ITライフハック

大掃除

大掃除いつする?お掃除グッズの買い物は?掃除に関する意識調査(マクロミル調べ)

52278e0bfd2b84574574b8c64720c485_s

いよいよ今年も終わり、年末の大掃除、そろそろ準備を始めたという人もいるんではないだろうか。年末ということもあり、マクロミルは、大掃除をテーマとした調査結果を発表した。

【1】 ”掃除嫌いな人”の6割、 ”掃除好きの人”でも5割が、「掃除の頻度を減らしたい」
まず、普段の掃除に対する意識を見ていこう。掃除が「好き」な人は43%(大好き4%+好き39%)、「嫌い」な人は57%(大嫌い9%+嫌い48%)で、掃除が嫌だという人のほうが多い結果だった。好き嫌い別に掃除の頻度について確認すると、 “掃除が嫌いな人”の64%、 “掃除が好きな人”でも52%が「掃除の頻度を減らしたい」と回答している。

では、機械やプロに掃除を任せたいと考える人はどの程度いるのだろうか?「機械に任せたい」は“掃除が好きな人”の27%、 “掃除が嫌いな人”の45%だった。ロボット掃除機をはじめ、掃除関連の家電が次々と登場しているが、現状では「機械に任せるよりも人間の手で行ないたい」という意向の人の方が多いようだ。また「プロに任せたい」は“掃除好き”の16%、 “掃除嫌い”27%で、「プロに任せるよりは自分でしたい」という人が大部分を占めた。

sub6

【2】 掃除代行、利用経験率はわずか8%。依頼理由は、「試してみたかった」が最多
掃除代行サービス、家事代行サービス、ハウスクリーニングサービスなどの“掃除のプロ”へ、実際に自宅の掃除を依頼したことがある人の意識を見ていこう。

利用経験率は8%とまだまだ少数で、依頼した理由としては、「試してみたかった」が最多の40%だった。家事代行サービスなどが、近年メディアなどで取り上げられるなど以前に比べて目にする機会が増えたことが背景としてあるのかもしれない。

2位と3位には、「汚れが酷かったから」33%、「仕上がりがとてもきれいだから」25%が挙げられ、プロの技術に任せたいといった心理が垣間見える。 4位と5位は「掃除が面倒だから」19%、「忙しく掃除する時間がないから」15%と、自分の代わりに掃除をしてほしい、という“代行”としての理由が挙げられた。

sub7

また、掃除のプロへ依頼した経験がない人の利用意向率は27%だった。依頼したい理由は、多い順に「掃除の手間が省けるから」52%、「試してみたいから」44%、「仕上がりがとてもきれいだから」42%、「汚い場所の掃除をしなくて済むから」38%、「掃除によるストレスを軽減したいから」37%だった。実際に利用したことがある人の理由との違いを見ると、「ストレスを軽減したい」という回答が上位5位に入っている。

sub5

【3】 2018年大掃除の実施予定率は54%、予算は平均1,845円。買い物は12月16日(土)、実施は12月29日(土)が最多
最後に、今年の年末の大掃除について見ていこう。

2018年の大掃除の実施予定率は54%(※1)で、具体的な実施予定日はグラフの通りとなった。平日よりもやはり土日が高く、年末に近づくに連れて上昇する様子が分かる。最も大掃除を予定している人が多いのは「12月29日(土)」で実施予定率は29%だった。

また、大掃除の合計予算(洗剤、掃除グッズ、掃除家電、掃除代行サービスの利用など、すべて含む)は平均で1,845円だった。 “大掃除用品の購入”に絞って購入予定日を尋ねると、こちらも平日より土日が高く、購入予定者の最多は「12月16日(日)」で18%だ。また掃除用品の購入先は、「ディスカウントストア・ホームセンター」61%、「ドラッグストア・薬局」46%、「スーパー」29%が上位で、近年利用が進む「ネット通販」は11%にとどまった。

sub3

sub4

main


調査の結果、掃除の好き嫌いに関わらず半数以上の人が掃除の頻度を減らしたいと考えている一方で、お掃除ロボット等の機会や掃除のプロへ任せる、と言った行動変容までにはいたっていないようだ。また、今まで掃除のプロへ依頼したことがない人の27%がサービスを利用したいと考えていた。

また、今年の年末大掃除のピークは12月29日(土)。ディスカウントストア・ホームセンターの店舗を中心に、掃除グッズを買い求める生活者が増加しそうだ。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
福山雅治が念願の島々をついに訪問!島旅ドキュメンタリー動画「もっと長崎の島々に、なる!」を公開
「星プロ」シリーズが仮面ライダーと一緒に平成を振り返るWebコンテンツを公開
その数およそ200種類!日本全国の“ワンカップ”を集めた居酒屋「千酉足」(ちどりあし)が新宿に爆誕!
「ときのそら」&「銀河アリス」によるライブ「TUBEOUT!」 LINE LIVEにて生配信が決定
トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ!日帰り温泉&スパランキング 2018」を発表






エアコン内部の掃除が不要な新・白くまくんで年末を楽に乗り切ろう

main

年末、大晦日といえば、付き物なのが大掃除。1年間の汚れをきれいさっぱり落とし、新しい年を迎えようという日本の伝統的な行事と言ってもいいだろう。

最近では、掃除の手間がかからない家電が増えてきており、そうした機器は、掃除が不要になりつつある。中でも大進化を遂げたのがエアコンだ。


例えば日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社が10月末にリリースしたルームエアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」プレミアムXシリーズ全11機種には、熱交換器自動お掃除「凍結洗浄」機能を日本で初搭載しているのだ。

エアコンの面倒な洗浄を自動でしてくれる同機能によって、これまで面倒だったエアコンの大掃除から解放される。これはかなり画期的だと言える。

たとえばこれまでは、専用のエアコン洗浄スプレーを購入してきて、エアコンの真下に新聞紙等を敷き、脚立などに乗って洗浄スプレーを噴射し熱交換器部分をきれいに洗い流す。その後、フィルターを掃除して乾燥させるといった作業をしていた。

この作業を各部屋にあるエアコンごとにするとなると、かなりの重労働となる。特に洗浄スプレーによる清掃作業が厄介だった。

■みんなが不満を持つエアコン内部の汚れ
同社が実施したユーザー調査によると、エアコン内部の汚れに対するユーザーの不満が高いこと、そして最も汚れている部分が手入れしにくい熱交換器であることがわかったという。

またエアコンの熱交換器にニオイの一因となるホコリや油汚れなどが付着し、汚れてしまうと、冷暖房効率が低下し、コンプレッサーへの負担も増加、その結果、電気の無駄使いにつながってしまう。

そうした無駄使いを避けるためにも熱交換器を洗浄し、冷暖房の効率を高める処理が必要になるのだが、専用の洗浄スプレーを使ったエアコン洗浄は、慣れやコツが必要で、誰でも簡単にキレイにできる類のものではない。

中には、洗浄がうまくいかずに洗浄スプレー缶を何本も無駄にしてしまう人も出てくるだろう。そこで新・白くまくんに搭載された自動お掃除機能の登場だ。

この機能によってエアコン自身が熱交換器を自動で洗浄してくれる。人の手を煩わせることなく熱交換器の効率を常に一定の状態に保てるようになる。

そして各部屋のエアコンを新・白くまくんに代えれば、以降はエアコンの掃除が不要になる。これまでエアコン洗浄に使っていた時間を別の作業に振り分けることができるようになるわけだ。

■熱交換器自動お掃除機能「凍結洗浄」とは?
白くまくんに搭載された熱交換器自動お掃除機能は、まずエアコン内部の熱交換器を自動で凍らせたら、一気に溶かし、熱交換器に付着したニオイの一因となるホコリやカビ、油汚れを洗い流すことができる便利機能だ。

これまで夏場のエアコン稼働前、そして冬場の稼働前といったタイミングで行ってきた熱交換器の手動洗浄。自動洗浄機能によって、この面倒な作業を年間通して定期的に自動で行うことが可能となる。これによりエアコン内部をキレイに保つことができ、いつも清潔な風を送り出すことが可能になる。

■しつこい油汚れもきれいに洗浄、AIが予測して自動洗浄
これまで冷房や除湿時に発生する水を利用して汚れを洗い流す従来の熱交換器のコーティングでは流しきれなかった、しつこい油汚れも洗い流すことができる。

また、人や部屋の環境を認識する「くらしカメラAI」機能により、エアコン内部の汚れ具合をAIが予測し、スマートに洗浄頻度をコントロール。洗浄も人がいない時を選んで自動で行うなど、インテリジェントに管理されている。

■除菌効果の高いステンレス受け皿を新採用
除菌効果があるステンレスを採用した日立独自の「ステンレス・クリーン システム」をこれまで同様引き続き採用している。これに加えて「凍結洗浄」で洗い流した汚れた水やドレン水の排水経路に「ステンレス水受け皿」を新たに採用。よりクリーンな空気を室内に送り込めるように進化している

暖房運転では、運転開始時には在室者の足もとを中心にすばやく暖め、部屋が暖まったら6枚のフラップで部屋にいる人を包み込むように暖める、風を感じさせない「包み込み暖房」を採用。冬場の生温い風が吹きつけてくるのを嫌う人でも安心だ。

これまで、年末にエアコンの清掃を行ってきて、いい加減この面倒作業から卒業したいと思っている人は、新・白くまくん導入の検討をおススメしたい。

■型式および発売日
sub1


■問い合わせ先
お客様相談センター
電話0120-3121-11(フリーコール)
携帯電話・PHSから050-3155-1111(有料)
受付時間9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日)

※年末年始を除く

日立ルームエアコンホームページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
12月21日より、Amazonにて「Eufy Genie」を招待制で販売開始
ACアダプタドック不要でNintendo Switchをテレビ出力するNintendo Switch用HDMI変換アダプタ「ACアダプタいら~ず」
サンコー、糖質を33%カットする「糖質カット炊飯器」を1月31日に発売。12月15日より先行予約開始
最大80℃の熱水でイヤなニオイをカット&除菌!全自動小型熱水洗濯機「ニオイウォッシュ」
居眠りやわき見運転をすると音と日本語メッセージで警告する「居眠り&脇見運転警告システムアイキャッチャー」







手が届きにくい窓の外側や隅の方まで簡単お掃除。窓の裏まで楽々お掃除モップ「窓ふき名人」

10_000000002969

サンコーは、窓の裏まで楽々お掃除モップ「窓ふき名人」を2017年12月19日より発売する。価格は3,980円(税込)。

本製品は、手が届きにくい窓の外側や隅の方まで簡単に掃除ができるお掃除モップ。最長約1.4mまで伸びるスティックの先端にスポンジ・クロス・ワイパーなどがセットでき、今まで届かなかった大きな窓の掃除ができる。さらに付属のL字バーをセットすればU字型となり、窓の外側部分の掃除が室内から簡単に行うことが可能だ。

ヘッド部分は90度の角度調整、スティック部は90度ごとに360度向きの変更が可能。使いやすい位置にセットができる。スポンジ、クロス2種類、ワイパーが付属。スポンジ部分には新聞紙を挟んで使用することも可能だ。

大きな窓の掃除で、椅子や台に乗って苦労していた。ベランダがない外窓をキレイにしたい人や、普段の窓掃除をもっと楽に行いたい方にオススメだ。

■製品仕様
・サイズ/I字バー:直径30×長さ620~1420(mm)
     L字バー:幅300×高さ400×奥行25(mm)
    スポンジ:直径140×高さ70(mm)
    ワイパー:幅235×高さ110×奥行30(mm)
・重量/ 600g
・付属品/L字バー、I字バー、スポンジ部、ワイパー、クロス2種、防水布、日本語説明書
・素材/ABS、EVA、スポンジ、アルミ
・保証期間/6か月


1_000000002969


窓の裏まで楽々お掃除モップ「窓ふき名人」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Gzブレイン、2018年冬アニメ番組の視聴意向を発表。第1位は「七つの大罪 戒めの復活
DMM.make ROBOTS、ファースト・オーダーの機動歩兵ロボットの取り扱いを開始
「ぷよぷよ」×「駅メモ!」コラボイベント開催決定。ぷよぷよコラボでんこも登場
OPENREC.tv、「ジャンプフェスタ2018」における任天堂ブースのステージイベントを配信
TENGA、女帝杉本彩&川崎貴子が悩める女性の相談に本気アドバイスするイベントを開催




アナタは「ズボラ主婦?」「几帳面主婦?」主婦400人を対象に掃除事情の意識調査結果



今年も12月に入りいよいよ2013年が終わりを迎えようとしている。来る2014年に向け、晴れ晴れと新年を迎えるための行事と言えるのが、日本では恒例となった大掃除だ。掃除道具も進化を続けてきており、頑固な汚れや殺菌効果の高い「お掃除グッズ」が続々と登場してきている。

掃除の環境が大きく変化してきているのに対し、掃除をする人は、相も変わらず主婦と変化していないが、その主婦たちは掃除に対してどういった意識を持っているのか? といったことを調査したデーターが発表された。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ