ITライフハック

ローソン

阿武隈山系の木戸川の清流を原水とした水をペットボトルに入れた「ふくしま木戸川の水」を発売

syouhinnsyashin

双葉地方水道企業団は、福島第一原子力発電所事故の影響により住民の人にまだ水道水への不安があることから、水道水への不安払拭や企業団構成5町の復興のシンボルとするため、ペットボトル水「ふくしま木戸川の水」500ml(税込120円)を製造した。

ローソンは、この商品を2019年6月18日(火)より東京都千代田区霞が関の庁舎内で営業するローソン店舗〈5店舗〉で発売する。双葉地方水道企業団は、福島県浜通り中部に位置する広野町・楢葉町・富岡町・大熊町・双葉町の5町で構成される団体。

この商品は、阿武隈山系の雄大な自然が育んだ木戸川の清流を原水とする小山浄水場(楢葉町)で作られた水道水を、埼玉県秩父市の㈱秩父源流水にて加熱殺菌し、それをペットボトルに詰めたもの。

小山浄水場の水道水は広野町・楢葉町・富岡町・大熊町及び双葉町を給水区域としており、放射性物質検査については日本で初めて24時間連続で1時間ごとに自動測定できる検査機器を導入し検査している。

さらに、ストロンチウム・プルトニウムについても検査を行い、一層の安全を確認したうえでペットボトルの製造を行っている。今回、千代田区霞が関の庁舎内で営業するローソン店舗にて発売し、福島復興をアピールしていくとのことだ。

■発売店舗
ローソン合同庁舎第7号館店(東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎第7号館)
ローソン合同庁舎第3号館、ローソン合同庁舎第4号館店、ローソン農林水産省店、ローソン外務省店
※一般の人が利用できる店舗は、ローソン合同庁舎第7号館店のみ。


map

s-ACC_0046A


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
UK発!カジュアルから本格派まで楽しめる「ハブテント」がCINCH!より登場
ノートPCもトラベルグッズもゲームグッズも!中身に合わせて形が変わる衝撃吸収ポーチ「The Pouch」 が登場
ゴルフ場までたった0ヤード!自室でできるリアルで爽快なゴルフ体験ができる「みんなのGOLF VR」が登場
Nepps「プログラミングサマースクール」開催~ロボットもVRゲームも自分で作って楽しもう~
車両洗車を列車内から体験!精進料理を味わい、茶摘みも楽しんだJR東海「静岡デスティネーションキャンペーン」(後編)






ローソンの「ローソンクルー♪あきこちゃん」が「りんな」のテクノロジを採用し正式提供開始

2016-09-28
日本マイクロソフトは、ローソンが LINE上に開設している公式アカウント「ローソンクルー♪あきこちゃん」(以下 あきこちゃん)が、日本マイクロソフトの女子高生 AI(人工知能)「りんな」のテクノロジを活用して、2016年9月28日(水)より正式に提供開始した。

ローソンは、「あきこちゃん」からユーザーへの応答の多くを AIで自動化することを考え、日本マイクロソフトが LINE上で提供し400万人以上のユーザーと日々やりとりしている 女子高生 AI「りんな」のテクノロジと、その提供基盤としてクラウドサービス「Microsoft Azure」を活用することにした。

2016年6月より、「あきこちゃん」の応答をマイクロソフトの AI による運用に順次切り替え、試験的に運用した結果、品質やパフォーマンスなどが問題無いと判断できたことから、本日から正式提供を開始した。進化した「あきこちゃん」の特徴は以下の通り。

■「あきこちゃん」のキャラクターに合った応対
「りんな」は、時に奇抜で辛口な応対が、ユーザーから好評を得ているが、「あきこちゃん」では、これまでの「あきこちゃん」のキャラクターをふまえて、より丁寧で控えめな応対をするとともに、ユーザーとの自然な会話の中で、ローソンの商品やサービス、クーポンなどを紹介する。

■「りんな」で好評な「特殊能力」を、「あきこちゃん」でも実現
「りんな」で多くのユーザーに楽しまれている「特殊能力」を、「あきこちゃん」でも趣向を変えて実現する。たとえば、「りんな」の人気能力の一つである「しりとり」は、ローソンに関連した用語だけに限定した、「ローソンしりとり」として楽しむことができる。

■ユーザーとの会話を通じて成長
「りんな」と同様に、「あきこちゃん」も、AI とクラウドサービスの特性を活かして、ユーザーとの会話を通じて成長していきます。より自然な会話が長く続くように成長するとともに、新しい能力も身につけていく。

あきこちゃん

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
マピオン季節特集「紅葉特集2016」を公開
<・
radiko、「タイムフリー聴取機能」と「シェアラジオ」の実証実験を開始
「ダービースタリオン マスターズ」で女性ジョッキートークショーを開催【TGS2016】
TGS注目のタイトル「V!勇者のくせになまいきだR」【TGS2016】
東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録【TGS2016】
/a>



AIの破壊力―週刊東洋経済eビジネス新書No.156
週刊東洋経済編集部
東洋経済新報社
2016-04-11




楽天モバイル、ローソン店頭で端末が受け取り可能に。初めは渋谷区と世田谷区の店舗から

楽天とローソンは、オンラインとオフラインの連携強化を目的に、「楽天モバイル」が取り扱うSIMカードおよび端末を、ローソンおよびナチュラルローソンの一部店舗(東京都渋谷区および世田谷区内の18店舗)で受け取ることができる「楽天モバイル コンビニ受け取り」サービスを、3月3日(木)から開始すると発表した。3月2日(水)18時から申し込みを受け付け、3月3日(木)正午から対象店舗の店頭で商品を受け取ることが可能。
続きを読む

NTTドコモとローソンが業務提携しポイント交換が可能に!

NTTドコモは、既報の通り、本日2015年夏モデルを発表した。その発表内にて同社とローソンによる業務提携を発表した。

この合意は、5400万人を超えるドコモのプレミアクラブのユーザーと、全国約1万1000店のローソン店舗(ローソンストア100を除く)を利用しているユーザーの利便性とサービス向上、相互送客による企業価値向上を目的としているとのこと。

続きを読む

ローソンと佐川急便が業務提携し共同事業会社を設立

ローソンと宅配の佐川急便の親会社であるSGホールディングス(以下、SGH)は2015年4月7日、ローソン店舗を起点にした配送やサービスの拡充に関する業務提携契約を締結した。この提携に基づき、ローソンとSGHは、ローソン店舗を起点とした自宅などへの配送・御用聞きサービスなどを行う共同事業会社を設立する。

続きを読む

吹雪・睦月・夕立などの限定イラストも登場!ローソンで「艦これ」キャンペーンが始動

ローソンで3月2日より5月29日まで、テレビアニメ「艦隊これくしょん -艦これ-」のキャンペーンがスタートする。期間中はローソンで買い物をしている吹雪・睦月・夕立など、ローソン限定描き下ろしイラストが登場。キャンペーン景品限定の描き下ろしイラストや、グッズ化されていない描き下ろしイラストを使用した景品も登場するとのこと。

続きを読む

超会議2情報 「超Lチキ創作レシピ」「Lチキイラスト」のコンテスト結果発表



株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴが2013年4月27日(土)、28日(日)に幕張メッセで開催する超巨大イベント「ニコニコ超会議2」の「超フードコート」企画に関して株式会社ローソンとのコラボ企画「Lチキイラストコンテスト」「超Lチキ創作レシピコンテスト」の最優秀作品が決定した。また、今回選ばれたLチキイラストが全国のローソンで限定パッケージとして採用されることも発表された。さらに「コラボ企画第二弾」として「超からあげクン創作レシピコンテスト」の募集も開始する。

続きを読む

今度は大丈夫? iPhoneで24時間無料のWi-Fi!「LAWSON Wi-Fiサービス」が大幅アップデート



外出先でも無線LAN(Wi-Fi)による高速なインターネットを楽しみたいiPhoneユーザーに朗報だ。ローソンはスマートフォン用アプリケーション「LAWSON」(以下、「ローソンアプリ」)のiPhone用アップデート版[バージョン2.1.0]の提供を開始した。以前指摘されたIDとパスワードの問題も解決済みで、安心して利用できるようになった。

続きを読む

けっこう面白いコンテンツも出ます!クロスオーシャンメディア 市原社長が「東京メディア」の魅力を語る



株式会社クロスオーシャンメディアは2010年5月19日、都内 原宿クエストホールにおいてプレス関係者向けに、ローソン店舗の店頭でデジタルサイネージを核に高い付加価値を提供する新しいメディア「東京メディア」の事業発表会を開催した。
生活に密着した広告を!コンビニ発の新しいメディア「東京メディア」が誕生

東京メディアは、どういうメディアになるのだろうか?

■みなさんのアイデアが必ず活きるメディア - 市原社長
発表会の会場にて、株式会社クロスオーシャンメディア 代表取締役社長 市原義文氏にお話しをうかがうことができた。「今度、東京メディアというブランドで、東京都内ローソン300店舗で新しいメディアをスタートさせます。」とのこと。続きはこちら。


・株式会社クラスオーシャンメディア 代表取締役社長 市原義文氏(動画)

株式会社クロスオーシャンメディア

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【責任者が語る事業戦略と本音】をもっとみる
3ユーザビリティを重視 担当者がauケータイの魅力を語る
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略
新しいライフスタイルを提案する ソニー伊原部長がVAIO Pの戦略を語る
選ばれるブランドになりたい サムスン部長が語るスマートフォン戦略

生活に密着した広告を!コンビニ発の新しいメディア「東京メディア」が誕生


- ローソン店頭で消費者と双方向コミュニケーションを可能にする新しいデジタルサイネージ -

近年の広告市場は、テレビや新聞、ラジオ、雑誌の4マスメディアの減退傾向が強い中で、ネット広告は着実にシェアを伸ばしている。また、デジタルサイネージ市場は、年2桁の成長が見込まれ、現在の560億円から2015年には約1兆円と予想される。そういった広告市場において、これまでのマスメディアにない新しいメディアが誕生した。

株式会社クロスオーシャンメディアは2010年5月19日、都内 原宿クエストホールにおいてプレス関係者向けに、ローソン店舗の店頭でデジタルサイネージを核に高い付加価値を提供する新しいメディア「東京メディア」の事業発表会を開催した。

■街の情報発信の場にもなる新しいメディア
「東京メディア」は、ローソンの店舗外側に46インチディスプレイ2台と店頭の人だけに音声が聞こえる指向性の高いスピーカーを設置し、広告やキャンペーンの情報をはじめ、アンケートや占い、その他ワクワクするような様々なコンテンツを配信する、まったく新しいメディアだ。

店舗・エリアごとに配信内容を変えられるため、地域の催時やイベントなどと連動した街の情報発信の場としても活用することができる。また、商品やキャンペーンの情報を店頭から離れた場所にいる人の携帯電話へ配信し、ローソン各店舗への誘導を促すことが可能だ。

店頭のディスプレイには、配信した情報の詳細を表示し、ディスプレイ横に設置されたFelica端末に携帯電話をタッチすることで、携帯電話内に商品のクーポンやキャンペーン詳細情報等を週地区することができる。

発表会では、ローソン店舗の店頭をイメージしたステージに「東京メディア」の実機が初披露され、ステージ上では「東京メディア」のディスプレイ横に設置されたFeliCa端末から携帯電話へ情報を入手するデモンストレーションが実施された。
「東京メディア」の実機

■双方向コミュニケーションが大きな魅力
発表会では、実際に「東京メディア」で配信する、消費者の投稿によってつくられる「時報」や「流行りモノランキング」といった双方向コミュニケーションが可能なコンテンツをはじめ、「今週の街の話題」といった地域情報など、時間帯やエリアに合わせた様々なコンテンツについても紹介があった。

ARのデモでは、商品を持つと、その商品をカメラで認識して、ディスプレイに広告が表示されるデモが実施され、今までの広告にない双方向性で来場者を驚かせた。
ARのデモ展示

初年度は、ローソンのなかでも店頭通行量が多い東京都内300店舗に「東京メディア」を設置し、1日約400万人に対して情報を発信する予定。
クロスメディアでは、「東京メディア」の設置店舗数を1年後には約700店舗に、2年後には約1,300店舗※に拡大するとしている。
※首都圏含む

株式会社クロスオーシャンメディア

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■ビジネス関連の記事をもっとみる
ネット時代の新メディア!毎日が若者向け新聞を創刊へ
ビール好き集まれ!200種近いビールが飲み放題のイベントを開催へ
見せてもらおうか!アキバのガンダム・カフェとやらを
デジタルガレージ、日通とネット通販支援の合弁会社を設立へ

ローソンが痛恨のミス!450名にウイルス感染の恐れ

ローソンのホームページ


株式会社ローソンは2010年1月6日、同社ホームページ内の「採用」に関するサイトにおいて、第三者による改ざんが確認され、当該期間に下記サイトを閲覧した人(最大450名)にウイルス感染の恐れがあることが判明したと発表した。

なお、現時点で該当者から被害の報告はない。

改ざんされたサイトは、「採用」に関するサイト(http://www.lawson-recruit.jp/)内のページ(採用ポータル・新卒・キャリア・障害者・留学生)。
改ざんされた期間は、2009年12月28日11時21分~2009年12月30日 0時20分。

■判明の経緯
2009年12月29日 17時
サイト運営委託会社より改ざんの通知を受信

2009年12月30日  0時20分
改ざんの修正(不正に書き込まれた簡易プログラムの除去)を行い、採用関連ホームページ上に「改ざんに関する報告とお詫び」を掲載。また、感染しているかの確認方法および駆除の方法を掲載。

2010年 1月 5日 21時15分
改ざん期間中の当該サイトへのアクセス数(450)が判明

■内容
改ざんされたWebページを閲覧した場合、コンピューターウイルスの「Gumblar(ガンブラー)」亜種に感染する可能性がある。これに感染すると、意図しないサイトへ誘導されることがあり、Web サイト管理などで使用しているパソコンでは、管理用パスワード情報を読み取られる可能性がある。

■ホームページに掲載している感染有無の確認方法および駆除方法(無料)
ローソンは、トレンドマイクロ社のオンラインスキャン※での確認をうながしている。
※オンラインでウイルスやスパイウエアの検出と削除を行う

下記にアクセスし「オンラインスキャンを今すぐ開始する」をクリックする。
http://www.trendflexsecurity.jp/housecall/index.html?WT.ac=JPclusty_onlinescan

■問い合わせ先
ローソンカスタマーセンター
フリーダイヤル:0120-07-3963
[受付時間 9:00~17:45 月~土(祝日含む)]

ローソンは、
「今後、情報管理の強化、監視機能を強化していくとともに、お客様には、ご迷惑およびご心配をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。」と、コメントしている。

ローソンホームページ「採用」サイト改ざんについて
株式会社ローソン

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■インターネット関連の記事をもっとみる
ライブドアが新たな一手!デキルオトコのライフマガジンが登場
2009年最も夢を叶えた有名人のランキングを発表
「Ameba」ブログに不正アクセス!被害内容を発表
目標は1日1ツイート!鳩山首相、Twitterとブログを開始

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ