ITライフハック

一眼レフ

ユニットコム、スマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を期間限定で発売

img_138084_1

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP (アキバ スタートアップ)にて、CTJが販売しているスマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を2017年9月1日より展示・販売開始した。価格は1万5,000円(税込)。

CASE AirはカメラをWi-Fi化することで、スマートフォンやタブレットなどの端末で、カメラの遠隔操作を実現したカメラアクセサリー。USBでデジタル一眼カメラと「CASE Air」を繋ぎWi-Fiスポットとして通信することで、ライブビューやフォーカススタッキング、パラメータ調整などの操作がスマートフォンやタブレットでできるようになる。

■「CASE Air」機能概要
クイックビュー:撮影した写真を自動的に転送し、大きな画面で確認することができる
パラメータ調整:シャッタースピード/絞り/ISO/ホワイトバランスなどをアプリで簡単調整
遠隔ライブビュー:カメラから離れた場所でも、撮影シーンを見ながら遠隔撮影可能
写真のシェア:インターネット経由であれば撮影した写真を素早くシェア可能
その他:タイムラプス、HDR、長時間露出撮影などの機能も用意。
サイズ:60mm × 40mm × 10mm
重量:50g
Wi-Fi:802,11 b/g/n
有効距離:最大50メートル
バッテリー駆動時間:最大6時間
対応カメラ機種:CanonおよびNikon(詳しくは商品HPを参照)
対応OS:iOS8.0以降、Android 4.0.3以降、Windows7以降、OSX 10.10以降


img_138084_3

img_138084_2


CASE Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
レノボ・ジャパン、PHAB2 ProとTangoテクノロジーによる「ONE PIECE」コラボアプリを提供
ファーウェイ初のAIモバイル・コンピューティング・プラットフォーム「Kirin 970」を発表
「WiMAX 2+」のデータ通信速度がさらに高速化。256QAM対応で下り最大558Mbpsを実現
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ





ニコン、対象商品を購入した応募者全員に最大15,000円キャッシュバックするキャンペーンを実施

画像 (1)

ニコンイメージングジャパンは、「一眼で秋を撮ろう! キャッシュバックキャンペーン」を2017年8月25日(金)から2017年11月5日(日)まで実施する。

「一眼で秋を撮ろう! キャッシュバックキャンペーン」は、期間中に対象商品を購入および「カスタマー登録」後、必要書類を揃えて応募した人全員に、最大1万5,000円をキャッシュバックするキャンペーン。

●キャンペーン概要
キャンペーン名:「一眼で秋を撮ろう! キャッシュバックキャンペーン」
実施期間:2017年8月25日(金)~2017年11月5日(日)
応募締切:2017年11月30日(木)当日消印有効
内容:キャンペーン期間中に対象商品を購入および「カスタマー登録」後、所定の応募用紙に必要書類を揃えて応募された方全員に、最大1万5,000円をキャッシュバック


一眼で秋を撮ろう! キャッシュバックキャンペーン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
SIEJA「劇場版 仮面ライダーエグゼイド スペシャルコンテンツ 幻夢VR Ver.」を配信
サードウェーブ、経験ゼロからUnreal Engine 4を徹底的に学べるEpic Games公認アカデミーを開催
LINE、「LINE×週刊少年ジャンプ」キャンペーンを開始。72タイトルのジャンプ作品の無料マンガと公式スタンプを毎週配信
「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催






サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売

3_000000002757

サンコーは、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売する。価格は9万8,000円(税込)。

本製品は一眼レフやミラーレス一眼に対応した耐荷重900gの3軸電子制御スタビライザー。パン(水平・左右)、チルト(垂直・上下)、ロール(回転)の手ぶれを電子制御でコントロール。一眼レフやミラーレス一眼での高性能カメラでブレのない映像撮影が可能だ。

カメラの向きを固定や追従の設定ができる4つの動作モードを搭載。手元のジョイスティックではカメラの向きを自在に操作が可能。カメラを直接手で固定した位置にセットできる手動角度調節機能。最大約10時間駆動するバッテリー。本体の3つの三脚穴での拡張性など様々な撮影シチュエーションに対応する。

■製品仕様
・サイズ/幅170×奥行き134×高さ314(mm)
・重量/840g
・総重量/1060g(バッテリーホルダー、充電池×3、クイックリリースプレート込み)
・対応積載重量/900g以下(カメラ、レンズ、バッテリー等含めた総重量)
・主な対応機種/Sony α6300,α7シリーズ、OLYMPUS OM-Dシリーズ、
        Panasonic LUMIX DMC-GH5,GH4,GH3(カメラレンズの重さにより使用できない場合あり)、
        スマートフォン、iPhone、GoProなど
・電源/18650リチウムイオン電池(2600mAh 3.7V) ×3
・動作時間/約8?10時間(使用状況により変動)
・充電時間/約3?4時間
・可動範囲(角度)
パン: 360°
ロール: 355°+-180°(有効動作範囲)
ピッチ: 355°+-180°(有効動作範囲)
・適応動作温度/-10℃?70℃
・保証期間/12か月

4_000000002757


デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」
一足早く本物の桜をデジタル一眼カメラαで撮影できるイベント「桜 in Sony Store」を開催
inMusic Japan、ワイドFM対応のPLLシンセサイザー・チューナー搭載デジタルAM/FMラジオチューナーを発売
サンコー、スタンド式の家庭用ハンドドライヤー「置くだけ温風ハンドドライヤー」を発売
パナソニック、4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ LUMIX DC-GH5を発売




「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2015」の出展作品の募集開始

富士フイルムが行っている参加型写真展「“PHOTO IS”想いをつなぐ。30,000人の写真展2015」が、2015年7月17日の東京会場より全国29都市で順次開催することが決定した。その開催に先立ち、本日3月20日から5月31日まで出展作品を募集する。

続きを読む

デジイチを上手に入手したいなら、型落ちレンズセットに注目しよう【デジ通】

写真は、スマホかコンデジで十分という人がいる。特に最近のスマホは下手なコンデジよりも機能が豊富で画質も向上してきており、それなりの写真が撮影できてしまうからだ。しかし、写真の楽しさ、または写真を撮ることにこだわりを感じてしまうと、コンデジやスマホでは、今一歩満足できなくなってしまう人が出てくる。もうちょっと思い通りの画を撮りたいという欲求が出てきてしまうと、あとはデジタル一眼レフことデジイチデビューへと突き進むしかないだろう。

続きを読む

高性能なデジタル一眼が登場!キヤノン、「EOS 5D Mark III」が凄い



2011年のレンズ交換式デジタルカメラの出荷台数(全世界)は、対前年比で約23%増の約1,600万台に達し、2012年はアジア地域を中心とした需要の伸長に伴い、対前年比で約25%増の約2,000万台と、順調な市場拡大が見込まれている。

そうした状況を踏まえ、キヤノンは、静止画・動画ともに本格的な作品作りに適した、卓越した描写力を誇るハイアマチュア向けデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D Mark III」を、2012年3月下旬より発売すると発表した。
続きを読む

キヤノンの背中が見えた!デジカメ市場でソニーが大躍進

高い人気を誇るソニー「NEX-3」


デジタルカメラの個人所有率が94.4%になり2010年は販売減が予想された中、1月から9カ月連続で販売台数が2ケタ成長と好調な状況となっている。BCNの調査によると、そのなかでもソニーの伸びが著しいのだ。

2010年1月には販売台数のシェアで10%を割っていたところが、9月には17.1%で2位まで躍進。金額シェアでも2位と、トップをひた走るキヤノンの背中が見えてきた。

続きを読む

ニコン初のフルHD対応!14.2メガピクセルのデジタル一眼レフ「ニコン D3100」を発表



ニコンは2010年8月19日、新開発のCMOSセンサーと新画像処理エンジンの搭載で高画質・高精細を実現するとともに、「ガイドモード」により思い通りの写真が撮影できる、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラのエントリーモデル「ニコン D3100」を、9月16日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

最新デジ一眼の魅力を探る!写真で見るキヤノン「EOS Kiss X4」

キヤノン「EOS Kiss X4」


キヤノンは2010年2月9日、フルハイビジョン対応の動画撮影機能をさらに充実させたエントリー向けデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を2月26日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

「EOS Kiss X4」は、市場から高い評価を得ている2009年4月発売の「EOS Kiss X3」の画質や動画機能などの基本性能を大幅に向上させるとともに、使いやすさと多彩な機能を追求したエントリー向けのデジタル一眼レフカメラだ。

キヤノンが「EOS Kiss X4」を発売するに至った背景と、特長を写真とともに見てみよう。

■デジ一眼市場は成長する
2009年の全世界でのデジタル一眼レフカメラの出荷台数は、年末に伸びが鈍化したものの、年間を通した市場は対前年比約2.3%増の約990万台に達した※1。
正面から見た「EOS Kiss X4」

2010年は世界経済の停滞の長期化が懸念されるものの、デジタル一眼レフカメラ市場は、対前年比で約11.1%増の約1,100万台と、堅調な成長の継続が見込まれるとキヤノンは判断し、「EOS Kiiss X4」を市場へ投入するに至った。
※1 マイクロフォーサーズシステムやユニット交換式カメラを含む
背面から見た「EOS Kiss X4」

■ここがポイント!「EOS Kiss X4」の特長
●綺麗で鮮明な写真が撮れる
「EOS Kiss X4」は、新たに開発された約1800万画素のCMOSセンサー(APS-Cサイズ)と、高性能映像エンジンDIGIC 4により、常用設定できるISO感度※2を 100~6400まで拡大するとともに、拡張設定にISO12800を用意しており、暗い場所でも手ブレや被写体ブレを抑えた撮影が可能だ。
※2 ISO感度は推奨露光指数
左側面から見た「EOS Kiss X4」

ISOオート時にISO感度の上限を任意に設定できるようになり、明るいシーンから暗いシーンまで、目的に合わせて、幅広い場面での撮影に威力を発揮する。
右側面から見た「EOS Kiss X4」

●多彩なフルHD動画撮影が可能
「EOS Kiss X3」から好評のフルHD(1,920×1,080画素)記録による動画撮影機能をさらに進化させた。「自動露出」による撮影に加え、今回新たに絞り数値やシャッター速度、ISO感度を任意に設定して撮影できる「マニュアル露出」にも対応した。
上面から見た「EOS Kiss X4」

また、通常撮影時の約7倍の望遠撮影が可能な「動画クロップ」機能(SD画質)を搭載している。
底面から見た「EOS Kiss X4」


「EOS Kiss X4」製品情報
キヤノン

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
可愛いだけじゃない!テレビも映る8インチ液晶モニタ
こびとは入ってないよ!しゃべるカラー電子辞書が登場
謎のデジ一眼!ペンタックス、ティザーサイトを公開
パナソニック 西口氏が語る!3DテレビによるAV戦略

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ