ITライフハック

写真

NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施

無題

NTTドコモは、若者に大人気の動画コミュニケーションアプリ「SNOW」とタイアップし、卒業シーズン盛り上げプロジェクトと題して、「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」のキャンペーン第2弾を実施する。

キャンペーンの第1弾として、2017年1月30日からは、この春卒業を迎える高校生を対象に、実際に学生達がSNOWで撮影した写真を製本して「卒業“盛ルバム”」としてプレゼントするキャンペーンを実施。当選1校に対し、全国から438校(応募総数:1,113件)から熱のこもった応募があり、大変好評となったとのこと。

2月17日からは第2弾として、Web上で“盛ルバム”を作成することができる「“盛ルバム”ジェネレーター」を公開。個人写真とフリーページに好きな写真や動画をアップロードすることで、誰でも簡単に”盛ルバム”を作成することができる。(※写真は、SNOWを使って保存した写真・動画のみ使用可能)。

SNOW

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「テイルズ オブ アスタリア」をメインテーマにした生放送番組をニコ生とYou Tube Liveで放送
東日本大震災からまもなく6年。防災意識と備えの実態を調査。マクロミル調べ
「JAEPO×闘会議2017」の来場者数は6万8000人
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場






「1秒を切り取る」新しい画像アプリ「ポラロイド・スイング」

main

ポラロイド・スイングは2016年12月15日、Apple JapanのApp Storeでモバイルアプリ「ポラロイド・スイング」を公開すると発表した。

ポラロイド・スイングは、ポラロイドブランドとTwitterの共同創業者ビズ・ストーン氏が会長を務めるシリコンバレーの技術系新興企業との協力で誕生した。

このアプリでは、タップ1つでインタラクティブな画像をスマートフォンで作成・共有が可能。画像には1秒間の動きを撮影でき、この動きは、画像にタッチするかスマートフォンを傾けると再生される。

本日の公開に合わせて、日本のユーザ向けに特に設計された新機能も追加。最新のカメラ技術に改良型のフレームブレンディングアルゴリズムが搭載され、より高品質でスムーズな「インタラクティブフォト」を撮影することができる。テキストと絵文字でポラロイド・スイングに「レスする」ことも可能だ。

動く画像は、ポラロイド・スイングのプラットフォームをはじめ、 Twitter、 Facebook、 Lineおよびウェブ上で簡単に共有できる。アプリはApple App Storeで無料でダウンロードできます。 Android版もまもなく公開されるとのことだ。

■アプリ概要
販売元:(無料) Polaroid Swing
カテゴリ:写真
リリース日:2016年12月15日
アプリケーションのサイズ:76MB
互換性:iPhone 5s以降のすべてのiPhoneで利用可能
備考:日本でのリリースのために新しく追加された機能:
1. 今年7月に米国でリリースされたバージョンよりも高画質
2. 写真にコメントすることが可能に

sub1

sub2

sub3


「ポラロイド・スイング」ダウンロードサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー
全国のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokemon GO」の公式パートナーショップに
ASUS JAPAN、Qualcomm Snapdragon 652を搭載する「ZenFone 3 Ultra」を発売





「総務省指定」の刻印って、なに? 写真で見る「iPhone 7 Plus」外観レポ

iPhone 7 Plus


2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ」という記事でお伝えしたように、アップルは2016年9月16日、同社スマートフォン「iPhone」の新機種となる「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」を発売した。

上位機種となる「iPhone 7 Plus」はApple Storeでは2~3週間待ちであり、店頭でも予約扱いとなっているモデルもあるほどの人気ぶりだ。
筆者を含め発売日に入手することができた人は、本当にラッキーだったと言えるだろう。

さて、今回は、そんな人気機種「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

■カメラ機能が大幅に進化
早速、「iPhone 7 Plus」を写真で見てみよう。

正面から見た「iPhone 7 Plus」。画面は5.5インチのRetina HDディスプレイで、1,920×1,080ドットの解像度を備える。
正面


背面には、1200万画素のiSightカメラを搭載する。
背面


広角カメラと望遠カメラ、2つのカメラを搭載する。光学式手ぶれ補正を備え、2倍の光学ズーム機能に加えデジタルズームとの併用で最大10倍のズームが可能だ。
カメラ


よく見ると、「総務省指定」の刻印がある。iPhone 7からSuicaに対応した。近接無線技術「FeliCa」に対応した機器には、表記が義務付けられているのだ。
総務省指定


上面には、何もない。実にシンプルだ。
上面


底面には、スピーカーが左右に備わっている。Lightningコネクタは見えるが、ステレオミニジャックがなくなった。
底面


ステレオミニプラグのヘッドホンやスピーカーを使う場合には、付属のLightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタを使用する
アダプタ


左側面には、サイレントモードのスイッチと、ボリュームスイッチが見える。
左側面


右側面には、電源ボタンとSIMカードスロットを備える。
右側面


キャリア版のiPhone 7(ドコモ、ソフトバンク、au)はSIMロックが掛けられているが、SIMロック解除対応機種となっているため、一定の条件を満たせばSIMロック解除が可能だ。Apple Storeで購入した場合、最初からSIMロックフリーだ。
SIMカードスロット


「iPhone 7/Plus」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
2~3週間待ちのモデルもあり!今もっとも話題の新端末「iPhone 7 Plus」開封レポ
iPhone 7のライバル登場!ファーウェイのAndroidスマホ「honor 8」が発売へ
iPhone 7/7 Plusの購入意向は33.7%、人気モデルは「iPhone7/ジェットブラック」。MMD研究所調べ
パソコンやタブレットを切り換えて使う! 最大3台と同時接続するBluetoothマウスが登場
3000円台のハイレゾ対応ヘッドセットが登場




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ