ITライフハック

京王バス

多摩地区と成田空港を結ぶ空港連絡バス「サンリオピューロランド号」が7月7日(金)から運行開始

フォトセッション②_サイズ変更

京王電鉄バスのグループ会社である京王バス南は、サンリオエンターテイメントの協力のもと、2017年7月7日(金)から多摩地区と成田空港を結ぶ空港連絡バスに、「サンリオキャラクター」がラッピングされた「サンリオピューロランド号」の運行を開始する。

この「サンリオピューロランド号」は、シナモロールの15周年に合わせ、イメージカラーであるブルーを車体の基調色とし、サンリオの14キャラクターがラッピングされている。バス車内にはサンリオキャラクターが描かれたシートや床面のほか、バス停案内放送や降車ブザー音にはハローキティの声が流れる特別仕様。国内LCCの主要ターミナルである成田空港から、オトナ女子のLCC旅行も楽しんでいただける“フォトジェニックバス”が誕生した。

■実施概要
運行営業所:南大沢営業所
運行路線:南大沢駅・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅 ~ 成田空港
運賃:南大沢駅発3,500円 京王多摩センター・聖蹟桜ヶ丘駅発 3,400円
運行開始日:2017年7月7日(金)(予定)
運行本数:2往復/日


シート装飾①_サイズ変更
シート装飾②_サイズ変更


インターネッ ト高速バス予約サイト「ハイウェイバスドットコム」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
音楽ストリーミングサービス「AWA」が、「音楽認識機能」の提供を開始
プレイステーション4「グレイシャー・ホワイト」を通常商品として発売
「タツノコプロ55周年 GO!GO!記念展」を東武百貨店で開催
LINE、デジタルとリアルが融合した新たな七夕の楽しみ方を提案する「みんなの七夕プロジェクト2017」を開始
LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化






京王バス×サンリオピューロランド空港連絡バス「サンリオピューロランド号」が登場

バス正面_サンリオキャラクター

京王バス南は、サンリオエンターテイメントの協力のもと、多摩地区と羽田空港を結ぶ空港連絡バスに、国内外からの人の来訪と乗車した人へ移動のひと時を楽しんでもらうことを目的とした、「サンリオキャラクター」がラッピングされた「サンリオピューロランド号」の運行を2016年12月10日(土)から開始する。これに先駆け、サンリオピューロランド号のお披露目会を実施した。

運行開始を記念し、ハローキティがサンリオピューロランド号の車体に直筆サインを書き入れてラッピングバスを完成させた。他にもマイメロディやバッドばつ丸、ポムポムプリン、シナモロールも駆けつけ、祝福した。

サンリオピューロランド号は、ラッピングとともに、バス車内にはサンリオキャラクターが描かれたシートや床面のほか、バス停案内放送や降車ブザー音にはハローキティの声が流れる特別仕様。乗り換えなしで、楽に羽田空港まで行くことができる空港路線バスは、1か月前から予約することが可能だ。

バスにサインするキティ

バスとサンリオキャラクター


©1976, 2009 SANRIO CO., LTD. ©2016 SANRIO CO., LTD.

サンリオピューロランド号運行時間

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「人喰いの大鷲トリコ」、世界的陶芸家リサ・ラーソンとのコラボレーションも実現
AR・GPS・QRコードを活用してアニメの聖地巡礼を楽しむ。ふるさと納税「ガールズ&パンツァーうぉーく!」
ミニミニ、お部屋探しのための内見がバーチャルでできる「miniminiVRスコープ」を店頭で配布
「LINE レンジャー」×「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のコラボを実施
元乃木坂46・永島聖羅の「ほろ酔い姿」をニコ生で初公開







京王バスの空港連絡バスに「サンリオピューロランド号」が登場

サンリオピューロランド号_外観イメージ

京王バス南は、サンリオエンターテイメントの協力のもと、2016年12月10日(土)から多摩地区と羽田空港を結ぶ空港連絡バスに「サンリオキャラクター」がラッピングされた「サンリオピューロランド号」の運行を開始する。ラッピングとともに、バス車内にはサンリオキャラクターが描かれたシートや床面のほか、バス停案内放送や降車ブザー音にはハローキティの声が流れる特別仕様となっている。

運行路線は南大沢駅・京王多摩センター駅・聖蹟桜ヶ丘駅~ 羽田空港の区間。運行開始日以降、ホームページ( http://www.keio-bus.com/ )にて運行時間は掲載される。1か月前から予約が可能。運賃は南大沢からが1,650円、京王多摩センター・聖蹟桜ヶ丘からが1,540円(小人半額)。運行本数は羽田空港行きが14便/日、羽田空港発が22便/日。標準所要時間は約105分~約150分

サンリオピューロランド号_バス車内イメージ


京王バス
サンリオピューロランド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ソニービル建替前のカウントダウンイベント 「It's a Sony展」開催。ソニービルの50年を振り返る
「ボジョレー・ヌーボー、今年も買いますか?」昨年購入者の7割が今年も購入予定。マクロミル調べ
ヤマハ、ネイティブ米語にも対応!自然な「英語」に特化した「男声」の新型ボカロライブラリー
「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売
通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ