ITライフハック

中国

VAIOが中国市場へ進出! 経営方針説明会でVR事業も明らかに

01

VAIO株式会社は2017年8月1日、東京国際フォーラムホールD5において、報道関係者向けに経営方針説明会を開催した。

■VAIOブランドの価値を高めたい - VAIO吉田社長
発表会は、VAIO株式会社代表取締役社長吉田秀俊氏の挨拶から始まった。吉田社長は長年、家電業界に携わり、海外事業の営業経験が豊富な人物だ。

吉田社長によると、同社は2017年7月1日で3周年を迎えるが、営業利益が前年比3.2倍に増大しており、事業が順調であることを明らかにした。

「VAIOブランドの価値を高める」というのが吉田社長の就任ミッションだ。

同ミッションを達成するために、「1.PC事業戦略」「2.NB事業戦略」「3.PC事業中国市場進出」「4.第三のコア事業」という、4本の柱で事業を展開していくという。
この中で注目なのは、「PC事業中国市場進出」「第三のコア事業」の2つだ。

まず「PC事業中国市場進出」であるが、これは同社の成長戦略として、売上高中国最大のEコマースサイト「JD.COM(京東商城)」を販売戦略パートナーとして、VAIO PCを中国でも販売するというもの。販売するモデルは、フラグシップモデルである「VAIO Zクラムシェルモデル」「VAIO S13」だ。今回の中国進出よって、VAIO PCの海外販売地域は、米国、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ウルグアイに加え、6か国目となる。

次に「第三のコア事業」だが、「ソリューション事業」の第一弾として、「VRソリューション事業」を展開する。主に法人向けにだが、VRのハードやシステムの導入・保守からコンテンツの制作、運営企画に至るまでのソリューションを一気通貫で提供する。そのために今回、VRに関する開発や制作、運営のノウハウも持つ株式会社ABALと提携し、出資を行うことも明らかにした。

VAIOと言うと、国産高品質ノートPCの製造メーカーとのイメージが強いが、今後はPC以外の分野でも注目を浴びてくるだろう。

VAIO株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「オルタナティブガールズ」のVR体験「女の子達とカラオケパーティ♪ -VRライブ特別編-」がドスパラに登場
COUGAR、軽量なアルミフレーム構造のゲーミングマウス「COUGAR 700M Superior」を発売
COUGAR、7.1chバーチャルサラウンド対応のゲーミングヘッドセット「COUGAR IMMERSA PRO」を発売
ドスパラ、「夏の自作PC応援企画!GTX1080Tiが抽選で当たるキャンペーン」を開催
「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1060を搭載した15型フルHDノートパソコンを発売







「中国のジョブズ」シャオミ創業者が40歳で起業した理由【イソスケのここだけ読んどけIT本】

どうもイソスケです。【イソスケのここだけ読んどけIT本】は、IT関連で注目されている人、物事、テクノロジー、その他、IT関連であれば「現在、多数の注目を集めて」いたり、「これくらい最低限知っておくべきこと」だったりといった事柄に関する書籍を、イソスケが読み、その内容を紹介する企画です。

続きを読む

オバマ大統領演説は中国をさらに勢いづかせるか?【ビジネス塾】

オバマ大統領は5月28日、ニューヨーク州ウエストポイントの米陸軍士官学校で演説した。演説は、2017年1月までのオバマ大統領の任期の外交の指針となるものだ。

演説の内容は、中国を十分に意識しつつ、米国の力の限界も露呈させた内容となっている。

続きを読む

緊張高まる南シナ海 「ポスト・ウクライナ」の焦点はアジアか?【ビジネス塾】

南シナ海情勢が緊張している。

中国が南シナ海のパラセル(西沙)諸島近海で石油掘削を始めたことに対し、同諸島の領有を中国と争うベトナムが抗議、作業を阻止しようとした。これに対し、中国船がベトナム船に体当たりし、負傷者が出た。その後、パラセル近海には両国艦船が出動し、にらみ合いが続いている。中国は作業を止めず、滑走路状の施設も建設している。

また、フィリピンはスプラトリー(南沙)諸島で中国漁船を拿捕(だほ)。理由は、中国船が「絶滅危ぐ種を積んでいた」ことで、フィリピンは乗組員を拘束している。

とくに緊張しているのが、中国とベトナムとの間だ。中国はベトナムの抗議に譲る気配はなく、逆に、対空ミサイルを搭載したフリゲート艦を配備した。ベトナム国内では反中デモが起き、日本企業も「とばっちり」を受けている。

アジアの地政学的リスクはどうなるのか。

続きを読む

米中の「新しい軍事関係」は日本にとって「最悪のシナリオ」か?【ビジネス塾】



中国を訪問したヘーゲル米国防長官と習近平国家主席が3月9日、会談を行った。前日には、常万全国防相との会談も行われている。

会談を報じるマスコミの論調は「尖閣めぐり米中国防相が火花」と、米中が侃々諤々(かんかんがくがく)論争を演じ、対立したという見方のものが多い。これはウソではないが、会談内容のすべてでもない。

実は、対立の裏で、日本にとっては見過ごせない事態が進んでいる。それは何だろうか。

続きを読む

クリミア問題どころではない!中国経済は世界のリスク【ビジネス塾】



世界的には、ロシアによるクリミア半島の自国への編入が問題となり、オバマ米政権は各国を回って制裁などの根回しに躍起になっている。

だが、世界でもっとも「危険な」のはクリミア問題ではなく、実はあの国なのである。


続きを読む

マレーシア機捜索に各国が支援 「生き馬の目を抜く」国際政治【ビジネス塾】



乗員・乗客239人を乗せたマレーシア航空370便が3月8日、失踪した。

現在のところ、目的地であった中国・北京とは正反対の、オーストラリア南西のインド洋上に墜落した可能性が高くなっている。

今回の事件からかいま見えるのは、単なる事故と人道的な捜索活動ではない。国際政治は、まさに「生き馬の目を抜く」ものなのである。


続きを読む

ウクライナ紛争の背景 「漁夫の利」を狙う中国【ビジネス塾】



ウクライナ情勢がさらに緊迫してきた。

米国はロシアの一部高官や軍人に対するビザ停止などの制裁措置を発動、欧州連合(EU)はそれよりもやや軽いが、制裁に向かって動き出した。北大西洋条約以降(NATO)はロシア周辺国に対して航空機などを増派し、「万が一」に備えている。一方、ロシアも制裁への「報復」を明言した。

当面の焦点は、クリミア自治共和国の住民投票だ。

ところで、先行きを見る上で忘れてはないのは、「あの国」の動向である。


続きを読む

防空識別圏問題、なぜ米国は中国に「甘い」のか?【ビジネス塾】



11月23日、中国が日本の尖閣諸島を含む空域に設定した「防空識別圏」。前回の記事以降も、動きは急激だ。

前回の記事で、編集部が「可能性が高いとは思っていない」としつつ指摘したのが、防空識別圏問題は「米中が示し合わせた」という説。以降、明らかになった事実を踏まえると、この可能性は高くなっているように思える。

引き続き、この問題を追ってみよう。


続きを読む

防空識別圏問題は中国の「勇み足」?それとも「米中合作」?【ビジネス塾】



中国は11月23日、沖縄県の尖閣諸島上空を含む空域に「防空識別圏」を設定したと、周辺国に通知した。本来、防空識別圏は領土・領海・領空とは別に定められたものではあるが、日本の領土である尖閣諸島上空に設定したということは、中国が尖閣諸島を自国領土、もしくはきわめて近い部分と見なしたことと同義である。

日本政府がこれに反発し、撤回を求めたことは当然だ。ただ、今回の措置を通して、中国は日本や米国だけでなく、韓国や台湾との関係も一定悪化させてしまった。中国はなぜ、そこまでして「防空識別圏」を設定する必要があったのだろうか。


続きを読む

中国でテロ事件続発!崩壊の予兆か、それとも……【ビジネス塾】



中国が揺れている。首都・北京の中心部である天安門への自動車突入事件に続き、山西省太原市では共産党委員会の建物前連続爆発事件が発生した。

いずれも、事件の背後関係は捜査中で発表されていない。2つの事件に関連性はないと見られているが、中国政府・共産党に対する不満のあらわれには違いない。

世界経済はおおむね回復基調にあるが、この中で中国はリスク要因となるのであろうか。

続きを読む

シリア問題のゆくえ 諸外国への影響はどうなるか【ビジネス塾】



シリア問題をめぐる国連決議に関する議論が進んでいる。これまでも述べたように、武力攻撃の拳を振り上げたオバマ政権は、ロシアの提案に乗る形で当面の攻撃をあきらめた。

原油相場の高騰が避けられ、世界経済のリスクは遠のいたが、「米国の優柔不断」「影響力低下」は報じられる通りで、世界政治の構造変化は続いている。今回は、シリア問題の「中東以外」への影響を探ってみた。

続きを読む

中国共産党の派閥事情 中国経済の先行き(2)【ビジネス塾】



前回、「アベノミクスの成否のカギを握っているのは、実は中国かもしれない」と書いた。日中の経済関係の深さに比して、近年の外交関係の冷え込みぶりは際立っている。

政治的対立があっても、経済関係が良好な国と国との関係があり得ないわけではない。ただ、それは「政経分離」を許容する相手側の政治体制・風土があって初めて成立する。以前に比べれば緩んだとはいえ、共産党の支配が国の隅々に行き渡った中国では、それはなかなかに難しいことだ。

今回は、中国の政治事情に迫ってみたい。


続きを読む

リコノミクスは世界のリスク要因?中国経済の先行き(1)【ビジネス塾】



いまや国内総生産(GDP)で日本を上回ったとされる、中国経済の先行きが不透明感を増している。

中国共産党の最高指導部である政治局は7月30日、「安定成長、構造調整、改革推進を統一的に進める」との方針を決めたが、高度計成長を続けてきた中国の持続的成長は可能だろうか?

中国経済が直面しているバブル問題と、その対策である「リコノミクス」について解説したい。

続きを読む

中国株暴落! 中国クライシスとどう向き合うか?【ビジネス塾】



5月末のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言以来、動揺が続いている世界の市場が、またも揺さぶられた。「震源」は中国で、直接の契機は6月24日、人民銀行(中央銀行)が「銀行は流動性の管理を一段と強化すべきだ」と異例の声明を出したこと。

これを機に、銀行株を中心に株価が急落、上海総合株価指数は6月27日、安値1950ポイントと昨年安値を割り込む大幅安となった。また深セン総合指数、香港のハンセン指数も急落、シンガポールや韓国市場も年初来安値を更新した。日本のいわゆる「中国関連銘柄」もコマツ<6301>、ファナック<6954>などを中心に大幅下落となった。株価急落に際して、人民銀は「金融市場の安定を守る」との声明を発表、火消しにかかっているが、不安定感は収まっていない。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ