ITライフハック

初音ミク

初音ミクのカード育成型シミュレーションゲームが登場

7849_qgONjtxBmx

クリプトン・フューチャー・メディアは2017年3月28日(火)に、マイネットグループのマイネットエンターテイメントとモブキャスト両社が共同運営する「mobcast プラットフォーム」で、カード育成型シミュレーションゲーム「初音ミク ぐらふぃコレクション」のサービス提供を開始した。

「初音ミク ぐらふぃコレクション」は、様々なクリエイターの協力により実現したCGMソーシャルゲーム。様々なジャンルで活躍するイラストレーターが描き下ろした、「初音ミク」をはじめとするバーチャル・シンガー達のカードを集め、育成し、カードの成長を楽しみながら、カードライブラリの完成を目指すことを目的とするシミュレーションゲーム。

ゲームには1,000枚以上のカードイラストが登場。その中から10枚のカードでデッキを構築し、ソーシャルゲームならではのユーザー同士の対戦が楽しめる。カードにはステータスを強化する様々なスキルがあり、カードの組み合わせ次第で強い相手にも勝てることがこのゲームの特徴だ。

ゲーム内に登場するアバターキャラクターに様々な衣装を着せることで、ステータスをアップすることができる。登場する衣装は100種類以上あり、ゲームの攻略に欠かせない要素となっているとのこと。着せ替えをするとキャラクターの見た目も変わるため、たくさんの衣装を手に入れることも、ゲームを楽しむ要素の1つだ。

■サービス内容
料金:基本プレイ無料
対象:全年齢
ジャンル:カード育成型シミュレーションゲーム
対象プラットフォーム:mobcast プラットフォーム
PC版紹介サイト:http://www.crypton.co.jp/mikucolle/


7849_dYWmTbevxT

7849_xMCpjbxHoc


初音ミク ぐらふぃコレクション

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”
賞金総額700万円、シャドウバースの国内最強プレイヤーを決めるイベントを開催
音楽ゲームのルーツ「パラッパラッパー」が20年の時を経てPS4に復活!

初音ミク V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31




超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」が「クールジャパン・マッチングアワード」でグランプリ受賞

超歌舞伎『今昔饗宴千本桜』メインビジュアル

ドワンゴが主催するイベント「ニコニコ超会議2016」において、同社と松竹が共同制作し上演した「超歌舞伎 Supported by NTT」の「今昔饗宴千本桜」が、同じくテクノロジーを使った松竹制作の新作歌舞伎「KABUKI LION 獅子王」と合わせて、2017年2月16日(木)に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催された「第1回クールジャパン・マッチングアワード」にて、グランプリを受賞した。

クールジャパン・マッチングアワードは、日本の魅力を海外に展開する商品やサービスを生み出す異業種間連携とその効果を広く社会で共有し、こうした活動を奨励・普及・促進することを目的として、先進的と認められるプロジェクトを表彰するアワード。審査にあたっては「新規性」、「連携による相乗効果」、「話題性」、「市場性」のほか、「メッセージ性」や「他の事業者等に与えるインパクト」などの観点から選出される。

この度「今昔饗宴千本桜」は、歌舞伎と日本のテクノロジーを組み合わせた「新しいエンターテインメントイベント」を国内・海外で展開したことが評価され、ノミネートされた全74件の応募プロジェクトの中からグランプリを受賞した。「超歌舞伎 Supported by NTT」の上演演目は、ユーザーによってニコニコ動画に投稿され、いまや映画・舞台・小説などさまざまなメディアで人気を集めるボーカロイド楽曲「千本桜」と、歌舞伎の代表的な演目のひとつである「義経千本桜」がコラボレーションし、新たに超会議のために創作された新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」(読み:はなくらべせんぼんざくら)だ。舞台では、歌舞伎俳優中村獅童とバーチャル・シンガーの初音ミクが共演し(初音ミクはCG投影)、NTTの最新技術「kirari!」を使用し、中村獅童が演ずる「佐藤忠信」と、初音ミクが演ずる「美玖姫」が出会い、桜の木の下に織りなす物語を紡いだ。

なお、同作の反響を受け、今年開催する「ニコニコ超会議2017」でも、第2弾となる「超歌舞伎」の新たな演目「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」の上演が決定している。前回につづき完全新作となる今回は、花街を舞台にした、獅童と花魁に扮したミクの恋物語。恋敵が登場し、2人の恋路を阻むことになる。

クールジャパン・マッチングアワード受賞作品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
プロ野球OBの古木克明、門倉健、岩崎哲也、原拓也がニコ生に出演して貴重なトークをお届け
ニコ生、聖なるバレンタインデーの夜に魅惑の深海“聖”物の写真を2時間スライドショ
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
本番はこれから! 闘会議2017、2日目間もなく開催
今年も闘会議でレトロゲームエリアを設置。巨大ファミコンコントローラーもあるよ



初音ミク「マジカルミライ 2016」(Blu-ray限定盤)
初音ミク
ビクターエンタテインメント
2016-12-21



「LINE レンジャー」×「SNOW MIKU 2017」コラボレーション開始

LINE Ranger_miku

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で展開するゲームサービス「LINE GAME」の防衛バトルゲーム「LINE レンジャー」(iPhone・Android対応/無料)において、「雪ミク(初音ミク)」が冬の北海道を応援するフェスティバル「SNOW MIKU 2017」とのコラボレーションを2017年2月1日より開始する。

「雪ミク」は、2010年の「さっぽろ雪まつり」で“真っ白い「初音ミク」の雪像”を作ったことをきっかけに誕生したキャラクターで、それ以来、主役を務めるフェスティバル「SNOW MIKU」が毎年北海道で開催されている。今年は「SNOW MIKU 2017」(主催:クリプトン・フューチャー・メディア)として、2017年2月6日(月)~2月12日(日)に開催される。

本コラボレーションでは、「SNOW MIKU 2017」コラボレーション限定レンジャーとして「雪ミク」「初音ミク」「巡音ルカ」がガチャに登場するほか、「雪ミク」の世界観で構築されたスペシャルステージのクリア報酬として「鏡音リン」が登場。また、コラボレーション限定レンジャーが入手できる記念ボックスを配布するなど、様々なイベントを実施する。

さらに、ホーム画面が「SNOW MIKU 2017」仕様に変わり、「SNOW MIKU 2017」公式テーマソングがゲーム内のBGMとして流れるとのことだ。

LINE Ranger_miku_specialstage

LINE Ranger_rin

LINE Ranger_yukimiku


SNOW MIKU 2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
マピオン季節特集で「梅まつり 梅の名所特集2017」を公開
崩壊学園の最新作「崩壊3rd」広告イメージキャラクターオーディション開催
ソニー・エクスプローラサイエンスで光の原理を学びながら「虹色きらきらスコープ」を作ろう
「題名のない音楽会」で「ドラクエ」特集を放送
初音ミクの会社が北海道の市町村公認ページもある地域情報発信アプリ「Domingo」の提供を開始






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ