ITライフハック

将棋

第21回富士通杯達人戦 準決勝 羽生善治三冠 vs 加藤一二三九段をニコ生で生中継



株式会社ドワンゴおよび株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」内の「ニコニコ生放送」で今週末の7月21日(日)に行われる「第21回富士通杯達人戦」の準決勝を完全生中継する。富士通杯達人戦は、1993年に創設された将棋界唯一のシニア戦で、現役ベテラン棋士から選抜された6名が一番勝負のトーナメント方式で「達人」を目指して競う。今回の準決勝では、羽生善治三冠と加藤一二三九段が対決。ニコニコ生放送では、大盤解説に高橋道雄九段、聞き手に貞升南女流初段を迎え、熱戦の模様を伝える。


続きを読む

人間 vs コンピューター再び 「第2回将棋電王戦」初の団体戦を開催



先週末の土曜日、株式会社ドワンゴは、公益社団法人日本将棋連盟の協力のもと、将棋のプロ棋士と世界最強コンピューター将棋が対戦する「第2回将棋電王戦」を2013年3月23日(土)から4月20日(土)にかけて、東京・将棋会館(東京都渋谷区)にて開催することを発表した。

続きを読む

その強さは伊達じゃない!五段公認の棋力を持つ「AI将棋」



「将棋」は、子供から大人まで誰でも気軽に楽しめる対戦ゲームだ。その秘密は、棋力に差がある場合に、強い者が駒落ちをしてハンディをつけることで、年齢、経験による棋力差を補って、拮抗した勝負ができるからだ。

ボードゲームのコンピューター化はかなり進んでいるが、「将棋」は相手の取った駒を追加して使えるなど、複雑な多様性から強い将棋ソフトを作るのは難しいとされている。

そうしたコンピューター将棋界で一世を風靡したのが、ここで紹介するイーフロンティアのコンピューター対戦型将棋ソフト「AI将棋」だ。

続きを読む

コンピューターは人間を超えた!将棋プログラム「あから2010」が清水女流王将に勝利



コンピューターは日々進歩しており、一部の思考型ゲームでは、人間を打ち負かすマシンも現れている。数ある思考型ゲームの中でも「将棋」は、自分がとった相手の駒を盤上の好きな場所に打てることから、「人間を負かすコンピューターはまだ現れない」という定説もあったほどだ。そんな定説が覆された。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ