ITライフハック

任天堂

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」、発売から4日間で36.9万台を販売。ファミ通調べ

177662460a0e4a3dab2a13d17f5b60ed

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、任天堂が2017年10月5日に発売した、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の国内推定販売台数を速報としてまとめた。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売から4日間(初週)の販売台数は36.9万台となったとのこと。本ゲーム機は、1990年に発売した人気家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」を小型化し、未発売ソフトを含む21タイトルを収録して復刻したもので、2016年11月に発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」に続き、大きな注目を集めた。今後も、クリスマスや年末商戦に向け、さらなる販売台数の伸びが期待される。

Gzブレイン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
PlayStation VRの最新ラインナップ紹介トレーラーを公開「アトリエ20周年フェスティバル」開催。花守ゆみりさん&日岡なつみさんのゲスト出演決定
手塚治虫の名作アニメと、夢のコラボレーションが実現。「LINE POPショコラ」に「鉄腕アトム」登場
週刊モーニングで連載中の「終電ちゃん」と「駅メモ!」がコラボ
「アトリエオンライン~ ブレセイルの錬金術士~」主要キャラクターの紹介とキャストを発表





Nintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える! 握りやすいコントローラー「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を発売

Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ

サンコー株式会社は、「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」を2017年8月7日より発売した。
価格は、1,480 円(税込み)。

■Joy-Conを充電しながら使える
本製品はNintendo SwitchのJoy-Conを充電しながら使える、握りやすいグリップ型のコントローラーだ。Joy-Conを取り外さずそのままグリップにUSB充電ケーブルを挿せば、充電ができる。

重さは80gと軽量で、グリップが手にしっかりと密着する膨らみがあり、長時間のプレイでも疲れにくい形状だ。
さらに充電ランプがコントローラー正面にあり、充電状況が一目でわかるようになっている。

テレビモードでSwitchをとことん遊びたい人にとって、持ちやすくてそのまま充電できる本製品は魅力的だ。

「Nintendo Switch用Joy-Con充電握りやすいグリップ」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
RPGアツマール×電撃文庫、5作品をツクラーがゲーム化
感情や感覚を揺れ動かす作品に出合えるチャンス!飾りたいと思う写真展「アートの競演 2017葉月」を開催【Art Gallery M84】
「AKB48グループ じゃんけん大会2017」予備戦の模様を独占生中継
「電ファミニコゲームマガジン」のiOS/Android対応アプリ「ゲーマガ」を提供開始
ヤマハのFM音源LSIを搭載した電子工作用基板がウダデンシから登場。スイッチサイエンスと秋月電子通商から発売







ニコニコ超会議2017「超ゲームエリア」 任天堂が協賛に決定

_F1_0419

ドワンゴは、2017年4月29日(土)、30日(日)に幕張メッセで開催されるイベント「ニコニコ超会議 2017」のゲーム関連ブース「超ゲームエリア」の新企画や60名以上にのぼる新規出演者を発表した。

今年も多種多様なゲームが集まる超会議の「超ゲームエリア」。2月に開催された「闘会議2017」でも登場したNintendo Switch「ARMS」が今回も発売前に先行体験できるほか、各日展開されるエリア・ステージでは、様々なゲーム大会や新作ゲームの試遊、ゲーム実況者出演による特別ステージなどを開催する。

【超プレイエリア】
アナログ、デジタルの様々なゲームで遊ぶことができる。ラインナップは今後も増える予定だ。

●アナログエリア 使用ゲームタイトル(五十音順)
いかさまゴキブリ / えげつな7 / エセ芸術家ニューヨークへ行く/ コヨーテ / 素数大富豪 / ニムト / ピクテル / ペンギンパーティー / ワードバスケット/ 私の世界の味方 / ワンナイト人狼

●デジタルエリア
PICO PARK / Goat Punks / Rocket League /

【超ゲーム制作体験】
●青鬼ツクール
超会議限定の特別なバージョンのフリーゲーム「青鬼」を作成することができる。来場者がその場で顔を撮影、声を録音し、自身を「青鬼」としてゲームに登場させることができる。作成したゲームは「RPGアツマール」から投稿し、公開することができる。

【アーケードエリア】
●「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT」(※正しくはKの後のEはアクサンテギュ付き) ニコニコ超選手権2017(アーケード)
同タイトルのアーケード版を使用したゲーム大会を実施する。本大会の優勝ペア2名には2017年8月にアメリカのカリフォルニア州アナハイムにて開催される「ポケモンワールドチャンピオンシップス2017」「ポッ拳」部門に特別枠で出場できる招待出場権(「Travel Award」付招待券)がプレゼントされる。

そのほか、エリア内ではゲームセンターなどに設置されている以下4タイトルが試遊可能。
他にもタイトルが追加される予定だ。
「頭文字D ARCADE STAGE Zero」/「ドラゴンボール ゼンカイバトル」/「マジシャンズデッド」/「らくがきカードバトル撃墜王」ほか

【激闘!超スマホブース by AppBank】
●麻雀ツモツモ
マックスむらいと豪華ゲストが麻雀で対戦する。

●マックスむらいの「パズドラやろうぜ!」超会議出張版
マックスむらいをはじめとするAppBankメンバーとパズドラをマルチプレイする。

●モンスト“ソロ”トーナメント超選手権
「モンスターストライク」で活躍する強豪プレーヤーたちがモンストスタジアムのソロ
プレイで激突する。
出演者:タイガー桜井(ファミ通App) / 宮坊(ファミ通App) / ターザン馬場園(ファミ通App) / ぺんぺん / ありすぅ / なんとかキララEL(今池壁ドンズ) / そふぁ。(今池壁ドンズ) / べーこん(今池壁ドンズ) / ナウ・ピロ(GameWith) / しろ(GameWith)
解説:S嶋

●「デュエル エクス マキナ」愛の戦士・タラチオが実況プレイ!
スマホのトレーディングカードゲーム「デュエル エクス マキナ」を愛の戦士・タラチオが実況プレイ。さらに来場者との対戦企画も実施予定で、リアルカードのプレゼントも予定している。

【超Lステージ】
●ゲーム実況者のど自慢
ゲーム実況者が自慢の歌を披露するステージ。
出演者:タイチョー / タラチオ / まお / なな湖 / 湯毛 / Ash / M.K.R / recog

●超ボンバーマン神(ゴッド)ステージ
ドグマ風見とタイチョーが総勢16名の出演者を引き連れ、罰ゲームを賭けて「スーパーボンバーマン R」でチーム対決する。
出演者:汗だく / 稲野 / カフェイン / 栗御飯 / KeiTo / 小間川東次郎 / サントス / ZeLL / バケゆか / P(ピー)/ B!KZO / ムラタ / MOTTY / ゆうりょうboy / リョウティー / Refu

●ゲーム実況者人狼
ゲーム実況者たちが人狼ゲームに挑戦。
出演者:牛沢 / わいわい / SIGUMA / towaco / そでやま / テラゾー / オスマン / タイチョー ほか

●超アイドルマスターステージ
アイドルマスターのTHREE STARS!!!が紅組、白組にわかれて対決。
出演者:中村繪里子(天海春香 役)/ 下田麻美(双海亜美・真美 役)/佳村はるか(城ヶ崎美嘉 役)/ 藍原ことみ(一ノ瀬志希 役) Machico(伊吹翼 役)/郁原ゆう(エミリー スチュアート 役)
スペシャルゲスト:滝田樹里(音無小鳥 役)

また、アイドルマスターは「超チャンネル万博」ブースにも新企画を展示。レギュラーラジオ番組の合同企画として出演キャストが描いた番組広告「5番組合同!キャストによる手描き巨大広告!」を展示する。

【超Rステージ】
●シャドバスアカデミー出張版
ゲーム実況者によるエキシビションマッチを実施。
出演者:山口慧(MC) / 天野さとし(解説) / もこう ほか

●ドラゴンクエストXTV 出張版ニコニコ超会議2017SP
ニコ生番組レギュラー陣が登場し、番組を盛り上げる。
出演者:椿姫彩菜(MC) / 齊藤陽介 / 安西崇 / 阿見201 / 梨衣名 / サイトーブイ

●最新スマホ情報ステージ
株式会社LogicLinks代表の春田康一に加え、声優界を代表するゲーマーとして加藤英美里が出演するステージ。


超ゲームエリア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコニコ超会議2017「向谷実Produce! 超鉄道」参加鉄道全10社の出展詳細を公開
「ネットユーザーが本気で選ぶアニメ総選挙」に4万3千人回答。最も面白かったのは「けものフレンズ」
「ニコニコ超会議2017」前売り入場券を東日本エリアのNewDays 489店舗にて発売
「第2期電王戦」二番勝負第1局で「PONANZA」が佐藤天彦叡王に勝利。第2局は姫路城で開催
KEKで建設中の「BelleII測定器」が世界最強加速器とついに合体!ニコ生で8時間独占生中継





テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド

1_000000002778

サンコーは、「Nintendo Switch用充電スタンド USB Type-C to Aケーブル付き」を2017年4月10日より発売する。価格は1,280円(税込)。

本製品はNintendo Switchを充電しながら置けるスタンド。付属のUSB Type-C to Aケーブルを接続してバスパワーで給電。画面が見える状態でスタンドに立てかけられ充電できるので、充電する際にNintendo Switchドックを、使う場所に持ち運ぶこともなくテーブルモードでも充電しながら楽しむことができる。

テーブルモードで遊ぶ時や、充電台としてもう1台置きたい方におすすめ。USB Type-C to Aケーブルを直接Nintendo Switchに繋げて使うこともできるので、いざという時、外でもモバイルバッテリーから充電することができる。

■製品仕様
・サイズ/幅140×奥行き67×高さ49(mm)
・重量/55g
・充電ケーブル/USB-C to USB-Aケーブル(充電用)
・充電ケーブル長さ/812mm(コネクタ含む)
・入力/5V 1.5A/15V 2.6A
・出力/5V 1.5A/15V 2.6A
・充電時間/フル充電にかかる時間
    純正ACアダプター使用時:約3時間
    5V 1.5AのUSBチャージャー使用時:約6時間
・内容品/本体、充電ケーブル(USB Type-C to A)、日本語取扱い説明書
・パッケージサイズ/幅72×奥行き56×高さ187(mm)
・パッケージ重量/93g(内容品含む)
・保証期間/3か月


Nintendo Switch用充電スタンド USB Type-C to Aケーブル付き

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開
サンコー、「デジタル一眼対応 3軸電動カメラスタビライザーPro」を発売
こぼした飲み物も窓ガラス掃除もホコリやチリも。水が吸える掃除機「スイトリーナー」





本番はこれから! 闘会議2017、2日目間もなく開催

20170211_091502S


2月11日と12日の2日間かけて幕張メッセにてドワンゴ主催のゲーム実況とゲーム大会の祭典である闘会議2017が開催されている。2日目が間もなく開催される。


闘会議2017に関する話題を随時アップ、あとでまとめて読みたい人は特設サイトをチェックすべし。


■闘会議2017開催概要
イベント名称:JAEPO × 闘会議2017
開催日時:2017年2月12日(日)10:00~17:00(最終入場16:30)
会場:幕張メッセ国際展示場1~8ホール(うち2、3ホール:JAEPO)
主催:niconico
特別パートナー:任天堂株式会社


■入場券
当日2,000円

※未就学児は入場無料です


闘会議2017
niconico

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ
発売まで待ちきれない!Nintendo Switchの「ARMS」を体験してきました
あのNintendo Switchも体験できるゲームの祭典「闘会議2017」開催中!




1-2-Switch
任天堂
2017-03-03



ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ