ITライフハック

合格祈願

おすすめはどこ? 神社?お寺?合格祈願はどっちに行く? 受験シーズン到来で受験情報サイト「インターエデュ」が調査!

b3120cca56303fb774967000068d6b3d_s

受験情報サイト「インターエデュ・ドットコム」は、インターネット上で20代~50代 男女 300名 に対して合格祈願に行ったスポット(神社、お寺など)についてアンケートを実施した。

■合格祈願へ行く人は約半数!多い?少ない?
まず合格祈願に行った人、行かなかった人の割合を見てみると、ほぼ半分の人が行かなかったという回答だった。

e0e8ff043f


合格祈願に行った神社やお寺等については、あらかじめ合格祈願で有名とされる12社をリストアップ。行ったところに複数回答で投票してもらった。さらに12社以外の神社やお寺に行った場合はその名称を回答してもらった。

■合格祈願に行った神社はやはり、湯島天神が1位、自由解答では亀戸天神
全国を対象にしたことで、さまざまな地域の寺社に投票があったが、中でも12社の中で一番多かったのが湯島天神、続いて太宰府天満宮だった。また近所の神社と回答した人も意外と多く12%いた。

また、自由解答で一番多かったのは亀戸天神。そのほか寄せられた回答でも菅原道真を祀った天満宮・天神社が多く、やはり「学問の神様」の力にあやかろうという人が多いことがうかがえた。

参拝した理由としては、「合格祈願で有名なところだから」が38%と一番多く、ついで「ご利益がありそうだから」18%、「親や友人などにすすめられて」が14%だった。また、参拝した際の行動については「合格祈願のお守りを購入した」という回答がもっとも多い結果となった。

a336b1d869


■おすすめの合格祈願は志望校に何度も行くこと!?
最後に神社やお寺以外に、おすすめの合格祈願スポットがあるか聞いたところ、さまざまなスポットの投稿があった。

志望校へ何度も行く、上野公園のパンダを見る、海を見に行く、合格祈願の吊り革のある電車に乗る、かつやに行く、などリラックスやゲン担ぎなど様々な回答が寄せられた。

受験への不安な気持ちを鎮める、参拝したことで気持ちを新たにする、などさまざまな思いから合格祈願を行う人も多いことだろう。とことん勉強して受験に向かう。精一杯力を尽くしたら、あとは神様も味方につけて、合格を勝ち取ってほしい。

■アンケート概要
調査方法:インターネット調査
対象者:20代~50代 男女 300名
調査エリア:全国
調査時期:2019年11月14日

■質問項目
Q1.合格祈願はどこに行きましたか。
Q2.参拝した理由を教えてください。
Q3.合格祈願のお参りをした際にどんなことをしましたか。
Q4.神社や寺以外におすすめの合格祈願スポットがあれば教えてください。


結果公開ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook
カルチャーに関連した記事を読む
令和元年のネットでどんな単語が一番流行した?ニコニコ大百科・ピクシブ百科事典の共同企画『ネット流行語100』で2019年にネットで流行った100単語を公開
山手線でアプリを使ってトレーニング!マッキャンヘルスとJR東日本が電車専用トレーニングアプリ「‘TRAIN’ing」を開発
広島の海の幸を味わい尽くす!三原・竹原・廿日市・尾道を訪ねてきた(後編)
中国で正式に認められた抗がん剤「フアイア(顆粒)」の国内承認を目指す「フアイア」記者会見&セミナーレポート発売
自分の殻に閉じこもりたい人必須!ベッドの上にプライベート空間を作り上げるおひとり様用折りたたみ式テント「ベッドdeテント」


太宰府参宮 鉛筆
博多桃太郎




目からウロコの集中力アップ法とは? 受験生やその親御さんは必見!「シーブリーズ受験応援サイト」

image001


間もなく12月、早いもので2017年も残すところあとわずか。年が明ければ、センター試験や高校入試が待っているという学生さんたちにとっては、踏ん張りどころが来たと言える。この時期に必死で追い上げて志望校に合格したという経験を持つ人は多い。

筆者の個人的な経験(大学入試)で言えば、高3の夏休みくらいまでは、入学試験なんてまだ先のことだと思って気楽に構えていた。予備校の夏期講習も物見遊山気分で、帰りにゲーセンにたち寄ったり、ファーストフード店で友達と長時間しゃべったりして、およそ受験生らしくなく気楽に過ごしていた。ところが、気が付いたら12月に入っていて、指折り数えてみたらセンター試験まであっという間であることに愕然としたことをはっきり覚えている。

慌てて12月から、過去問題を必死で解いたり、苦手な数学の補講に通ったり、とようやくエンジンがかかったのがちょうど、今くらいの時期であった。今からでも頑張れば、なんとかなるもの。そうかといって、入試モードに入れない。いまいち試験勉強に身が入らないという人におススメのサイトがオープンした。

それが「シーブリーズ受験応援サイト」だ。「シーブリーズ」とは株式会社エフティ資生堂のボディケアブランド。今回、受験シーズン到来に先駆け、広瀬すずさん、中川大志さんが受験生らを応援する特別動画やシーブリーズを使った集中力アップの方法などを紹介している。

■サイトは二種類! 受験生だけでなく受験生を抱える親御さん向けサイトも!
同サイトのすごいところは、受験生向けのコンテンツだけでなく、受験生を抱えている保護者の方向けのサイトも用意されているところ。

受験生を応援するのはもちろんだが、それを支える保護者に視点を当て、そうした人たちにも役に立つコンテンツを用意している点は、なかなかナイスな試みだと言える。

受験勉強に夢中で周囲が見えなくなっている受験生もいるだろう。そうした受験生対して保護者の方々は、体調管理をしてあげること、そして心配してあげるくらいしかできることは少ない。

保護者向けページでは「シーブリーズ」の清涼感と集中力の関係についての実験結果など、受験生の保護者必見の情報が満載なので、まずは保護者の方がチェックして、お子さんたちに紹介してあげるというのもアリだろう。

たとえば集中力アップのライフハックテクニックを保護者が伝授するというのはどうだろう?

■集中力アップのライフハックテクニックとは?
「いまいち勉強に集中できない」「あとちょっとなのにやる気より眠気が絶好調」など、受験生あるあるは数多い。そんなときにシーズリーズを使って気分をリフレッシュさせるライフハックテクニックを同サイトで紹介している。その名も「集中V塗り」というものだ。この方法をマスターし、受験生に伝授するのである。その方法は以下の4ステップ。

1)よく振ったシーブリーズデオ&ウォーターを適量手に取り
2)両方の手のひらにまんべんなく広げて
3)両手でVの字を作って「集中V塗り!」と唱えたら
4)首元をたたくように前から後ろへなじませる

同サイトではさらに「集中V塗り」をパワーアップさせた「爽快!集中ステップ」という新メソッドも合わせて提案している。「本当? そんなんで集中力上がるの?」と疑う人もいるかもしれない。

そこで、この方法、どの程度効果があるかのか集中力を計測できる「JINS MEME」を使用し、中学生の集中継続時間を比較した実験結果を公開している。

「爽快!集中ステップ」を行った時と行わなかった時の集中継続時間を比較した実験では、「爽快!集中ステップ」を行った方が、行ってない場合に比べて集中力が126%上がったという結果が得られたという。締め切りや納品に追われる社会人でも有効なテクニックと言えるだろう。

また、同サイト内では、特別動画が公開されており、その動画内では広瀬さん、中川さんが都内文京区にある櫻木神社にて実際に特製の“受験生応援おまもり”へ合格祈祷をしていている様子が収められている。

櫻木神社は学問の神様である菅原道真公を祀った神社。「サクラサク」で知られる東京大学の合格電報のように見事に合格という桜を咲かせるために祈願に訪れる受験生も多い。ちなみに筆者は、大学の入試前に都内の神社を数十社って合格のお守りを買い漁ったことがある。どのお守りが当たったのかわからないが、なんとか志望校に滑り込めた。

祈祷中の広瀬すずさんと中川大志さん


その“受験生応援おまもり”が付いた「シーブリーズ」が、2017年11月上旬より順次数量限定発売されているという。見付けたら必ずゲットしておきたい。

お二人の合格祈願が込められたおまもり


おまもりは全部で4種類


このおまもりが付いた「シーブリーズ」が11月上旬より順次数量限定で発売中


受験を控えている受験生だけでなく、それを見守る保護者の方々も、同サイトを訪れ「爽快!集中ステップ」をマスターして万全の態勢で受験を迎えることができるよう準備することをおススメしたい。

<PR企画>

シーブリーズ受験応援サイト~保護者向け~
シーブリーズ受験応援サイト~受験生向け~

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
鳥PS4×スマートフォン・タブレットでプレイする新感覚ゲーム「Hidden Agenda ―死刑執行まで48時間―」
バーチャルロボット「Gatebox」、11月28日から追加販売を開始。特別仕様の「初音ミク」も初公開
NVIDIA、「PUBG」から近日登場予定の「砂漠マップ」の未公開スクリーンショットを公開
映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」×「駅メモ!」タイアップキャンペーンを実施
「LINE レンジャー」でコラボ中の「ロックマン」の限定LINEスタンプをプレゼント










ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ