ITライフハック

乾電池

パパママ必見!11月11日は「電池の日」!クリスマスシーズン目前!おもちゃの「電池クライシス」に要注意

製品画像

パナソニックは、11月11日の「電池の日」(電池工業会制定)にあわせて、10歳未満の子どもがいる20~40 代の女性500名を対象に、おもちゃの電池が切れてしまう事象を「電池クライシス」と名付け、調査を行い、その結果を発表した。

■十一月十一はプラスマイナスの日
電池の日は、11月11日を漢数字で書くと、十(プラス)一(マイナス) 十(プラス)一(マイナス)とも読めることから、電池の正極と負極を意味することから制定されている。

クリスマスシーズンを前に、おもちゃの購入を検討するパパママが増えるこれからの時期。そんな中、「子どものおもちゃあるある」と言えるのが、長時間の使用などに伴う乾電池の消耗だ。子どもが気に入っているおもちゃは電池が切れることも早く、突然の電池切れのときに限ってストックがないなど、困った経験をした人も多くいるのではないだろうか。

そこで今回の調査では、10 歳未満の子どもがいて、おもちゃの電池切れ=「電池クライシス」を経験したことがある20~40 代の女性500名を対象に、その実態を探った。その結果、「電池クライシス」が子どものいる家庭で頻繁に起きており、約8割の人、換えの電池がなくすぐに対応できなかった経験があることなどがわかった。

■子どもがいる家庭では頻発!? 「電池クライシス」経験回数、6 回以上が約半数に!
はじめに、事前調査において、過去に子どものおもちゃが電池切れを起こした経験があるかを聞くと、10 歳未満の子どもを持つママ89%が「ある」と回答。実に9 割近くのママが「電池クライシス」の経験があることがわかった。

また、「電池クライシス」経験があるママを対象にした本調査では、「電池クライシス」を「6 回以上」経験している人が全体の約半数(47%)にのぼることが明らかに。また、「10 回以上」経験があるママも4 割近く(35%)という結果になり、「電池クライシス」が頻繁に発生している様子がうかがえる。

また、音が小さくなる、光が弱くなるなどの予兆が特になく、“いきなり”電池が切れてしまった経験の有無を聞くと、51%が「ある」と回答。全体の半数以上におよぶママたちが、突然の「電池クライシス」に陥ったことがあるようだ。

グラフ1

さらに、「電池クライシス」が起きたときの子どもの反応を聞くと、最も多いのは「不機嫌になる」で約3 人に1 人(33%)。[グラフ2] また、「新幹線のおもちゃの電池がなくなったとき、大泣きしておもちゃを投げた」(37 歳)と、子どもの「ギャン泣き」を引き起こしてしまったという体験や、「怒り出し、おもちゃを蹴ったり投げたりして、他のものを与えても機嫌が直らず大変だった」(40 歳)、「急に音が出なくなって不機嫌に。電池を交換すればまた使えると説得してもイヤイヤを繰り返す始末…」(41 歳)といった不機嫌が治らず苦労したというエピソードも集まった。

加えて、「出先で電池切れになり、動かないおもちゃに子どもはがっかり。新しいものをねだられ、仕方なく購入した」(38 歳)など、外出先でのハプニングも寄せられ、おもちゃの「電池クライシス」は単なる電池切れにとどまらない、ひと騒動に発展しかねない事象であることがうかがえる。

グラフ2

■子どもが生まれてから電池の必要増を9 割が実感、一方で「電池のストック」は盲点に
そこで、ママたちに「電池クライシス」の要因について聞いたところ、「子どもが気に入ったおもちゃで長時間遊ぶ」が83%と最も多く、以下、「子どもがおもちゃのスイッチを切り忘れる」が77%、「電池の寿命」が76%と続いた。なお、「おおよそ感じる電池の寿命」を聞くと、ママたちの体感としては「~3か月くらい」という回答が46%と半数近くにのぼっている。

さらに「子どものおもちゃの『電池クライシス』が起きたときに、自宅に電池のストックがなく、すぐに交換できなかった経験はありますか?」という質問では、78%と約8 割が「ある」と回答。「電池切れで泣き出し、ストックがなかったのであわてて別のおもちゃの電池と取り換えた」(37 歳)など、急な対策が必要になったという声もみられた。

また、子どもが生まれてから電池が必要になることが増えたと感じるかどうかを質問すると、90%のママが「増えた」と回答している。その一方で、約8 割が「家庭における電池のストックは盲点になりがち」(79%)とも感じていることも明らかになった。

そこで、ママたちに「乾電池を選ぶ際に、できるだけ“長もち”するタイプのものを選びたいと思いますか?」と聞いたところ、88%と約9 割が「そう思う」と答えた。

グラフ3

グラフ4


乾電池エボルタNEO(単1 形|単2 形|単3 形|単4 形)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
これからの季節「秋冬のお肌のアンチエイジング」は1日3杯のレギュラーコーヒーが重要
連続テレビ小説「スカーレット」の舞台である滋賀県信楽が「ほっと滋賀色」キャンペーンを開始
今回も完売必至? エンスカイから人気の「ドラえもん お正月」シリーズを郵便局のネットショップにて発売
IoTの仕組みからプログラミングまで総合的に学習できる教材「sLab-Car」発売
すこしはマシになったかな? 北海道長万部町の毒舌ゆるキャラ「まんべくん」が、AIに生まれ変わって登場




こびりついた汚れも簡単に落とせるお掃除用電動ブラシ

2_000000002801

サンコーは、「どこでもお掃除!ワイヤレス小型電動ブラシ」を発売した。価格は1,480円(税込)。

本製品は、4種類のブラシが付属した小型の電動ブラシ。キッチン周りのガンコな汚れ、掃除がしにくい窓のサッシなど、きちんと掃除したいけれど、ゴシゴシ擦ったり、隙間を何度もブラシをかけたりするのは大変。毎日のお掃除をこのお掃除用電動ブラシで、楽にお掃除が可能だ。

コンパクトかつワイヤレスなので、色々な場所に持ち運んで使用できる。4種類のブラシが付属し、場所や用途に合わせて使い分けが可能だ。電源は単3形乾電池4本で手軽に使える。

■製品仕様
・サイズ/幅38×高さ265×奥行35(mm)
・重量/106g
・電源/単三電池 4本(別売)
・連続稼働時間/約3時間30分
・内容品/本体、ハードブラシ(大)、ハードブラシ(小)、山型ブラシ、ソフトブラシ、日本語取扱説明書
・保証期間/6か月


4_000000002801

9_000000002801


どこでもお掃除!ワイヤレス小型電動ブラシ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、65型曲面4K液晶ディスプレイ「JN-VC650UHD」を発表
HDMI、コンポジット入力対応の「バッテリー内蔵10インチマルチメディアモニター」
Bluetooth接続でスポーツ仕様のヘッドホン一体型ウォークマン「WS620」シリーズを発売
Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン



またまた世界記録だ! 世界最長プラレールをEVOLTA搭載車両による完全走破に挑戦



乾電池「EVOLTA(エボルタ)」と聞くと、グランドキャニオンの頂部から吊られた約530メートルのロープを6時間46分31秒で登り切ったテレビのコマーシャルに登場する可愛いロボットを思い浮かべる人が多いだろう。

同電池は、世界No.1長もちを記録したアルカリ乾電池として有名だ。グランドキャニオンの次は、24時間かけてル・マンサーキットを23.726キロメートル走るという乾電池版ル・マン24時間に挑戦し、見事世界記録として認定された。以降、東海道五十三次(2010年)、トライアスロン(2011年)、重量挙げ年越し(2012年)と長持ちを実証するチャレンジを続けて来た。

続きを読む

電池4本で使うモバイルバッテリー 充電忘れ時も対応できるモバイルバッテリー


※乾電池は付属しません。

スマホやタブレットをバリバリ使うユーザーならモバイルバッテリーを持ち歩いているという人は多いだろう。3GやLTE、WiFiといった通信機能を使っているとバッテリーはグングン減って行ってしまう。

省電力機能を活用して長時間バッテリーが持つように設定している人もいるが、漢なスマホユーザーの中には、モバイルバッテリーを使う前提で省電力機能をオフにしてガンガン使ってバッテリーがなっくなったらモバイルバッテリーで充電という使い方もある。しかし、肝心のモバイルバッテリーの電気が切れてしまったり、前の日に充電するのを忘れてしまったりといったこともあるだろう。

続きを読む

ノートPCがより長持ちする時代へ!ソニー、高容量リチウムイオン二次電池"Nexelion"を開発



ソニーは2011年07月12日 、ノートPCの電池として広く使われている直径18mm、長さ65mmの円筒形において、スズ系アモルファスを負極材料に用いた、3.5Ahの高容量リチウムイオン二次電池“Nexelion(ネクセリオン)”を開発したことを明らかにした。

続きを読む

保存期間は未開封状態で約20年!水を入れて発電できる単三乾電池



東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、夏の電力供給が心配されている。そうした中で、新しい乾電池が登場した。

ナカバヤシは2011年6月24日、水を入れると発電する電池「水電池 NOPOPO」を8月上旬より発売すると発表した。
価格は、3本パックが630円(税込み)、100本パックが2万790円(税込み)。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ