ITライフハック

富士フイルム

スクエアフォーマットで新たな展開へ!富士フイルムのインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」発表会レポ

トップ画像

富士フイルム株式会社は2017年4月19日、都内 同社ビルにおいて報道関係者向けにハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」(以下「SQ10」)の発表会を開催した。

■機能的な面で大幅に進化した「SQ10」
発表会は、主催者を代表して、富士フイルム株式会社イメージング事業部長武冨博信氏の挨拶、および新製品紹介から始まった。
これまでの“チェキ”を振り返ると、若年女性向けのinstax「mini 8+」から、20~30代男女向けのinstax「mini70」、男性・カメラ愛好家向けのinstax「mini90」、ファミリー向けのinstax「WIDE 300」、スマートフォンユーザー向けのチェキプリンター「SHARE SP-2」まで、さまざまなユーザーに合わせて、同社はラインナップを拡充してきた。

今回の「SQ10」では、instaxシリーズで初めてデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載し、写真画質の大幅な向上およびプリント出力前の画像編集・加工を実現した。

製品コンセプトは「手軽にクリエイティブに楽しめるインスタントカメラ」だ。感度が高く、表現欲求の高いミレニアル世代を中心とした幅広い層をターゲットとしている。

富士フイルム株式会社イメージング事業部長武冨博信氏(富士フイルムinstax “チェキ”新製品発表会にて撮影)


製品の特長としては、下記の3点が挙げられる。

1.写真画質の大幅な向上
instaxシリーズとしては初めてデジタルイメージセンサーなどを搭載することによって、写真画質の大幅な向上を実現した。自動露出調整、人物検出、オートフォーカスといった新機能を備え、室内などの暗い場所や逆光下、10cmまでの近距離撮影でも簡単にイメージ通りの写真が撮影できる。

2.多彩な編集・加工機能の搭載
簡単操作で、オリジナルな写真表現ができる。10種類のフィルター、画像の周辺部分の光量を19段階に調整できるビネット、そして19段階の明るさ調整という3つの主要機能を、組み合わせることでさまざまな写真表現が可能だ。これらのエフェクトをあらかじめ設定して撮影したり、撮影後に画像を編集・加工したりできる。instaxシリーズとしては初めてLCDモニターを搭載しており、画面で確認しながら撮影やプリントを楽しめる。

3.シンプルで直観的な操作
使いやすさに徹底的にこだわったデザインも大きな魅力だ。編集、加工、プリントの操作ボタン・ダイヤルをカメラ背面の1か所に集約し、操作状況をLCDモニターと連動させることでシンプルで直感的な操作性を実現した。

ハイブリッドインスタントカメラ「instax SQUARE SQ10」(富士フイルムinstax “チェキ”新製品発表会にて撮影)


■なぜ、スクエアフォーマットなのか?
スクエアフォーマットは芸術的な写真表現に効果的なフォーマットとして、約90年前から写真愛好家に指示されてきた。

現在では、スクエアフォーマットはInstagramでも採用されているフォーマットであり、これまでの縦長写真に比べて画像サイズ拡大による被写体の拡がりによって、より多様な被写体・シーンで “チェキ”を楽しめるというのだ。

「スクエアフォーマットは、インスタント写真の新たな価値や魅力を生み出す可能性を秘めている。」と、武冨部長は発表会の中でスクエアフォーマットの優位性を強調した。

「instax SQUARE SQ10」で採用されたスクエアフォーマット(富士フイルムinstax “チェキ”新製品発表会にて撮影)


“チェキ”の愛称で知られる「instax」シリーズは1998年の発売以来、世界中のユーザーに愛用されており、全世界で累計出荷台数は2,500万台以上に達するなど、近年のインスタント写真市場をリードしてきた。新製品「SQ10」の登場は、新たなユーザー層を獲得し、今後も同市場を盛り上げていくだろう。

「instax SQUARE SQ10」製品情報
富士フイルム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ニコニコ最大のライブイベント「ニコニコ超パーティー2017」開催決定
“キレキレダンス”再び!! JAL・岡本さんソロver.“踊ってみた動画”最新作公開
「LINEアカウントメディア プラットフォーム」に読売新聞、ananなど新たに22メディアが参画
ダイエットシーズン到来!2017年ダイエットの実態を大調査(マクロミル調べ)
位置情報ゲーム「ケータイ国盗り合戦」で期間限定スタンプラリー「姫の女子力UP大作戦!」がスタート






富士フイルムがミラーレス新モデル「X-T20デビューキャンペーン」を開始!

img_120229_1

独自の色再現技術で優れた写真画質で多い富士フイルムの「Xシリーズ」だ。同シリーズの最新モデルがミラーレス一眼の「FUJIFILM X-T20」である。

同モデルは高い機動性と優れた操作性を発揮する小型軽量ボディにに最新のイメージセンサー「X-Trans CMOS III」(2430万画素、APS-Cサイズ)と高速画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載。

高度なAFアルゴリズムにより、高速・高精度AFを実現し、素早く動く被写体の決定的瞬間を確実に捉えるkとが可能となった。

さらに、チルト式タッチパネル液晶モニターを搭載。ハイアングルからローアングルまでの幅広い画角を快適に撮影できる。

また、富士フイルムの色再現技術を活かした「フィルムシミュレーション」を使った多彩な4K動画撮影も可能だ。

「X-T20」は、「ダイヤルを操作しファインダーを覗いて撮る」という写真を撮影するという行為の根源的な楽しさと機能美を兼ね備えたミラーレスデジタルカメラを目指した製品とのことだ。

■X-T20発売で記念キャンペーンを実施
今回、同社は本モデルの発売に合わせ「X-T20 デビューキャンペーン」を開催する。キャンペーン対象期間中でのWebのエントリーの同モデル購入者に限り、購入後の応募で先着3,000名に「X-20専用メタルハンドグリップ MHG-XT10」をプレゼントする。詳細はキャンペーンサイトを参照のこと。発売は2月下旬より。

製品情報
キャンペーンの詳細・エントリーページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
無音部分を自動的にデータカット!ライン入力でカセットなどのアナログ音源をMP3に変換できるプレイヤー
サンコー、場所を取らないコンパクト「ミニ洗濯機」を発売
65年型マスタングのインパネとロゴをデザインしたメディアプレイヤー「Mustang LP BK」
新型PS4のカラーバリエーションとして「グレイシャー・ホワイト」が登場
ワコム、Bambooスマートパッドの新製品「Bamboo Folio small」を発売




チェキで撮って、世界にひとつだけの図鑑を完成させよう

富士フイルムイメージングシステムズは、撮ったその場ですぐにカードサイズのプリントが楽しめるインスタントカメラ“チェキ”「instax mini 70」を親子でもっと楽しんでもらうために、チェキで撮って完成させる「写真のない図鑑」とのセットを2016年5月20日(金)より発売する。

この図鑑には、写真が一枚もありません。写真を一枚ずつ撮って完成させていくちょっぴり不思議な「写真のない図鑑」だ。親子で街に出かけて、「instax mini 70」で写真を撮って、世界にひとつだけの図鑑を完成させよう。
s-zukan

各ページに設定されているテーマに沿って、撮影した写真を入れていくことで図鑑が完成。「いぬ」や「くるま」といった街なかで出会うモノから、「かっこいい」や「おいしい」といった感情まで、計16種類のテーマが設けられている。

お子さんが感じること、目の前に広がる世界は、ひとりひとりきっと違うはず。この「写真のない図鑑」が、親子で一緒に街に出掛けるきっかけとなり、親子の絆を深めてみてはいかがだろうか。
s-fuji-6542
s-fuji-1349
キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
バッテリーで75時間稼働するBT対応ポータブルスピーカーION AUDIO「Explorer」
ソニー、自室を音と光の空間に演出できるLED電球スピーカー「LSPX-103E26」を発売
デビュー20周年を記念してハイレゾで体感する「2020 ‐T.M.Revolution ALL TIME BEST‐」を開催
玄人志向、TV録画に最適なHDDとスタンドのセットモデルを発売
災害時に活躍!パナソニックがスマホも充電できる手回し充電ラジオ「RF-TJ20」を発売







ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ