ITライフハック

学校

大人顔負けの小学生のプレゼン!第二回「学校・地元・家族自慢プレゼンコンテスト」

「日本の未来を担う小学生たち」にテーマを与え、そのテーマに沿ったプレゼンテーションにチャレンジしてもらい、その能力を競うコンテストがあるのをご存じだろうか。具体的には自分の通う学校や住んでいる地元の良さをテーマに、パワーポイントで作った資料を使いプレゼンテーションを行い、その能力を競うコンテストだ。それが、朝日小学生新聞が主催する「学校・地元・家族自慢 プレゼンコンテスト」である。

「ビジネスに必須のコミュニケーション能力および自己表現力を伸ばしてほしい!」という思いから始まったこのコンテスト、昨年に第1回目を開催。今年は9月1日より全国の小学生を対象とし「第2回学校・地元・家族自慢プレゼンコンテスト」を開催する。

ICT教育の重要性を広めるために加え、プレゼンテーション能力を身に付けるという学習目的を通じ子どもたちが、いまやビジネスツールとして必携といえるプレゼンソフトPowerPoint(パワーポイント)の使い方を学ぶ機会にもなっている。

続きを読む

一番やさしい教材「ロクナナワークショップトレーニングビデオ」を発売



パソコンだけでなく、iPhoneやAndroidの普及によりインターネットユーザーが急増している。それに伴い、今もっとも旬な職種ともいえるのがWebデザイナーだろう。Webデザイナーは、学生だけでなく、20代後半の社会人の転職にも人気が高いそうだ。そんな、Webデザイナーを目指すなら、まず押さえておくべきツールが「Adobe Photoshop」だ。同ソフトを使うと、Webサイトを思うがままにデザインすることができる。

とはいえ、あまりにも多機能なソフトのため、初心者には学習の敷居が高く、取っつきにくいのも事実だ。そんなPhotoshopを学び始める人に向けた教材があるのをご存じだろうか。

一番やさしい教材と言われている「ロクナナワークショップトレーニングビデオ」だ。Photoshopの他にも、Webデザイナーには人気の高いアプリケーション Adobe Flashの教材も発売されていたので、ここで合わせて紹介しよう。

続きを読む

映画はDVDからストリーミングへ!動画投稿サイトの動向を探る【プロに学ぶ67WS通信】

こんにちは。ロクナナワークショップの佐々木です。
みなさんはYouTubeで映画が配信されていることをご存知ですか?しかもそれは最初から最後まで、無料で観ることができるのです!
YouTubeサイト

夜中にふと思い立って映画をレンタルに出かけたりしますが、Webサイトで検索するだけで、見たい映画が無料で見れちゃうなんて素晴らしいですよね。今日は、最近の動画投稿サイトの動向を探ってみました。

続きを読む

知らないと損する?体内時計とモバイルコンテンツの意外な関係【プロに学ぶ67WS通信】

こんにちは。ロクナナワークショップの佐々木です。
皆さんは、自転車でころんだことありますか?私は今でも時々ころびまずが(笑)、その瞬間は周りがスローモーションになるんです。これは実際の時間よりも頭の中の処理速度が上がっているため、相対的に周りが遅く見えているのだそうです。

一つのことに集中して作業していると、ファイル保存などのちょっとした待ち時間が長く感じられます。反対に、なにか他の作業をしながらだと、待ち時間はあまり気になりません。

1度経験したことは、2度目の経験では時間が長く感じられます。新しい刺激が少なくなるため、同じことを繰り返すと先が読める分退屈に感じます。

そう、体感時間は実際の時間の進み方よりも早くなったり、遅くなったりするのです。

続きを読む

出版業界の新しいスキル!電子書籍のつくりかた【プロに学ぶ67WS通信】



こんにちは、ロクナナワークショップの佐々木です。
いよいよ米国では、4月3日よりApple「iPad」の発売が開始されます。日本では、少し遅れて4月後半から販売されるとのこと。
ますます注目の集まる電子書籍は、一般的に普及するのか?今後の展開が楽しみです。

■いつでも、どこでも、手軽に読書
個人的には、iPhoneの無料アプリ 電子書籍リーダー「i文庫」で、何冊か読書してみましたが、かなり好感触。
いつも持ち歩いているiPhoneを使って、移動中の電車の中や、立ち寄ったカフェなどで手軽に読書できるのは、時間の有効活用ですね。
※脱線:お風呂でも読みたいので、iPhoneの防水対応にはかなり期待しています。

今は著作権の切れた書籍が多く配信されていますが、これから出版される書籍は、間違いなく電子書籍に対応されて行くのだろうなと感じます。

■電子書籍の波に乗り遅れるな!出版業界
ロクナナワークショップ(http://67.org/ws/)は、Web制作技術の学校を行っている関係で、最近では「電子書籍のコンテンツ制作トレーニングを実施して欲しい!」と、お問い合わせが入ってきています。
特に、多くの電子書籍端末に採用されている EPUB(いーぱぶ)というファイルフォーマットのお問い合わせが多いですね。
出版業界も「iPad」で更なる盛り上がりが予想される電子書籍業界に、乗り遅れるな!と必死なんだと思います。
逆に、これから出版業界に入りたいクリエイタさんは、電子書籍コンテンツ書き出せます!というと、かなり有利になるかもしれませんね。

■書籍を電子化、いったいどういうこと?
では、書籍を電子化するというのは、いったいどういうことなんでしょう?
いままで紙に印刷していた原稿や写真などの情報を、今度は電子書籍端末でも読めるようにデータ化する必要があります。
また、すでに世の中には様々な電子書籍端末が販売されているので、より多くの端末で読めるコンテンツにすることが、販売の鍵になります。

電子書籍型式のファイルフォーマットには、日本国内だけでも、なんと20種類以上が存在するそうです。
リーター端末や、アプリによっては、採用されているものが異なり、あまりマニアックなフォーマットを使うと、端末によっては見れなくなります。
そんな中、オープン性と単純で扱いやすい電子書籍型式として注目されているのが、EPUBです。
EPUB アイコン

■押さえておきたい、EPUB
EPUBは、電子書籍のファイルフォーマットの1種で、米国の電子書籍標準化団体の1つである「International Digital Publishing Forum」が普及促進している規格です。
今では、ソニー、Googleブックスや、Apple iPadなど、広くで採用されています。
ということは、これから電子書籍コンテンツを作っていくなら、まずはEPUB型式を押さえておくのが良いってことですね。

■EPUB(いーぱぶ)ってなに?
EPUB形式のファイル構造はとっても単純で、普通のWebサイトを作る方法とよく似ています。
書籍コンテンツを、Webサイトを作る際と同じXHTML、CSS、画像などで作成し、メタファイルと一緒にzip圧縮して、拡張子を「.epub」に変更しただけのものです。
なので、逆に「.epub」ファイルを編集するには、拡張子を「.epub」から「.zip」に変更して解凍してあげるだけでOK。
基本的には、Webページを作る知識があれば簡単に作成・編集することができます。
実際にEPUBが書き出せるアプリケーションで「67ws.epub」を作成し、それをまた解凍してみました。
67ws.epubデータと解凍したフォルダー構造

あとは、電子書籍リーダで読むなり、PCやiPhone用に配信されているEPUBリーダで読むなり、読者の自由です。
アドビ システムズ社からは、無償の電子書籍リーダ「Digital Editions」ソフトウェアが配信されています。
ちなみに、私は最近、EPUBリーダとしてPCやiPhone用に無料で配信されているStanzaをダウンロードしてみました。

■ずっとネットに接続してないと読書できないの?
では、Webサイトと同じ型式なら、ずっとネットに接続してないと読書できないの?
EPUBは、通常のXHTML+CSSでできたWebサイトとは違って、ダウンロード配信用にパッケージ化されたデータです。
そのため、インターネットの接続が切断された状態でも読書が楽しめます。

■EPUBコンテンツってどうやって作るの?
紙の書籍校正でも、よく出版社さんで使用されている Adobe InDesignというアプリケーションがあるんですが、実は、Adobe InDesignのCS3から、EPUBデータの書き出し機能が追加されています。
InDesignのファイルメニューの「Digital Editions 用に書き出し・・・」から行えます。
まだまだ機能的に改善も必要なようですが、今までInDesignを使用してきた出版社さんには使いやすいツールになりそうです。
また、過去に出版した書籍も、同じinDesinのデータから書き出しが可能とあって、注目されるのも当然ですね。
Adobe InDesignで、EPUB書き出しに挑戦

ロクナナワークショップの「InDesignトレーニング」でも、最近は必ずEPUB書き出しを盛り込むようにしています。
様々なニュースでは、著作権や課金などの課題も多く取り上げられていますが、コンテンツを産み出す制作者としてはこの技術は押さえておきたいところですね。

■関連リンク
ロクナナワークショップ
アドビ システムズ社 Digital Editions
Stanza
InDesign「Digital Editions 用に書き出し」について

【プロに学ぶ67WS通信】の記事をもっとみる
動くサイトの謎を解く!中学の数学で作れるってホント?
出来る人はオフィス不要!クラウドワークスタイル
iPadで書籍革命!コメント付きデジタル本もあり?
不況を乗り切れ、異業種からWeb業界へ!Web基礎知識入門

ITライフハック
ITライフハック Twitter

動くサイトの謎を解く!中学の数学で作れるってホント? 【プロに学ぶ67WS通信】

こんにちは。ロクナナワークショップの佐々木です。いきなりですが、男子の皆さんは、チョコレートいくつもらいましたか?
先週の日曜日はSt.バレンタインデー。某チョコレートメーカーのWebサイトでは雪が降ったり、ストアサイトでは、世界のチョコレートがぐるぐるローテーション円陣を組んだり、ネットでの盛り上げも相当なものでした。
女子として、私も下調べをしていているうち、面白いアイディアのサイトのしくみに気を取られていました。

なかには、Flashアニメーションで、グラマラスな女性の写真をマウスで引っ張ると「ぶょーん」と延びたり縮んだりする、ちょっと恥ずかしくなるようなサイトもありました(笑)。

■動くサイトの謎を解く!
このような動きのあるサイトは、どれもしくみが難しそうに見えますが、ロクナナワークショップ講師の古堅先生によると、理屈さえわかれば、そう難しくもない表現だとか。

そこで、今日は、「この表現、どんなしくみで動いているの?」といった、素朴な疑問の回答を、ご紹介したいと思います。
質問に答えてくれるのは、ロクナナワークショップで、インタラクティブな動きのデザインの構造・しくみについての講座をご担当いただいている古堅先生です。
3Dに回転するデジタル時計

■「3Dに回転するデジタル時計」
佐々木:オシャレなサイトで見かけそうな時計ですね。実際どんなしくみで動いているのですか?

古堅先生:ここでつかっているのは、サインコサインタンジェントです。「うわっ!数学?!」という人もいるかもしれませんが、確か中学生ぐらいですよね?習うの。
中学生のころは「なんのこっちゃ?」だった人も多いと思いますが、大人になってよくよく式を見たら、びっくりするぐらい簡単なことに気づきます。

このサンプルでは、簡単な式をつかってそれぞれの数字の角度を計算します。それに、サインコサインタンジェントすると、勝手に丸く並びます。

また、この時計は3次元ですよね。これも「えっ?3D?自分で計算するの?!」と思うでしょ。実は、3次元に見せるための式があり、「かけ算」と「割り算」1つずつで表現できるんです。式を見たら簡単すぎてびっくりしますよ。
避ける、、、避けられる、、、

■「避ける、、、避けられる、、、」
佐々木:なんだか気持ち悪いですね。マウスを動かすと、それを避けるように玉がぶよぶよ動きます。いったいどんなしくみで動いているのですか?

古堅先生:これも、一瞬、「複雑だなぁ」と思うかもしれません。が、一個一個を分けて見てください。それぞれは単純にマウスを「避けて」動いてるだけでしょう。
全部の玉が、単純に「避ける」という同じ動きを行い、数が増えることで「複雑」に見えます。ま、トリックです。

この「避ける」動きを表現しているのが「物理法則」なんです。これも、「うわっ、物理!?」と思うかもしれません。だけど、式自体はとても簡単です。

基本的に+ー×÷の四則演算だけだし、普段の皆さんの生活で、早く行きたければ、早く歩きますよね?その考えを式にしたものなので、ちょっと覗いてみるとすぐに理屈がわかります。普段の生活にある理屈を表しただけの、とてもシンプルな式です。

■中学校では大事なこと勉強してたんだ!
佐々木:必要になってはじめて気づくんですが、中学時代の基礎は重要なんですね。基礎を理解して、それをもとにいかにアイデアや発想につなげるかがポイントとなるんでしょう。
まあ、もちろんサイトを作るためには、難しいプログラムを勉強するというハードルもあるんですが。

これから、Webで動きのあるサイトとか、インターラクディブなデザインを作ってみたいクリエイタさんは、中学の教科書を出してくるのもありなのではないでしょうか。

そんな古堅先生の「ActionScript 3.0によるインタラクティブデザイン講座」は、ロクナナワークショップで毎月開講しています。
講座では、古堅先生の書籍「Flash Math & Physics Design:ActionScript 3.0による数学・物理学表現[入門編]」をテキストに使用します。

今回例としてあげたようなサンプルをもとに、ActionScript 3.0と基本的な物理法則や数学的な公式をつかって、どんな表現ができるか実際に実習していきます。詳しくは講座詳細ページを見て下さい。

■関連リンク
ロクナナワークショップ
古堅真彦
古堅真彦のActionScript 3.0によるインタラクティブデザイン講座
Flash Math & Physics Design:ActionScript 3.0による数学・物理学表現[入門編]
FuRuKaTics

【プロに学ぶ67WS通信】の記事をもっとみる
出来る人はオフィス不要!クラウドワークスタイル
iPadで書籍革命!コメント付きデジタル本もあり?
不況を乗り切れ、異業種からWeb業界へ!Web基礎知識入門
知らなきゃ損する!3D映画の上映方法の違い

ITライフハック Twitter

WordPressの開発メンバーが緊急来日!セミナー開催へ

株式会社ロクナナは、東京・新宿の会場で、海外よりオープンソースのブログ/CMSプラットフォームとして有名なWordPressの開発メンバーを招いて、2010年2月28日にセミナーイベントを開催する。

ゲストには、WordPress.comを運営するAutomattic社よりNaoko McCracken(ナオコ・マクラケン)氏、Press This ブックマークレットやP2、Monotone、Duotoneなどのテーマを開発した Noel Jackson(ノエル・ジャクソン)氏、ニューヨークを拠点とした情報システムコンサルティング会社 1080dの最高情報責任者 Ned Watson(ネッド・ワトソン)氏を迎える。

オーガナイザーは、ロクナナワークショップ講師であり、WordPress、Movable Type関連の書籍も多数執筆している高山一登(タカヤマカズト)氏。

■ロクナナワークショップって、なに?
ロクナナワークショップは、アドビ認定トレーニングセンターとして、Web 業界の第一線で活躍中の講師陣による実践的な講座。全ての講座は最大6名・1日6時間で完結する、PCを操作しながらの集中トレーニングとなっている。
講座のラインアップもFlash/ActionScript を中心に、Dreamweaver、Movable Type、Web アクセシビリティ、XHTML/CSS、JavaScript、Gainerなど幅広く用意されている。

■概要
日時:2月28日(日)15:00 - 19:30(開場:14:30)
定員:100名(会場の都合により増減あり)
料金:3,200円(税込み)
   ※学生割引 1,600円(数量限定・税込み)
会場:東京・新宿「 関東ITソフトウェア健保会館」
   〒169-0073 東京都新宿区百人町 2-27-6

「WordPress x ロクナナワークショップ 実験!WordPressラボラトリー」
ロクナナワークショップ

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■インターネット関連の記事をもっとみる
ドキドキのバレンタイン間近!チョコにかける予算は?
ルパン三世プロジェクトに新展開!次の獲物が明らかに
美人すぎる市議も登場!BLOG of the year 2009を発表
お宝は見つけたか?ルパンからの挑戦状「GET GOLD!」

ActionScript 3.0 エラーアーカイブス コンパイルエラー・コンパイラ警告・ランタイムエラーの解法
加茂雄亮(株式会社ロクナナ)
ソシム
売り上げランキング: 147748
おすすめ度の平均: 5.0
5 エラーを漠然と出さない
5 大変良書。ASやるひとなら持ってて損は無いです。
5 ASやるなら持ってて絶対損はない。

出来る人はオフィス不要!クラウドワークスタイル【プロに学ぶ67WS通信】

WordCamp San Franciscoの様子


こんにちは、ロクナナワークショップの佐々木です。最近、Web業界でよく耳にする FLEX-TIME というワークスタイル。自由な時間に出・退社し、所定の時間数を勤務する制度のことですが、更に上を行くワークスタイルを発見しました。
海外のAutomattic Inc.という会社は、なんでも、オフィスがないらしいんです。

■これが新スタイル? オフィスのない会社
2月末にロクナナワークショップ主催で、Automattic Inc.のクリエイタの方々をお招きし「WordPress x ロクナナワークショップ 実験!WordPressラボラトリー」というイベントを開催するのですが、Automattic Inc.のワークスタイルを聞いてびっくりです。

社員が会社のオフィスに出勤して一緒に仕事をするのではなく、自宅のコンピューターからネットを通して打ち合わせをしたり、プロジェクトを進行したりしている完全なバーチャルワーキングの会社なのだそうです。

社員は、カリフォルニア、ニューヨーク、カナダ、アイルランド、イギリス、ブルガリア、オーストラリアなどの世界中に在住し、総勢50人ほど在籍しているそうです。

このバーチャルな会社では、どのような仕事をしているのかというと、ブログとか、CMSサイトを制作するために使われるWordPress(ワードプレス)をもとに、WordPress.com というレンタルブログサービスを運営しています。

■バーチャル? 人が分散するクラウドみたいな会社?
今日は、そんなAutomattic Inc.で働く、マクラケン直子さんに、実際のお仕事環境について聞いてみました。

佐々木:Automattic Inc.ってどんな会社ですか?
マクラケンさん:Automattic Inc.は、オープンソース WordPressプロジェクトの創始者が、2005年に設立した会社です。
バーチャルというと、架空の会社みたいなので「分散型」と呼ぶようにしていますが、固定のオフィスはありません。

世界中に社員がいて、ネットを通じて仕事をしています。サンフランシスコには、ミーティングができる“lounge(ラウンジ)"があり、いつでも利用することができます。

みんな時差があり、自由なスケジュールで働いているので、コミュニケーションの多くはプライベート Twitter のような、「P2 テーマ」のブログで行っています。

■ブログ、スカイプを駆使で、メール利用は少ない
佐々木:ブログでプロジェクト管理をしてるのですか?
マクラケンさん:WordPress.comで気軽に新しいブログを作れるのと、内部ブログのみを検索できるシステムがあるため、プロジェクトやトピックごとにブログが作られています。

ちょっとした質問や雑談はプライベート IRC(ネットワークリアルタイム会議システム)やSkypeで行い、社員同士のメールは一般的な会社よりかなり少ないと思います。
Automattic Inc.ケベック合宿の集合写真

■リアルミーティングは年に2回
佐々木:実際に社員の人たちは顔をあわせないのですか?
マクラケンさん:全員でリアルに集まるのは年に2回です。そのうち1回は、1週間ほどの合宿です。去年はカナダのケベックに行きました。
もう1回は、社員全員がサンフランシスコに招かれて、年に1度のWordPressカンファレンス WordCampを開催します。

それ以外にも、各地で開催されるWordCampで、社員同士が集まったり、ミニ合宿をおこない新しいプロジェクトを完成させたりします。

■社員を雇うときに重視する5か条!
佐々木:社員の採用は、どのようにして決めているのですか?
マクラケンさん:社員を採用する際の5ヶ条というのがあります。

1.パーソナリティ(会社のカルチャーにフィットするかどうか)
2.新しいことを学ぶ能力(向上心)
3.テイスト(考え方のセンスが合うこと)
4.自由への欲求(自分の正しいと思ったことを制限なく実現できる環境を求めること)
5.技術に精通していること(ただし、1~4の方を重視)

雇われたあとは、やはり自律的・能動的な取り組み方が求められます。わからないことがあれば、いつでも誰にでも聞けますが、行動を起こさず待っているだけで、気づいてもらえるということはありません。

毎日のように、いろんな分野でアイディアを出し合って、必要ならすぐに変更にとりかかるスピード感も、大事な要素の一つだと思います。

佐々木:ちなみに、会社的な売り上げ、利益は出ているんですか?
マクラケンさん:もちろんです。WordPress.com の有料アップグレード、VIP サポート・ホスティングサービス、Akismet プロアカウントなど、こちらも分散した収入源がいろいろとあります。

毎月、CEO が自らまとめた売上げやトラフィックの統計、今後の展望などの情報を、すべてオープンに共有しているので、開発者にとっては新しい機能やサービスを作る励みにもなっているようです。

会社の合宿はもちろん、働く環境を整えたり、知識を向上させるために必要なサポートはしっかり提供してくれます。

■自己管理のご褒美は自由なワークスタイル
佐々木:まさしく新しいワークスタイルですね。自由な分、個人に求められる自律心や行動力、責任は大きくなりますが、それをクリアして得られる自由な環境なんですね。

そんな、Automattic Inc.の運営する「WordPress」にスポットをあてたイベント「WordPress x ロクナナワークショップ 実験!WordPressラボラトリー」は、2月28日の開催です。

Automattic Inc.からは、マクラケン直子さんとNoel Jackson(ノエル・ジャクソン)さん、また、ニューヨークを拠点とした情報システムコンサルティング会社 1080d の Ned Watson(ネッド・ワトソン)さんに出演していただきます。

ロクナナワークショップからは、WordPress講座の講師 高山一登先生がオーガナイザーを務めます。詳しくは、こちらのイベントサイトをご覧ください。

■関連リンク
ロクナナワークショップ
WordPress x ロクナナワークショップ 実験!WordPressラボラトリー
P2 テーマ
Automattic Inc.
WordPress

【プロに学ぶ67WS通信】の記事をもっとみる
iPadで書籍革命!コメント付きデジタル本もあり?
不況を乗り切れ、異業種からWeb業界へ!Web基礎知識入門
知らなきゃ損する!3D映画の上映方法の違い
2010年はフィジカルコンピューティングの世界へ

ITライフハック Twitter

iPadで書籍革命!コメント付きデジタル本もあり?【プロに学ぶ67WS通信】



こんにちは。ロクナナワークショップの佐々木です。新端末のiPad! Appleにじらされながらも、やっと発表となりました!
新コンテンツ配信システム「iBooks」も発表され、書籍のデジタル化はますます加速しそうですね。

AmazonやGoogle、そしてAppleなど、出版物の電子書籍が急速に進んでますが、「やっぱ書籍は紙でないとダメだよね!」という意見も、私の周りでは多く聞きます。

■書き込みをしたい! デジタルでもできたら?
物理的にマーカーやコメント、補足情報を追加したいという人も多いみたいなんです。
でも電子書籍に、コメントなどを追記できる機能(一部の端末ではすでに実装されているようです)がついたらどうなんでしょう?

これまで書籍に追加されたコメントは、ラクガキとして本の価値を落としていましたが、デジタルでコメントをつけられると、コメント自体にさらなる商品価値が生まれたりしそうです。

電子媒体になれば、もとの書籍原稿とコメントは独立するので、二次創作物としての「コメント付き本」なんていう新しい価値の本が誕生するかもしれませんね!

■コメント付き本は、本の革命?
たとえば、フロイトの本にフロイト研究の識者が、現代にマッチした解釈コメントを付加して販売するとか。
はたまた、英語のActionScriptの書籍に、日本のActionScript界では、超有名なロクナナワークショップ講師 野中文雄先生のコメントと解説を付加して販売するとか。

そうなれば、ネットの電子書籍ストアで、「ロクナナワークショップ講師 コメント付き」などとして販売されたりして...いいすぎ?
もとの書籍の版権は守られつつ、「コメント付き」という新しい商品が生まれたりするかも。

これが実現したら、出版界で初の快挙ですね!!
オリジナル書籍の著者とコメントの作者、両方にお金が入る 二次著作物フロー が生まれることになり、出版界のパラダイムシフトです。

学生には、電子化された教科書にコメント機能を適応すれば、授業のメモが「優等生のメモ!」として販売されるかも...。
優等生のノートコピーが電子書籍化でもっと大きなビジネスになったりするかもですね。

■技術的には可能ぽい!?
ちなみに技術的には、iPadの電子書籍は、EPUB形式を採用しているようです。仕組としては、ブラウザと同じでXHTML/XML+CSSで、zip圧縮して拡張子を変えただけです。マイクロソフトのSilverlightなんかも同じような配布形式をとっていますね。

ということは、コメントなどをもとの書籍データに関連づけることも簡単なので、二次販売というのも簡単にできそうです。

ロクナナワークショップ講師 コメント付きデジタル本!!今後出てくる可能性、高いかも!?(笑)

■ロクナナワークショップ

ロクナナ
ロクナナワークショップ
野中文雄
野中文雄の数学的思考で取り組むActionScript中級講座

Web制作に特化した実践的なプロ向けワークショップを実施している「Flashの学校 ロクナナワークショップ」。最大6名・1日6時間完結の短期集中特訓講座から、2ヶ月に1度のペースで各方面で活躍中のクリエイタをお迎えし、最新技術やアイデアをご紹介いただくイベントまで幅広く開催しています。

【プロに学ぶ67WS通信】の記事をもっとみる
不況を乗り切れ、異業種からWeb業界へ!Web基礎知識入門
知らなきゃ損する!3D映画の上映方法の違い
2010年はフィジカルコンピューティングの世界へ
進化した「Movable Type」入門講座も最新バージョンへ

ITライフハック Twitter

Webクリエイター必見!ブログ始めましたヨ【プロに学ぶ67WS通信】

ロクナナワークショップ 過去のイベントの様子


今日から始まりました。ロクナナワークショップ通信!!ブログを担当する、ロクナナワークショップ企画部の佐々木です。最近「Xboxのベヨネッタに似ているね?」と言われ、メガネをかえようかと考えているガジェット好き女子です(笑)。「森ガール」「山ガール」と話題のなか、私はあえて「ガジェットガール」です。これからこのブログを通して、Web制作に携わるすべての方にお得な情報をお届けしていければと思います。

■まず、ロクナナワークショップってなに?
Webサイトひとつを見ても、今やいくつもの言語、技術、アプリケーションによって制作され、その作業工程も細分化し、日々進化しつづけています。そんな常に新しい技術を求められるWeb業界で、社会人も通えて、プロから学べる「クリエイタの学校を作ろう!」という思いでロクナナワークショップは誕生しました。今ではWeb制作に特化した講座やイベントを多数開催しています。

このブログでは、そんなロクナナワークショップからクリエイタの皆さんに、講座やイベントのお得なお知らせから、Web制作のトレンドや技術、デザイン、製品情報、こぼれ話や裏話などご紹介していきたいと考えています。また、講師やイベントの出演者の皆さんにもインタビューしつつ、実のあるブログに育てていきたいと思います。

■本邦初公開 Amebaの独自技術を暴露
さて、初回で突然の宣伝になるんですが、2010年1月22日に開催する無料イベント「Ameba x ロクナナワークショップ One Day College」のご案内です。
今回は、ブログや芸能人コンテンツ、アメーバピグといった様々なメディアでも有名なサイバーエージェントさんとロクナナワークショップがコラボして、技術カンファレンスを開催します。

Ameba x ロクナナワークショップ One Day College

「Ameba」の成長戦略やビジネスモデルの話から、話題の「アメーバピグ」の開発技術の裏側や、「Ameba」が抱える大規模なデータベースの構築や運用など、独自の開発技術を暴露していただきます。
全4セッションで、参加費無料です!!実践的な濃い内容になると思うので、興味のある方は是非ご参加ください。

それでは、次回をお楽しみに。空気が乾燥しているので、うがい・手洗いを忘れずに。

ロクナナワークショップ

ロクナナ
ロクナナワークショップ

Web制作に特化した実践的なプロ向けワークショップを実施している「Flashの学校 ロクナナワークショップ」。
最大6名・1日6時間完結の短期集中特訓講座から、2ヶ月に1度のペースで各方面で活躍中のクリエイタをお迎えし,最新技術やアイデアをご紹介いただくイベントまで幅広く開催しています。

関連サイト
株式会社サイバーエージェント
Ameba - 国内最大規模のインターネットメディア
アメーバピグ - アバターチャットサービス

イベント
Ameba x ロクナナワークショップ One Day College

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

【プロに学ぶ67WS通信】の記事をもっとみる
不況を乗り切れ、異業種からWeb業界へ!Web基礎知識入門
知らなきゃ損する!3D映画の上映方法の違い
2010年はフィジカルコンピューティングの世界へ
進化した「Movable Type」入門講座も最新バージョンへ

ActionScript 3.0 エラーアーカイブス コンパイルエラー・コンパイラ警告・ランタイムエラーの解法
加茂雄亮(株式会社ロクナナ)
ソシム
売り上げランキング: 64785
おすすめ度の平均: 5.0
5 大変良書。ASやるひとなら持ってて損は無いです。
5 ASやるなら持ってて絶対損はない。

A.e.SuckのFlashアニメーション講座 絵コンテ編+作画編 [DVD]
株式会社ロクナナ (2006-04-07)
売り上げランキング: 61942
おすすめ度の平均: 4.0
4 役に立ったぜ

A.e.SuckのFlashアニメーション講座 絵コンテ編 [DVD]
株式会社ロクナナ (2006-04-07)
売り上げランキング: 125065

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ