ITライフハック

家族

スカパー!が緊急調査「巣ごもり生活」で家族の団らんが復活した!?「家族と過ごす時間」6割以上の人が増加を実感~スカパー!調査結果~

family_tv2

緊急事態宣言の延長で新型コロナウィルス感染拡大防止のため外出や移動の自粛、テレワークの推奨などが行われ、在宅中心の生活が「巣ごもり生活」と称されてから足かけ1か月、行先はまだまだ不透明だ。そんな中、毎日の生活はどんな変化が起こっているのだろうか。そこでスカパー!は、新型コロナウイルスによる外出自粛に関するアンケート調査を実施した。

■新型コロナウイルス感染不安・外出不安は8割超
新型コロナウイルス感染拡大に対してどれくらい不安かを聞いたところ、「非常に不安」52.9%、「やや不安」まで含めると87.3%の人が不安と回答。

また、外出することに対してどれくらい不安かを聞いたところ、「非常に不安」35.1%、「やや不安」まで含めると82.3%の人が不安と回答しており、ウイルス感染に対する不安は非常に大きいことがわかる。

図1


■今年の4月以降、約8割の人が「家で過ごす」時間増6割以上の人が「家族と過ごす」時間増
今年の4月以降、「家で過ごす時間」は、以前と比べてどう変化したかを聞いたところ、75.4%の人が「増えた」と回答。また、今年の4月以降、「家族と過ごす時間」は、以前と比べてどう変化したかを聞いたところ、63.4%の人が「増えた」と回答しており、ウイルス感染防止のために実施されている外出自粛は、人々にとって不安ではある一方で家族との時間が増える結果をもたらしているようだ。

図2


■家族と何をする?1位は「テレビを見る」家族とテレビを見て「これまで見なかった番組を見るようになった」~テレビは家族の会話の話題や“笑い”も提供~

「家族と過ごす時間が増えたと回答した人に対し、家族と何をする時間が増えたか聞いたところ、最も多かったのは「テレビを見る」で77.8%の人が回答。次いで「会話をする」58.7%となっており、家族と過ごす時間の増加に伴い、コミュニケーションの機会も増加しているようだ。

また、「家族とテレビを見る時間が増えた」と回答した人に対し、それによってどのような変化があったかを聞いたところ、上位は「これまで見なかったような番組もみるようになった」43.2%、「家族との話題が増えた」41.6%でとなっており、家族でテレビを見ることで視聴番組の幅が広がるだけでなく、「家族との会話」に話題を提供したり、家族に「笑い」をもたらしていることがうかがえる。

ちなみに、家族と一緒に見たい番組のジャンルを聞いたところ、最も多かったのは「バラエティ番組・お笑い番組」(16.3%)、次いで「国内ドラマ(連続ドラマ)」(14.9%)、「ニュース・報道番組」(11.2%)となっており、家族を見るなら“みんなで笑って楽しめる”ような番組が好まれる傾向がみられる。

図3


図4


スカパー!「イエナカ応援キャンペーン」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
シャボン玉石けんの調査で判明!正しく手洗いできてると自信のある人はたった12%、約6割が手洗い後の処置が間違っている
志村けんさん追悼企画でCS放送ファミリー劇場が『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』ほか名作コントを5月2日(土)に約8時間一挙放送!
長期化する「コロナ自粛」で温泉気分に浸りたいアナタに! バーチャル温泉動画の日替わり配信はいかが?
マスク転売ヤー撲滅!アイリスオーヤマが政府からの要請に対応して国産マスクの生産能力を1億5千万枚/月に増強
おやつカンパニーが生まれた時の体重と同じ重さのベビースターラーメンが当たる!“ドデカイ”感謝プレゼントキャンペーンを実施


スカパー!TVガイドBS+CS2020年5月号
東京ニュース通信社
2020-04-24




今年も大切な人の節目に幸せな“ハピニング”を届けよう!NISSAYの「MAKE HAPPYNING」キャンペーン再び!

2014年に実施し、多くの反響と感動を呼んだ日本生命保険(以下、NISSAY)の「MAKE HAPPYNING」キャンペーンの第二弾が、2015年5月22日よりスタートした。

続きを読む

大人顔負けの小学生のプレゼン!第二回「学校・地元・家族自慢プレゼンコンテスト」

「日本の未来を担う小学生たち」にテーマを与え、そのテーマに沿ったプレゼンテーションにチャレンジしてもらい、その能力を競うコンテストがあるのをご存じだろうか。具体的には自分の通う学校や住んでいる地元の良さをテーマに、パワーポイントで作った資料を使いプレゼンテーションを行い、その能力を競うコンテストだ。それが、朝日小学生新聞が主催する「学校・地元・家族自慢 プレゼンコンテスト」である。

「ビジネスに必須のコミュニケーション能力および自己表現力を伸ばしてほしい!」という思いから始まったこのコンテスト、昨年に第1回目を開催。今年は9月1日より全国の小学生を対象とし「第2回学校・地元・家族自慢プレゼンコンテスト」を開催する。

ICT教育の重要性を広めるために加え、プレゼンテーション能力を身に付けるという学習目的を通じ子どもたちが、いまやビジネスツールとして必携といえるプレゼンソフトPowerPoint(パワーポイント)の使い方を学ぶ機会にもなっている。

続きを読む

家族や友人の安否を調べるツール!「YouTube 消息情報チャンネル」を開設



東北地方太平洋沖地震により、家族がバラバラになった人々にとって、家族の安否はもっとも気になるところだ。そうした人々に向けてGoogleは、動画共有サイト「YouTube」を使った新たな展開を開始した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ