ITライフハック

大乱闘スマッシュブラザーズ

「ファミ通アワード2018」受賞作品発表!最高位のゲーム・オブ・ザ・イヤーは2作品が受賞

01

「ファミ通」は、ゲームファンの投票により2018年のベストゲームを選ぶ「ファミ通アワード2018」を開催し、2019年4月5日に発表・授賞式を行った。

「ファミ通アワード」は、ユーザーから厚く支持され、かつゲーム業界の発展に多大な貢献をしたと認められる優れたゲーム・人物・ゲームメーカー等を、ファミ通グループ各媒体の読者投票によって選ぶ賞で、2006年より毎年開催し、今回で第14回となる。

投票の結果、「ファミ通アワード2018」の“ゲーム・オブ・ザ・イヤー”は、得票数が僅差であり、どちらも2018年を代表する素晴らしい作品であったことから、2タイトルが選出された。

まずは、多彩な作品からおなじみのキャラクターが登場し大乱闘をくり広げる、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(任天堂)。過去のシリーズ作品に登場したキャラクターたちの全員参戦や、やり込み要素の充実など、これまで以上に特別な作品となり、発売から約1か月で1200万本を販売するなど、世界中のゲームファンから熱い支持を受けたことが受賞理由としてあげられた。

もう1タイトルは、今年でシリーズ15周年を迎えたハンティングアクション「モンスターハンター」シリーズの最新作「モンスターハンター:ワールド」(カプコン)だ。ダウンロード版を含め、全世界での出荷1200万本突破という大記録に加え、今秋には、大型拡張ダウンロードコンテンツ「モンスターハンターワールド:アイスボーン」の発売も控えており、世界中からより一層の注目を集めている。

さらに、「ファミ通アワード2018」では、ゲームの世界を盛り上げる名曲や印象的なBGMを使用しているゲームを表彰する“ゲームミュージック”部門を新設した。今回、“最優秀ゲームミュージック賞”には、「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」(スクウェア・エニックス)が選出された。フルオーケストラの華やかな音像や、すぐ口ずさめるような際立ったメロディーが特徴的で、特にボス曲ではイントロからハイテンションの旋律を奏で、プレイヤーの心を奮い立たせた。

■ゲーム・オブ・ザ・イヤー
2018年に日本国内で発売または配信されたゲームと、2018年の時点でサービス中のゲームの中から、もっとも優れていて印象に残った作品に贈られる賞で、“優秀賞”にノミネートされた作品より選出

 「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」/任天堂
 「モンスターハンター:ワールド」/カプコン

■優秀賞
ゲームの世界観や斬新さ、奥深さ、ゲームファンを惹きつける魅力など、総合的に優れた作品に贈られる賞

 「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」/スクウェア・エニックス
 「ゴッド・オブ・ウォー」/ソニー・インタラクティブエンタテインメント
 「JUDGE EYES:死神の遺言」/セガゲームス
 「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」/任天堂
 「Detroit: Become Human」/ソニー・インタラクティブエンタテインメント
 「ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島」/スクウェア・エニックス
 「Fate/Grand Order」/FGO PROJECT
 「フォートナイト」/Epic Games, Inc.
 「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ」/ポケモン
 「Marvel's Spider-Man(スパイダーマン)」/ソニー・インタラクティブエンタテインメント
 「モンスターハンター:ワールド」/カプコン
 「レッド・デッド・リデンプション2」/Rockstar Games, Inc.

■MVP
ゲーム業界においてもっとも活躍し、影響を与え、輝いていた人物に贈られる賞

 桜井 政博氏

■最優秀ゲームメーカー賞
もっとも活躍したゲームメーカーや開発会社に贈られる賞

 カプコン

■最優秀ゲームミュージック賞
ゲームを盛り上げた楽曲やBGMが印象的だったゲームタイトルに対して贈られる賞

 「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」/スクウェア・エニックス

■最優秀キャラクター賞
もっとも印象に残った、お気に入りのゲームキャラクターに贈られる賞

 カービィ(「星のカービィ」シリーズ)

■特別賞
革新的なアプローチでゲーム業界に新たな潮流をもたらした作品、技術、商品に贈られる賞

 「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」/ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■フェイバリットアプリ賞
年間でもっともユーザーに愛されたゲームアプリに贈られる賞

 「LINE:ディズニー ツムツム」/LINE

■ルーキー賞
新規タイトルの中で特に優れた作品に贈られる賞

 「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」/スクウェア・エニックス
 「Detroit: Become Human」/ソニー・インタラクティブエンタテインメント

02

Gzブレイン カスタマーサポート

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ソニー・エクスプローラサイエンスで「第4回 わぉ!な生きものフォトコンテスト」写真展を開催
「ソニースクエア渋谷 プロジェクト×クリエイター対談」を公開
罪を憎んで曲を憎まず!Techno Bar dfloor大阪梅田店で電気グルーヴ爆音上映「目頭が虹む会」を開催
福島県、2021年の全線再開通に向けたJR只見線沿線のプロモーション動画を制作
レジデンストーキョー、サブスクリプション型住宅事業に参入。第1弾を笹塚テラス内にオープン



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-09-18



「RAGE 2018 Summer」にて、Nintendo Switch「大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)」の国内初プレイアブル体験会を開催

sub1

CyberZとエイベックス・エンタテインメントが2018年6月17日(日)幕張メッセにて共催するeスポーツイベント「RAGE 2018 Summer」。この度、 2018年内に任天堂より発売予定のNintendo Switch向けシリーズ最新作「大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)」の国内初となるプレイアブル体験会を、「RAGE 2018 Summer」イベントエリアにて実施することが決定した。

■次世代型eスポーツ大会「RAGE」
「RAGE」とは、CyberZとエイベックス・エンタテインメントが年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める「次世代型eスポーツ大会」。これまで、 Super Evil Megacorpの提供するモバイルゲーム「Vainglory」、カプコンの提供する「ストリートファイターV」、コナミデジタルエンタテインメントの提供するサッカーゲーム「ウイニングイレブン 2017」、Cygamesの提供する「Shadowverse」を競技タイトルとして採用している。決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げる。

■ 「RAGE 2018 Summer 」概要
日時:2018年6月17日(日) 開場9:00 / 開演10:00 / 終演19:30 (予定)
※一部コンテンツは開始時間が早まる可能性がございます。
会場:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
公式サイト: https://rage-esports.jp/2018summer/#sb
入場料:無料


配信URL

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
いくら課金した? 恋活・婚活マッチングアプリ利用の目的は?マクロミルが調査結果を公表
AIによる画像解析技術で食べものの写真をLINEで送ると糖質量・塩分・カロリーを表示する「糖質AIちゃん」
元祖バトルロイヤルゲームのモバイル版「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」がいよいよサービス開始
古都京都で青もみじ&御朱印めぐりをひと足先に体験!JR東海「そうだ 京都、行こう。」初夏ツアー
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」VR映像体験第2弾の予約を開始





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ