ITライフハック

充電器

品質と安全性に自信あり!ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」

ワイヤレス充電のリーディングカンパニーを目指す「ベルキン」

ベルキンは2017年10月12日、都内でプレス関係者向けに新商品発表および事業戦略説明会を開催した。当日はベルキンインターナショナルのCEOを務めるチェット・ピプキン氏と、同社副社長兼ゼネラルマネージャーのスティーブン・マロニー氏が登壇し、ブランドヒストリーや日本におけるビジネス戦略について語った。

また、ベルキンジャパンナショナルセールスマネージャーの石井靖人氏より、新型iPhoneに対応した同社のワイヤレス充電器「Boost↑Up Wireless Charging Pad」を含めた製品紹介があった。

■高品質と高い安全性を備えた製品
ベルキンインターナショナルのCEOであるチェット・ピプキン氏が同社を立ち上げたのは1983年のことだそうだ。最初の製品はアップルIIとプリンターを接続するケーブルで、世界初のアップル認証を受けたという。その後、高性能ながらもオシャレなデザインをしている数々の製品販売によって、今ではPC業界だけでなく、IoT業界でも名が知られた有名企業へと成長した。

同社は現在、「Belkin」を含めて、以下の4つブランドを展開中だ。
・Belkin:スマホやPCの周辺機器
・LINKSYS:Wi-Fiネットワーク関連機器
・WeMo:スマートホーム関連機器
・Phyn:水の使用量をモニタリングするシステム


「Belkin」では、ワイヤレス充電パッドや、充電ケーブル、ドッグなどを取り扱っているが、開発から製造まで一貫して自社で行っていることが最大の強みであり、それが高品質と高い安全性を備えた製品を提供できる要因であるという。
ベルキンインターナショナルCEO:チェット・ピプキン氏

たとえば、iPhone 7以降はLightning端子のみとなったので、既存のヘッドフォンを利用するために「Lightning -3.5 mmヘッドフォンジャックアダプター」を使用した場合、本体を充電できなくなってしまう。そこで周辺機器メーカーはこぞってLightning端子の二股アダプタを販売したが、安価な製品の中には、マイクやコントローラーを使用すると、ノイズが入る製品があり、大きな問題となっているという。これに対しベルキンの製品では、ノイズが入らないので安心して使ってもらえるわけだ。

今度の新型iPhoneの魅力のひとつがワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応した点だ。それに合わせて同社は、2種類のワイヤレス充電器を発売した。

1つ目は「Boost↑Up Wireless Charging Pad 」で、もちろんQiテクノロジーをサポートしており、対応デバイスでは最大7.5Wの充電ができる。アップルストアの価格は6,980 (税別) 。
最大7.5Wの充電ができるワイヤレス充電器「Boost↑Up Wireless Charging Pad 」

もう1台の「Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W) 」は、価格を抑えた廉価版で、最大5Wの充電ができ価格は3,480円(税別)。
最大5Wの充電ができるワイヤレス充電器「Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W) 」

ベルキンインターナショナル 副社長兼ゼネラルマネージャーのスティーブン・マロニー氏はワイヤレス充電について「ワイヤレス充電は今後大きな可能性を秘めた新しい技術だと考えている。私たちは本製品を皮切りに、ベルキンのワイヤレス充電ソリューションのポートフォリオを拡大し続け、ユーザーが新しい技術を簡単に使えるよう支援したい。」と語った。
ベルキンインターナショナル 副社長兼ゼネラルマネージャーのスティーブン・マロニー氏

■フィルム貼り専用マシンも登場
製品の展示会場には、世界初のアップル認証を受けたプリンターケーブルをはじめ、ベルキンがこれまでに販売してきた製品が陳列されていた。
ベルキンが販売してきた製品の数々

数ある製品のなかで特に注目を集めたものは、画面保護フィルム貼り専用マシンだ。「TrueClear Pro Advanced Screen Care」(通称TCP)という名称で、展示してあったのは第二世代とのこと。TCPはすでに一部のドコモショップでサービスを展開しているという。

画面保護フィルムを貼る作業は、意外に難しい。最近では、家電量販店でフィルムを貼るサービスをしているが、フィルム貼りに慣れているスタッフでも、大きなストレスとなっているのだ。筆者がTCPを実際に体験したところ、いとも簡単にフィルムが貼れた。これなら、フィルム貼りの経験がないスタッフでも容易に扱えるだろう。
画面保護フィルムを簡単に貼れる装置「TrueClear Pro Advanced Screen Care」

CEOであるチェット・ピプキン氏が初来日したことからも、同社の日本市場に対する強い意気込みをうかがい知ることができる発表会であった。高品質でお手頃価格のベルキン製品、まだ使ったことがないという人がいれば、試してみることをおススメしたい。
<PR>

ベルキン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ケーブル一本で充電も給電も解決できる超大容量20000mAhモバイルバッテリー。Lightningとmicro USBに充電可能
iOS、Android、PC版、欅坂46初となる公式ゲームアプリ「欅のキセキ」
「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボモデル等ドコモから2017年冬春モデル15機種
iPhoneやAndroidを色んな場所に固定できる「どこでもしっかりクランプスマホホルダー2」
シンプルなデザインで、最新スマートフォンにも対応する新「Galaxy Gear VR with Controller」発売







置くだけでiPhoneを充電できるバッテリーケース

mophie-juicepack-7-series

フォーカルポイントは、mophieの「おくだけで充電」を実現するバッテリーケース「mophie juice pack air for iPhone 7」と「mophie juice pack air for iPhone 7 Plus」、「mophie charge force ワイヤレス充電ベース」を2017年2月より発売する。価格は12,800円(税別)。

本ケースは、ワイヤレス充電機能を搭載したiPhone 7/iPhone 7 Plus用バッテリーケース。mophieから発売されている「CHARGE FORCE」規格対応してワイヤレス充電器、またはQiワイヤレス充電器を使ったワイヤレス充電が可能だ。「MFi」認定製品なので、アップデートにも万全対応している。

mophie-wireless-chage-base


mophie juice pack air for iPhone 7
mophie juice pack air for iPhone 7 Plus
ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ソフトバンクの広告新キャラクターにジャスティン・ビーバーを起用
ユピテル「霧島レイ」シリーズに腕時計型ウェアラブル「Lei Watch」が登場
東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売






一台でさまざまなバッテリーやモバイル端末を充電!「ENERG マルチバッテリーチャージャー+USB」が登場

ケンコー・トキナーは、一台でさまざまなバッテリーパックやモバイル端末を充電できる充電器「ENERG マルチバッテリーチャージャー+USB(型番:U-#017MBC)」の販売を開始した。
価格は、オープンプライス。実売価格は、3,600円前後(税別)。

続きを読む

iPhoneやAndoridスマホをまとめて充電! 5ポートUSB急速充電器「Anker PowerPort 5X」発売

アンカー・ジャパンは、モバイルガジェットを5台まとめて充電できる、5ポートUSB急速充電器「Anker PowerPort 5X」を本日(2016年1月22日)より発売する。

iPhoneをはじめ、iPad、Andoridスマホ、タブレット、デジカメ、モバイルバッテリーなど、USBポート経由で充電するモバイルガジェットが増えている。ユーザーの中には、パソコンのUSBポートだけでは足りない人もいるだろう。そうしたUSB機器が多い人におススメの便利グッズが本製品だ。

続きを読む

iPhoneを固定電話ライクに! ユニークなBluetoothハンドセット&充電器登場

「i400」


イツワ商事は、iPhone 4/4Sの画面を見ながら固定電話のような感覚で通話できるBluetoothハンドセット&充電器「i400」、「i500」を「Kits」(キッツ)ブランドより発売する。iPhoneを充電するための台とハンドセット(受話器)が一体になった構造で、ハンドセット(受話器)はBluetooth経由でiPhoneと接続される。


続きを読む

スマホもバッテリーパックもコレ1台でOK!欲張りなマルチ充電器【イケショップのレア物】



最近のスマートフォンは、本格デジカメとして使えたり、パソコンなみにネットサーフィンができたり、無料通話ができたりと、驚くほど便利な機能が詰まっている。

高性能・多機能なのはいいが、使いすぎや高性能なるがゆえの電池切れに悩まされている人は意外と多い。ユーザーの中には、予備のバッテリーパックを購入している人もいるだろう。
予備バッテリーは、スマートフォンの裏蓋を外して交換しないとならず、バッテリーに対応した専用充電機でないと充電できない。

イケショップのレア物」では、スマートフォンの悩みを解消する様々な充電器を紹介してきたが、今回のオススメは、本体だけでなく、サイズの違う予備バッテリーも充電できるマルチな充電器「Mobile Power Station 2700mAh」だ。

続きを読む

iPadの急速充電を実現!様々な機器に対応する、最強モバイルバッテリー【イケショップのレア物】



スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器を愛用している人の中には、インターネットやメール、ゲームを楽しんでいる人も多いだろう。モバイル機器をハードに使う人のために、「イケショップのレア物」では、今までにも外付けのモバイルバッテリーを紹介してきた。
そうしたモバイルバッテリーには、iPadを充電できる製品と、充電できない製品があるのをご存じだろうか。実は、iPadを充電するためには、通常のスマートフォンよりも大きな電気容量が必要だからだ。

iPad用モバイルバッテリーとしては、「Portable Charger for iPad/iPhone」を以前に紹介したが、容量が2800mAなので、ヘビーユースのユーザーの中には心もとないと感じていた人もいるだろう。そこで今回は、iPadに対応した2A出力が可能なうえ、8800mAと大容量の「8800mAh Charger for iPad」を紹介しよう。

続きを読む

GALAXY Tabがケースのままでパイルダーオン充電!スライドコネクタで実現【イケショップのレア物】



モバイル機器で一番重要なものは何か? いろいろ意見はあるだろうが、その中の一つに必ず入るのが充電器だろう。

充電器では、まれにほかのモバイル端末で使っていた機器をGALAXY Tabで使おうとしても、出力できる電力などによって使えないなんてことが発生したりする。

この問題を解決するとても便利なアイテムが、今回の復活!イケショップのレアものがいっぱいで紹介する「GALAXY Tab充電専用クレードル」だ。

続きを読む

究極のバッテリー登場!ケース型でiPadと一体化【イケショップのレア物】



一般的なiPad用外部バッテリーは大型で、お世辞にもコンパクトとは言えない物ばかり。気軽に使えたり、持ち運びできるものは少ない。そこで、おススメなのがiPadケース形状のモバイルバッテリー(充電器)「iPad Battery Case "Power Bank"」だ。コンパクトで一体化するため場所をとらないうえ、iPadにぴったりフィットして、違和感無く使用できる。
また、大容量のリチウムイオンポリマー充電池を内蔵しており、動作時間の目安として、の動画再生で約7時間、音楽再生で約50時間、スリープ時は約500時間iPadの電池の持ちを延長させることができる。

続きを読む

スマートフォン対応ポータブル充電器!ドコモ、「「FOMA 補助充電アダプタ 02」を発売へ

スマートフォンは、携帯電話にできない様々な機能を備えており便利だが、ヘビーユーザーの悩みの種は、やはりバッテリーだろう。そうしたユーザーに対して、ドコモが新製品を投入する。

ドコモは、オプション品として、スマートフォンもiモード対応機種も使えるポータブル充電器「FOMA 補助充電アダプタ 02」を、2010年9月10日より発売すると発表した。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ