日本の夏は暑いものと相場が決まっている。だからといってガンガンエアコンを効かせて夏場を涼しく過ごすという時代でもなくなった。なぜなら3.11以降は、日本人の電気に対する意識が大きく変化し、節電の意識が非常に高くなったためだ。

ただ夏場は、日射病や熱射病で救急搬送されるという人たちもいるため節電の意識が強すぎるのも良くない。それなら夏場でも涼める場所へ出向けばいい。暑さ対策に加えて節電にもなって一石二鳥だ。


続きを読む