ITライフハック

内視鏡

スマホで確認できるマイクロスコープに10mのロングケーブル登場

22952_UuZmRqSaLz

海問屋は、目視では確認できない場所をAndroidスマホで確認できる、10メートルのロングケーブルマイクロスコープ(内視鏡)の販売を開始した。価格は2,999円(税込)。

本製品は、目視では確認できない場所をAndroidスマホで確認できる、マイクロスコープ(内視鏡)。カメラ径は5.5mmの細さで、コードの長さは10mあるため、狭い場所の奥まで届くことができる。

先端にはLEDライト6灯を装備しており、暗い所も明るく照らしてくれる(明るさは3段階に調節可)。付属の3種類のアタッチメント(フック・マグネット・側視ミラー)を使うと、側溝など手の入らない場所に落とした物を拾ったり、正面でなく側面を見ることができる。また、電源はスマホから給電できるので、場所を選ばず使える。

Androidスマホでは専用アプリ、Windowsパソコンでは専用ソフトをダウンロードすれば、簡単に使用できる。記録したいところは、アプリ上で静止画や動画の撮影が可能だ。なお、Androidスマホ・タブレットが、OTG機能(USBホスト)に対応している必要があるので注意しよう。

■製品仕様
対応機種・・・・OTG機能(USBホスト)に対応しているAndroidスマホ・タブレット
        ※一部の機種で使用できない場合があります。
        Windows 10/8.1/8/7
接続・・・・・・接続 microUSB/USB
カメラ径・・・・5.5mm
ケーブル長・・・10m
視野角・・・・・67度
解像度・・・・・動画:640×480、静止画:640×480
LED・・・・・・ 6灯
電源・・・・・・USBバスパワー(スマホ・タブレット・パソコンから給電)
重量・・・・・・約168g
付属品・・・・・アタッチメント(フック、マグネット、側視ミラー)、アタッチメント取付アダプタ、
        英語マニュアル
製品保証・・・・初期不良2週間

22952_jmNEzkEdiv


DN-914665 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
モバイル用キーボード選びの外せないポイントを全て投入したというBluetooth接続二つ折キーボード
これ1つでお出かけOK。カード収納つきの女性に人気なiPhone7/iPhone7 Plus用スマホケース
あらゆる形になるスマホ・コンデジ・タブレットスタンド
スケルトンのビッグフェイスな腕時計を自作しよう
低中域~高音域まで忠実に再現するハイレゾ対応のカナル型イヤホン






オリンパス、“家族想いスイッチ”キャンペーンの一環で「親子孝行」の調査結果を公表

7月14日、日本中がこれまでない暑さに包まれ、熱中症とみられる症状で、全国で少なくとも千人以上の人が病院に運ばれた。亡くなった方や意識不明など重篤な状態になっている方もいるようだ。不運にも倒れた方々が一刻でも早く回復するように切に願う。読者の方々も、このニュースを聞いて遠く離れた実家の家族が心配になり、慌てて連絡を取ったという人もいるかもしれない。

筆者も「自分の親はいつまでも元気でいるものだ」と考えており、これまであまり親の健康状態などを気にすることはなかった。気象庁の観測結果によると、928ある観測地点のうち、気温38度を超えたのが全国で9か所、99か所で35度以上の猛暑日を記録したという。このニュースを見て、さすがに熱中症になっていないかと心配になり、職場から体温調整や水分補給などについて親に注意するように連絡を入れた。

続きを読む

大復活の道を歩むオリンパス! 注目銘柄を斬る【ビジネス塾】



粉飾決算で多大なダメージを受けたオリンパス<7733>に、復活の道筋が見えてきた。

2013年4~9月期最終損益は79億円の赤字で、2014年3月期純利益は130億円(前期比62.1%増)に下方修正したが、これは損害賠償訴訟に伴う特別損失を170億円計上したため。この修正発表後、テルモ<4543>との和解による訴訟解決が発表された。オリンパスにとっては、内外の投資家から提起された20件以上、総額520億円もの訴訟がリスク要因だったが、今回の措置で大部分を引き当て計上し、解決にメドが立ったことになる。併せて、内視鏡の生産能力を増強するという報道があったことで、「底打ち」感が強まっている。自己資本比率も、30%弱にまで回復してきた。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ