ITライフハック

ロゼッタストーン

語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート

トップ画像


ソースネクスト株式会社は2017年4月26日、都内グランドハイアット東京において報道関係者向けに、新サービス、並びに新製品の発表会を開催した。発表会では、同社代表取締役社長松田憲幸氏より、今後のロゼッタストーンブランドの取り組みや「スマート留守電」の新機能について発表があった。

■「ロゼッタストーン」を先着30万本4,980円で提供
発表会はソースネクスト松田社長の挨拶から始まった。同社はロゼッタストーン社の日本法人を買収し、日本市場で大規模なプロモーションを展開する。「言葉の壁をなくす」という新たなミッションのもと、外国語学習とAI活用を進めて行くという。

まず外国語学習だが、インターネット調査によると、3割以上が語学学習に挫折しており、最大の障壁は「お金をかけられない」ということだった。そこで、語学ソフト「ロゼッタストーン」24言語、各2万7,593円(税別)のところ、先着30万本に限り挑戦プライス4,980円(税別)で提供する。

また2017年6月30日まで購入者の中から抽選で10名様に10万円分の旅行券が当たるキャンペーンを実施するほか、マルチリンガルへの挑戦を応援するため、複数言語を購入した際、「まとめ買い割引」が受けられる。
たとえば、2本買うと1,000円引き、以降1本増えるごとに1,000円が割引になる。これらは、ロゼッタストーン製品の新ミッションである「言葉の壁をなくす」を実現するためのものだ。

次にAI活用だが、Skype TranslateやGoogle Translateなどに代表される機械翻訳は、AIの導入により翻訳の精度が上がってきている。今後、AIの進化により、言語分先がさらに高精細なものになると予測される。そこで同社は、AI翻訳を活用した「ロゼッタストーン翻訳」と「ロゼッタストーン ポケット」を年内に発売する予定だ。

「ロゼッタストーン翻訳」は、80ヶ国以上の言語に対応させる。
「ロゼッタストーン ポケット」はロゼッタストーン型の小型デバイスで、簡単に言えば、AIを活用した自動翻訳機だ。音声を入力すると、翻訳され、音声合成で発話してくれる。こちらも80ヶ国以上の言語に対応する。

語学ソフト「ロゼッタストーン」



■「スマート留守電」に新機能!留守電を「LINE」で受けられる
発表会では、次世代型・留守番電話サービス「スマート留守電」の、今後のアップデート予定3件を発表した。

1つめは留守電メッセージの受取方法に新たに「LINE」を追加(5月中旬予定)、2つめはニュアンスコミュニケーションズ社製の最新の音声認識を新搭載、そして、3つめとして、先月アップデートした多言語対応をさらに発展させ、翻訳機能も追加(今夏予定)する。

翻訳機能の搭載により、留守電メッセージのテキストを翻訳できるようになる。翻訳は、英語や中国語、スペイン語など主要10言語に対応予定だ。日本語以外の言語で留守電メッセージを受信した場合でも、そのメッセージを翻訳できるので、内容の理解に役立てることができる。

次世代型・留守番電話サービス「スマート留守電」


ロゼッタストーンブランドは「言語学習の支援(外国語学習)」「言語学習が不要な未来(AI活用)」の双方に貢献するブランドを目指す。国内売上は2020年までに100億円を目指すとしている。

次の常識をつくる(We Source What's Next)、それが同社の使命だ。

「ロゼッタストーン」製品情報
ソースネクスト株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
超会議2017来場記念!ニコニコ住民票、6枚目を作ってきました!
今年も「ニコニコ超会議」の「超鉄道」ブースに行ってみた
ラスボス小林幸子がピューロビレッジに初降臨して「小林幸子 in サンリオピューロランド」を開催
「けものフレンズ」全12話一挙放送実施。初のコメント入りライブ・ビューイングも全国劇場で同時開催
保育士300名に聞く「保育園問題」(マクロミル調べ)



言語学習: Rosetta Stone
Rosetta Stone Ltd.
2017-04-21




賢いコース選択や無料体験も 続・外国語学習ソフトのロゼッタストーンが大幅進化【デジ通】



前回、外国語学習のロゼッタストーンは、従来まではパソコンで利用する言語学習ソフトだったが、タブレットやネットの普及などに合わせた新しいサービスへと進化したことをお伝えした。

タブレットに対応する最新版が2013年5月に公開され、パソコン版とほぼ同様の内容をタブレットだけで利用できるようになった。また、無料体験もタブレットを使い気軽にできるようになるなど、スマホ&タブレット全盛時代に対応した変化を始めている。


続きを読む

スマホやタブレット対応へ! 外国語学習ソフトのロゼッタストーンが大幅進化【デジ通】





本連載で何度か紹介してきた外国語学習ソフトのロゼッタストーンが、PCがないと使えなかった環境からタブレットやスマホを取り込んだ新しい学習環境に対応し始めている。従来のロゼッタストーンはパソコンにインストールして使うというソフトだったため、パソコンを持っていて、ソフトのインストールができる人しか利用できないという点がハードルを高くしていた。

昨年よりタブレットやスマートフォンが急激に普及しつつあり、そういう端末も利用できるようにとオンラインでの学習環境が変化しつつある。特に語学の学習市場ではこうした動向の変化に素早く対応するなど、新しい世代に柔軟に対応づるように変化している。ただし、従来のPCにインストールするタイプのユーザーからみるとコスト高となってしまう内容もある。そうした点に注意しよう。


続きを読む

iPadでネイティブ講師と英会話練習! Rosetta Stone ReFLEXにiPadアプリが登場【デジ通】



以前、毎日ネイティブ講師とオンラインで英会話を学習できる「Rosetta Stone ReFLEX」を紹介した

これは、毎日ネイティブ講師と会話するという英語学習環境を提供してくれるもので、本当に使える英語力を身に付けるのにおススメのサービスの1つだ。ただ、英語をネイティブで話す人と、英語を学ぶために毎日オンラインで会話することを実際にやろうと思っても、社会人にとってはなかなか難しい。

しかもこのサービス、パソコンのWebブラウザ上で動くので、利用するためにはパソコン本体が必須であった。仕事が終わったら、すぐに自宅に戻って準備するなどしないと利用できなかったのである。

今回、このサービス利用者向けのiPad用のアプリが登場した。これによりパソコンを使うことなく利用できるようになり、おかげでより気軽に英会話を学習できるようになった。

続きを読む

英会話が苦手な理由を克服! ロゼッタストーンで英語を話せるようになるワケ【デジ通】



外国語学習の「ロゼッタストーン」は、その言語を何も知らない状態から始める学習教材として注目されている。先日紹介した日本人の英会話能力を強化することに特化して開発されたRosetta Stone ReFLEXだが、この教材の本格的な販売が開始され、これに合わせて記者会見が行われた。

この会見で説明された日本人が英会話が苦手な理由と、そうした日本独自の問題に対して積極的にアプローチした新教材「Rosetta Stone ReFLEX」の詳細を中心に解説しよう。

続きを読む

英語を本気で学びたい人へ! 「Rosetta Stone ReFLEX」をチェックしてみた【デジ通】



eラーニングという言葉が産まれてもう十年以上になる。それこそ、いろいろなサービスが登場しては消えて行った。そうして運営する側もノウハウを蓄積してきており、以前よりは効率よく学べるようになってきている。

例えばロゼッタストーンという30言語に対応する外国語学習教材がある。ここの学習方法は基本的には、まずパッケージソフトを購入し、それをPCにインストールして学習を進めて行くが、その一連のカリキュラムの中には、学習している外国語を母国語としている講師とオンラインで、ダイレクトにやり取りするコーナーもある。

ロゼッタストーンが特に重視しメインに掲げているのが英語だ。その中でも市場規模の大きい日本でももちろんコースが用意されていたが、このたび日本人に特化した英会話学習オンラインサービスの新しいコースとなる「Rosetta Stone ReFLEX(リフレックス)」が登場した。

こういった学習教材は、本気で英語を学びたい人にとっては、有用なサービスだが、効果があるのかどうかわからない点で、いま一歩踏み込めない人もいるだろう。ということで、どのように日本人に特化されているのか? について見て行こう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ