東日本大震災では、東京電力福島第1原子力発電所が壊滅的な被害を受けた。いまでも危機的状況は続いている。東北電力も同じく太平洋岸、宮城県牡鹿郡女川町に女川原子力発電所がある。
女川原子力発電所では、1号機と3号機が通常運転中、2号機が原子炉起動中のところ、地震発生に伴い、3月11日14時46分に全号機で原子炉が自動停止した。震災時に安全確保のために設計通りに停止したもので、原子炉の温度も100度未満と冷温状態で安定している。
だが、国内観測史上最大規模の地震が女川原子力発電所に襲ってきた状況を東北電力が明らかにした。

続きを読む