ITライフハック

一眼

全世界2000台限定!リコー、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Limited Silver」発売へ

リコー「PENTAX K-1 Limited Silver」

株式会社リコーは、全世界2,000台限定で、最高級デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」に特別なシルバーカラーを塗装した「PENTAX K-1 Limited Silver」を2017年9月15日より発売すると発表した。価格は、オープンプライス。

■Kシリーズデジタル一眼レフカメラの最上位機
「PENTAX K-1」(2016年4月発売)は、35.9mm×24.0mmの大型・高性能CMOSイメージセンサーを採用し、超高精細な約3640万画素の有効画素数と優れた階調再現性や高感度性能を実現した、同社Kシリーズデジタル一眼レフカメラの最上位機だ。

今回発売する限定モデルは、多くのユーザーからの要望に応え、カメラ本体とバッテリーグリップに高級感あるシルバー塗装を施すことで、シルバーカラーのFAリミテッドレンズとのマッチングを高めている。加えて、ロゴ入りの限定メタルホットシューカバーを付属するなど、細部までこだわった特別仕様のモデルとなっている。

「PENTAX K-1 Limited Silver」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
サンコー、洗えないところを洗える水洗い掃除機「ウォッシャブルクリーナー」を発売
日本エイサー、自宅でシアター気分が味わえる48.5型4Kディスプレイを発売
ちょっと聞こえづらいがコレで解決 耳が疲れにくくクリアな音で聞こえる「ヘッドフォン型骨伝導集音器」
充電式で持ち運べる!ミニ扇風機付きLEDスタンドライト「LED FAN」
工事不要ですぐに使えるモーションセンサー搭載の超小型防犯カメラ






デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー【今週のまとめ】

detail_2089_1471472165


今週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラーが登場した。6日(火)の記事を振り返ってみよう。

小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」をシルバーウィークに北海道にて開催
小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kidsは、小学生向けプログラミングワークショップ「Tech Kids CAMP」を2016年9月17日(土)から9月19日(月祝)の期間中、北海道札幌市にて初めて開催する。「Tech Kids CAMP」は小学生のためのプログラミング入門ワークショップ。プログラミングやデジタルのものづくりに興味を持ってもらうきっかけとして、2時間の体験会から7日間にわたるワークショップまで幅広く開催しており、本ワークショップへの参加をきっかけとして継続的なプログラミング学習を始めている子ども達も数多くいるとのこと。


MVNO事業「LINEモバイル」2万契約限定で先行販売を開始
LINEは、同社子会社であるLINEモバイルを通じ、新たにMVNO(仮想移動体通信事業者)事業「LINEモバイル」を提供開始。2016年9月5日よりソフトローンチとして、「LINEモバイル」公式サイトにて2万契約限定で先行販売を開始した。「LINEモバイル」の特長は「コミュニケーションフリー」。App Annieによる「2015年月間アクティブユーザー数ランキング」のiOS/Androidそれぞれにおいて上位5位以内に入る「LINE」「Twitter」「Facebook」の主要な機能に関するデータ通信量をカウントしない”カウントフリー”を実現し、動画等の大容量コンテンツを利用したことによる低速制限などの心配なく、ユーザーはいつでもスマートフォンで快適なコミュニケーションを行うことが可能になるとのこと。


デジタル一眼レフカメラのワイヤレス接続・ワイヤレス操作を可能にするコントローラー
デジタルカメラ関連グッズの販売などを手がけているCTJは、一般的なデジタル一眼レフカメラに装着可能で、Wi-Fi接続をはじめPCやタブレット、スマートフォンなどのモバイル端末を外部ディスプレイとして活用しながら多機能な操作ができるコントローラーの最新モデル「CASE Remote Air」の先行販売を、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」を通じて2016年9月5日に開始した。


AntecとRazerコラボレーションPCケース「Cube-Designed by Razer」が登場
ハイエンドのPCケースブランドで知られているANTECは30週年を迎える2016年9月3日(北米時間)にMini-ITXのゲーミングPCケース「Cube-Designed by Razer」を発表した。「Cube-Designed by Razer」はComputex 2016で発表されたAntec PCケース「Cube」をベースに、世界的に有名なゲーミングデバイスメーカーであるRazer社の監修によりデザインされた特装モデルとなっている。


Android、PC、PS3のゲームがプレイできるUSBアーケードスティック
上海問屋は、Androidスマホやタブレット、パソコン、PS3で使えるアーケードスティックを販売開始した。価格は2,499円(税込)。本製品は、Androidスマートフォン/タブレット、パソコン、PS3で使える、アーケードスティック。各機種で手ごたえのある操作感で格闘ゲームなど楽しむことができる。本体裏には吸盤があり、デスク上で激しい操作をしてもズレずにゲームに集中することができる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ワコム、次世代型デジタル文具「Bamboo Slate」および「Bamboo Folio」を発表
「First Flight」でクラウドファンディング中。デザインをコレクション・着せ替えられる「FES Watch U」を展示
家庭、小規模オフィス、店舗などに自分で設置できる高画質防犯カメラ・レコーダー
「ユピテル ドライブレコーダー ドーンと50台プレゼント!!」キャンペーンを実施
5種類のDisneyキャラクターのデザインから選べるウォークマンSシリーズをソニーストアにて販売開始



ついに発売!キヤノン、初のミラーレス一眼「EOS M」開封レポ



高画質と小型・軽量化を両立!キヤノンのミラーレス一眼「EOS M」を見てきました』でお伝えしたように、キヤノンはEOSシリーズのラインアップにエントリーユーザー向けミラーレスカメラ「EOS M」を新たに加え、2012年9月29日より発売を開始した。

「EOS M」は、同社初のミラーレスカメラだ。APS-Cサイズ、約1,800万画素のCMOSセンサーと、映像エンジンDIGIC 5の搭載しているうえに、マウントアダプターでEOSの豊富なEFレンズが使えるので、気になっている人もいるだろう。

そんな「EOS M」の「EOS M・ダブルレンズキット」を運良く入手できたので、さっそく開封レポートをお届けしよう。

続きを読む

北川景子さんが美しさの秘密を語る!NEX-F3 スペシャルコンテンツ「with α」がオープン



デジタル一眼レフカメラは高画質で綺麗な写真を撮れるが、ボディが大きくて重たく、交換レンズも一緒に持ち歩く必要がある。一方、コンパクトデジタルカメラは、携帯性に優れているが、高画質になったとはいえ、デジタル一眼レフの画質には到底およばない。そうしたカメラ市場でにわかに注目を集めているのが、ミラーレス一眼の存在だ。

ミラーレス一眼はその名称のとおり、光学ファインダーを省くことで一眼レフカメラに近い画質を実現しながら、コンパクトデジタルカメラ並みの小型で軽量なボディを実現した新しいカメラだ。

そんなミラーレス一眼で注目を集めている、ソニーの「NEX-F3」のスペシャルコンテンツ「with α」がオープンした。

続きを読む

圧倒的な高精細・高画質を実現!ニコン、デジ一眼「ニコン D800 / D800E」を発表



ニコンは、世界最高※有効画素数36.3メガピクセルで、新画像処理エンジン「EXPEED 3」や91Kピクセル(約91,000ピクセル)RGBセンサーを搭載し、圧倒的な高精細・高画質を実現した、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D800」を2012年3月22日より発売すると発表した。

続きを読む

デジ一眼の次世代フラッグシップモデル!ニコンD4の完成度が凄い



ニコンは、ニコンデジタル一眼レフカメラの新たなフラッグシップモデルとなる、「ニコン D4」を2012年2月16日より発売すると発表した。なお、ニコンは、1月10日(火)~13日(金)、米国ネバダ州・ラスベガスで開催される「2012インターナショナルCES (The 2012 International CES)」に「D4」の実機を展示し、一般公開している。

続きを読む

高品位ボディに高画質・高性能を凝縮!パナソニック、デジ一眼「DMC-GX1」の魅力



デジタル一眼カメラ市場は、コンパクトなミラーレス一眼が高い支持を得ている。またその中でも、初めて一眼カメラを購入し、簡単操作で一眼写真を手軽に楽しむエントリー層、写真撮影を趣味として本格的に楽しむ写真趣味層のユーザーが拡大している。そうしたデジタル一眼カメラ市場に新たな展開があった。

同社は2011年11月8日、高品位ボディに高画質・高性能を凝縮したデジタル一眼カメラ「DMC-GX1」を11月25日より発売すると発表した。

続きを読む

圧倒的な高画質と高速性能!キヤノン、プロ向けデジ一眼「EOS-1D X」の凄いところ



キヤノンの発表によると、同社は2011年9月、一眼レフカメラEOSシリーズのフィルムとデジタルを合わせた累計生産台数5,000万台を突破した。また、10月下旬にはEOSシリーズ用の交換レンズであるEFレンズの累計生産本数7,000万本を達成する予定とのこと。直近1,000万の生産数を、EOSは1年4カ月で突破し、EFレンズは9カ月で達成する見込みで、いずれも急速な伸びを示している。一眼レフ市場は、にわかに活気づいていると言ってよいだろう。

そうした背景のもと、同社はスポーツや報道、スタジオ撮影などプロの撮影現場に求められる高度な性能を備えたデジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X」を、2012年3月下旬より発売すると発表した。

続きを読む

ニコンが会心の一撃!小型でも本格的なデジ一眼"Nikon 1 V1"の魅力



ニコンは、光学機器メーカーとして、長年フィルムカメラで培ってきた技術を基に革新的な新機能を搭載した製品を開発し、撮影領域の拡大につながるカメラを数多く提案してきた。デジタルに移行した今日においても、手軽で簡単に使えるコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」シリーズ、エントリーからプロフェッショナルユーザーまでの幅広いユーザーニーズをカバーするデジタル一眼レフカメラ「D」シリーズを積極的に投入し、それぞれのラインナップ拡充を進めてきた。

同社は2011年9月21日、新開発の「スーパーハイスピードAF CMOSセンサー」、新高速画像処理エンジン「EXPEED 3」および新レンズマウントシステム「Nikon 1(ワン)マウント」を搭載した、新しい映像表現を提案する新デジタルカメラシステム、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」を市場投入し、シリーズ第1弾として、「Nikon 1 J1」と「Nikon 1 V1」の2機種を、10月20にょり発売すると発表した。

続きを読む

本格一眼の機能を小型ボディに凝縮!ソニー、有機ELファインダーのデジ一眼「NEX-7」の魅力



ソニーは2011年8月24日、有効約2430万画素の “Exmor” APS HD CMOSセンサーと進化した画像処理エンジン「BIONZ」により、一眼カメラならではの美しいぼけ味やノイズの少ない高精細な静止画・動画撮影が可能なレンズ交換式一眼カメラ“α”「NEX-7」を11月11日より発売すると発表した。本機は、カメラの上級ユーザーの作品づくりにも満足してもらえるような、高機能と高性能を毎日持ち歩ける小型ボディに凝縮している。
価格は、オープンプライス。価格は、オープンプライス。市場想定価格は、「NEX-7」ボディ NEX-7が13万円前後、「NEX-7」ズームレンズキット NEX-7Kが14万5,000円前後。

続きを読む

世界最速のオートフォーカス!マイクロ一眼「OLYMPUS PEN E-P3」の魅力をさぐる



オリンパスイメージングは2009年7月にマイクロ一眼PENシリーズの初代機として発売した「OLYMPUS PEN E-P1」、同年12月に発売した「E-P2」は、従来の一眼レフカメラのもつ「大きい・重い・難しい」という点を克服するとともに、その上質なデザインや、優れた描写性能が高い評価を受け、新たな市場を切り拓いた小型・軽量のシステム一眼として、多くの人々から、熱い支持を得てきた。

その後、2010年3月には「Pen Lite E-PL1」、12月に「E-PL1s」、翌2011年1月には「E-PL2」が発表された。これらのカメラは、「もっといい写真を撮りたい」という一眼エントリーユーザー層のさらなる拡大を目指したもので、簡単操作のユーザーインターフェース「ライブガイド」を搭載したほか、初めて一眼を手にした方が手軽に楽しめるアクセサリーとして、コンバーターレンズやコミュニケーションユニットPENPAL等を導入してきた。そんなPENシリーズの最上位モデルが登場する。

オリンパスイメージングは2011年6月30日、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠した"新世代 マイクロ一眼" 「OLYMPUS PEN E-P3」を、PENシリーズの最上位モデルとして、2011年7月22日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。カラーバリエーションは、シルバーとブラック、ホワイトの3色。

続きを読む

あなたのデジ一眼がトイカメラに大変身!ファン待望の、デジ一眼向けトイカメラレンズを発売直後にレビューしてゲットしよう



最近は、コンパクトデジタルカメラからデジタル一眼レフへのステップアップや、カメラ女子をはじめとするカメラ好きの女子の台頭、ミニデジ一眼など、本格的なデジタル一眼カメラを利用するユーザーが増えてきている。その風潮にともないカメラ関連製品を提供するメーカーが増加している。

また一方で、初心者でも味わいのある写真が手軽に撮影できるトイカメラは、写真の楽しみを味わえるアイテムでもあり、愛好者も多い。

こうした写真を楽しむためにスマートフォンの特殊効果カメラアプリを利用している人も多いが、やはり自分のデジタルカメラで楽しみたいものだ。

そんな希望が叶う夢のアイテムをご存じだろうか?

トイカメラ・ホビーカメラ専門アイテムで実績を誇るエー・パワーは、デジタル一眼カメラ向けトイカメラレンズ「HOLGAレンズ HLシリーズ」を発表しているのだ。

「HLシリーズ」とは、いったいどういうものなのだろうか。

写真に詳しくない人でもわかりやすく解説しよう。

続きを読む

早い話、どこがいい?パナソニック、新デジ一眼"DMC-GF3"3つの魅力



デジタル一眼カメラ市場は、コンパクトカメラからのステップアップで表現力豊かな一眼写真が楽しめるエントリータイプを中心に需要が拡大している。その中でも特に、若いユーザー層/カメラ女子を中心とした女性ユーザーが増えてきており、より「小型・軽量」「カンタン」「キレイ」のニーズが高まってきている。そうした市場に対して、新たな製品が投入される。

パナソニックは2011年6月13日、フラッシュ内蔵レンズ交換式デジタル一眼カメラで世界最小・最軽量のデジタル一眼カメラ「DMC-GF3」を7月8日より発売すると発表した。

続きを読む

本体が軽いだけじゃない!ソニー 新デジ一眼が一味違う理由



コンパクトデジタルカメラからのステップアップとして注目されているのが、デジタル一眼レフカメラに比べて小型で携帯性にも優れた、デジタル一眼カメラだ。そんなデジタル一眼カメラ市場に対して、ソニーが新製品を投入する。

ソニーは2011年6月8日、新開発の有効約1620万画素の “Exmor”(エクスモア)APS HD CMOSセンサーと高性能な交換レンズ等により、一眼レフカメラと同等の高画質写真とハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式デジタル一眼カメラ“α” 「NEX-C3」を6月24日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。ボディカラーは、ブラックとシルバー、ピンクの3色。

続きを読む

映画のワンシーンを再現!ニコン新デジ一眼が一味違う理由



コンパクトなデジタルカメラでは味わえない写真を撮るために、デジタル一眼カメラの購入を検討している人はいないだろうか。「ちょっといいデジカメ」で紹介しているように、カメラメーカーは、様々な特長を持った新製品を発売している。そうしたデジタル一眼カメラ市場に対して、ニコンが新製品を投入する。

ニコンはバリアングル液晶モニター、高精細な描写力と豊かな階調表現が可能なCMOSセンサー、画像処理エンジン「EXPEED 2」を搭載した、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5100」を2011年4月21日より発売することを明らかにした。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ