ITライフハック

充電

iPhone 8/8Plus/Xの置くだけ充電ができるマウスパッド「スマホ置くだけ充電『スマート充電マウスパッド』」

5_000000003072

サンコーは、「スマホ置くだけ充電『スマート充電マウスパッド』」を2018年5月30日より発売する。価格は1,980円(税込)。

■マウスパッドとQI対応充電器のハイブリッド
本製品は、スマホを置くだけで充電できる機能を備えたマウスパッド。ワイヤレス充電Qi(チー)規格に対応。スマホの充電でわずらわしいケーブルをつなぐ作業がいらず、置くだけで簡単に行うことが可能だ。

マウスパッドは横300mm縦200mm。幅広なので充電しながらマウス操作しても邪魔にならない。表面はレザー調の素材で滑らかな手触り。高級感漂うデザインで、ワンランク上のオシャレ感を演出する。裏面は滑り止め加工がされているので、ストレスなく使用できる。

スマホの充電をもっと手軽に行いたい。高級感のあるマウスパッドがほしい、そんな人におススメだ。

■製品仕様
・サイズ/本体:横幅300×縦幅200×厚さ5(mm)
・重量/約223g
・付属品/本体、USBケーブル(960mm)、日本語取扱説明書
・電源/USBより給電
・ワイヤレス充電/Qi互換
・入力/5V/2A
・出力/5V/1A
・充電効率/75%
・パッケージサイズ/横幅332×縦225×高さ18(mm)
・パッケージ重量/約306g(内容品含む)
・保証期間/6か月


1_000000003072


スマホ置くだけ充電「スマート充電マウスパッド」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
最新VRも楽しめる!Galaxyの最新モデルを無料で体感できる「Galaxy Showcase」がリニューアルオープン!
手塚治虫生誕90周年を記念した“TEZUKA OSAMU HYBRID CASE for iPhone8/7,X”を発売
スマートフォン/タブレットをBluetoothキーボードにするアプリ「Rickey+」が登場
LINEモバイルで「母の日キャンペーン」開催
全国39のFM局の番組をエリアフリー・無料で楽しめる「WIZ RADIO」iOS版が登場






スマホの充電ケーブルを楽々着脱。充電専用 マグネット変換アダプタ

czMjYXJ0aWNsZSMyMjk1MiMxOTUwMDgjMjI5NTJfWnJSRnN6WXlhei5qcGc

上海問屋は、microUSBケーブルをマグネット着脱式にできる、充電専用のマグネット変換アダプタの販売を開始した。microUSB・Type-C搭載スマホに対応しており、価格は各1,299円(税込)。

本製品は、microUSBケーブルをマグネット着脱式にできる、充電専用のマグネット変換アダプタ。スマホの充電端子部分をケーブルに近づけるだけで、勝手にくっつく。コネクタが見づらい暗い寝室などでも、充電時のケーブル接続が容易になる。

コネクタ部分は常時接続したままにし、充電時のみケーブルのマグネット部分と接続するため、端子部分の劣化防止に役立つだろう。

取り外しも簡単で、充電中の着信にもスムーズに対応可能。コネクタは出っ張りが少ないスリム設計の上、しっかり装着されるので、外す時に抜ける心配がない。垂直に抜くと機種により、抜ける可能性があるので、その場合は、折り曲げるように外すようにしよう。

■製品仕様
インターフェイス・・・microUSB⇒microUSB、microUSB⇒USB Type-C
アダプタサイズ・・・・microUSB:オス(コネクタ側)/直径8×長さ3(mm) ※突起・端子部分除
                 メス(ケーブル接続側)/縦22.5×横10.5×厚み8(mm)
           Type-C: オス(コネクタ側)/直径8mm×長さ3.4(mm) ※突起・端子部分除く
                 メス(ケーブル接続側)/縦22.5×横10.5× 厚み8(mm)
製品保証・・・・・・・購入後 初期不良2週間


DN-915209 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
ルームミラー一体型のドライブレコーダー。後方録画対応で前後同時に録画
長時間の装着でも苦にならない超軽量スマホ用VRゴーグル
狭くて暗い場所をスマホで確認できる3メートルのロングケーブル形状固定ワイヤー内蔵マイクロスコープ
美しくて早いUSBハブ。LEDライトが際立つ存在感のUSB3.0接続4ポートUSBハブ
スマホに乗せて回すだけで音量が変化するマジックスピーカー





差すだけでApple Pencilの充電が簡単にできる「ペン立てにもなるApple Pencil用充電スタンド」

2_000000002875

サンコーは、「ペン立てにもなるApple Pencil用充電スタンド」を2017年8月9日より発売する。価格は1,980円(税込)。

本製品はApple Penciのl充電が楽に行え、ペン立てにもなるApple Pencil専用充電スタンド。差すだけで充電ができるのでとっても簡単。外したキャップが置けるホルダー付きだ。

充電だけでなくペン立てとしても使用可能。スタイリッシュにApple Pencilを保管できる。

■仕様
・サイズ/幅41×高さ50×奥行43(mm)
・ケーブル長/約1430mm(コネクタ含まず)
・重量/138g
・電源/USBより充電 (フル充電の時間目安:1時間半)
・対応機種/Apple Pencil
・内容品/本体、日本語説明書
・保証期間/6か月


1_000000002875


ペン立てにもなるApple Pencil用充電スタンド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
脳の老化防止、集中力の向上に!「大人のリラックスぬりえ」iOS版が登場
サードウェーブデジノス、おえかきタブレット「raytrektab DG-08IWP」をAmazonで発売
中華電信が日本初進出。プリペイドSIMカードを成田空港・羽田空港の店舗で提供開始
携帯用デュアルディスプレイに最適な11.6インチHDMIディスプレイ
ソフトバンク コマース&サービス、iPhone用360度カメラ「Giroptic iO」を発売






Nintendo SwitchのJoy-Conだけを充電できるスタンド

4_000000002782

サンコーは、「Joy-Con充電スタンド 4 Nintendo Switch」を2017年4月21日より予約開始する。価格は1,980円(税込)。

本製品は、Nintendo SwitchのJoy-Con(ジョイコン)だけを充電できるスタンド。最大4つセットして充電が可能。Switch本体にスライドしてセットするように、本体側面には2つづつレールがあり、そこに沿ってスライドしてセットする。

充電台本体から出ているUSB充電ケーブルをパソコンやUSB-ACアダプタなどに接続して給電。充電状況が一目でわかる充電ランプもスタンド上部で見やすく、円型の土台でしっ
かりと安定したスタンドとなっている。

■製品仕様
・サイズ/幅110×奥行き110×高さ146(mm)
・重量/195g
・USB充電ケーブル(本体付属)/長さ:1160mm(コネクタ含む)
・充電時間/フル充電にかかるまでの時間:約3時間
・充電方式/Joy-Con(L)(R)1セットを前と後ろの2つのレールにセット可能。Joy-Con2個までは同時充電を行える。例:前後のレール全てにJyo-Conをセットした場合。最初に前のレールが充電、後ろのレールは待機。10分後、後ろのレールが充電、前のレールは待機。これを満充電になるまで繰り返す。
・内容品/本体、日本語取扱い説明書
・保証期間/3か月
・発売日/2017年4月末予定

○任天堂ライセンス商品ではないので注意のこと。


2_000000002782


Joy-Con充電スタンド 4 Nintendo Switch

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニーがプロデュースする「Life Space Collection表参道」」が期間限定でオープン
テーブルモードで遊ぶ時や充電台としてもう1台自分の部屋に置けるNintendo Switch用充電スタンド
パナソニック、ハイレゾを簡単に楽しめるCDステレオシステムを発売
コンパクトながらダイナミックな低音を実現したデスクトップ・サイズのスピーカー「Elevate 3 MKII」
「視覚」×「聴覚」で楽しむ、音で読む新感覚マンガ「SHIORI SOUND EXPERIENCE -Noise-」を公開






問題点はほかにもある! スマホ系充電端子のmicroUSB統一は第一歩でしかない!【デジ通】



昔からアップルの端末は、他とは違う独自路線を取ってきた。以前は30ピンのDockコネクターと呼ばれる独自端子を採用、その後、Lightning端子とこれまた互換性のない独自規格を採用している。対してAndroidはmicroUSBでほぼ統一されており、iOS端末だけ仲間はずれといった状態が続いてきている。先日、アップルがmicroUSB採用に動いたというニュースが流れた。これが本当ならスマホやタブレットの端子はmicroUSBで統一されることになる。



続きを読む

ライター用のブタンガスで発電する燃料電池!独eZelleronの「eZell」が凄い【デジ通】



モバイル系のデバイスでユーザーにとっての死活問題がバッテリーの持続時間だ。その解決の糸口となると言われているのが電気を発電する燃料電池である。

以前から燃料電池を活用したポータブル向けのパワーサプライは、様々なIT関連の展示会でコンセプトモデルや試作モデルが出展されてきているが、実際に実用化され世界中に普及したと言い切れる製品は、今のところないようだ。

リード エグジビション ジャパンが主催するスマートエネルギーWeek 2014内の燃料電池展「FC EXPO 2014」で、は燃料電池関連の様々なデバイスなどが出展されていた。コンシューマー用途の製品として出展していたのはドイツeZelleronの「eZell 1」だ。ライター用のブタンガスから電力を取り出せる携帯型の燃料電池で、初めての実用的な燃料電池であると言えるかもしれない。


続きを読む

なんだこのクレイジーな動画は? 未来のライター「Jii」の動画が話題沸騰中



昔は、動画を作成するには、かなりの機材やハイスペックなPCが必要だった。ところが今では、画質や音質にこだわらなければ、PC以外、たとえば手持ちのスマートフォンやタブレット端末で、誰でも手軽に動画を作成できる時代となった。
また、ネットでは既存の動画を切り貼りしたりして雰囲気を変えるMADムービーというジャンルがある。そういった事情もあって、現在ネット上には、面白い動画がたくさんアップされている。ネットユーザーの中には、ニコニコ動画やYouTubeで、そうしたオモシロ動画を楽しんでいる人もいるだろう。

そのネット動画で、現在海外のネットユーザーから非常に注目が集まっている日本の動画があるのをご存じだろうか。それが「未来のライター Jii!Jii!Jii!」である。

MADムービーやオモシロ動画を好きな人は多いと思うのでこの動画を紹介しよう。

続きを読む

スマホやタブレットの充電に便利なUSB-AC充電器を使う際の注意点【デジ通】

Anker 25W 5ポート USB急速充電器


スマートフォンやタブレットなどは、USB-AC充電器を使って充電するようになっている。電源供給されているUSB端子であれば、ケーブルを接続するだけで充電が行える。

そうしたこともあり、スマホ周辺機器やBluetooth対応機器、Wi-Fiルーターなどといった様々なデバイスが充電端子としてmicroUSBを装備するようになってきた。microUSBに対応したので充電ケーブルが共通化できるなど利便性が向上した。アップルのようにDockコネクターやlightningコネクターといった、独自仕様では、流用が利かないがmicroUSBは対応機器が豊富なためいくらでも流用が利くメリットがある。

microUSB端子のおかげで便利にはなったが、対応機器が増えすぎ、充電のためのUSB-ACアダプターの口が足りなくなっている人も出てきた。microUSBで電源を取るようなデバイスを複数所有している人に向くのがUSB端子が多い汎用のUSB-ACアダプターだ。


続きを読む

USBポート搭載!iPad用ケースにバッテリーを内蔵したローテーションスタンド【イケショップのレア物】



タブレット市場創生の立役者と言えるのがiPadシリーズだ。特にiPad2以降は、Retinaディスプレイを採用した第3世代、第4世代によりタブレットの高画質時代を先駆けたことは記憶に新しい。また現在の新しいタブレット市場である7インチ前後のクラスにもiPad miniを登場させるなど、常にタブレット市場をけん引してきた。

iPad2以降の第3世代iPadから第4世代iPadのアップデートでは、内蔵ストレージが最大128GBとパソコンなみに向上したり、プロセッサもA5XからA6Xと高速化したり、グラフィックス性能が2倍にアップしたり、デジタルカメラに迫るほどフロントカメラ解像度が向上したりといった進化をとげている。

こうした変化のなかでも最大の変革が30ピンDockコネクターからLightningコネクターに変更したことだろう。この変更で旧iPadシリーズ用のアクセサリー類を流用するためには、DockコネクターをLightningコネクターに変換するアダプターが必要となった。

面倒な反面、ラッキーな部分もある。それは、iPad2以降でiPadシリーズの本体サイズは大幅な変更がされてない点だ。そのためカバーやスタンドといった本体に装着するようなアクセサリー類は、新iPadでも利用できるのだ。買い換えにくいお気に入りのケースやスタンドの流用が利くという点は、なかなか気が利いていると言えるだろう。

この流用が利くというメリットを生かして本体関連アクセサリー(ケースやスタンド等)は、iPad2以降の機種を幅広く対応としているケースが多い。また充電関係アクセサリーは、Dockコネクターでも、Lightningコネクターでも、片側がUSB(A型オスプラグ)であれば、問題なく利用できる。

今回は、そんなiPad2以降に対応した欲張りなアクセサリーがあったので紹介しよう。本体ケース、縦置き・横置き両方可能なスタンド、そしてなんとバッテリーまで内蔵している一石三鳥な「バッテリー内蔵 ローテーションスタンドケース iPad」だ。

続きを読む

バッテリー切れを防止する!機内で使う機器用電源を確保する方法【デジ通】

エコノミークラスでも電源が用意されることが多くなってきた


ノートPCやタブレットを外で使うケースで長時間電源の確保ができない環境の1つに飛行機の機内がある。昔は飛行機に乗って海外に行く際、ノートパソコンだったら、予備用のバッテリーを何本も持ち歩いて機内でバッテリー切れにならないよう対応したが、こうした心配は不要になりつつある。

最近のUltrabookのほとんどはバッテリーを交換できないので予備バッテリーを用意することができない。じゃあバッテリー切れ対策はどうするのかと言えば、飛行機の各席にPC用の電源が用意されることが増えてきているのだ。ファーストクラスやビジネスクラスは、かなり昔から電源が用意されていたが、最近ではエコノミークラスでの対応も増えている。座席に電源供給用のUSBポートが用意された席もあるようだ。



続きを読む

新iPad時代の定番はコレだ!iPhoneとiPadを同時充電+ステレオスピーカー内蔵スタンド【イケショップのレア物】



iPhoneとiPadは、どちらも使っている人も多いが、新iPadが登場したことで、この傾向はさらに加速していくだろう。スマホとタブレットなど、複数のガジェットを使うと困るのが、周辺機器だ。ACアダプタやUSBケーブルなど、複数のガジェットを充電するとなると台数分のACアダプタやUSBケーブルが必要になる。こうなると、部屋はケーブル類でごちゃごちゃしてしまうし、見た目も美しくない。

そこでスマートにiPhoneとiPadを活用するためにには、充電スタンドが重要となるわけだ。充電スタンドには、スピーカーを内蔵してiPhoneやiPadに接続できるモデルもいくつかあるが、それぞれiPhone用、iPad用に分かれていたり、両方を同時に充電はできなかったりと、いまひとつしっくり行かなかった。

続きを読む

競争激しいiPhoneケース 付加価値をつけた製品が多数登場【デジ通】

myCharge


iPhoneなどスマートフォンのケースはあれば個性を出せるし、落とした場合を考えると安心感がある。しかし、無くても使えないことはないし、実際に使用していない人もちらほら見かけるし、必須な物ではない。

日本など一般の販売店で目立つのは、中身を傷から守る単純に保護するカバーだが、CESには数え切れないほどの会社が、単純なカバーでは無く、付加価値をつけたカバーや周辺機器を多数出展していた。

無くても問題は無いスマートフォンのケースだが、今後どのような製品が市場に出てくるのか、CESで見つけた特徴的な製品をいくつか紹介しよう。

続きを読む

タブレット時代の必需品!スタンドよりも256倍も便利な神クレードル【イケショップのレア物】



1.5GHzデュアルコアCPUによる軽快な動作に加え、受信最大75Mbpsという次世代高速通信「Xi」や、7000mAhの大容量バッテリ、スリム&軽量なスタイリッシュなデザインと、「GALAXY Tab 10.1 LTE(SC-01D)」は、モバイラーが欲しいと願っていた数々の機能を備えたタブレット端末だ。さらに、Bluetooth経由でキーボードやマウスが利用できるうえに、フルHD動画再生&デュアルスピーカーで動画コンテンツを迫力満点で楽しめたり、テザリングに対応したりするなど、機能面も充実している。

多機能なタブレット端末だからこそ、パソコンにも負けないパワフルな使い方がしたいものだ。「イケショップのレア物」では、「GALAXY Tab」がもっと便利になる製品として、Bluetoothキーボードケース「 Galaxy Tab10.1 Bluetooth Keyboard Case」を紹介したが、今回はさらに使い勝手を改善してくれる便利アイテムを紹介しよう。ゆっくりと動画を見ながらでも本体に充電できるクレードル「Charger Dock + Sync Blocker Cable」 for Galaxy Tabとホームシアターにする「Cradle for Galaxy Tab10.1」の2製品だ。

続きを読む

iPadを置くだけで充電するグッズ!日立マクセル、「エアボルテージ for iPad2」の秘密



日本市場ではワイヤレス充電対応機器のニーズが高まっている。近年、iPad2のニーズが拡大しており、ワイヤレス充電のスマートさをiPad2でも実現することが望まれているほどだ。しかし、タブレット端末であるiPad2に必要な充電電力は10Wと、スマートフォンで必要な5Wより高いため、現時点では Qi(チー)の電磁誘導方式によりワイヤレス充電を実現することができなかった。そうした状況のなか、日立マクセルは画期的な製品を投入する。

同社は、ワイヤレス給電技術の「電界結合方式」を採用したiPad2ワイヤレス充電器セット「エアボルテージ for iPad2」(WP-CP10A)を11月25日より世界で初めて発売する。本製品は CEATEC JAPAN 2011(10月4日から10月8日、幕張メッセ 第3ホール)の日立ブース(No.3A67)にて展示される。

続きを読む

Macユーザ必見のワイヤレス充電!キーボードもマウスも無線でチャージする秀逸なアイテム



Apple Wireless KeyboardやMagic Trackpadを所有しているMacユーザーの中には、これらの機器を無線で充電できたらどんなに楽だろうと、考えている人はいないだろうか。そうした人に打ってつけの商品が登場した。

プレアデスシステムデザインは、Apple Wireless KeyboardとMagic Trackpad専用にデザインした、電磁誘導方式を採用したワイヤレスチャージャー「The Magic Bar Inductive Charger for theAppleWireless Keyboard & Magic Trackpad」を、2011年9月1日より発売した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ