ITライフハック

名古屋鉄道

ユニークな受験生応援企画、名鉄電車の音には集中力アップなどの効果があるって!?電車音で作られた受験生応援ミュージック「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」公開

8ac8accdf35494a141cc9eefde31b381_m

名古屋鉄道(以下、名鉄)では、今年度「RELAX」をテーマに、「名鉄グループ受験生応援企画『MEITETSU SAKURA PROJECT.』」を、2019年11月28日(木)から2020年3月31日(火)まで実施している。この企画において、名鉄電車の音で制作したリラックスミュージック「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」を、「MEITETSU SAKURA PROJECT.」特設WEBサイトにて公開した。

本曲の制作にあたり、音響の研究を専門としている名城大学の西野隆典教授協力のもと、名鉄電車の音とリラックス効果に関する調査を実施した。そこでは、名鉄電車の音には集中力アップやリラックスできる効果があるとして注目を集める「1/f ゆらぎ」があることが判明した。

「Rail Yell/Relaxing Rhythm for Study」は、電車の走行音や車内のアナウンス音、踏切の音など名古屋鉄道が奏でる様々な音をサンプリングして心地よい音楽に仕上げたリラックスミュージック。Rail(=鉄道)からの、 Yell(=応援歌)という意味を込めて制作された本曲は、音楽家として活躍するhenlywork氏が手掛け、受験勉強の息抜きや、リラックスして勉強にのぞみたいときにぴったりの楽曲となっている。公開期間は2020年1月9日(木)~2020年3月31日(火)まで。

■監修 西野隆典教授 コメント
音が感情に与える影響は個人個人によって違いますが、音と感情とは互いに関係があると考えられてきました。もともと鉄道の音や人の声、歩く音に「1/fゆらぎ」が含まれていることは想像できましたが、そこからできた楽曲にも、「1/fゆらぎ」があるという分析結果が出たことは驚きでした。

これまで勉強してきたこと、体験してきたこと、それらを十分にアピールするには、緊張とリラックスがほどよい状態である必要があります。

ともすれば緊張に傾いてしまう時期に、リラックスを考えるのはとても良いアイデアであると思います。

様々な世代の受験生の皆様のご成功をお祈りいたします。

<西野隆典氏プロフィール>
名城大学助手、名古屋大学助手・助教、三重大学准教授を経て、 2017年より名城大学都市情報学部教授。博士(工学)。立体音響をはじめとした音のデジタル信号処理や、人と機械をつなぐインタフェースに関する研究に従事。




「MEITETSU SAKURA PROJECT.」特設WEBサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
『銀河英雄伝説 Die Neue These 』 待望のセカンドシーズンとなる「星乱」をファミリー劇場で初放送開始
石原さとみさん出演の東京メトロ「Find my Tokyo.」新CM第4弾は「錦糸町 世界とニッポンが、もっとつながって見える街」篇を先行公開!
観なければよかった・・・胸が切なくなる映画「尾崎豊を探して」公開記念!auスマートパスプレミアム会員であれば映画の劇中歌が聴ける「尾崎豊プレイリスト」を配信
aiboを使ってアートを創作!ソニースクエア渋谷プロジェクトで「aibo x graphic artコンペティション」を開催

アウトドアに加え災害時にも大活躍!2万円台で買え6口の同時充電、PD急速充電にも対応で容量60,900mAhのコンパクトな「ZEEPIN ポータブル電源」






廃線の旅、愛知県豊田市の廃駅「枝下駅」から「三河広瀬駅」の区間をドローンで空撮

0e34045c65

八進が運営する「空撮サービス」は2017年10月11日(木)、名古屋鉄道が平成16年3月まで運営し、現在は廃駅となっている「枝下駅(しだれえき)」から「三河広瀬駅」までの区間をドローンを用いて空撮を行った動画を、YouTube上で配信する。

枝下駅は昭和2年に開通し、愛知県豊田市内を運航していた名古屋鉄道三河線の駅。平成16年に「猿投駅」から「三河御船駅」「枝下駅」「三河広瀬駅」「西中金駅」の区間が廃線となり、それに伴って廃駅となった。

開通当初の昭和初期には枝下駅付近で採取される粘土の需要が高まり、折り返し物資輸送などで貨車が入り組んでいたが、輸送が車となってからは利用が減少し、廃駅となった。廃駅後の平成19年には整備事業が行われ、現在は線路や駅舎が残された広場として観光スポットとなっている。

また、「枝下駅」と「三河広瀬駅」の間では川を挟んで今も線路が残り、「三河広瀬駅」もホームや駅舎が残った廃駅として観光地となり、駅舎の前は三河線の廃止代替バスのバス停として機能している。枝下駅の整備事業が行われた年には、駅舎とホームが国の登録有形文化財に登録された。

2017年10月、現在は廃線となったその区間を、愛知県を中心に空撮業務を展開している「空撮サービス」がドローンを用いて空撮を行った。撮影に際しては国土交通省から許可・承認を得て目視外飛行を実施し、愛知県の観光促進動画としてyoutube上で公開した。

廃線をドローンと共に巡る、動画の旅。木々が生い茂る中や鉄橋の上など、ドローン独自の視点で現在は廃線となった路線の風景を楽しむことができる。普段は目にすることができない景色を、この機会に是非、YouTubeを通じて確認してみてはいかがだろうか。

■愛知県豊田市 廃線の旅 愛知県豊田市「枝下駅~三河広瀬駅」


空撮サービスチャンネル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」、発売から4日間で36.9万台を販売。ファミ通調べ
PlayStation VRの最新ラインナップ紹介トレーラーを公開「アトリエ20周年フェスティバル」開催。花守ゆみりさん&日岡なつみさんのゲスト出演決定
手塚治虫の名作アニメと、夢のコラボレーションが実現。「LINE POPショコラ」に「鉄腕アトム」登場
週刊モーニングで連載中の「終電ちゃん」と「駅メモ!」がコラボ






名古屋鉄道におけるWiMAX 2+の提供開始およびエリア整備完了について

先日、「京都市営地下鉄におけるWiMAX 2+の提供開始およびエリア拡大について」という記事で現在、UQコミュニケーションズが各鉄道会社と共同で、下り最大110Mbps(春から最大220Mbps)の超高速モバイルインターネットWiMAX 2+サービス対応エリアを拡大していることをお伝えした。今回もWiMAX 2+サービスのエリア整備完了情報をお伝えする。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ