一事業部 TVマーケティング部 本村裕史氏が、「新たに開発したレグザエンジンCEVOを搭載した第一弾です。第一弾ということは、第二弾、第三弾があるということです」と、今後スマートTV、3Dと続く可能性があることに含みを持たせた。

続きを読む

【東芝 特集】



超解像はダテじゃない!CELLレグザが今までの液晶テレビと違うところ
東芝では「CELLレグザ55X1」を12月上旬より発売開始する予定。価格はオープンプライスだが、市場想定価格は約100万円と一般の液晶テレビに比べてかなり高価格となっているわけだが、それだけの高画質を実現しているというメーカーの自信も伝わってくる。これほどの高画質は、どのような技術で実現できたのだろうか。今回は、「CELLレグザ」にフォーカスしてみた。


続きを読む

スタンダードモデルもLEDバックライトに!LED REGZA「AE1」シリーズ登場



液晶テレビのLEDバックライト化が進んでいる。蛍光管に比べて、省電力、コントラストの面で優れていて、高画質で環境に優しいテレビとなるからだ。
東芝はREGZAのスタンダードモデル「A1」の機能をそのままに、LEDバックライトを採用したLED REGZA「AE1」シリーズとして32V型「32AE1」を11月上旬に発売する。店頭予想価格は9万円前後になる見込みだ。

続きを読む

もう専用メガネはいらない 東芝が裸眼3D液晶テレビを開発【最新ハイテク講座】



家庭用液晶テレビで、3Dに対応したタイプは人気が高く、徐々に盛り上がってきている。パソコンでも3D対応モデルが登場してきているほどだ。その主流はアクティブシャッター方式という、専用メガネが必要なもの。テレビ画面上に右目用と左目用の画像を交互に出し、その画像に同期するように専用メガネの左右のレンズを交互に透過・非透過の切り替えを行っている。

東芝は、今まで必須だった専用メガネなしで3Dを体感できる液晶テレビ「グラスレス3Dレグザ GL1」シリーズとして、20V型「20GL1」、12V型「12GL1」を発表した。想定価格は20GL1が24万前後、12GL1が12万円前後で12月中旬から発売する予定だ。いままで専用メガネなしで3Dが見られる液晶は、携帯電話向けやデジタルカメラ向けなど小型の液晶に限られていた。民生用デジタル液晶テレビでは世界初となるとのことだ。

続きを読む

【速報】3D放送を綺麗に映す!東芝、液晶テレビ「CELLレグザ」を発表



2011年の地上アナログ放送停波を前に、デジタルテレビの需要が高まるとともに、画質や薄型化だけではなく、3D映像の高画質再生機能をはじめ、使い勝手のよい録画機能や多彩なブロードバンドコンテンツの視聴など、ユーザーニーズも多様化している。このようなニーズに応えるため、東芝は新製品を投入する。

東芝は高性能プロセッサ「Cell Broadband Engine」搭載の「CELLレグザエンジン」を採用し、3D放送の映像を高精細な3D映像として映し出す「CELLレグザ3D超解像技術」や2D映像から奥行きを高精度に推定し3D映像を生成する「CELLレグザ2D3D変換」機能を搭載した3D対応の地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「CELLレグザ55X2」、「CELLレグザスリム55XE2 / 46XE2」をラインアップし、10月上旬から順次発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

手持ちのテレビがレグザに大変身!東芝が3波デジタルチューナを発売へ

地上デジタル放送の放送地域の広がりやエコポイントの効果で、デジタルハイビジョン液晶テレビの販売は好調に推移しており、今後、2台目、3台目のテレビの買い替え需要の拡大が見込まれている。

東芝は、テレビに接続するだけで、液晶テレビ「レグザ」と同等の操作感でデジタルハイビジョン放送が楽しめるデジタルチューナー「レグザチューナー D-TR1」を4月下旬より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

同社は、
「簡易型のデジタルチューナーと異なる多機能・高画質を実現することで、アナログテレビに接続してもデジタルテレビに接続しても、ユーザーの利便性を向上させ、お手持ちのテレビの商品価値を高める商品として訴求していきます。」と、コメントしている。

■「レグザ」の電子番組表が使える
「レグザチューナー D-TR1」は、アナログテレビに接続することで、地上・BS・110度CSデジタル放送を視聴することができるチューナー。D3映像入力に対応したテレビに接続すれば、デジタルハイビジョン放送をハイビジョン画質で楽しむことができる。

また、市販の外付けUSBハードディスクを接続すれば、デジタルハイビジョン放送を録画することができる。外付けUSBハードディスクは、市販のUSBハブを使うことで、最大4台まで同時に接続することができるため、手軽に録画容量を増やし、番組のジャンル毎や、家族の中でハードディスクを使い分けることも可能だ。

さらに、テレビを買い替えた際も、本機を新しいテレビに接続しなおすだけで、本機経由で外付けUSBハードディスクに録画した番組を引き続き楽しむことができるほか、SDメモリカードへのワンセグ放送の録画にも対応しており、録画した番組はワンセグの視聴に対応する携帯電話などで再生することが可能だ。

なお、新商品は、「レグザ」で高い評価を得ている高精細電子番組表「レグザ番組表・ファイン」を搭載しているので、「レグザ」以外の手持ちのテレビでも高精細番組表からの録画予約などが可能になる。また、超解像技術を採用した「レゾリューションプラス2」により、地上デジタル放送なども、より高画質で楽しむことができる。

手持ちのテレビを「レグザ」化したい人には、見逃せないチューナーと言えるだろう。

REGZA 製品情報
東芝

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
パナソニック 石井本部長に独占取材!メンズシェーバー・ラムダッシュのねらい
深剃りの秘密を大公開!写真で見る、パナソニック「メンズシェーバー・ラムダッシュ」
お風呂で、スベ肌シェービング。パナソニック「メンズシェーバー・ラムダッシュ」のキャンペーンを実施へ
高画質で録画も強い!日立、Wooo「録画テレビ」を発表

キティの野望!液晶テレビ「レグザ」に特別モデル

ハローキティをデザインした、液晶テレビ「19A800KT」

- 画面のさまざまなところにハローキティが登場 -

株式会社サンリオは、株式会社東芝から2月下旬に発売予定のハローキティをデザインしたレグザ19V型地上デジタルハイビジョン液晶テレビ「19A800KT」を2月5日よりサンリオ直営店等で先行販売すると発表した。
価格は、オープンプライス。直販価格は、5万9,800円(税込み)。

■画面のさまざまなところにハローキティが登場
「19A800KT」は、東芝の液晶テレビ「REGZA(レグザ)」にハローキティをデザインした特別モデル。
チャンネル切り替えや音量調節、消音設定などの操作の際に、画面にハローキティが登場する。

チューナーは、地上デジタルチューナーと地上アナログチューナーを内蔵し、デジタルCATV (C13~C63)、アナログCATV (C13~C63)に対応する。

接続端子は、HDMI入力端子[1080p (60p 24p) 入力対応]×2、D4映像入力端子、S2映像入力端子、映像入力端子×2、音声入力端子×2、光デジタル音声出力端子、ヘッドフォーン出力端子を備える。
ハローキティをデザインした、液晶テレビ「19A800KT」

■0.5秒でわかる!主な特徴
・本体左下とリモコンにハローキティをデザイン
・画面のさまざまなところにハローキティが登場
・エコポイント対象商品

株式会社サンリオ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
シャープ、液晶テレビ「LED AQUOS」第2弾を発売へ
やっちゃいました!犬・猫の顔検出するデジカメが登場
日立、液晶テレビで逆襲か!その名は「録画テレビ」
実質2万円以下に? 激安の地デジ液晶テレビが登場

東芝が大勝負!ブルーレイ液晶テレビ「レグザ」発売へ

ブルーレイディスクプレーヤー搭載液晶テレビ「REGZA」


東芝は、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」の新商品として、ブルーレイディスクプレーヤーを搭載した「R1BDP」シリーズ2機種を2月中旬から発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

新製品は、ブルーレイディスクやDVDのコンテンツを手軽に高画質で楽しめ、さらに外付けUSB ハードディスク録画にも対応しているので、市販のUSBハードディスクを接続して、デジタルハイビジョン放送の録画も簡単に行うことができる。

東芝は、
「ハードディスクを搭載したブルーレイディスクレコーダーやDVDレコーダーに関する最近のユーザー調査によると、デジタル放送では、ハードディスクに録画しタイムシフト視聴するなど、ディスクメディアへのダビングは少なく、ブルーレイディスクやDVD部は、レンタルや市販のブルーレイディスク/DVDの再生専用という方が大多数を占めています。そのような利用シーンの場合、テレビにブルーレイディスクプレーヤーを内蔵し、録画はUSBハードディスクで好きな容量を追加して行うという使い方が手頃です。

当社は、このような利用シーンに一番近いテレビとして、新商品を液晶テレビのラインアップに加えることで、ユーザーの多様なニーズに応え、テレビ市場での一層のシェアアップを図っていきます。」と、コメントしている。

■高画質を実現する技術を凝縮
新商品は、BD-ROM(BD-Video)、BD-R、BD-REをはじめ、DVD-Video、DVD-R、DVD-RW、音楽CDなど多彩なディスクを再生でき、BD-ROMについては「BD-LIVE」や「BONUSVIEW」といった機能に対応している。

さらに画質設定を自動的に行い、視聴環境にあわせた最適な画質を実現する「おまかせドンピシャ高画質2」のほか、精細感のある緻密な映像を再生する超解像技術採用「レゾリューションプラス2」を搭載しており、テレビ番組やDVDの映像コンテンツをより高画質で楽しむことができる。

また、録画機能では、外付けUSBハードディスクを設置することで、デジタルハイビジョン放送のタイムシフト視聴も可能。さらに外付けUSBハードディスクは、市販のUSBハブを介して、最大4台まで同時接続することができる。これにより手軽に録画容量を増やし、番組ジャンル毎にハードディスクを使い分けたり、家族めいめいが自分専用のハードディスクに録画するなど、さまざまな使い方ができる。

「REGZA」製品情報
東芝

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
東芝が国内ブルーレイ市場へ!BD内蔵「VARDIA」を発表
目の付けどころがBIGLOBE!フォトポケがchumbyに対応
電源のない場所でOK!東芝、DVD付地上デジ液晶テレビ
見ためだけじゃない!パナ、高画質な液晶テレビを発表

東芝が国内ブルーレイ市場へ!BD内蔵「VARDIA」を発表



東芝は2010年01月14日、テレビとのセット購入率が高まっているブルーレイディスクレコーダー市場に参入し、「ヴァルディア(VARDIA)」シリーズの新商品として、大容量1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載したブルーレイディスクレコーダー「D-B1005K」および320GBのハードディスクを搭載した「D-B305K」、またVTRと1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載した「D-BW1005K」を2月中旬より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

東芝は、
「デジタル放送対応の大画面液晶テレビの販売が好調に推移するなか、テレビとレコーダーの同時購入が年々増加しています。特に、ブルーレイディスクレコーダーは、DVDレコーダーよりも同時購入率が高く、ブルーレイディスクレコーダーへの要望が高まっています。

当社ではユーザーや販売店からの要望が強い、1.大容量ハードディスクを搭載、2.ブルーレイディスクの録画・再生が可能、3.「レグザリンク」で簡単に使える、という3つの要望に応えたブルーレイディスクレコーダーを市場に投入することで、テレビおよびレコーダー分野でのさらなるシェアの拡大を目指します。」と、コメントしている。

■ハイビジョン画質で長時間録画が可能
新商品は、「D-B1005K」と「D-BW1005K」の2機種に、ユーザーから要望が高い、大容量1,000GB(1TB)のハードディスクを搭載し、ハイビジョン画質で最大約508時間の長時間録画が可能だ。

また、当社液晶テレビ「レグザ(REGZA)」との連携機能である「レグザリンク」に対応しており、簡単にブルーレイディスクの高画質を楽しむことができる。

「レグザリンク」に対応した「レグザ」に HDMIケーブルで接続することで、「レグザ」の番組表から録画予約をすることが可能になる。さらに、テレビの番組表からの録画予約時に、録画先を「レグザ」の内蔵ハードディスクや「レグザ」に接続したUSBハードディスクに指定したり、ブルーレイディスクやDVDで残したいタイトルは「ヴァルディア」の内蔵ハードディスクに予約するといった使い分けが、「レグザ」の番組表上でできる。

また、ハイビジョン映像をビデオカメラで記録するための規格であるAVCHD方式に対応することで、家族や友人を撮影した大切なハイビジョンの撮影映像をブルーレイディスクにダビングして残すことも可能だ。さらにVTRを搭載している「D-BW1005K」では、過去にVHSテープに録画した番組などを簡単にブルーレイディスクやDVDディスクにダビングすることができる。

なお、「D-B1005K」「D-B305K」「D-BW1005K」のブルーレイディスクレコーダー3機種に加え、「レグザリンク」に対応したブルーレイディスクプレーヤーとして「SD-BD1K」も同時発売するとしている。

「VARDIA」製品情報
東芝

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
目の付けどころがBIGLOBE!フォトポケがchumbyに対応
電源のない場所でOK!東芝、DVD付地上デジ液晶テレビ
見ためだけじゃない!パナ、高画質な液晶テレビを発表
魔法みたい!持っているデジカメを無線化

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ