ITライフハック

任天堂

「闘会議2017」で先行体験できる「Nintendo Switch」3タイトルが決定

HACS_001_imgeBR_P_01_R_ad-0

ドワンゴは、2017年2月11日(土)、12日(日)に開催するゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2017」で先行体験できる新型ビデオゲーム機「Nintendo Switch」の3タイトルを発表した。

闘会議2017では、3月3日にNintendo Switch本体と同時発売される「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」と「1-2-Switch(ワンツースイッチ)」、2017年春発売予定の「ARMS」の3タイトルを会場で先行体験できる。

■ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
 ゼルダの伝説の最新作である本作品は、広大な世界を舞台に、どこに行くのも、何をするのも、すべてがプレイヤー次第。今までにない自由度の高い冒険が楽しめるのが特徴。

■1-2-Switch(ワンツースイッチ)
 テレビゲームでありながら画面を見ずにプレイ相手の“目”を見て遊ぶ新感覚の対面ゲームだ。
 非常に細かな振動を表現できる「HD振動」や、モノの形や動きなどを判別できる「モーションIRカメラ」など、Joy-Conの新機能によって多彩な遊びを体感できる。

■ARMS
「ARMS」は、バネのようにのびるウデ「アーム」を持つキャラクターたちがパンチを繰り出し合って戦う、格闘スポーツゲーム。パンチで戦うボクシングと、遠く離れた相手にアームを正確に当てるというシューティングゲームの要素をあわせ持った、これまでにないプレイ感覚が楽しめるのが特徴だ。

■闘会議2017合同開催概要
■会議2017 開催概要(http://tokaigi.jp/2017/)
<開催日時> 2017年2月11日(土)10:00~18:00、12日(日)10:00~17:00
<主催> niconico
<会場> 幕張メッセ国際展示場1、4~8ホール
<特別パートナー> 任天堂株式会社
<パートナー> XFLAG(TM) スタジオ、株式会社セガゲームス、株式会社エイチーム、#コンパス、株式会社バンダイナムコエンターテインメント、モンスターエナジー、株式会社ヤマハミュージックジャパン
<出展> 闘会議GP、闘会議TV


Zelda_Presentation2017_scrn30


Nintendo Switch 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
千年以上の歴史。仁淀川の清流が生み出す「土佐和紙」に触れるイベントを開催
Amazon「バレンタイン特集2017」オープン
ONE OK ROCKのニューアルバムを全身で感じることができるサウンドジャケット体験会が開催中
迷ったら死にますので絶対に列を離れないように――カミオカンデに行ってきました(後編)
「水曜どうでしょう」か「路線バス乗り継ぎの旅」のような旅程――カミオカンデに行ってきました(前編)




今週末から闘会議GP「Splatoon甲子園」全国9か所で開催

決勝大会1
ドワンゴは、同社が主催するゲーム大会「闘会議GP(グランプリ)」にて、Wii U専用ソフト「Splatoon」の公式全国大会である「第2回Splatoon甲子園」の予選を、9月25日(日)より順次、全国8地区(北海道・東北・関東・東海・近畿・中国・四国・九州)と特別追加大会で開催する。

闘会議GPは、様々なジャンルのゲーム大会を開催し、各ゲームのNo.1プレイヤーを決めるトーナメント形式の大会。2017年2月11日(土)、12日(日)に幕張メッセで開催するゲームの祭典「闘会議2017」にて、闘会議GPの各地区大会優勝者による決勝大会を行う。

またSplatoon甲子園は、昨年の闘会議GPにて初開催し、参加数470チーム/1,880名、応募数3,000チーム/1万2,000名以上、そしてニコニコ生放送での総視聴者数を200万人以上記録している人気トーナメント。今年は規模を大幅に拡大し、参加倍率の高い東海・近畿・九州地区を中心に、昨年の参加数470チームの約1.5倍である700チーム以上の参加枠を設けている。

■開催スケジュール
・予選大会
〈日程〉           〈開催地〉  〈開催会場〉
 2016年9月25日(日)     東海 (名古屋)  イオンモール常滑
 2016年10月16日(日)     北海道 (札幌)   イオンモール札幌平岡
 2016年10月22日(土)     東北 (盛岡)  イオンモール盛岡
 2016年11月5日(土)     近畿 (大阪)  イオンモールりんくう泉南
 2016年11月20日(日)     四国 (高松)  イオンモール高松
 2016年11月23日(水・祝)   中国 (広島)  イオンモール広島祇園
 2016年12月3日(土)     九州 (福岡)  イオンモール大牟田
 2017年1月21日(土),22日(日) 関東 (東京)  池袋 ニコニコ本社

・特別追加大会
 2016年12月17日(土),18日(日)
 「第2回Splatoon甲子園 ジャンプフェスタ選抜」in幕張メッセ (ジャンプフェスタ'17)

・決勝大会
 2017年2月11日(土)、12日(日)
 「闘会議2017」in幕張メッセ


決勝大会2

予選大会1

予選大会2


第2回Splatoon甲子園

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ダービースタリオン マスターズ」で女性ジョッキートークショーを開催【TGS2016】
TGS注目のタイトル「V!勇者のくせになまいきだR」【TGS2016】
東京ゲームショウ2016は過去最高の27万1,224人を記録【TGS2016】
東北の未来につなげる年賀状を作ろう。「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」を開催
20周年を迎える「東京ゲームショウ2016」が開幕




SPLATOON LIVE IN MAKUHARI -シオカライブ-
シオカラーズ
SMD itaku (music)
2016-07-13



「ポケモンGO」の認知率は9割を超えるが、プレイ率は約4割。MMD研究所調べ

名称未設定-1


MMDLaboは、同社が運営するMMD研究所にて、15歳から69歳の男女1,949人を対象に「ポケモンGOの利用実態調査」を実施致した。



■ポケモンGOの認知率は9割を超える
15歳から69歳の男女1,949人を対象に「Pokemon GO(ポケモンGO)」を知っているか聞いたところ、認知率は92.6%だった。
名称未設定-1

■ポケモンGOのプレイ率は約4割
次にポケモンGOを認知しているかつ、スマートフォン利用者(n=1,453)にポケモンGOをプレイしたことがあるかを聞いたところ、「ダウンロードしてプレイしたことがある」が39.0%、「ダウンロードしたがプレイしていない」が3.7%、「ダウンロードしていない」が57.3%だった。
名称未設定-2

性別のポケモンGOプレイ率は、男性が女性よりも6ポイント高く42.1%、女性は36.1%だった。
名称未設定-3

年代別では、15歳から19歳のプレイ率が最も高く51.2%、次いで20歳から29歳が48.0%、最もプレイ率が低かったのは、60歳から69歳で15.3%だった。
名称未設定-4

■ポケモンGOをプレイしてみた感想・起きたこと「バッテリーの消耗が激しい」「とても楽しい」が上位。ポケモンGOプレイユーザーの34.0%が歩きスマホ経験あり
ポケモンGOのプレイユーザー(n=567)にプレイしてみた感想や起きたことについて複数回答で聞いたところ、最も回答が多かったのは「バッテリーの消耗が激しい」で67.9%、次いで「とても楽しい」が45.0%、「スマホを触る時間が増えた」が37.4%、「よく歩く」「歩きスマホをした」がともに34.0%で続いた。
名称未設定-5

■フィーチャーフォン利用者の約1割がポケモンGOきっかけでスマホにしたいと回答
フィーチャーフォンのみを利用していると回答した人(n=310)に、ポケモンGOをきっかけにスマートフォンにしたいと思うかを聞いたところ、10.3%がスマートフォンにしたいと回答した。
名称未設定-6

調査結果

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新宿「NEWoMan」で人気の“手土産ランキング”
「芸能人とあそべる生放送」視聴者参加型ライブ配信サービス 「AMESTAGE」を提供開始
「GRAVITY DAZE 2」のスペシャルアニメをスタジオカラーが制作
イチロー選手MLB3,000本安打達成記念プレミアムフレーム切手セットが登場
アニマックスで「聖戦士ダンバイン」記念、市川紗椰さんと富野由悠季監督との対談を放送







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ