ITライフハック

家電

Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場

sub2_サイズ変更

インテリア家電やスマートデバイスを開発・販売するSonosは、新たにパワフルかつ多用途に使えるホームオーディオハブ「Sonos Amp」を発表した。

■既存の有線オーディオシステムからストリーミングまであらゆる音源を一体化できる
Sonos Ampは、従来の有線スピーカーからあらゆる音源のサウンドを再生し、Sonosワイヤレスホームサウンドシステムと一体化させることができる。前モデルより2倍もパワフルになった新しいSonos Ampは、 AppleのAirPlay 2と日本国内において50以上のストリーミングサービスに対応。テレビ用のHDMI ARCポートも備えている。

Sonos Ampは、日本では2019年6月14日よりSonos公式オンラインショップ、二子玉川 蔦屋家電にてプレオーダーを開始する。7月から順次開始予定。

Sonos Ampは、業務用標準規格のAVラックにすっきり納まる設計で、各チャンネル125ワットの出力を備え、最大4台までのスピーカーを接続でき、あらゆるセットアップに対応する。また、HDMIとライン入力ポートを搭載しているため、テレビ、ターンテーブル、CDチェンジャー、その他のオーディオ機器を簡単に接続でき、Sonosシステムとして統合できる。

細部にまでこだわって設計された多用途なこのハードウェアは、 Sonosのソフトウェアプラットフォームを強化するよう開発され、スマート照明や集中管理システムなどのスマートホームシステムに簡単に統合することができる。AirPlay2にも対応し、iOSデバイスからのあらゆる音楽やその他のオーディオをワイヤレスで再生できる。

また、Sonos OneやSonos BeamなどAmazon Alexa搭載の機器にワイヤレス接続すれば、音声コマンドによるコントロールが可能になる。さらに、他のSonos機器と同様、定期的なソフトウェアアップデートにより、新たな機能やサービスを追加できるため、常に最新かつ最大限のシステムを使用することができる。

sub3_サイズ変更


Sonos公式オンラインショップ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中
車内をより快適に!3つのファンで強力吸気、お尻も背中も超快適な車用「トリプルファン爽快シート」
組み合わせ自由自在、1,600万色を自由に選べるIoTインテリアの「Nanoleaf Light Panel」





50代、60代の「目利き世代」へ!パナソニック初のシニア向け家電シリーズを発表

国内の白物家電出荷額は、13年度は消費増税前の駆け込み購入の影響で12年度比9%程度伸びたが、過去10年はおおむね2兆円強で推移している。一方、65歳以上の人口は全体の25%近くになり、60歳以上の消費額は60兆~70兆円に達しているといわれており、縮小する家電市場ではシニア層の取り込みが更に激化している。

そうした状況を踏まえ、パナソニック株式会社は、50代、60代の「目利き世代」へ向けて、これからの日本の暮らしにあった新コンセプト家電 「Jコンセプト」シリーズを10月下旬より順次発売する。

続きを読む

IFA 2013開幕直前 各社より家電の注目新製品が続々発表か【デジ通】



ドイツのベルリンで、家電ショーのIFA 2013が9月6日(現地時間)より開幕される。公式サイトで公開されているが、開幕の2日前の4日から各社がプレスカンファレンスを行うため、ここで新製品など新しい情報が多数発表されるようだ。

例えば、ソニーは8月末からVAIOやXperiaのティザー動画を公開し、パナソニックも4Kテレビなどの展示内容を公開している。新製品がIFAに合わせて発表されるのは確実のようで、2013年年末商戦向けの新製品がこのタイミングでいくつか登場するようだ。

続きを読む

家電もスマートに 節電を!電気を総合的にマネージメントする仕組みがスゴイ【デジ通】

スマート家電のデモ


スマートフォンにスマートTVなど何にでも“スマート”が付く世の中になりつつあるようだが、家電の分野もこれからは“スマート”なスマート家電になっていくようだ。日本では東日本大震災以降、電力が直近の課題となっているが、原子力や火力に変わり太陽光など再生可能エネルギーが増えていくことは確実だ。これらと合わせ、節電などのために各機器の制御や、使用電力の可視化なども課題になっている。

富士通が5月17日から18日まで開催している富士通フォーラム2012では、これらの動きに合わせたスマート家電関連の「スマートシティ」がひとつの目玉になっている。続きを読む

古いWiFi環境に追加するだけ! 最大300Mbps通信を可能にする家電用アクセスポイント



アイ・オー・データ機器が“デジタル家電用”と銘打った無線LANアクセスポイントをリリースした。仕様を見る限り最新のIEEE802.11nに対応した無線LANアクセスポイントなので、おそらくPCやスマホ、iPhone、PS3、Wii、XBOX360といったゲーム専用機に携帯ゲーム機といったWiFiを搭載する機器が接続できるはずだ。そこに、あえて「デジタル家電向け」と言うにはどこか理由がある。

続きを読む

日本のメーカーはどう動く?サムスンの薄型ノートPCが凄い【CES特集】



世界最大規模の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2012」が米国のラスベガスにおいて2012年1月10日(現地時間)より開催された。同イベントでは、家電だけでなく、パソコン関連の新製品も展示されていた。そんなCESの最新情報をお届けしよう。

続きを読む

クチコミや店員のオススメを重視!女性の家電購入の実態

10代女性はmixiよりTwitterをよく利用するなど、SNSの利用では年代によって女性特有の傾向がある。これが家電の購入では、どのような傾向があるのだろうか。

IMJモバイルは「女性の購買行動に関する調査」を実施した。すると家電の購入では、女性はクチコミサイトの情報を重視する傾向があることが分かった。

続きを読む

みんな扇風機が欲しい!2011年夏の節電を乗り切るには

東日本大震災の影響で節電への意識が高かまっている。デジタル家電では薄型テレビが人気だが、それ以外の動向はどうだろう。

ドゥ・ハウスは、この夏に購入を検討している家電について調査を実施した。すると、東日本大震災の影響で、消費マインドの低下、節電意識の高まりから、家電購入への意識が大きく変わっていることが分かった。

続きを読む

計画停電の注意!パソコンはシャットダウンを モーター使用製品はコンセントを抜こう

東京電力と東北電力は、東日本大震災により、電力供給量が落ち込み、計画停電を計画した。春の暖かな日差しのおかげで、エアコンの使用量が減り、計画停電の実施自体は減っている。しかし、夏にかけて、この状況が続くとは思えない。どのくらい供給量が増やせるかにもよるが、計画停電を実施しなければいけないことになりそうだ。

各メーカーから案内されている情報によると、停電時にはコンセントを抜くこととしている。冷蔵庫やエアコンなど、モーターを使った家電製品は起動時の電流が多い。停電から復帰したとき、一斉に家電が運転を始めると、ブレーカーが落ちたり、ヒューズが飛んだりして家電製品への影響が懸念されるからだ。

ということで、家電製品をはじめとした停電時の注意事項を確認していこう。

続きを読む

家電製品の紹介と活用を提案!ブログメディア「家電チャンネル」がオープン



現在の家電製品は、時短やエコロジー対応などの高機能型が登場する一方で、インターネットや家庭内ネットワークと連動した次世代型が相次いで登場している。次世代型の家電製品は、消費者の生活や他の家電製品と密接に関わっているタイプの製品が多く、機能説明だけでは購入メリットをイメージしにくい製品もある。

続きを読む

誰でもバッチリわかる!家電やパソコンを支える最新技術【最新ハイテク講座】

電子レンジから3Dパソコン、プロセッサー(CPU)まで、現代社会はハイテク技術があふれているといっても過言ではないであろう。そんなハイテク技術をわかりやすく解説するのが「最新ハイテク講座」だ。

今日のようなハイテク技術はどのように進化していったのだろうか。

ITライフハックの記事を振り返りながら、その技術をみてみよう。

続きを読む

パナソニック 中島本部長に独占取材!新家電の戦略



パナソニックは2010年7月5日、マンダリンオリエンタルホテル東京 グランドボールルームにおいて、報道関係者向けに「おうちごはん」新製品発表会を開催した。発表会には、EX系で放送中の「2人の食卓」に出ている八嶋智人さんがスペシャルゲストとして登場した。
時短でおうちごはん!パナソニック、新製品発表会を開催

■4割のシェアを目指す - パナソニック 中島本部長
発表会の会場において、パナソニック株式会社 役員 アプライアンス・ウェルネス マーケティング本部 本部長 中島幸男 氏に、新製品への意気込みをうかがうことができた。

続きを読む

【速報】時短でおうちごはん!パナソニック、新製品発表会を開催



安全・安心・経済的な手作り食のニーズが高まる一方、主婦の調理にかける時間は減少しており、時間があるときに作り置きや下ごしらえ、またホームフリージングをするなど、時間を有効に使うことへのニーズが増加している。そうしたニーズに対し、パナソニックが新商品を投入する。

パナソニックは2010年7月5日、マンダリンオリエンタルホテル東京 グランドボールルームにおいて、報道関係者向けに「おうちごはん」新製品発表会を開催した。発表会には、EX系で放送中の「2人の食卓」に出ている八嶋智人さんがスペシャルゲストとして登場した。

続きを読む

家電市場は総じて堅調!エコポイント製品が全体を牽引

ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社は2010年02月15日、2009年の家電およびIT市場の販売動向を発表した。

■全体市場概要
厳しい景況感の中、家電製品の販売は全体的に堅調に推移。家電販売全体の約7割を占める家電量販店チャネルは金額前年比4.1%増となった。

5月に開始されたエコポイント制度により薄型TVは数量前年比34%の大幅増で、LCDTVは初の1,000万台超えとなった。また同制度の効果により冷蔵庫は大容量モデルが市場を牽引し、数量前年比微減ながら金額前年比では9%増と好
調だった。

パソコン、携帯電話、デジタルカメラは、通年で数量前年比マイナス。しかしながら携帯電話、デジカメは下半期にやや回復傾向となり、パソコンはWindows7効果によりリテール市場のデスクトップPCがプラス成長へ転じるなど、明るい兆しも見られた。

洗濯機、シェーバーは数量・金額とも前年比を下回った。洗濯機は高付加価値モデルが好調で平均価格が5%程度上昇した一方、シェーバーは市場の8割を占める男性用シェーバーで低価格モデルの数量構成比が増加した。

■TV:エコポイント成長の後押しを受け、数量前年比34%増と大幅成長
5月に施行されたエコポイント制度の後押しを受け、数量前年比34%増の1,394万台と前年を大幅に上回った。平均価格の下落基調は変わらないものの、数量ベースの市場拡大に伴い金額ベースでも18%増と好調だった。

特にLCDTVは数量前年比39%増、1,270万台と大きく伸長し、LCDTV単独で初めて1,000万台を突破した。PDPも12%増の114万台と二桁成長を遂げた。2010年もエコポイント制度の継続、アナログ放送の完全停波に伴う地上デジタル放送対応TVへの買い替え需要により、引き続き市場拡大が見込まれる。

■DVD:Blu-ray Discレコーダーが数量前年比103%増と躍進
全体市場は数量前年比4%増の761万台と微増ながら、金額ベースでは10%増と二桁成長となった。プレーヤーは数量ベースで前年を大幅に下回ったものの、レコーダーは数量前年比19%増の446万台と好調だった。

レコーダーの市場拡大を牽引したのがBlu-rayDiscレコーダー(BDレコーダー)である。BDレコーダは、DVDレコーダーに比べ4万円ほど高価であるものの、地上デジタル放送対応TVの普及を背景に、地上デジタル放送の画質を落とすことなく録画、保存できることから急速に市場が拡大、2009年は数量前年比103%増、292万台に達した。


■パソコン:Windows 7発売で、デスクトップPCに顕著な新OS発売効果
全体市場は通年で数量前年比2%減の1,373万台となった。リテール市場はノートPCの好調な販売が牽引し、10%増のプラス成長となったが、ディーラー市場は企業の投資抑制の影響を受けて、8%減のマイナス成長となった。金額ベ
ースは、平均価格の下落で、リテール・ディーラー市場ともに数量を下回るマイナス成長となった。

2009年10月22日の新OSのWindows 7発売を契機に、リテール市場ではそれまでマイナス成長が続いていたデスクトップPCが数量、金額ともにプラス成長に転じた。同時期に発売となったAppleの新製品も需要を後押しし、デスクトップPC市場では顕著な新OS発売効果がみられた。2009年12月にはデスクトップPC、ノートPCともにWindows7モデルの構成比は7割を超え、着実に新OSへの移行が進んだ。

■PCディスプレイ:フルHD対応比率が拡大
全体市場は通年で数量前年比7%減の384万台となった。リテール市場は、平均価格の下落により大画面モデルを中心に値頃感が高まったことで販売が伸張、同9%増のプラス成長となった。一方、市場の4割強を占めるディーラー市場は、企業における投資抑制やデスクトップPC市場の縮小などの影響を受け、同14%減のマイナス成長となった。

リテール市場では大画面化が進み、20インチ以上のクラスが数量構成比6割を超えた。特に21.5インチや23.0インチ、23.6インチなどのフルHD対応モデルが急速に広まり、フルHD対応比率は2008年の9%から、2009年は48%に拡大し
た。フルHD対応、HDMI端子の搭載、高コントラスト比など、機能面での優位性と値頃感の高まりが、販売を後押しした。

■デジタルカメラ:市場全体としては前年割れが続くが、ミラーレス一眼など新たな商材が登場
数量前年比は10%減の955万台と2年ぶりに1,000万台を割り込んだものの、下半期は上半期に比べ数量前年比のマイナス幅が縮小し、緩やかながら回復の兆しが見られた。

しかしながら、コンパクトカメラにおいては旧モデルに人気が集まった為、平均価格は昨年から9%減の23,700円に下落。結果、金額前年比は約20%減となった。一眼レフカメラでは、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼モデルの登場により、コンパクトカメラと一眼レフカメラの中間に位置する新しいセグメントが確立されつつある。下半期には一眼レフ市場の15%を占め、一定の需要を獲得している。

■携帯電話:数量前年比は13%減ながら、下期に回復傾向に
数量前年比は13%減の3,420万台と2年連続の二桁減となったが、下半期は8%減にとどまり数量減のトレンドに底打ち感が見られた。厳しい環境の中でiPhoneなどのスマートフォンが躍進し、通年での数量構成比は8%と、昨年の1.2%から急増した。

また引き続きカメラ機能が高画素化しており、1,000万画素以上のカメラ機能があるモデルは、2009年12月時点で11モデル、数量構成比では1%を占めた。今後も高画素カメラ搭載モデルが順次発売される見通しで、2010年は1,000万画素以上が主流になると考えられる。

■冷蔵庫:エコポイント制度が高価格帯への購入を後押し
販売台数は、数量前年比2%減の457万台ながら、金額前年比では9%増と好調だった。巣篭もり消費の影響で内食機会が増加したことが、大容量冷蔵庫に追い風となった。

更にエコポイント制度の効果も高価格帯機種の購入を後押しし、平均価格は2008年から約1万円(約12%)上昇した。また大容量化・省エネとともに、イオンなどによる除菌・鮮度保持機能が新たな訴求として定着し、600L台の大型サイド・バイ・サイド冷蔵庫の発売など、ラインナップの充実が進んだ。

■洗濯機:数量・金額ともに縮小傾向だが、省エネ対策の進んだモデルが増加
数量前年比は6%減の452万台、金額前年比は2%減となった。エコポイント制度の対象カテゴリーではないが、高付加価値モデルが好調なため全体の平均単価は昨年比で約2千円上昇した。

ドラム式・縦型ともに洗濯使用水量の削減が進み、80L未満クラスが2008年の13%から17%に拡大。また、多様化するライフスタイルに応じ、洗濯・乾燥までの時間短縮で「日常少量洗い」や、反対に10kgを「まとめ洗い」できる機種も登場した。冷蔵庫同様、イオンなどによる「除菌コース」が多くの高価格帯モデルで搭載され、消費者の清潔に対するニーズの高さが一層、鮮明となった。

■シェーバー:男性用シェーバーでは低価格帯の比率が高まる
全体市場では数量前年比2.5%減、金額前年比4.3%減となった。数量ベースで市場の約8割を占める男性用シェーバーでは5,000円未満の価格帯の数量構成比が48.9%と昨年から4.4%ポイント拡大、昨年に続き更に低価格帯の構成比が高まった。

低価格モデルであっても、「剃る」という基本機能においは十分な性能を持っており、コストパフォーマンスの高さから選択されたと考えられる。また女性用シェーバーは数量前年比1.2%減に対して、金額前年比は0.8%増となった。夏季ピーク時に高価格帯脱毛器が販売好調だったため平均価格が18%上昇、金額ベースでのプラス成長につながった。

■GfK Japanのデータって、なに?
全国有力家電量販店より、毎日POSデータを収集。モデル別であらゆるカテゴリーの動向を調査している。多くの市場データが出荷時点を捉えているのに対し、販売時点で実需を細かく追っているのが特徴である。

また、同様に総合量販店(GMS)や地域家電店、インターネットチャネルなどからも販売データを収集。家電以外にも、ゴルフ用品やDVDソフトウエアの販売データを構築している。

「2009年 家電およびIT市場総括」(PDF形式)
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
最新デジ一眼の魅力を探る!写真で見るキヤノン「EOS Kiss X4」
誰もが驚愕の映像!3Dテレビ「3D VIERA」が美しい理由
可愛いだけじゃない!テレビも映る8インチ液晶モニタ
こびとは入ってないよ!しゃべるカラー電子辞書が登場

【エコポイント対象商品】 TOSHIBA REGZA 19V型 地上デジタルハイビジョン液晶テレビ 19A8000K ムーンブラック
東芝 (2009-03-18)
売り上げランキング: 681
おすすめ度の平均: 4.0
4 コスト・パホーマンスにすぐれていますね!
4 大満足
3 値段を考えればいい商品かな
4 寝室用に購入しました
5 良かった~

Jバウアー激怒?乗客はTwitterに夢中 パナソニックがアラサー家電の深夜バス

深夜バスの車内に登場した、お笑いタレント「どきどきキャンプ」


パナソニックは2010年2月4日 渋谷の深夜に特別運行の深夜バス「NIGHT COLOR EXPRESS」のイベントを開催した。
このイベントは、アラサー(30歳前後)のシングル世帯をターゲットにした家電「NIGHT COLORシリーズ」のプロモーションの一環だ。

イベントには、シークレットゲストとして、ジャックバウアーの物まねでお馴染みのお笑いタレント「どきどきキャンプ」が登場するといったサプライズも用意された。

■終電後はパナソニックの深夜バスへ
パナソニックは、「夜の家事のパートナー」をコンセプトとしたプロモーション展開を、2010年2月1日より順次実施している。

このプロモーションの一環として2月4日深夜、渋谷の街において終電を逃してしまっても、いち早く家に帰って家事をすることができるようにと、特別運行の深夜バス「NIGHT COLOR EXPRESS」を夜家事する人に向けて提供した。

終電後に渋谷を出発し、近郊の駅へと向かう深夜バス「NIGHT COLOR EXPRESS」の乗客は、パナソニックのWebサイトで募集したツイッターユーザー限定となっており、イベント中も乗客によるつぶやき発信をリアルタイムで行っていくという趣向だ。このバスは通常運行の路線バスとは異なり、イベントとしての特別運行となる。
特別運行の深夜バス「NIGHT COLOR EXPRESS」

バスの運行区間は、下記のとおり。バスの各降車地点からの帰宅や移動は、各自の負担となる。
●バス運行区間
24:30 渋谷駅
24:48 鷺沼駅
24:53 たまプラーザ駅
24:59 江田駅
25:11 市が尾駅
25:19 青葉台駅
深夜バス「NIGHT COLOR EXPRESS」の垂れ幕

●「NIGHT COLORシリーズ」って、なに?
「NIGHT COLORシリーズ」は、30歳前後のアラサー(Around30)世代に向けた生活家電の製品群。夜でも気兼ねなく使える低騒音設計の洗濯機や、手間なくヘルシーな料理ができるスチームオーブンレンジなど、夜の家事をサポートする機能を搭載している。

本体カラーには、高級感のあるブラックと独自の柄による新色「コモンブラック」を採用し、1人暮らしのマンション住まいでも置きやすいコンパクトサイズで、スタイリッシュな空間づくりを実現している。

■バウアーが激怒!乗客はTwitterに夢中だ
「夜家事するぞ!」の掛け声とともに、深夜バスは渋谷駅を出発。突然、ジャック・バウアーの声がすると、サプライズゲストのお笑いタレント「どきどきキャンプ」が登場し、車内は歓喜の渦となった。
ジャック・バウアーの物まねの岸 学さんが登場

ジャック・バウアーの物まねの岸 学さんの相方である佐藤 満春さんは、バス停留所にずっといたそうで、「存在に気づかれなかった」と語ると、車内には自然と笑いが沸いた。
深夜バス内のお笑いタレント「どきどきキャンプ」

車内では、岸さんがバスガイドとなり、夜家事にまつわる話や、朝青龍の話などで、車内の場をなごませようとしいたものの、乗客の大半はTwitterに夢中だ。そこで突如、怒りのジャックバウアーに大変身!乗客を尋問する一幕もあり、車内は大爆笑となった。

深夜ということもあり、プレス関係者と「どきどきキャンプ」は渋谷駅の次の鷺沼駅で降りたが、そのままバスに残った乗客はジャックバウアーのいない静かなひとときを過ごせただろう。
バスを降りた、お笑いタレント「どきどきキャンプ」


「NIGHT COLOR」特設サイト
パナソニック

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
猫の顔認識だにゃん!リコーの小型デジカメ「CX3」
小さいだけじゃない!オリンパスが新世代マイクロ一眼
ズームの頂点へ!光学30倍ズームで世界最小のデジカメ
暮らしが便利に!3社がデジタルライフ推進協会を設立

3D映像技術も展示!最先端IT総合展「CEATEC JAPAN 2009」を開催【CEATEC JAPAN 2009】

2009年10月6日~10日の5日間、千葉の幕張メッセにおいて、アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2009」が開催される。
入場料は一般1000円、学生500円。会期最終日の10日は入場無料。

本年は「デジタルコンバージェンスが明日をつくる、未来へつなぐ。」を開催テーマに、部品・デバイスから完成品まで多岐にわたる最先端技術を駆使した製品の展示と、業界をリードするキーパーソンがビジネスの革新、躍進に役立つ講演やセミナーを開催する。

展示会場は、製品の特性に応じて次の2つの展示カテゴリーに区分されている。

・デジタルネットワークステージ
実用化に向けて進化した3D映像技術をはじめ、超高精細・超解像・高音質を実現したデジタルTV、WEB対応IPTVなど、2011年のデジタル放送完全移行を見据えた製品群が並び、省エネ、CO2排出削減を実現する省エネ家電とともに太陽光発電技術などが紹介される。

また、ARを利用したサービスなど、さまざまな付加価値が付いた携帯電話をはじめ、モバイルネットワークにおける次世代高速移動体通信技術として注目のWiMAXや、第3.9世代携帯電話と呼ばれるLTE、NGN、高速電力線通信PLC、DLNAなど、さまざまなネットワーク規格の最前線を体感することができる。

電子部品・デバイス&装置ステージ
最先端技術を駆使して開発された電子部品・デバイスが一堂に会し、世界に誇る「日本のものづくり」に素早くアクセスできるステージ。

より小型化・薄型化する機器に対応するための極小部品や低背部品、エレクトロニクス技術が他産業分野に広がるのに伴い、自動車向け・住宅設備向けなどにニーズが高まる高耐熱性や高耐久性を有する部品、そしてCO2排出削減を実現するための低消費電力部品などが多数出展されている。

なお、ITライフハックでは、現地から最新の情報を順次お届けする予定。

CEATEC JAPAN 2009

ITライフハックがブログでもオープン

■もっとCEATEC JAPAN 2009の記事をみる
さらば電池切れ!KDDI、燃料電池内蔵ケータイ
手で触れるくらいの迫力!ソニー、迫力の液晶テレビ「3Dブラビア」
ため息が出る美しさ!東芝、次世代テレビ「CELLレグザ」を初披露

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ