ITライフハック

将棋

神吉宏充七段、桂文枝ら出演「ニコニコ大逆転将棋」、文枝がハンデ戦「おみくじ将棋」で香川女流三段に挑戦

6f2d7468e8b9312f4c7f7acf38e4eee4_l

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」の「ニコニコ生放送」にて、2017年11月18日(土)18時より、将棋番組「ニコニコ大逆転将棋」を生放送する。

「大逆転将棋」は、かつてNHK BS2、BSハイビジョンで放送されていた番組で、ハンデを負ったプロ棋士が将棋通の著名人と対局する将棋バラエティ。2018年1月3日、7年ぶりに「一二三!羽生善治の大逆転将棋」として復活し、NHK BSプレミアムで放送される。

今回、NHK「大逆転将棋」との連動企画として、「ニコニコ大逆転将棋」と題した記念特番をお送りする。番組には、「大逆転将棋」の司会を務めていた神吉宏充七段や、1996年の初回放送で羽生棋聖と対局した落語家・桂文枝が出演。「評価値当てクイズ」「おみくじ将棋」「駒落ちペア将棋」の3つの企画を実施する。

ハンデ戦となる「おみくじ将棋」では、文枝が香川愛生女流三段と対局。文枝が決められた手数ごとにおみくじを引いて、そこに書かれたハンディをもらいながら香川女流三段に挑戦するという企画。文枝は視聴者からのコメントをヒントにすることもできる。

■番組概要
番組タイトル:ニコニコ大逆転将棋
放 送 日 時 :11月18日(土)18:00 ~
出 演 者 :桂文枝、神吉宏充 七段、千田翔太 六段、香川愛生 女流三段、山口絵美菜 女流1級


ニコニコ大逆転将棋

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコニコ最大のライブイベント「ニコニコ超パーティー2017」開催
私立恵比寿中学秋田分校のライブの模様をニコ生で独占生中継
「ニコニコ超パーティー2017」イベントタイムスケジュールを公開
N高等学校、人気ボカロプロデューサー40mP氏から学ぶ「N高 40mP『DTM・ボーカロイド入門』公開授業」を生放送
東京「運慶」展、京都「国宝」展を大解剖!夜の国立博物館よりニコ生で生中継






「叡王戦」がタイトル戦へ昇格。将棋棋戦が8大タイトルに

314770458f17327e2724f90d36ebe849_s

ドワンゴと日本将棋連盟は、両者が主催する「叡王戦」が第3期からタイトル戦へ昇格することを発表した。タイトル戦の発足は1983年度の王座戦(第31期からタイトル戦)以来34年ぶりで、将棋界初の8大タイトルとなる。

第3期叡王戦には、全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得する(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。第2期叡王戦で優勝した佐藤天彦叡王は、シードとして本戦トーナメントから出場する。なお、段位別予選は今年の6月中旬~10月、本戦は11月~12月、決勝七番勝負は
来年3月~5月に開催予定だ。

■新タイトル戦「第3期叡王戦」概要
開催時期: 2017年6月中旬~2018年5月
出場者: 全現役プロ棋士、女流1名(主催者による推薦)、アマチュア1名(主催者による推薦)
対戦形式: 段位別予選と本戦からなるトーナメント戦、本戦決勝は七番勝負

<段位別予選>
開催時期: 6月中旬~10月
出場棋士: 全現役プロ棋士、女流1名、アマチュア1名
ルール : 持ち時間各1時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒
本戦出場枠: 四段1名、五段2名、六段2名、七段2名、八段3名、九段5名の計15名

<本 戦>
開催時期: 2017年11月~2018年1月
出場棋士: 予選を勝ち抜いた15名、佐藤天彦叡王
ルール : 持ち時間各3時間(チェスクロック方式)・秒読み60秒

<決勝七番勝負>
開催時期: 2018年3月~5月
出場棋士: 本戦決勝進出者2名
ルール :
【第1局・第2局】 と 【第3局・第4局】 と 【第5局・第6局】で、それぞれ持ち時間(下記A~C)を変更して対局を行う。ただし【第7局】は持ち時間6時間で実施。どちらかが4勝した時点で対局は終了。振り駒により第1局で先手となった棋士が【第1局・第2局】の持ち時間を決定し、第1局で後手の棋士が【第3局・第4局】の持ち時間を決定する。
※振り駒は、上位者の振り歩先で行い、「歩」が多かった場合は、上位者が第1局・第3局・第5局で先手、「と」が多かった場合は、上位者が第2局・第4局・第6局で先手となる。第7局はあらためて振り駒をする。


第3期叡王戦

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
ニコ生「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」速報発表の模様を全国6都市より生中継
粘菌学者・南方熊楠の生誕150周年記念。粘菌で再現した”人類が全世界へ広がる様子”を48時間生中継
小林幸子、ゴールデンボンバー、高橋洋子、オーイシマサヨシが超音楽祭2017のDAY2に登場
ニコ動で「ミュシャ展」「海北友松展」を同日生中継
niconico公式マストドンインスタンス「friends.nico」iOS版アプリをリリース





「第2期電王戦」二番勝負第1局で「PONANZA」が佐藤天彦叡王に勝利。第2局は姫路城で開催

IMG_7631

ドワンゴおよび日本将棋連盟は、両者が主催する「第2期電王戦」の第1局を、2017年4月1日(土)に日光東照宮(栃木県日光市)で開催。その結果、将棋ソフト「PONANZA(ポナンザ)」が佐藤天彦叡王に71手で先勝した。

最終決戦となる第2局は、5月20日(土)10時より、姫路城(兵庫県姫路市)で開催される。なお、現地対局会場近くの姫路・西はりま地場産業センターおよびニコファーレ(東京・六本木)にて、一般観覧が可能な大盤解説会を開催する。

 現地大盤解説会は来場先着順、ニコファーレは特設サイトからの事前応募が必要(入場無料)。

■第2期電王戦<第1局> 結果
日時: 2017年4月1日(土) 午前10時対局開始
対局場所: 日光東照宮(栃木県日光市山内2301)
対局結果:【後手】佐藤天彦叡王 vs 【先手】PONANZA(開発:山本一成、下山晃)⇒71手でPONANZAの勝ち

■第2期電王戦<第2局> 開催概要
日時: 2017年5月20日(土) 午前10時対局開始
対局場所: 姫路城(兵庫県姫路市本町68)
先手番・後手番:【先手】佐藤天彦叡王 vs 【後手】PONANZA(開発:山本一成、下山晃)
解説・聞き手 :斎藤慎太郎七段、中澤沙耶女流初段、室田伊緒女流二段

■大盤解説会(一般無料観覧
【現地大盤解説会】
  場 所: 姫路・西はりま地場産業センター(兵庫県姫路市南駅前町123番地)にて13時解説開始
  日 時: 2017年5月20日(土)12時30分開場、13時開始(申込み不要、先着順)
  解説・聞き手: 福崎文吾九段、伊藤沙恵女流二段

【ニコファーレ大盤解説会】
  場 所: ニコファーレ(東京都港区六本木7-14-23 地下1F)にて9時30分開演
  日 時: 2017年5月20日(土)9時開場、9時30分開始(事前応募※が必要)
  解説・聞き手: 深浦康市九段、中村太地六段、貞升南女流初段、伊藤明日香女流初段
  ※応募フォーム https://secure.nicovideo.jp/form/entry/denou2017_2


IMG_7681

IMG_8305


第2期電王戦<第1局>
第2期電王戦<第2局> 開催概要
第2期電王戦 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
KEKで建設中の「BelleII測定器」が世界最強加速器とついに合体!ニコ生で8時間独占生中継
ニコニコ超会議2017で銀座線01系車両買付けショー&超貴重な鉄道部品オークションを開催
ニコニコドキュメンタリー「ザ・ライバル」配信開始
「ホッカイドウ競馬」門別競馬場の全レース生中継を「ニコニコ競馬チャンネル」で開始
ニコニコアンケート「月例ネット世論調査」を実施。内閣支持率55.1%で前月比3.0ポイント減

将棋世界 2017年5月号
マイナビ出版
2017-04-03





第2期電王戦の協賛に森永製菓「ラムネ」が参入

ビジュアル

ドワンゴおよび日本将棋連盟は、両社が2017年4月1日(土)および5月20日(土)に開催する「第2期電王戦」において、森永製菓が販売するロングセラーブランド「ラムネ」が協賛することに決定した。

森永製菓「ラムネ」は、青いラムネ瓶をイメージしたパッケージが特徴的な、森永製菓を代表する商品の1つ。1973年に発売されて以来、40年以上にわたって大人から子供までの幅広い世代から親しまれている。

ラムネの全成分の内90%を占めているのは、ブドウ糖。今回、長時間にわたって集中力が求められる「電王戦」において、佐藤天彦叡王がいつでもブドウ糖を摂取できるよう、森永製菓よりサポートアイテムとしてラムネが提供される。また、佐藤叡王と同じく長時間の稼働が予想される出演棋士などの関係者や、対局会場の近辺にて行われる現地大盤解説およびニコファーレで行われる大盤解説の来場者にもラムネが配布される。

■森永製菓「ラムネ」の担当者コメント
効率的にブドウ糖を補給できるラムネは、必ずや棋士佐藤天彦叡王の助けになってくれると信じています。集中を要する対局中はもちろん、休憩時間のリフレッシュしたい時にラムネを食べていただき、PONANZAに勝利できるよう頑張っていただきたいです。勝ち負けも大切ですが、それ以上にベストなパフォーマンスで熱戦が繰り広げられることを期待しています。

第2期電王戦

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
「ストリートファイター」のニコニコチャンネルを開設
ニコ生で「翻刻の基礎」を学べる生放送実施
エヴァの高橋洋子「ニコニコ超会議2017」の「超音楽祭」で新曲初披露
「今月のいきもの」×「けものフレンズ」サーバルキャットを2日連続で計14時間生中継
ニコ生、春分の日の3連休に心温まるアニメ5作品を全話一挙放送






今期最後となる「第2期電王戦」の詳細発表

DSC02819

ドワンゴおよび日本将棋連盟は、2017年2月22日(水)に記者発表会を行い、第2期叡王戦を勝ち抜いた佐藤天彦叡王と第4回電王トーナメントの優勝ソフト「PONANZA(ポナンザ)」による二番勝負「第2期電王戦」の第1局を4月1日(土)に日光東照宮(栃木県日光市)で、第2局を5月20日(土)に姫路城(兵庫県姫路市)で開催することを発表した。あわせて、今期限りで将棋電王戦を終了することも発表された。

同発表会にて、先手番・後手番を決める振り駒の大役を務めたのは、AlphaGo(アルファ碁)との熱戦も記憶に新しい、自身も囲碁AIとの対局経験がある韓国囲碁棋士の李世ドル九段。振り駒の結果、第1局の先手番はPONANZAに決まった(第2局の先手番は佐藤叡王)。

このほか、電王戦を記念したプレ企画として、PONANZAに挑戦できるイベント「電王PONANZAに勝てたら最高賞金300万円!!」の開催や、講談社が発行する「週刊少年マガジン」に電王戦をテーマにした漫画の掲載が決定したことが発表された。

■第2期電王戦 概要
●第1局:△佐藤天彦叡王 vs ▲PONANZA
【開催日時】2017年4月1日(土)10時対局開始
【対局場所】日光東照宮(栃木県日光市山内2301)
【生 放 送】http://live.nicovideo.jp/watch/lv290110101

●第2局:▲佐藤天彦叡王 vs △PONANZA
【開催日時】2017年5月20日(土)10時対局開始
【対局場所】姫路城(兵庫県姫路市本町68)
【生 放 送】http://live.nicovideo.jp/watch/lv290110261


「電王戦」公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」が「クールジャパン・マッチングアワード」でグランプリ受賞
プロ野球OBの古木克明、門倉健、岩崎哲也、原拓也がニコ生に出演して貴重なトークをお届け
ニコ生、聖なるバレンタインデーの夜に魅惑の深海“聖”物の写真を2時間スライドショ
闘会議2017にリアル「ポケストップ」が出現!ピカチュウも登場
本番はこれから! 闘会議2017、2日目間もなく開催


不屈の棋士 (講談社現代新書)
大川 慎太郎
講談社
2016-07-20





ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ