ITライフハック

ロジクール

Apple Pencilテクノロジーを使って最高のデジタルペンシル体験を可能とする「ロジクール Crayon」

iP10 HERO

ロジクールは、iPad(第6世代)専用ワイヤレススタイラスペン「ロジクール Crayon」を2018年10月11日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はは8,880円(税別)。

■様々なiPadアプリで使用できる
本製品はApple Pencil対応アプリに対応しており、Apple Pencil同様に様々なiPadアプリを使用することができる。

面倒なBluetoothペアリングがいらないワイヤレス接続で、iPadの近くでCrayonのスイッチを入れるだけで、すぐにiPadに接続される。設定画面からペアリングをする必要はない。

ペンの形が円形でなく、長方形にデザインされている。持ちやすく、平らな机の上でも転がらない。耐久性も高く、最大1.22メートルの落下にも耐えられる。

ペン先のスマートチップにより、ペンの角度を検知し、角度によって線の太さが変化する。また、iPad上に手のひらを置いても誤検知がなく、自由に書きやすい体勢を取ることができる。

■フル充電で最長7時間利用可能
本体にLightningケーブルを直接接続することで充電できる。フル充電で最長7時間の継続使用が可能だ。さらに、ボタン一つで電源のオンオフができ、30分間使用していないと自動的に電源がオフになるので、効率的に使用することができる。また、2分の充電で30分間使用可能なクイックチャージにも対応している。

ペン先のチップ、チップカバー、充電用のLightningポートをカバーする一体型キャップは別途購入可能だ。

※注意点:iPad Proには非対応。筆圧感知はサポートしていない。

■製品仕様
本体サイズ(横×奥行×高さ):12 mm×8 mm×163 mm
本体重量:20 g
カラー:シルバー/オレンジ
保護:1.2mの高さからの落下保護
電源および接続性:リチウム電池
最長7時間のライティング時間
オン/オフボタンは1秒間押す必要がある
iPadライトニングケーブルを使って充電する
材質:チューブ - アルミニウム、キャップ ? シリコンラバー、スカート ? PC+ABS
保証期間:2年間


iP10 Anti Roll


ロジクール・カスタマーリレーションセンター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
6年ぶりの大進化!デザインを変更しタッチパネルと新ソフトで、よりできるようになったドキュメントスキャナーPFUの「ScanSnap iX1500」
新iPhoneへの機種変で旧iPhoneのデータをPC不要でバックアップできる超便利USBメモリーPQIの「iConnect mini」
iPhoneで充電中でも横画面のゲームができる「ピタっとつくL字Lightning充電ケーブル」(名は体を表す)
LINEモバイル、利用混雑時における通信速度改善に向け、新たな取組を実施
「Shibaful」から、新型iPhoneを彩る「芝生ケース」の先行予約開始




ロジクールから長距離ランナー向けイヤホン2モデル「Jaybird TARAH」「Jaybird X4」

X4 Compatibility

ロジクールは、ランナーの目線で開発したイヤホンを提供する「Jaybird」ブランドから、ランニングに最適なワイヤレスイヤホン「Jaybird X4」を2018年10月11(木)、「Jaybird TARAH」を2018年10月25(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格はそれぞれ1万6,880円(税抜)、1万3,880円(税抜)。

■どれだけ走っても外れにくいイヤホンをランナーとともに開発
Jaybirdシリーズはランナーとともに開発されたイヤホンで、これまで防汗、長時間使用可能バッテリー、走っても外れないカスタム可能なフィット感、高いデザイン性、高機能アプリ等の付加価値によって高評価を受けてきた。

どちらも耳に入れるイヤーピースにJaybirdで初めて「イヤージェル」を採用。シリコン製の外皮の内側にジェルが入っており、着けていることも気にならない高いフィット感を実現した。

■内蔵バッテリーで長時間タフネス駆動を実現
また、長距離走で使用する際に求められる長時間再生を達成するために「TARAH」は6時間、「X4」は8時間の連続再生を実現している。

両製品はJaybirdシリーズで初めてイヤージェルを採用しました。シリコン製の外皮にジェルが包まれているイヤーピースになっており、耳の形に自然とフィットする。「TARAH」は左右それぞれ3種類のサイズのイヤーフィンとチップが一体型となったイヤージェルが付属。「X4」はイヤーフィンと呼ばれる耳のふちに沿うようなパーツを左右それぞれ3種類のサイズ、耳に入れるイヤーチップをイヤージェルとCOMPLY ULTRA?と呼ばれる低反発素材の2つが左右それぞれ2種類のサイズで付属する。複数サイズのイヤーピースで、左右で耳のサイズが違う方などどんな方にもフィットする。また、スピードシンチと呼ばれる左右を繋ぐケーブルの絞り部分も用意している。簡単にケーブルをまとめることができ、着けていることが気にならないだろう。

「TARAH」は1.5時間の充電で、最大6時間、「X4」は2時間の充電で、最大8時間の再生時間を達成している。男性のフルマラソンの平均時間の約4.5時間、女性の平均時間の約5時間(出典:全日本マラソンランキング アールビーズ)を上回っており、フルマラソンのような長時間のランニングでも連続使用が可能だ。また、10分間の急速充電で1時間の再生も可能で、充電を忘れてしまった時でも着替え中などの隙間時間で充電できる。

IPX7(30分間1mの水深に水没しても製品に浸水しない)の防水性能を持つほか、塩分や油を含んだ汗に対しても強い設計で、悪条件下でも通常通り使用可能だ。

スマートフォンアプリ「Jaybird」アプリと本製品を接続することで、ビジュアルイコライザーを用いて低音のブーストや高音・中音域の強調など様々なカスタマイズが可能だ。アプリには世界のランナーのセッティングなども保存されており、自分の発想にないセッティングも可能だ。設定は製品本体に保存され、アプリとの接続が無くてもカスタムした状態で使用可能だ。

コントローラーによって、音楽デバイスを操作することなく音量調節、トラック送り、通話などができる。

■「Jaybird TARAH」
製品名:Jaybird TARAH ワイヤレス スポーツ ヘッドホン
価格:オープン価格
参考価格:1万3,880円(税抜)
発売日(予定):2018年10月25日(木)
イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
装着方法:アンダーイヤー
本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):476.4 mm x 13.25 mm x 19.7 mm
重量(ケーブル含む):13.85 g (本体のみ、イヤーフィン・イヤーチップを含まず)
本体カラー:BLACK/FLASH、NIMBUS GRAY/JADE、SOLSTICE BLUE/GLACIER
電源:リチウムイオン電池
充電方式:USB充電
フル充電時間:約1.5時間※ (急速充電10分=1時間)
連続再生時間:最大6時間※
操作距離:10m※
ワイヤレステクノロジー:BluetoothR5.0
ドライバーサイズ:6mm
出力:最大 10mW
入力感度:99 +/- 3dB@1KHz
周波数特性:20Hz ? 20kHz
インピーダンス:16Ω
マイク入力感度:-38dB +/- 1dB(測定条件:1KHz, 0dB=1V/Pa)
内蔵マイク:MEMS、無指向性
システム要件/対応デバイス:
対応デバイス~HFP、HSP、A2DP対応のBluetoothRデバイス
コーデック~Bluetooth SBC
プロファイル~Handsfree、Headset、A2DP、AVCRP、SPP
コントロール:電源ON/OFF、音量UP/DOWN、再生/一時停止、次のトラック/前のトラック、音声アシスタント、ペアリング(BluetoothR接続)、受話/終話/通話拒否など
保証期間:1年間


Tarah FOB Black Flash


■「Jaybird X4」
製品名:Jaybird X4 ワイヤレス スポーツ ヘッドホン
価格:オープン価格
参考価格:1万6,880円(税抜)
発売日(予定):2018年10月11日(木)
イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
装着方法:オーバーイヤー / アンダーイヤー
本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):501 mm x 13.0 mm x 23.6 mm
重量(ケーブル含む):14.8 g (本体のみ、イヤーフィン・イヤーチップを含まず)
本体カラー:BLACK METALLIC/FLASH(BMF)、STORM METALLIC/GLACIER(SMG)、ALPHA METALLIC/JADE(AMJ)
電源:リチウムイオン電池
充電方式:USB充電
フル充電時間:約2時間※ (急速充電10分=1時間)
連続再生時間:最大8時間※
操作距離:10m※
ワイヤレステクノロジー:BluetoothR4.1(マルチポイント対応)
ドライバーサイズ:6mm
出力:最大 10mW
入力感度:99 +/- 3dB@1KHz
周波数特性:20Hz ? 20kHz
インピーダンス:16Ω
マイク入力感度:-38dB +/- 1dB(測定条件:96dB SPL、1KHz、A-Weighted)
内蔵マイク:MEMS、無指向性
システム要件/対応デバイス:
対応デバイス~HFP、HSP、A2DP対応のBluetoothRデバイス
コーデック~Bluetooth SBC
プロファイル~Handsfree、Headset、A2DP、AVCRP、SPP
コントロール:電源ON/OFF、音量UP/DOWN、再生/一時停止、次のトラック/前のトラック、音声アシスタント、ペアリング(BluetoothR接続)、受話/終話/リダイヤル/ミュートなど
保証期間:1年間


JBD-X4-001AMJ Front


ロジクール・カスタマーリレーションセンター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
スマホの画面に耳の中を映し出して耳掃除ができる「スマホでWi-Fi耳かきスコープ」
もうHDMIケーブルの抜き差しは不要!入出力に対応する「1台2役双方向HDMI切替器」
タニタから水や洗剤で丸洗いできるデジタルクッキングスケール2機種
エレコム、ロック機能搭載で水がこぼれにくいアロマ加湿器「エクリア ミスト」発売
フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」発売記念キャンペーンを実施





ロジクール、「ASTRO Gaming」ブランドからゲーミングヘッドセットを発売

01

ロジクールは、米国にて大人気のゲーミングブランド「ASTRO Gaming(以下、ASTRO)」を2018年9月20(木)より国内展開する。同日に「ASTRO Gaming」ブランド製品としてゲーミングヘッドセット「ロジクール G Astro A40 TR ゲーミングヘッドセット(以下、A40)」「ロジクール G Astro A10 ゲーミングヘッドセット(以下、A10)」、ゲーム体験・実況の利便性をより高めるヘッドセット用アンプ「ロジクール G Astro MixAmp Pro TR(以下、MixAmp)」「ロジクール G Astro A40 TR Mod Kit(以下、Mod Kit)」を発売する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格はそれぞれ「A40」18,880円、「A10」8,750円、「MixAmp」18,750円、「Mod Kit」7,750円。「A40」と「MixAmp」同梱版も販売され、参考価格は31,250円(税抜)。

本製品はASTROのエンジニアだけでなく、プロゲーマーおよびゲームデザイナーと共同で開発されている。PS4を含めゲーム機、ゲームのプレイに最適化されたものになっており、全ての周波数と音量レベルで音の明瞭さとディティールを再生する。

ヘッドセットだけでなくアンプ「MixAmp PRO TR」も同時発売される。Dolby Digitalサラウンドサウンド処理を搭載しており、PS4と接続することで7.1chサラウンドサウンドを実現する。

また、全体の音量ボリュームの調整はもちろん、音声とゲームBGMのバランス調整つまみも搭載。それらのミックスされた音を出力するストリーム出力端子も搭載しており、「ゲーム実況」にも最適なアンプになっている。そのほかにもイコライザやオプティカル入力、AUX入力端子もあり、132.5 mm×81 mmと小型ながら様々な用途に使用できるアンプになっている。

ノイズを除去し、高い感度を持つ取り外し可能な単一指向性マイクを搭載。また、コントロールケーブルにはインラインマイク、ミュート、音量ホイール、受話 / 終話ボタンを搭載し、手元で高度なコントロールが可能だ。

軽量で柔軟性の高い素材とクッションにより装着の疲労を感じずに長時間のゲームプレイが可能だ。

好みに合わせて色・マイク・イヤークッションなどを交換可能なMod Kit も同時発売。Mod Kit は、合成皮革のノイズキャンセリング イヤークッション、ボイスアイソレーションマイク、パッド付きヘッドバンドおよびクローズドバックスピーカータグを含んでいる。

また、9月20日(木)~9月23日(日)に開催される東京ゲームショウ2018のカプコンブースにて、全ての筐体のヘッドセットにASTRO製品が使用される。

ASTROクオリティを求めやすい8,750円(税抜)で提供するヘッドセット「A10」も同日発売される。一体型の単一指向性マイクを搭載し、口元に寄せるとオン、持ち上げるとオフになるフリップミュートを搭載している。

02


ASTRO Gaming カスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスクから初音ミクとコラボレーションしたTt eSPORTSのゲーミングキーボード&マウス
XYZプリンティングジャパンから持ち運べる低価格3Dスキャナー「ハンドヘルド3Dスキャナー2.0」
EPSONからA3ノビ対応のビジネスインクジェットプリンター間違ってフォーマットしても大丈夫!簡単操作でファイルを復元できる「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」
デル、ゲーミング向け液晶ディスプレイ「S2419HGF」、「S2719DGF」を発売






ロジクール初の縦型マウス発売!従来型マウスと比べ筋緊張を10%低減し、手の動きも1/4に軽減

MXV1s Beauty

ロジクールは、ロジクール初の縦型マウス「ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス」を2018年9月20(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万2,880円(税抜)。

本製品は通常型のマウスが57°の角度で傾いたような形になっている。握手するようにマウスを握り、親指は土台となるサムレストに置くことになる。握手をするような自然な把持によって、従来の非縦型マウスと比べて筋緊張を10%低減している。

最大4000DPI(Dots per Inche)の高性能光学センサーを搭載し、1インチ(25.4mm)の操作に対し、4,000ドットのマウスカーソルの移動を対応させることができる。1000DPIのマウスと比べ、4倍の感度を有しており、手の動きを軽減することができる。本体上部のカーソル速度切り替えボタンにより、設定した2パターンのDPIを切り替えることができる。

人間工学に基づいて成形された錘状の形は誰の手にもフィットする。表面はテクスチャード加工※のラバー素材になっており、高いグリップを実現している。

USB-C充電ケーブルに対応しており、1分間の充電で3時間の使用が可能だ。また、フル充電で最長4ヶ月間の長時間使用が可能だ。

ロジクール独自のEASY-SWITCH機能を搭載しており、本マウス一つに対し、三台のデバイスを無線ペアリングすることが可能だ。接続デバイスはボタン1つで簡単に切り替え可能だ。専用ソフトウェアをダウンロードすれば、Logicool Flowという機能が働き、異なるOS間でのファイルのコピーや画面の端にカーソルを動かすだけでデバイスの切り替えが可能になる。

■「ロジクール MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス」製品概要
製品名(日本語):MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス
製品名(英語):Logicool(R) MX Vertical Advanced Ergonomic mouse
サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):78.5 mm x 79.0 mm x 120 mm
重量(電池含む):135 g
本体カラー:グラファイト
トラッキング方式:ハイプレシジョントラッキング
解像度dpi:400-4,000dpi、50dpi刻みで設定可能(デフォルト値:1000dpi & 1600dpi)
総ボタン数:6
スクロールホイール:有
使用電池:内蔵充電式リチウムポリマー電池
電池寿命:最大4ヶ月※
操作距離:約10m※
無線方式:アドバンス2.4GHzテクノロジー、Bluetooth
保証期間:2年間
接続I/F:USB
※使用環境・状況によって異なります

MXV1s Front


ロジクール・カスタマーリレーションセンター 

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラが480GBで9千円を切るオリジナルSSD“Z1シリーズ”3製品を発売
ユニットコムからGeForce GTX 1070搭載・ツインドライブ構成の15型ゲーミングノートPCを発売
マイルストーン、ダイレクトなトラッキングを実現する軽量ゲーミングマウス「COUGAR Minos X5」の取り扱いを開始
マイルストーン、スタイリッシュなフルブラックのゲーミングチェア「COUGAR ARMOR Black」の取り扱いを開始
マイルストーン、レーシーなスタイルのゲーミングチェア「Playseat L33T Black」を取り扱い開始




プロゲーマーを数多く輩出したアマチュアのeスポーツ大会「Logicool G CUP 2018」の実施が決定

logo

ロジクールは、2017年に続き、日本中の有望なeスポーツプレイヤーが集結し、日本一のアマチュアチーム・プレイヤーを決める国内最大規模の祭典「Logicool G CUP 2018」を開催する。

eスポーツ市場の大幅な拡大・多様化を受け、初回2015年大会より採用していたリーグ・オブ・レジェンドに加え、2018年はLogicool G Twitterのファンの声に応える形で、競技タイトルにロケットリーグを追加する。チーム募集期間は、2018年8月12日(日)13:00~9月3日(月)23:59 で、予選はオンラインにて9月下旬から11月にかけて実施、決勝戦は12月以降を予定している。優勝チームにはそれぞれ、Logicool G 製品100万円分、準優勝チームにはLogicool G 製品50万円が贈呈される。

またロジクールは、俳優のケイン・コスギ氏とストリーマー契約を締結した。ケイン・コスギ氏は8月1日より、契約ストリーマーとして活動することとなる。

■「Logicool G CUP 2018」概要
競技タイトル:リーグ・オブ・レジェンド、ロケットリーグ
競技形式:予選はオンライン、トーナメント方式
エントリー方法
期間:8月12日(日)13:00募集開始、9月3日(月)23:59募集締め切り
※予選・決勝戦の詳細な日程、会場は後日発表。

エントリーフォーム:
リーグ・オブ・レジェンド部門 http://qq4q.biz/Likz
ロケットリーグ部門 http://qq4q.biz/Lil1


Kane


Logicool G CUP

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
セリーヌ・ファラッチがゲストに登場!ハワイ発アパレルブランド「Lilly & Emma」の[FEEL ALOHA Cafe]が湘南にオープン
VTuber富士葵が「Fight!公式応援団長」に就任!初リアルライブも実施!
「鉄道模型コンテスト2018」で「小学生が選ぶベストワン賞」を新設
「PUBG MOBILE」7月の大型アップデートを実施。PC版で人気の「War Mode」をMOBILE版に実装
動画や電子書籍等のサブスクリプション型サービスの認知率や利用実態の調査を公表(マクロミル調べ)






ロジクールからシンプルなプレゼンテーション用ツール「R500」を発売

Bside

ロジクールは、2018年6月1日(金)にプレゼンテーションツール「R500」を発売する。価格は5,750円(税別)。カラーはブラック、ミッドグレイの2色。

■プレゼンに必須のアイテム
ロジクールではこれまで「Spotlight」という、PCと接続し、PC画面を直接拡大したり注目点をフォーカスするプレゼンテーションツールを販売してきた。プレゼンテーション技術が高度化する中で、高機能なプレゼンテーションツールが求められる一方、従来通りのシンプルなプレゼンテーション・ツールも引き続き高い需要がある。ロジクールは今回、レーザーポインター機能とスライド送り・戻し機能の3種類を備えたシンプルなプレゼンテーションツールを発売した。

■2種類の接続に対応
USBレシーバーを使った接続と、Bluetoothの接続の2種類の接続があり、Windows、Mac OS、iOS、Androidなど多くのOSに対応している。

■赤色レーザーポインター
ポイントしたいエリアを精確に示すパワフルな赤色レーザーポインター。資料のどの部分を指しているかが一目瞭然だ。

■ロジクールプレゼンテーション・アプリ
本製品はロジクールプレゼンテーション・アプリと連動することで、ボタンにスライド送り・戻し以外の機能を割り当てることができる。ボリュームコントロール機能やジェスチャー機能などを割り当てることで、より自由度の高いプレゼンテーションを行うことができる。

MGside


ニュースリリース

ITライフハック

ITライフハック Twitter

ITライフハック Facebook



パソコンに関連した記事を読む

iiyama PC「LEVEL∞」よりツインドライブ構成の15型ゲーミングノートパソコンを発売
大人気コスプレイヤーえなこさんによるイベントも!サードウェーブが「C4 LAN」にブース出展

通気性抜群!汗っかきゲーマーでも快適な吹き抜けメッシュの快適ゲーミングチェア

ロジクール、名刺より小さい超小型「ワイヤレスミニマウスM187r」を発売

リンクスから日産フェアレディ240Z形状のモバイルバッテリー



01-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00HVUXABS" target="_blank">ロジクール ワイヤレス プレゼンター R400t
ロジクール
2014-01-31



ロジクール、名刺より小さい超小型「ワイヤレスミニマウスM187r」を発売

M187r

ロジクールは、2018年4月26日(木)に超小型ワイヤレスマウス「M187r」を発売する。ロジクールオンラインストア価格は1,380円(税別)。カラーバリエーションはブラック、ホワイト、レッドの3色。

「M187r」はこれまでのロジクール製マウスの中で最も小型で、本体サイズは横×奥行×高さ、49.4×81.9×31.8(mm)、電池込み重量がわずか51.9gで最小・最軽量。一般的な名刺のサイズは横×高さ(mm)が55×91であり、名刺よりも1割程度小さいサイズだ。高さにおいても31.8mmなのでポケットに楽々入る。

ロジクールではワイヤレスマウス製品に超小型レシーバーを採用している。PC等の接続する機器のUSB端子から少しはみ出す程度のレシーバーで、機器のサイズにほとんど影響を与えず接続が可能だ。

ワイヤレスで最大10mの範囲でレシーバーと接続される。デスクに限らず、ソファに座っての操作やテレビに接続しての操作も可能だ。

本製品は単4形電池1本で最大6か月の駆動が可能。電池を含めた本体重量が51.9gと一般的な卵より軽い重量でありながら長時間使用することが可能だ。

■「M187r」製品概要
製品名(日本語):ロジクール ワイヤレス ミニマウスM187r
製品名(英語):Logicool(R) Wireless Mini Mouse M187r
本体サイズ(横 x 奥行 x 高さ):49.4 mm x 81.9 mm x 31.8 mm
重量(電池含む):51.9 g
仕様電池:単4形乾電池×1本
電池寿命:最大6ヶ月
本体カラー:ブラック、ホワイト、レッド
発売日(予定):2018年4月26日
保証期間:3年間


製品サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
リンクスから日産フェアレディ240Z形状のモバイルバッテリー
ユニットコム、Radeon Vega 11グラフィックス内蔵のRyzen 5プロセッサーを搭載したミニタワーPCを発売
ドスパラ、第8世代インテル Coreプロセッサー搭載ゲーミングノートPCの5モデルをリリース
Qi対応のワイヤレス充電器を内蔵するゲーミングマウスパッド「MM1000 Qi Wireless Charging」
BenQ ZOWIE / GALLERIA共催「PUBG 東京VS上海対抗戦」オフラインイベント開催







ロジクール、デザインに特化した、どこにでも持ち運べる超薄型・超軽量のキーボードを発売

01

ロジクールは、デザイン性を重視し、どこにでも持ち運べる超小型・超軽量のキーボード「ロジクール ウルトラポータブル キーボード」(型番・iK1042BKA、以下iK1042BKA)を、2018年2月6日(火)より発売する。参考価格は8,880円(税別)。

本製品は、幅242mm、厚み6mm、高さ 137mmの超薄型、重さ180g(電池含む)の超軽量ポータブルキーボード。脱着式iPhone スタンド付属なので、どんな場所でも作業が可能だ。また丈夫な耐水設計なので、カフェで飲み物をこぼしてしまっても心配なく使用できる。

また、ゆったりとしたレイアウトのキーとiOSショートカットを備えたBluetooth キーボードなので、簡単、高速かつ精確なタイピングを実現する。

充電式バッテリー内蔵で、一回の充電で3か月の使用が可能だ。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
オフィスチェアをスタンディングデスクに早変わりさせるユニークアイテム「チェアdeスクッと」
ドスパラ、「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」推奨パソコンを発売
ロジクール、3年間の電池寿命のワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を発売
HyperX、RGBライティング対応のゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite RGB」が登場
DMM.com、HTC NIPPONとタイアップしHTC Vive VRキットのレンタルを開始





ロジクール、3年間の電池寿命のワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を発売

M705m BTY1 JP

ロジクールは、カスタマイズ可能なボタンが7つ搭載され、高速スクロール機能付きで長電池寿命なワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を2018年1月25日(木)から発売する価格はオープンプライスで、市場予想価格は4,880円(税抜)。

本製品は、単三形乾電池2本て゛最?3年間使用可能。煩わしい電池交換の手間が省けるほか、電池代の削減など環境にもやさしいマウスだ。電池残量が少なくなるとインジケータが光って知らせてくれる。

また7つのカスタマイズ可能なボタンを搭載。親指で操作できるサイドボタンで、Webページの「戻る/進む」などの頻繁に行う作業をワンクリックで実行できる。水平スクロールをすることも可能だ。

1回のスクロールで、表計算ソフトやウェブページも高速かつシンプルに移動できる機能を搭載している。またクリック・トゥ・クリック(ラチェット)モードに切り替えれば、再生リスト、スライド、フォトアルバムなどで精確なナビゲーションが可能だ。さらに筐体は手に完全にフィットするデザインインで、快適に操作することができる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
HyperX、RGBライティング対応のゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite RGB」が登場
DMM.com、HTC NIPPONとタイアップしHTC Vive VRキットのレンタルを開始
「iiyama PC」と「仮面女子」のコラボ新アイドルユニット「無限女子 ~ powered by 仮面女子 ~」イメージムービー公開
生田絵梨花、生駒里奈、齋藤飛鳥、白石麻衣、西野七瀬のCM「マウスバンド」篇個人PVが公開
パソコン工房 、分割払い手数料が無料になる「ショッピングローン0%金利キャンペーン」開催中






数々のプロ選手を輩出したeスポーツプレイヤーの登竜門「Logicool G CUP 2017」決勝戦の開催概要が決定

ddafebd6ef3b064a025028fd033cb5e8_s

ロジクールは、日本中の有望なeスポーツプレイヤーが集結し、日本一のアマチュアチーム・プレイヤーを決める国内最大規模の祭典「Logicool G CUP 2017決勝戦」を、2017年12月31日(日)14:00から18:30まで、ベルサール高田馬場(東京都新宿区大久保)で開催すると発表した。

決勝戦は、12月31日(日)11:00から2018年1月1日(月)17:00まで開催される「RIZeST Gamer's Base」(略称:RGB)の中のメインイベントとして実施される。

Logicool G CUPは日本でのeスポーツ普及のため、①プレイヤーの裾野拡大、②コミュニティーの活性化、③チーム結成の促進、④プロを目指す登竜門となる大会を目指した、「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)」を使用した大会。今年はチーム戦37チーム、個人戦22人が10月3日(火)から始まったオンライン予選にエントリーし、11月21日(火)の準決勝戦まで、夢の舞台である決勝を目指し熱い戦いを繰り広げている。

■RIZeST Gamer's Baseの開催概要
日時:2017年12月31日(日)11:00~2018年1月1日(月)17:00
場所:ベルサール高田馬場
東京都新宿区 大久保3-8-1 住友不動産新宿ガーデンタワーB2F
会場地図:https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/shinjuku/bs_takadanobaba/access
■料金
●一般入場券:無料
●ノーマルPC席付き入場券:4,000円(税込) *デバイスのみ持ち込み可
・18歳未満購入不可
・何も持ち込み無しでもOK
・一度に最大6席まで購入可(横並びグループ席)
・レンタルPC本体、モニター、デバイス付属
●VIP PC席付き入場券:6,000円(税込) * PC・デバイス持ち込み可
・ゲーミングチェア、VIPラウンジ利用権付き
・18歳未満購入不可
・何も持ち込みなしでもOK
・一度に最大6席まで購入可(横並びグループ席)
・レンタルPC本体、モニター、デバイス付属
※Logicool G CUP 2017決勝戦は入場無料。
※サイト使用料金としてユーザーチャージ324円(税込)が発生する。
●販売サイト
SKIYAKI TICKET:https://rizestinc-fan.com/contents/130434
2017年12月18日(月)23:59まで



Logicool G CUP 特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
楽天トラベル、2017年 湯治体験が人気の温泉宿ランキングを発表
レシピ100点掲載、年賀状作りをとことん楽しむサイト「おねんがラボ!」がオープン
「千葉都市モノレール」×「駅メモ!」コラボイベント開催
SQEX「サーヴァント オブ スローンズ」今冬配信決定!豪華声優陣が出演するトレイラー映像を公開!
東京メトロ、地下鉄開通90周年記念イベント「TOKYO METRO 90 Days FES!」を90日間限定で開催





ワイヤレスで最大2台まで接続できるプレミアムBluetoothスピーカーロジクール「MX SOUND」を発売

01

ロジクールは、パソコン、タブレット及びスマートフォンからワイヤレスでスピーカーに繋げることができるプレミアムBluetoothスピーカー「ロジクールMX SOUND」を、2017年11月2日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万2,880円(税抜)。

本製品は、最大2台のBluetoothデバイス、または3.5mmステレオミニジャック入力(1台)のデバイスを接続し、音源を切り替えることができる。ロジクールEasy-Switchテクノロシ゛ーにより、一方のデバイスて゛オーディオを一時停止し、もう一方のデバイスで再生を押すだけで、シームレスに切り替えることが可能だ。

24Wのピーク出力(12WのRMS 出力)、ハイエンドドライバーおよひ゛低域を広げる独自デザインのボートチューブを備え、アーティストが意図したサウンドを精確に再現するバランスのとれたオーディオを実現した。さらに「10度の後方傾斜」によって、理想的なリスニングポイントである「スイートスポット」を実現。クオリティの高いサウンドを体験できる。

またスピーカー前面に配置されたバックライト付きコントロールに軽くタッチするだけで、スピーカーが瞬時に動作を感知して、音量調節やデバイスのペアリングの操作をすることができる。また20分間使用しないと、電力を節約するためのスタンバイモードが自動的に作動する。

02


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」
プラネックス、磁力でカメラをピタッと設置できるカメラ用マグネットスタンドを発売
GARMINのドラレコGDR シリーズから最新モデル「GDR W180」が登場
音が聴覚へダイレクトに届いてピュアな音質を楽しめる、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型ヤマハイヤホン




ロジクール、土屋圭市とコラボレーションしたVR動画「Ride with the Drift King」を公開

Tsuchiya Social-7231

ロジクールは、元レーシングドライバーで、ドリキンこと土屋圭市氏の助手席に乗っているような体験ができるVR動画「Ride with the Drift King」(日本語版)を2017年11月14日に公開する。同時に本日よりVR動画の公開に先駆け、ティザー動画をLogicool G Twitterにて公開する。

また土屋圭市とのコラボレーションを記念し、11月14日に一般参加者30名限定のLogicool G29を使ったイベント「ドリキンと対戦!」を実施する。イベント来場者には全員Logicool G とKeiichi Tsuchiya職人ロゴ入り特製Tシャツをプレゼントする。

■「ドリキンと対戦!」特別イベントの詳細
日時:2017年11月14日(火)19:00~21:00 (開場18:30)
場所:e-sports SQUARE AKIHABARA(東京都千代田区外神田3-2-12 Box'R AKIBAビル2F)
参加応募:https://goo.gl/forms/adwAq0puNlLXokXA3(抽選30名)
申し込み期間:10月19日(木)~11月5日(日)
対戦可能人数:イベント会場内抽選で3名様 ※当日の状況により予告なく変更される場合があります


Logicool G Twitter
G29 Driving Force

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
USBポートに差すだけで高音質化!USBサウンドクオリティアップグレーダー「APS-DR005」
握るように持つから使いやすいUSB接続垂直型RGBエルゴノミクスマウス
クリエイター向けPCブランド「raytrek」が同人誌即売会「COMIC1☆12」に出展
サードウェーブデジノス、「GALLERIA FZ」のCore i7-8700K搭載モデルを10月13日(金)より発売
「LEVEL∞」より第8世代Core i7-8700K搭載ミドルタワーゲームパソコンが登場




ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売

01

ロジクールは、キーボードカテゴリでは初となる「KX」シリーズのキーボード製品で、クリエイティブ入力ダイヤル「CROWN(クラウン)」一つで10種類以上のクリエイティブ系やオフィス系のソフトウェア・アプリの機能を操作することができる「ロジクール KX1000s マルチデバイス ワイヤレス キーボード」(型番:KX1000s、以下、CRAFT)を、2017年9月15日(金)よりロジクール製品取扱店で発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万3,750円(税別)。

CRAFTは、本社LogitechがAdobeのデザイナー、プロダクトマネージャー、エンジニアと協力しながら開発され、誕生した。クリエイティブ作業工程を中断させることなく、精確かつ作業状況に対応した操作性を実現させたCRAFTは、Adobe Creative Cloudを使用する人、さまざまなソフトウェアやアプリの作業に合わせたカスタマイズをして仕事の効率を上げたい人、そして精確なキー入力で作業効率を向上させたい人など、効率の高いワークライフを重視するユーザーが満足できるハイエンド・キーボードだ。

KX1000s

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー
余った2.5インチHDDを手軽に外付けできるUSB Type-C接続 2.5インチSATAハードディスク×2ケース
Synology、NASの新製品「DiskStation DS418j」を発表
おもちゃのブロックを連結できる交換用キートップ




ロジクール、新型iPad対応の2つ折り保護カバー&スタンド付キーボードを発売

iK1052BK BTY3 JP

ロジクールは、iPad用2つ折り保護カバー&スタンド付キーボード「ロジクール SLIM FOLIO iK1052 Bluetooth キーボード一体型ケース」(以下、iK1052)を、2017年6月22日より発売する。価格は1万2,880円(税別)。

本製品は、快適でゆったりとした間隔のキー配置とレイアウトによって、狭さを感じることもなく正確なタイピングができるよう設計されている。メカニカル シザーキーは、高さ1.5mmのキーストロークに調整され、反応性が高いタイピングを可能にした。またiOSショートカットキーにより、キーボードから手を離さず音量や言語の変更など全ての操作をすることができる。

iK1052は、交換式のコイン型電池を使用。パワーマネジメントシステムにより、電池交換をせずに最長4年間の使用が可能だ。カバーを開くとiPadおよびキーボードが自動的に起動し、閉じると自動でスリープモードになる。

またケースを開くだけでタイピングを開始することが可能。iPadは完璧なタイピング位置に固定されており、膝の上など不安定な表面でもしっかりとタイピングをすることができる。タイピングモードとブラウジングモードの2種類の角度によって、ブログを書いたり、映画を鑑賞したり、ゲームをしたり、小説を読んだり、美しいiPadの画面を最大限に活用することが可能だ。

ソフトなファブリックを使用したカバーが、iPadの前面・背面を不慮の衝撃、傷、液体などからしっかりと保護。また内部は軽量のフレームで側面を保護しながら、キーボードとiPadの一体感を実現している。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「LINE LIVE」、配信者が獲得できるLINEポイントを通常の3倍以上に
コンパクトでも妥協ゼロ!ユーザーの声に応えた上質スマホ「Galaxy Feel」発売
LINEモバイル、女優・のんさんを起用した一夜1回限りの60秒スペシャルTVCMを放映
川口春奈さんがダチョウ倶楽部上島さんを召喚!本格幻想RPG「陰陽師」新CM発表会レポ
InfinityDisplayを採用した「Galaxy S8」「Galaxy S8+」が6月8日に登場






ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売

K840 BTY v04

ロジクールは、ゲーミングで培った技術を応用し、丈夫なアルミニウムを採用して耐久性とデザイン性を向上させたロジクール初の一般向けメカニカルキーボード「ロジクール メカニカル キーボードK840」を2017年6月1日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、ロジクール オンラインストア価格は9,250円(税抜)。

本製品は、表面処理を施したアルミを採用したことにより、メカニカルキーボードに求められる耐摩耗性と耐久性、さらにモダンで洗練されたデザインを実現した。スタイリッシュなカラーの存在感が特徴だ。

一般的なメカニカルキーと比較して、最大25%の高速キー入力を実現する、ロジクール独自の「ROMER-G メカニカルキー」を搭載している。日本で設計されたこの技術によって、標準的なキーボードと比較して耐久性が40%高くなり、また素早い入力でも精確で快適な操作性を発揮する。また確かな打鍵感と静かな操作音、そして高耐久性を実現した。

ゲーミングで培った、一度に26個のキーを同時に押しても認識する26キーロールオーバーの技術により、精確なキーの入力を実現しました。プログラム可能なF1~F4キー、Winロック機能、メディアキーとショートカットキーへの簡単アクセスなど、ゲーミングキーボードと同様の高度な機能を搭載している。

標準のフルサイズキーボードに角度調節が可能な「ティルトレッグ」機能を搭載したことにより、長時間のタイピングでも疲れを軽減してくれる。さらにケーブルを補強する張力緩和機能を備えた1.8m のケーブルを採用したことで、耐久性もアップした。

ロジクール

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売
プラネックス、様々な機器から安全に使えるVPNルータ・OpenVPN専用「かんたんOpenVPN」を発売
回線が混雑した都市環境でも最高のWi-Fi環境を提供するWi-Fi高機能化モジュール「Portal Boost」
ドスパラ限定でPC自作に最適なENERMAX製PCケース「BECITE -ビサイト-」を発売
サードウェーブデジノス、AMD待望のメインストリームCPU「Ryzen 5」搭載ゲーミングパソコンを発売




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ