ITライフハック

厚生労働省

ニッポンの働き方改革を応援!応援団長松木安太郎さんが入魂の始球式

01

厚生労働省は2019年4月から順次施行されている「働き方改革関連法」を広く周知するため、元日本代表のサッカー選手で指導者兼解説者である松木安太郎さんを投手に抜擢し8月27日に東京ドームで開催された巨人×広島戦の始球式を行った。

■働き方改革に魂を込めた渾身の一球
バックを務めたのは話題の明治大学・男子チアリーディング「ANCHORS」。この応援を背に、働き方改革の加速を記念する魂の一球を投じた。


ANCHORSの応援



魂の一球を投じる!



観衆の声援に応える松木さん


■投球を終えた松木さんとの一問一答
始球式を終えた松木さんにインタビューできたので紹介しよう。

――素晴らしい投球でした

松木さん:生まれて初めてですね。小学校の頃は長嶋さんに憧れて野球を小学校の低学年でやっていましたが、それ以来です。私としては絶好調のいいボールが投げられたと思っています。

――雰囲気はどうでしたか

松木さん:いいですねやっぱり! サッカーの会場とは違いますが、温かいファンの方がいて、投げる前に「頑張ってー」と声をかけていただいたりして、それが力になるなと言うのが、どの競技も一緒だと思いました。

――投球練習はしたんでしょうか

松木さん:ここに着いてからジャイアンツの方と何球か、10分くらいですかね。硬球を握ることはないですからね。高級な硬球は……。手はでかい方なので握りやすいなという感じでした。今度はフォークボールを投げてみたいですね。

――投球のポイントを教えてもらえましたか

松木さん:とにかく大きく振れという。サッカーも同じですけどフォロースルーという。体全体でバランスを取りながら蹴る。しかし、マウンドって結構距離ありますね。ちょっと前気味に出てしまいましたが。自分を褒めてやりたいと。点数だと51点くらいですかね。あの場で51点が取れたのは自分的には最高かと思います。点数ではなく、職場の雰囲気が大事だと。

――団長としてひと言お願いします

松木さん:働く社長、その会社で働く人たちが素晴らしい仕事ができるように、働き方改革で新たな気持ちで職にスタートしてほしいと思います。



「働き方改革」の実現に向けて(厚生労働省)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
千円からできる九州の豪雨被害支援!さとふるの「令和元年九州北部大雨災害緊急支援募金サイト」に佐賀県江北町を追加し寄付受け付けを開始
『ポケモン GO』“#好きなようにGOしよう”キャンペーンで9月1日より渋谷ストリートジャックを展開!
ナショジオより、どうしてこうなった?町まるごと廃墟の101か所を撮影した書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』
熊本城と松本城の急激な追い上げを制して姫路城の連覇なるか?「トリップアドバイザーの口コミで人気!日本の城ランキング 2019」を発表
楽天ブックスが9月1日防災の日に向けて「防災関連本ランキング」を発表

頑張るあなたを全力でサポート!足立梨花さん「サポステ」の応援キャラクターに就任!

TOP

厚生労働省は、若年無業者等の支援を行っている地域若者サポートステーション(通称:サポステ)の広報活動の一環としてサポステ応援キャラクターを設定、今回、タレントとしてドラマや映画、バラエティ番組、CMなど多方面で活躍する足立梨花さんがその応援キャラに就任した。

■地域若者サポートステーション「サポステ」とは?
サポステとは、働くことに踏み出したい若者たちとじっくりと向き合い、本人やその家族たちだけでは解決が難しい「働き出す力」を引き出し「職場に定着するまで」を全面的にバックアップする厚生労働省の支援機関。

サポステでは、これまで延べ約400万⼈以上の相談を受け、昨年度の総利用件数は50万件を超えている。また、昨年サポステに登録し、支援を受けた人のうちおよそ1万4千人が就職し、社会に飛び出している。

サポステの対象となる人は、働くことに悩みを抱えている15歳から39歳までの若者たち。彼らに対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っている。

サポステは、同省が委託した若者支援の実績やノウハウがあるNPO法⼈、株式会社などが実施し、全国に173か所設置されている。

■足立さんから働くことに不安や悩みを抱えた人への応援メッセージ
このように、働くことに不安や悩みを抱えた⼈にとって頼りになる相談機関として全国173か所に設置された「サポステ」。このサポステをより身近に感じてもらい、積極的に利用してもらえるための応援キャラクターとして足立梨花さんに就任してもらったわけだ。

足立さん自身の「働くことに不安や悩み」としては、女優になりたいという目標に対し、配役のオーディションを受けても受けても受からないという辛い時期があったそうで、その時期に自分一人だけで悩みを抱え込まないで友⼈や周囲の人に相談することで、くじけずに女優になる挑戦をし続けることができたという経験があるそうだ。

足立さん同様、働くことに不安や悩みを抱えた人たちへ足立さんよりメッセージをいただいた。

「今の状況を変えたいなら、怖くても⼀歩踏み出すことが大事。不安も希望も声に出すことできっと道が開ける」。

character

■プロフィール
足立梨花(アダチリカ)
1992年長崎県生まれ。「第32回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞し、15歳で芸能界デビュー。女優、タレントとしてドラマや映画、バラエティ番組、CMなど多方面で活躍中。趣味はアニメ鑑賞。


■サポステネットではスタッフや先輩の声を公開中!
足立さんが登場するポスターなどの掲出をはじめ、2017年11月1日(水)よりインターネット上でのサポステのバナー広告等がスタート。また、サポステスタッフや卒業生からのメッセージ、サポート結果が分かるサポステのこれまでの実績を閲覧できるサポステネットもリニューアルしている。

卒業生からのメッセージ


「働きに出たい」という思いはあるが、なかなか一歩を踏み出せない。仕事を探しているのだけど、自分に合った仕事が見つけられない。コミュニケーション能力に不安がある。といった悩みを抱えている人は、サポステを利用してみるといいだろう。

サポステネット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
クリスマスツリーが輝く中山競馬場で、ステキなUMAJOクリスマスを。フォトジェニックなクリスマス“馬スイーツ”が登場
東京湾アクアライン開通20周年で各種イベントを開催
アドアーズ、VRエンターテインメント施設「VR PARK TOKYO」池袋店を12月にオープン
目からウロコの集中力アップ法とは? 受験生やその親御さんは必見!「シーブリーズ受験応援サイト」
鳥PS4×スマートフォン・タブレットでプレイする新感覚ゲーム「Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―」








ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ