ITライフハック

囲碁電王戦

DeepZenGo最後の雄姿!「囲碁電王戦FINAL」第1局目の結果はミイク廷九段が勝利

IGOFINAL

ドワンゴは、2018年3月24日(土)に、日本発の囲碁AI「DeepZenGo」が過去に敗退した各国トップ棋士達に挑む「囲碁電王戦FINAL」 の第1局目を中国・北京で開催した。その結果、229手までミイク廷九段の黒番中押し勝ちとなった。

なお、4月1日(日)に韓国・ソウルで行われる第2局では、「DeepZenGo」が過去にワールド碁チャンピオンシップで敗れた朴廷桓九段との対局を行う。対局の模様は、「ニコニコ生放送」にて完全生中継でお届けする。 

■第1局 対戦結果
開催日時:2018年3月24日(土) 10:00~15:00(現地時間9時開始)
対局場所:中国・北京
対局結果:【後手】「DeepZenGo」 vs 【先手】ミイク廷九段
⇒229手でミイク廷九段の黒番中押し勝ち
対局ルール:19路盤、互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール、
       持ち時間3時間・5分前から1分の秒読み
       ※休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ
<ニコニコ生放送>http://live.nicovideo.jp/watch/lv311733082

■終局後の両対局者のコメント
<ミイク廷九段>
「『DeepZenGo』と対局ができたことを加藤さんに感謝します。これからも
『DeepZenGo』のような面白い囲碁AIとまた試合をしたいと思います。」

<「DeepZenGo」の開発メンバー加藤英樹氏>
「三番勝負の初戦で負けてしまったことはなんとも残念です。残り2局は絶対に
勝ちに行かなければなりません。チーム一同、全力を挙げて朴廷桓九段との対局を
勝ちに行きます。」

■今後の対局スケジュール
第2局 ●開催日時:4月1日(日)10時対局開始
   ●対局場所:韓国・ソウル
   ●対局者:朴廷桓 九段(韓国)、囲碁ソフト「DeepZenGo」
    [対局実績:第1回ワールド碁チャンピオンシップ]
   ●生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv311733206

第3局 ●開催日時:4月7日(土)10時対局開始
   ●対局場所:日本・東京
   ●対局者:趙治勲名誉名人(日本)、囲碁ソフト「DeepZenGo」
    [対局実績:第2回囲碁電王戦(趙治勲名誉名人の2勝1敗)]
   ●生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv311733230
【ルール】19路盤、互先(黒番6目半コミ出し)日本ルール、持ち時間3時間・5分前から1分の秒読み
   ※休憩時間は設けず終局まで打ち継ぐ
【主 催】株式会社ドワンゴ


囲碁電王戦FINAL特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
和製AI「DeepZenGo」最後の対局!「囲碁電王戦FINAL」niconicoで完全生中継
3月16日をもって約60年の歴史に終止符。JR根室本線・羽帯駅の“最後の1日”を現地よりニコ生で生中継
電撃文庫 × niconicoが贈る完全オリジナルゲーム~「エンゲージプリンセス」今夏配信予定
“競馬予測AI”を活用した新プロジェクト「人工知能募金 -あなたの募金を増やします-」が始動
ニコ生で東日本大震災の特集番組を3月9日より実施。「震災発生当時のniconicoコメント再現放送」など7番組を放送






将棋の次は囲碁だ!でプロ棋士がコンピュータと戦う「第1回囲碁電王戦」開催



株式会社ドワンゴは、公益財団法人日本棋院および国立大学法人電気通信大学の協力のもと、人間と最強コンピュータ囲碁が対局する「囲碁電王戦」を開催することに決定した。第1回は、2014年2月11日(火)と2月16日(日)の2日間にかけ、日本棋院市ヶ谷本院内の「幽玄の間」にて行う。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ