ITライフハック

ロビ

タカラトミー、電動最小の「ロビ」が誕生!「こっちむいて!ロビ」を発売

2_normal

タカラトミーは、話しかけると振り向いておしゃべりする手のひらサイズのロボット「こっちむいて!ロビ」を、2019年2月14日(木)から発売する。価格は3,500円(税別)。

「こっちむいて!ロビ」は、愛くるしい動きや会話を楽しめるロボット、人気の週刊「ロビ」とコラボレーションし、ロビの魅力であるかわいい声でのおしゃべりに特化したコミュニケーションロボットとして開発された。3月19日(火)にデアゴスティーニ・ジャパンより発行の週刊「ロビ2」が完成するのに先駆けての発売となる。

「こっちむいて!ロビ」は声や音に反応し、音のする方向を振り向いて応えてくれる。ロビのかわいらしい声は、今回も声優 大谷育江さんが担当し、約20語の“おしゃべりワード”を収録した。「さわやか~ きぶんそうか~い!」など、ランダムに返答する。おなかのあたりをさわるとくすぐったがったり、手を動かしてポージングをしたりすることもできる。

また、デザインは週刊「ロビ」同様にロボットクリエイター 高橋智隆氏が監修している。

全長約10cmで手のひらにのせることができるサイズとし、今までオムニボットで展開してきたロビシリーズはもとより、他社も含めた「ロビ」関連商品の中で、電動のものとしては最小サイズだ。

なお今回その魅力を最大限伝えるため、子どもからシニアまで大人気の落語家 林家木久扇さんと、孫の小学生落語家 林家コタ君を起用したWeb動画を2月6日より公開した。「こっちむいて! ロビ」の気まぐれな返答に木久扇さんもたじたじな様子が楽しい内容になっている。



■「こっちむいて!ロビ」商品概要
商品名  : 「こっちむいて!ロビ」
価格  :3,500円(税別)
発売日  : 2019年2月14日(木)
対象年齢  : 6歳以上
音声  : 大谷育江さん(週刊「ロビ」と同じ声)
商品内容  : 本体×1、シール×1、取扱説明書×1
商品サイズ  : W105mm×H105mm×D80mm
使用電池  : 単4形アルカリ乾電池×2(別売)
販売目標  : 年間2万個


©TOMY ©DeAGOSTINI
公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む

普段のお米を炊くだけで糖質を35%カットする「糖質カット炊飯器 匠」を予約開始

NERV官給品仕様!ソニーのハイブリッド型スマートウォッチ「wena wrist」シリーズのエヴァコラボモデルが登場
ボタンひとつでタイヤの空気入れや空気圧チェックができる電動エアコンプレッサー
排水管の中を高圧逆噴射の水流で一気にお掃除できる「配管洗浄ホース付き強力高圧洗浄機」
持ち運べて片手でラクラク縫えるUSB&乾電池駆動のミシン
ソニー、ノイズキャンセリング機能とDSEEを搭載するネックバンド型ワイヤレスヘッドホンを発売

こっちむいて! Robi
タカラトミー(TAKARA TOMY)
2019-02-14



週刊「ロビ2」発売記念の春休みロボット展 「Robi EXPO」を開催

図2

デアゴスティーニ・ジャパン(は、毎号付属のパーツを組み立てると、多様なコミュニケーションを楽しめる新時代のフレンドリーロボット「ロビ」が完成するマガジンシリーズ 週刊「ロビ2」を、2017年6月6日(火)より発売する。これを記念して、2017年3月30日(木)~2017年4月1日(土)に六本木ヒルズ「hills cafe / SPACE」にて、入場無料のイベント 春休みロボット展「Robi EXPO(ロビエキスポ)」を期間限定で開催する。

「Robi EXPO」では、ロビ48体が一緒に踊るパフォーマンスや、ロボットクリエイター高橋 智隆氏による講演、VRでロボットたちとのパフォーマンスを体感できるイベントも行われる。また、来場者特典として、先着400名に毎日デザインが変わるオリジナル缶バッジをプレゼントする。

■春休みロボット展「Robi EXPO(ロビエキスポ)」
開催日: 2017年3月30日(木)~2017年4月1日(土)
時間: 11:00~20:00 ※3/30(木)のみ16:00~20:00
会場: 六本木ヒルズ hills cafe / SPACE
   (東京都港区六本木6-10-1 ヒルサイド 2F)
アクセス: 東京メトロ 日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩0分
    都営地下鉄 大江戸線「六本木駅」3出口 徒歩4分
    都営地下鉄 大江戸線「麻布十番駅」7出口 徒歩5分
    東京メトロ 南北線 「麻布十番駅」4出口 徒歩8分
入場料: 無料


缶バッチ③
缶バッチ②
缶バッチ①


週刊「ロビ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”

ロビ 創刊号 [分冊百科] (パーツ付)
デアゴスティーニ・ジャパン
2013-02-19



これからの番組情報はどうなる!スマートTV時代の最新番組情報【デジ通】

Roviが提供しているGガイド


Rovi(ロビィ)は一般的には聞き慣れない会社名だが、現在のデジタル放送で必須となる番組情報をGガイドとして提供しており、番組表を使用しているほとんど方がRoviのユーザーだ。

Roviよりも旧社名のマクロビジョン時代のコピー防止技術の方が聞き覚えがある方もいるかもしれない。スマートTVが続々と登場しようとしている中、CES 2012において、同社の最新の番組情報とコンテンツ関連技術を聞いた。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ