ITライフハック

小型

GARMINのドラレコGDR シリーズから最新モデル「GDR W180」が登場

名称未設定-1

ガーミンジャパンは小型ドライビングレコーダ―GDR(ジーディーアール)シリーズから最新モデル「GDR W180」を2017年10月26日(木)より発売する。価格は3万2,800円(税別)。

シリーズ最新モデル「GDR W180」は前モデル同様、視界を遮る事のないコンパクトサイズを維持、さらに180度の超広角視野を誇り、これまで映すことの出来なかった角度の人物や障害物まで映像に収めることができる。広い視野で撮影することで、事故など路上の様々なリスクをとらえることが可能だ。

また、ボイスコントロールとステアリングリモートコントローラー(付属品)機能の利用で、ハンドルから手を離すなどの操作の煩わしさがなく、運転に集中することができる。

なおGDR全モデルはスピード、位置、日時を記録する高精度GPS、万が一の時に自動的に録画を保存するGセンサーによるショック検知、スマートフォン経由で映像の共有が簡単にできるWi-Fi機能などを搭載。同梱のパーキングモードケーブルを接続することで、エンジンが止まっていても車両の周りの動きを検知し、自動的に録画する。

■製品仕様
本体仕様
・サイズ: 縦 5.6 x 横 4.0 x 幅 2.1 cm(突起部含まず)
・ディスプレイ: 2.0インチ TFT液晶
・液晶ディスプレイ解像度:320 × 240
・重量:60g
・撮影範囲: 対角184度 /水平154度 / 垂直82度
・Gセンサー: ○(3段階)
・GPS:○
・画像補正: WDR
・FCWS(前方衝突警告): ○(3段階)
・LDWS(車線逸脱警告): ○
・発信確認警告: ○
・LED信号機対応: ○
・パーキングモード: ○(付属パーキングモードケーブル12V使用時/※パーキングモードケーブル24Vは別売)
カメラ機能
・総画素数: 210万画素
・録画ファイル形式:MP4、1分単位
・フレームレート: 29fps
・解像度(動画)と記録時間:
・動画: 1080p(1920×1080:29fps):記録時間2.5時間
720p(1280 ×720 :29fps):記録時間約6時間
・静止画:210万画素


名称未設定-2


GDR W180

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
音が聴覚へダイレクトに届いてピュアな音質を楽しめる、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型ヤマハイヤホン
JAPANNEXT、QHD 2,560×1,440ドット 60HzIPS-AHVAパネル 24型液晶ディスプレイ「JN-IPS240QHD」発表
JAPANNEXT、32型WQHD60Hz IPSパネル液晶ディスプレイ「JN-IPS3200WQHD」の特価セールを実施
オーディオデータからピアノ用譜面を自動作成するヤマハクラビノーバ「CSPシリーズ」
サンコー、「食器洗い用セミオート電動ツインヘッドブラシ」を発売






マウスコンピューター、VRにも対応できる高性能グラフィックスを搭載した小型ゲーミングPCを発売

NEXTGEARシリーズ(使用イメージ)

マウスコンピューターは、持ち運びに便利なVR向けグラフィックス搭載の小型ゲーミングパソコン「NEXTGEAR-C」を2017年9月13日(水)よりG-Tuneホームページ、電話通販窓口、マウスコンピューター各ダイレクトショップ、G-Tune:Garage秋葉原店にて発売する。

「NEXTGEAR-C」は、「G-Tune NEXTGEARシリーズ」の新たなセグメントとなる、小型のゲーミングパソコンで、VRにも対応可能なグラフィックス性能を有した、シリーズ内で最もコンパクトな新モデル。

本体重量は、同シリーズ既存のデスクトップパソコン「NEXTGEAR-MICRO im570SA10」の1/6となる約1.6kgで、片手で持てるほど軽量。コンパクトでありながら、ゲーミングパソコンにはかかせないグラフィックス性能も搭載し、2D、3D映像・動画はもちろんVRにも対応可能な仕様となっている。

欧米で盛んに行われているLANパーティーは、ゲーム大国である日本でも浸透しはじめ、ゲーミングパソコンの需要は年々増加傾向にあると同社。しかし、メインの移動手段が自動車である欧米に対し、日本は公共交通機関を利用することが多く、ゲーミングパソコンを家から会場へ持ち運ぶことが物理的に難しい一面もある。

マウスコンピューターはイベントへ機材協力をする中で、会場のユーザ-から「キーボードやマウスは自分のものを使いたい!」「小さくて持ち運びできるものがいい」という声を拾い、現場の声を製品に反映したのが「NEXTGEAR-C」となるとのこと。

LANパーティーはもちろん、旅行先にも手軽に持ち運ぶことが可能な「NEXTGEAR-C」で快適なパソコンライフを楽しんでみてはいかがだろうか。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
DAIV、4K動画の編集時間を短縮する、最新10コア20スレッドCPU搭載クリエイター向け水冷PCを発売
ユニットコム、主要メーカー1,000種以上のノートPCに対応した小型ACアダプターを発売
ロジクール、クリエイティブ&オフィス系ソフトやアプリを操作できるキーボードを発売
AMDのハイパフォーマンスGPUを搭載!アスク、「RADEON RX VEGA 56 8G HBM2」を発表
ワンコインのUSB3.0対応メモリカードリーダー






欲しい時にすぐ氷が作れる 場所を取らない最小クラスの小型高速製氷機

4_000000002889

サンコーは、卓上小型製氷機「IceGolon」を2017年9月4日より発売する。価格は1万9,800円(税込)。

本製品は、欲しい時にすぐ氷が作れる最小クラスの小型高速製氷機。氷が欲しいと思った時にかぎって、氷がない!足らない。でも、今から冷凍庫で氷を一から作ると時間がかかるし、買いにいくのも面倒。そんな時にあってよかったと思えるのが、超小型の高速製氷機だ。

タンクに水を入れボタンを押すだけで、最速6分で7個の氷を生成。1日最大24kgもできるパワフル製氷で、氷の大きさをL,Sから選べる。また、数ある小型の高速製氷機の中でも最小クラスのコンパクトさで、場所を選ばない。

■製品仕様
・サイズ/幅240×奥行き260×高さ290(mm)
・重量/7kg
・冷却方式/R134a冷媒方式
・氷の形状/弾頭型
・氷のサイズ/L:直径27×高さ30(mm) / S:直径25×高さ28(mm)(個体差あり)
・製氷能力
1回で製氷できる個数:7個
1回の製氷時間:最速6分~15分(氷Sサイズ6分Lサイズ8分、環境温度により変動)
1日約24kg製氷(目安)
・氷保管容量(製氷皿)/約315g(氷35個)
・貯水容量/約1.3L
・定格電圧/100V 50/60Hz
・消費電力/120W
・内容品/本体、受け皿、電源コード(約179cm)、日本語取扱い説明書
・保証期間/12か月


15_000000002889

1_000000002889


卓上小型製氷機「IceGolon」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Androidスマホ、Windowsパソコンの両方で使えるカメラ先端径5.5mm径内視鏡
Lightning端子に接続する超小型シェーバー「ポケット髭剃り for iPhone」
全世界2000台限定!リコー、35mmフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1 Limited Silver」発売へ
サンコー、洗えないところを洗える水洗い掃除機「ウォッシャブルクリーナー」を発売
日本エイサー、自宅でシアター気分が味わえる48.5型4Kディスプレイを発売




折り畳むと手のひらサイズな4in1ラチェット式コンパクトドライバーセット

22952_YYGuuUkNbc

上海問屋は、折り畳むと手のひらサイズになるラチェット式コンパクトドライバーセットの販売を開始した。価格は1,299円(税込)。

本製品は、コンパクトに折畳めるラチェット式のドライバーセット。金属ボディが映える、ずっしりした重量感(約125g)に加えて、実用性に優れた商品だ。

柄の部分とドライバーの先端が独立して回転するラチェット式で、多くのネジや長いネジを取り扱う際に楽。また、固いネジはビット収納部分を広げれば、より力を入れて回せる。ビットは本体に4つ(プラス、マイナス各2本)収納。必要なサイズをすぐに取り出せ便利だ。角度は3段階に調節でき、様々な場所に対応できる。

日曜大工などDIYが好きな方から、便利な常備用としてもおすすめだ。

■製品仕様
サイズ・・・・折畳時:長さ75×幅40×厚さ23mm
       使用時:長さ122×幅40×厚さ23mm ※ビット未装着
重量・・・・・約125g
ビット・・・・プラス:PH2、PH3
       マイナス:4、6
材質・・・・・金属 プラスチック
製品保証・・・お買い上げ後 初期不良2週間


22952_sqEyHaxLOv

22952_jAxFxoewEr


DN-914990 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
1本で充電・同期のほかUSB機器の接続も可能なケーブル
どの向きでも接続できるマグネット着脱式充電専用ケーブル
スタイリッシュなデザインの強化ガラス製スタンド
コンマ1秒を競うゲームで威力を発揮する光赤軸搭載 RGBゲーミングキーボード
オリジナルメッセージを表示できる卓上扇風機






携帯用デュアルディスプレイに最適な11.6インチHDMIディスプレイ

22952_bgneGKUUoN

上海問屋は、HDMI入力に対応した11.6インチのフルHD小型ディスプレイの販売を開始した。価格は2万4,999円(税込)。

本製品は、ケースの重さを入れてもわずか889グラム、コンパクトサイズで携帯性に優れた、HDMI入力に対応11.6インチのフルHD小型ディスプレイ。

外出先でのプレゼンや会議で相手に見せる画面として使用する、自宅での2in1タブレット等のデュアルディスプレイとして使用するなど、様々な場面で使える。また、ゲーム用としてもおすすめ。

大きな画面では視点を大きく動かす必要がありますが、本製品はコンパクトなため視界に全体が入る。ほぼ同じ視点でプレイができるので、目の負担が少なくなるだろう。

またメディアプレーヤー機能を搭載。展示会や店舗でUSBメモリ等をつなぎ、動画や画像を流す、屋外での撮影時、動画や画像の確認にも使える。画面は映り込みの少ないアンチグレア(反射防止)仕様。光の差し込む部屋や、屋外での使用にも適している。背面にステレオスピーカーが2基あり、音声出力も可能だ。リモコンのメニューで、LEDバックライトの調整や様々な設定、入力機器の切り替えが行える。

電源はUSB給電で、モバイルバッテリーからの電源供給も可能だ。本体カバーを兼ねた、角度が3段階に調節可能なスタンド式ケースが付属する。

■製品仕様
モニターサイズ・・・・・・11.6インチ
液晶タイプ・・・・・・・・IPS方式 アンチグレア(反射防止)
解像度・・・・・・・・・・1920 x 1080
アスペクト比・・・・・・・16:9
コントラスト比・・・・・・800:1
入力・・・・・・・・・・・映像:HDMI×2
             メディア(画像・動画ファイル):microUSB
オーディオ出力・・・・・・3.5mm ステレオミニ
スピーカー出力・・・・・・最大1.5W×2
対応動画フォーマット・・・MKV、MP4、AVI、MPG
対応動画コーディック・・・H.264
定格電流・・・・・・・・・5V/2A
電源・・・・・・・・・・・USBバスパワー
サイズ・・・・・・・・・・本体のみ:縦177.5×横281×厚さ13mm
             ケース装着:縦182×横283×厚さ20mm
重量・・・・・・・・・・・本体のみ:約586g
             ケース装着:約887g
付属品・・・・・・・・・・USB電源ケーブル×2、HDMIケーブル(約170cm)、
             USB⇒microUSB変換ケーブル、リモコン、英語マニュアル
製品保証・・・・・・・・・購入後 6か月間


22952_XTLSZpdtCt


DN-915070 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
1本で充電・同期のほかUSB機器の接続も可能なケーブル
どの向きでも接続できるマグネット着脱式充電専用ケーブル
スタイリッシュなデザインの強化ガラス製スタンド
コンマ1秒を競うゲームで威力を発揮する光赤軸搭載 RGBゲーミングキーボード
オリジナルメッセージを表示できる卓上扇風機






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ