ITライフハック

ロジクール

ロジクール、デザインに特化した、どこにでも持ち運べる超薄型・超軽量のキーボードを発売

01

ロジクールは、デザイン性を重視し、どこにでも持ち運べる超小型・超軽量のキーボード「ロジクール ウルトラポータブル キーボード」(型番・iK1042BKA、以下iK1042BKA)を、2018年2月6日(火)より発売する。参考価格は8,880円(税別)。

本製品は、幅242mm、厚み6mm、高さ 137mmの超薄型、重さ180g(電池含む)の超軽量ポータブルキーボード。脱着式iPhone スタンド付属なので、どんな場所でも作業が可能だ。また丈夫な耐水設計なので、カフェで飲み物をこぼしてしまっても心配なく使用できる。

また、ゆったりとしたレイアウトのキーとiOSショートカットを備えたBluetooth キーボードなので、簡単、高速かつ精確なタイピングを実現する。

充電式バッテリー内蔵で、一回の充電で3か月の使用が可能だ。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
オフィスチェアをスタンディングデスクに早変わりさせるユニークアイテム「チェアdeスクッと」
ドスパラ、「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」推奨パソコンを発売
ロジクール、3年間の電池寿命のワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を発売
HyperX、RGBライティング対応のゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite RGB」が登場
DMM.com、HTC NIPPONとタイアップしHTC Vive VRキットのレンタルを開始





ロジクール、3年間の電池寿命のワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を発売

M705m BTY1 JP

ロジクールは、カスタマイズ可能なボタンが7つ搭載され、高速スクロール機能付きで長電池寿命なワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を2018年1月25日(木)から発売する価格はオープンプライスで、市場予想価格は4,880円(税抜)。

本製品は、単三形乾電池2本て゛最?3年間使用可能。煩わしい電池交換の手間が省けるほか、電池代の削減など環境にもやさしいマウスだ。電池残量が少なくなるとインジケータが光って知らせてくれる。

また7つのカスタマイズ可能なボタンを搭載。親指で操作できるサイドボタンで、Webページの「戻る/進む」などの頻繁に行う作業をワンクリックで実行できる。水平スクロールをすることも可能だ。

1回のスクロールで、表計算ソフトやウェブページも高速かつシンプルに移動できる機能を搭載している。またクリック・トゥ・クリック(ラチェット)モードに切り替えれば、再生リスト、スライド、フォトアルバムなどで精確なナビゲーションが可能だ。さらに筐体は手に完全にフィットするデザインインで、快適に操作することができる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
HyperX、RGBライティング対応のゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite RGB」が登場
DMM.com、HTC NIPPONとタイアップしHTC Vive VRキットのレンタルを開始
「iiyama PC」と「仮面女子」のコラボ新アイドルユニット「無限女子 ~ powered by 仮面女子 ~」イメージムービー公開
生田絵梨花、生駒里奈、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬のCM「マウスバンド」篇個人PVが公開
パソコン工房 、分割払い手数料が無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」開催中






数々のプロ選手を輩出したeスポーツプレイヤーの登竜門「Logicool G CUP 2017」決勝戦の開催概要が決定

ddafebd6ef3b064a025028fd033cb5e8_s

ロジクールは、日本中の有望なeスポーツプレイヤーが集結し、日本一のアマチュアチーム・プレイヤーを決める国内最大規模の祭典「Logicool G CUP 2017決勝戦」を、2017年12月31日(日)14:00から18:30まで、ベルサール高田馬場(東京都新宿区大久保)で開催すると発表した。

決勝戦は、12月31日(日)11:00から2018年1月1日(月)17:00まで開催される「RIZeST Gamer's Base」(略称:RGB)の中のメインイベントとして実施される。

Logicool G CUPは日本でのeスポーツ普及のため、①プレイヤーの裾野拡大、②コミュニティーの活性化、③チーム結成の促進、④プロを目指す登竜門となる大会を目指した、「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」を使用した大会。今年はチーム戦37チーム、個人戦22人が10月3日(火)から始まったオンライン予選にエントリーし、11月21日(火)の準決勝戦まで、夢の舞台である決勝を目指し熱い戦いを繰り広げている。

■RIZeST Gamer's Baseの開催概要
日時:2017年12月31日(日)11:00~2018年1月1日(月)17:00
場所:ベルサール高田馬場
東京都新宿区 大久保3-8-1 住友不動産新宿ガーデンタワーB2F
会場地図:https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinjuku/bs_takadanobaba/access
■料金
●一般入場券:無料
●ノーマルPC席付き入場券:4,000円(税込) *デバイスのみ持ち込み可
・18歳未満購入不可
・何も持ち込み無しでもOK
・一度に最大6席まで購入可(横並びグループ席)
・レンタルPC本体、モニター、デバイス付属
●VIP PC席付き入場券:6,000円(税込) * PC・デバイス持ち込み可
・ゲーミングチェア、VIPラウンジ利用権付き
・18歳未満購入不可
・何も持ち込みなしでもOK
・一度に最大6席まで購入可(横並びグループ席)
・レンタルPC本体、モニター、デバイス付属
※Logicool G CUP 2017決勝戦は入場無料。
※サイト使用料金としてユーザーチャージ324円(税込)が発生する。
●販売サイト
SKIYAKI TICKET:https://rizestinc-fan.com/contents/130434
2017年12月18日(月)23:59まで



Logicool G CUP 特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
楽天トラベル、2017年 湯治体験が人気の温泉宿ランキングを発表
レシピ100点掲載、年賀状作りをとことん楽しむサイト「おねんがラボ!」がオープン
「千葉都市モノレール」×「駅メモ!」コラボイベント開催
SQEX「サーヴァント オブ スローンズ」今冬配信決定!豪華声優陣が出演するトレイラー映像を公開!
東京メトロ、地下鉄開通90周年記念イベント「TOKYO METRO 90 Days FES!」を90日間限定で開催





ワイヤレスで最大2台まで接続できるプレミアムBluetoothスピーカーロジクール「MX SOUND」を発売

01

ロジクールは、パソコン、タブレット及びスマートフォンからワイヤレスでスピーカーに繋げることができるプレミアムBluetoothスピーカー「ロジクールMX SOUND」を、2017年11月2日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万2,880円(税抜)。

本製品は、最大2台のBluetoothデバイス、または3.5mmステレオミニジャック入力(1台)のデバイスを接続し、音源を切り替えることができる。ロジクールEasy-Switchテクノロシ゛ーにより、一方のデバイスて゛オーディオを一時停止し、もう一方のデバイスで再生を押すだけで、シームレスに切り替えることが可能だ。

24Wのピーク出力(12WのRMS 出力)、ハイエンドドライバーおよひ゛低域を広げる独自デザインのボートチューブを備え、アーティストが意図したサウンドを精確に再現するバランスのとれたオーディオを実現した。さらに「10度の後方傾斜」によって、理想的なリスニングポイントである「スイートスポット」を実現。クオリティの高いサウンドを体験できる。

またスピーカー前面に配置されたバックライト付きコントロールに軽くタッチするだけで、スピーカーが瞬時に動作を感知して、音量調節やデバイスのペアリングの操作をすることができる。また20分間使用しないと、電力を節約するためのスタンバイモードが自動的に作動する。

02


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」
プラネックス、磁力でカメラをピタッと設置できるカメラ用マグネットスタンドを発売
GARMINのドラレコGDR シリーズから最新モデル「GDR W180」が登場
音が聴覚へダイレクトに届いてピュアな音質を楽しめる、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型ヤマハイヤホン




ロジクール、土屋圭市とコラボレーションしたVR動画「Ride with the Drift King」を公開

Tsuchiya Social-7231

ロジクールは、元レーシングドライバーで、ドリキンこと土屋圭市氏の助手席に乗っているような体験ができるVR動画「Ride with the Drift King」(日本語版)を2017年11月14日に公開する。同時に本日よりVR動画の公開に先駆け、ティザー動画をLogicool G Twitterにて公開する。

また土屋圭市とのコラボレーションを記念し、11月14日に一般参加者30名限定のLogicool G29を使ったイベント「ドリキンと対戦!」を実施する。イベント来場者には全員Logicool G とKeiichi Tsuchiya職人ロゴ入り特製Tシャツをプレゼントする。

■「ドリキンと対戦!」特別イベントの詳細
日時:2017年11月14日(火)19:00~21:00 (開場18:30)
場所:e-sports SQUARE AKIHABARA(東京都千代田区外神田3-2-12 Box'R AKIBAビル2F)
参加応募:https://goo.gl/forms/adwAq0puNlLXokXA3(抽選30名)
申し込み期間:10月19日(木)~11月5日(日)
対戦可能人数:イベント会場内抽選で3名様 ※当日の状況により予告なく変更される場合があります


Logicool G Twitter
G29 Driving Force

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
USBポートに差すだけで高音質化!USBサウンドクオリティアップグレーダー「APS-DR005」
握るように持つから使いやすいUSB接続垂直型RGBエルゴノミクスマウス
クリエイター向けPCブランド「raytrek」が同人誌即売会「COMIC1☆12」に出展
サードウェーブデジノス、「GALLERIA FZ」のCore i7-8700K搭載モデルを10月13日(金)より発売
「LEVEL∞」より第8世代Core i7-8700K搭載ミドルタワーゲームパソコンが登場




ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売

01

ロジクールは、キーボードカテゴリでは初となる「KX」シリーズのキーボード製品で、クリエイティブ入力ダイヤル「CROWN(クラウン)」一つで10種類以上のクリエイティブ系やオフィス系のソフトウェア・アプリの機能を操作することができる「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」(型番:KX1000s、以下、CRAFT)を、2017年9月15日(金)よりロジクール製品取扱店で発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万3,750円(税別)。

CRAFTは、本社LogitechがAdobeのデザイナー、プロダクトマネージャー、エンジニアと協力しながら開発され、誕生した。クリエイティブ作業工程を中断させることなく、精確かつ作業状況に対応した操作性を実現させたCRAFTは、Adobe Creative Cloudを使用する人、さまざまなソフトウェアやアプリの作業に合わせたカスタマイズをして仕事の効率を上げたい人、そして精確なキー入力で作業効率を向上させたい人など、効率の高いワークライフを重視するユーザーが満足できるハイエンド・キーボードだ。

KX1000s

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー
余った2.5インチHDDを手軽に外付けできるUSB Type-C接続 2.5インチSATAハードディスク×2ケース
Synology、NASの新製品「DiskStation DS418j」を発表
おもちゃのブロックを連結できる交換用キートップ




ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売

iK1052BK BTY3 JP

ロジクールは、iPad用2つ折り保護カバー&スタンド付キーボード「ロジクール SLIM FOLIO iK1052 Bluetooth キーボード一体型ケース」(以下、iK1052)を、2017年6月22日より発売する。価格は1万2,880円(税別)。

本製品は、快適でゆったりとした間隔のキー配置とレイアウトによって、狭さを感じることもなく正確なタイピングができるよう設計されている。メカニカル シザーキーは、高さ1.5mmのキーストロークに調整され、反応性が高いタイピングを可能にした。またiOSショートカットキーにより、キーボードから手を離さず音量や言語の変更など全ての操作をすることができる。

iK1052は、交換式のコイン型電池を使用。パワーマネジメントシステムにより、電池交換をせずに最長4年間の使用が可能だ。カバーを開くとiPadおよびキーボードが自動的に起動し、閉じると自動でスリープモードになる。

またケースを開くだけでタイピングを開始することが可能。iPadは完璧なタイピング位置に固定されており、膝の上など不安定な表面でもしっかりとタイピングをすることができる。タイピングモードとブラウジングモードの2種類の角度によって、ブログを書いたり、映画を鑑賞したり、ゲームをしたり、小説を読んだり、美しいiPadの画面を最大限に活用することが可能だ。

ソフトなファブリックを使用したカバーが、iPadの前面・背面を不慮の衝撃、傷、液体などからしっかりと保護。また内部は軽量のフレームで側面を保護しながら、キーボードとiPadの一体感を実現している。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に
コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売
LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映
川口春奈さんがダチョウ倶楽部上島さんを召喚!本格幻想RPG「陰陽師」新CM発表会レポ
InfinityDisplayを採用した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が6月8日に登場






ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売

K840 BTY v04

ロジクールは、ゲーミングで培った技術を応用し、丈夫なアルミニウムを採用して耐久性とデザイン性を向上させたロジクール初の一般向けメカニカルキーボード「ロジクール メカニカル キーボードK840」を2017年6月1日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、ロジクール オンラインストア価格は9,250円(税抜)。

本製品は、表面処理を施したアルミを採用したことにより、メカニカルキーボードに求められる耐摩耗性と耐久性、さらにモダンで洗練されたデザインを実現した。スタイリッシュなカラーの存在感が特徴だ。

一般的なメカニカルキーと比較して、最大25%の高速キー入力を実現する、ロジクール独自の「ROMER-G メカニカルキー」を搭載している。日本で設計されたこの技術によって、標準的なキーボードと比較して耐久性が40%高くなり、また素早い入力でも精確で快適な操作性を発揮する。また確かな打鍵感と静かな操作音、そして高耐久性を実現した。

ゲーミングで培った、一度に26個のキーを同時に押しても認識する26キーロールオーバーの技術により、精確なキーの入力を実現しました。プログラム可能なF1~F4キー、Winロック機能、メディアキーとショートカットキーへの簡単アクセスなど、ゲーミングキーボードと同様の高度な機能を搭載している。

標準のフルサイズキーボードに角度調節が可能な「ティルトレッグ」機能を搭載したことにより、長時間のタイピングでも疲れを軽減してくれる。さらにケーブルを補強する張力緩和機能を備えた1.8m のケーブルを採用したことで、耐久性もアップした。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売
回線が混雑した都市環境でも最高のWi-Fi環境を提供するWi-Fi高機能化モジュール「Portal Boost」
ドスパラ限定でPC自作に最適なENERMAX製PCケース「BECITE -ビサイト-」を発売
サードウェーブデジノス、AMD待望のメインストリームCPU「Ryzen 5」搭載ゲーミングパソコンを発売




ほぼすべての9~10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボード ケース「ロジクール UNIVERSAL FOLIO uK1050」

uK1050BK FOB v2 JP

ロジクールは、ほぼすべてのの9インチから10インチのタブレットに対応するユニバーサル キーボードケース「ロジクールUNIVERSAL FOLIO uK1050」を2017年5月18日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストア価格は8,880円(税別)。

本製品は、iOS、Android、Windows搭載のほぼすべての 9-10インチタブレットに対応するユニバーサル キーボードケース。調節可能なホルダーて゛、しっかりとタブレットを固定してくれる。対応サイズは幅:158 mm~ 185 mm 高:229mm~261mm、厚さ:10 mm。

ゆったりとしたキーレイアウトで、ノートパソコンのようなタイピングのしやすさが特徴。アドバンスBluetooth3.0対応。簡単にペアリングしてすぐに使用することができる。またiOS、Android、Windows対応のホットキーも備えており、キーボードから手を離すことなく、検索や音量調節などを行うことができる。キーボードは78キー英語レイアウト。

また、電池交換の手間なしに、最大24か月間キーボードを使用可能。キーボード使用時は最適なタイピング角度のタイピングモードに、キーボードを使わない時は表示モードの角度にして動画を観たりすることもできる。

uK1050BK BTY

uK1050BK Closed


ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
スマホに繋ぐだけ スピーカー付きマイクでカラオケを楽しめる「スマホでどこでもカラオケマイク」
スマートフォンでの音楽聴取 10代の約6割が「毎日」聴取、定額制音楽配信サービスの利用は9.1%
ASUS JAPAN、TangoとDaydreamの両方に対応したスマートフォン「ZenFone AR(ZS571KL)」を発表
LINEモバイル、のんを起用した第2弾TVCM「愛と革新。LINE MOBILE(交差点篇)」を公開
ソフトバンク、「学割ってるダンスノート」をプレゼントするキャンペーンを開始




ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売

Spotlight-BTY

ロジクールは、会議で使用するスクリーンをコントロールするためのプレゼンター「ロジクール Spotlight」を、2017年3月22日(水)より発売する。価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストア価格は1万2,880円(税別)。

Spotlight専用の無償ソフトウェアをインストールすると、従来のポインターでは実現できなかった、ハードウエアのみに依存しないさまざまな使い方が可能になる。会議で写す画面において、プレゼンテーションの資料で注目してもらいたい箇所をズーム表示にしたり、その箇所だけにハイライトをあてたりが、リモートかつワンタッチで操作できる。

Spotlightを手に持っていれば部屋のどこからでも、ビデオのPlayボタンを押したり、リンクを開いたりして、リモートで画像や映像のさまざまな操作をすることができる。

設定した時間になるとバイブレーションで知らせてくれる機能を装備。例えばプレゼンテーションの終了5分前にタイマーを設定すれば、想定時間通りにプレゼンテーションを終了することができる。

たった1分の充電で約3時間Spotlightを使ったプレゼンテーションを続けることが可能です。フル充電をすれば約3か月使用することができ、随時、電源をON/OFFしたりする必要がない。充電が必要になると、Spotlightのバッテリーインジケーターが赤で点灯して教えてくれる。

操作するPCから20メートル離れた距離からでも、Spotlightの機能を操作することが可能。部屋の中を自由に動き回りながら、プレゼンテーションを自由に操ることが可能だ。

SPOTLIGHT_Lifestyle


ロジクール Spotlight

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始
ドスパラ、ZBrushのための専用モデル 2機種を発売
レノボ、ゲーミングPCラインナップを一新。新ブランド「Lenovo Legion Y520」など4モデルを新発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ