ITライフハック

古いPC

USB3.0対応で最大5Gbps 簡単にHDDやSSDを外付けできるオールコネクトアダプター



使わなくなったHDDや、トラブル対応で友人のPCから取り外してきたHDD、随分昔に取り外したHDDが出てきて中身が何なのか調べてみたいといったことが、たまにあったりする。ただし、ここ10年ほどでHDDや光学ドライブ向けのインターフェイスは大きく様変わりした。パラレルATAからシリアルATAへと変更されており、それに伴いHDD上のインターフェイスもパラレルATA(IDE)からSATAへと変化し、ごく最近のHDDだとSATAということがほとんどだ。

いずれにせよデスクトップPCでこうしたHDDのチェックをしたいとなると、わざわざPCのカバーを外してSATAコネクターに接続してみたり、マザーボード上のIDEコネクターに接続して認識させるといった手間がかかった。

続きを読む

いらないPC無料で回収! 不要パソコン、全国どこからでも無料回収サービス



PC購入時にPCリサイクルのマークが貼ってあるのであれば購入したお店に持っていくことで無償で回収してもらえるが、それに気が付かないでシールをはがしてしまった人、元々中古でPCを購入したため、こういったパソコンリサイクル対象から外れてしまっているようなケース、さらに押し入れや物置にしまったままで何年も経ってしまったようなPCなどもあるだろう。PCリサイクルによる無償回収の対象ではない機器の処分には、3~4,000円程度のけっこうなお金がかかってしまう。個人なら1台くらいだろうが、企業で複数台あるとなると、3,000円だったとしても20台あれば60,000円だ。結構以上な金額になってしまう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ