ITライフハック

岸洋佑

2020年のライブツアーも決定!岸洋佑プレゼンツ「THE ONEMEN’S LIVE TOUR」ファイナルツアー鑑賞レポート

top

シンガーソングライターの岸洋佑さん(以下、敬称略)は東京・日本橋三井ホールで東名阪ツアーのファイナルとなる「THE ONEMEN’S LIVE TOUR」を開催した。『岸洋佑プレゼンツ「THE ONEMEN’S LIVE TOUR」の東京 日本橋三井ホールの追加チケットの販売が決定!!』でもお伝えしたように、同ツアーの見所は岸洋佑自身がツアーの企画や演出をしたことだ。

その結果、すべての公演が即日完売になり、東京公演では追加チケットを販売するほどの人気ぶりだ。ここでは「THE ONEMEN’S LIVE TOUR」当日のレポートとともに、2020年に開催されるツアーの最新情報をお届けしよう。

■岸洋佑が6人の個性豊かなキャラクターを演じる
「THE ONEMEN’S」は、岸洋佑が自ら企画や演出を手掛けた架空のアイドルユニット。6人のアイドルはすべて岸洋佑が一人で演じ、それぞれが個性豊かなキャラクターとして登場する。さらに「THE ONEMEN’S」をプロデュースしたプロデューサー「岸P」も、岸洋佑が演じる。岸洋佑本人を含めれば1人8役となる。

■不屈の闘志を燃やす男「ようすけ(赤)」
トップバッターは、メンバーカラーが赤の「ようすけ」だ。ようすけは元人気バンドのボーカルという設定。上海の暗い路地で雨に打ちひしがれていたところを、「YOU、もう1回やってみない?」と岸Pにスカウトされたという。

ようすけが歌う楽曲「ごめんね」は「モーニング娘。」のプロデューサーとして有名なつんく♂が作詞し、令和版シングルベッドと言われている。ビデオ映像や会場のトークでは、「Unofficial 髭男dism」という音楽グループの話題が飛び出し、来場者に大受けだった。

01
楽曲「ごめんね」を熱唱する「ようすけ(赤)」

■有名牛丼屋の店長経験を持つ「すけさん(オレンジ)」
二番手は、メンバーカラーがオレンジの「すけさん」だ。元某有名牛丼チェーン店の店長を経験者した人物。メンバーの中では唯一、デモCDを岸Pに持って行ったという人物。ただし、あえなく却下。48回目に「THE ONEMEN’S」のメンバー入りを果たしたという、なかなかの強者。「いらっしゃいませ~!」「ありがとうございました~!」という牛丼屋さんにありがちな口調がライブを盛り上げた。

02
「コミックソング「牛丼の歌」で会場を盛り上げる「すけさん(オレンジ)」」

■ストリートライブがきっかけでデビューを果たした「岸くん(緑)」
メンバーカラーが緑の「岸くん」は、引きこもり気味現役大学生。一度だけ挑戦したストリートライブで岸Pに出会い、お岸(ピンク)と共に「THE ONEMEN’S」にスカウトされた。動画映像では、オールバックで写真撮影に臨んでしまったことを後悔していることを明らかにした。

03
岸Pが一番大事にしている楽曲「いついつまでも」を披露する「岸くん(緑)」

■顔が似ていることでスカウトされた「お岸(ピンク)」
「お岸」は元サラリーマンで、メンバーカラーは「ピンク」。たまたま通りかかった道で岸くん(緑)のストリートライブを見ていたとき、顔が似ているということで、岸Pにスカウトされたという。お姉系が入った語り口調にファンからは「可愛い~!」と声援があがった。

04
可愛い系のお岸(ピンク)は楽曲「Door」を熱唱した

■サプライズ演出があった「きっしー(青)」
「きっしー」はメンバーカラー青のパリピ現役大学生。親友と夏のライブに行った際、岸Pにスカウトされたという。「PON」が口癖のきっしーは楽曲「夏のシンパシー」を披露。きっしーの「SAY PON!」の掛け声で、来場者が一致団結して「PON!」と掛け声を返す演出があった。ライブの途中、きっしーのテンションが上がりすぎて、サングラスを会場に投げるというサプライズが起こり、会場は大盛り上がり。

05
サングラスを会場に投げた「きっしー(青)」

■プラカードを使い、会場を盛り上げた「ようくん(紫)」
メンバーカラーが紫の「ようくん」は、自称「おしゃべりクソコンタクト」の陽気なキャラクター(陽キャ)のアニソンヲタだ。とあるアーティストのライブでコール&レスポンスで歌っていたところ、たまたま生放送を見ていた岸Pがスカウトした。ようくんが楽曲の途中でプラカードを上げると、そのプラカードに書いてある言葉を来場者が叫ぶという会場とのやり取りで盛り上がった。

06
陽キャの「ようくん(紫)」は巨大な城に例えた楽曲「Sing'n Step」を熱唱した


THE ONEMEN’Sメンバーの歌がひととおり終わると、プロデューサー岸P姿の岸洋佑が舞台に登場。「会場で販売していた物販が予想以上に売れたため、足りなくなりました」と嬉しい悲鳴を報告。急遽、その場で物販の追加販売が決定した。

「THE ONEMEN’S LIVE TOUR」は歌ありトークあり笑いありで、最初から最後までエンターテイメントとして楽しめる内容だった。来場者が終始笑顔であったことからも、全体を通して満足度が高かったライブであった。

■来年のツアーが決定!日本全国13カ所で開催へ
コンサートの最後には、ファンには嬉しいサプライズプレゼントがあった。岸洋佑はライブハウスツアーを2年ぶりに開催する。ツアー名は「岸洋佑 ライブハウスツアー2020『改めまして、岸洋佑と申します』」。北海道から九州まで日本全国13か所で、生の岸洋佑に会えるぞ。

2020年2月
2月1日(土)福岡 DRUM SON
2月2日(日)鹿児島 SR HALL
2月8日(土)金沢 AZ
2月9日(日)新潟 CLUB RIVERST
2月15日(土)広島 BACK BEAT
2月16日(日)岡山 image
2月22日(土)柏 ThumbUp
2月23日(日)横浜 BAYSIS

2020年3月
3月7日(土)静岡 Sunash
3月8日(日)京都 MUSE
3月14日(土)水戸LIGHT HOUSE
3月15日(日)仙台enn 2nd
3月28日(土)札幌Space Art Studio
(全13箇所)

チケット料金:前売り5,000円、当日5,500円
プレイガイド:ローソンチケットチケット


なお、岸洋佑のファンクラブが11月下旬にリニューアルされることになった。
コンテンツが増えることで、より楽しいファンクラブサイトに進化する予定だ。

岸洋佑公式サイト
岸洋佑ファンクラブサイト
岸洋佑Twitter
岸洋佑STAFF Twitter

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
よりアグレッシブに楽しさ満載!スポーツから音楽番組までスカパー!が変わる「スカパー! メディアラウンドテーブル 2019・秋」開催
全国高等学校eスポーツ連盟、北米教育eスポ―ツ連盟と活動連携に向けて基本合意。教育的視点から、eスポーツを通じた国際交流を推進
パパママ必見!11月11日は「電池の日」!クリスマスシーズン目前!おもちゃの「電池クライシス」に要注意
世界初!家族との生活をリアルに疑似体験できる究極のモデルハウス「モデルファミリー付きモデルハウス」爆誕!
キャッシュレスの浸透により募金の機会が減少!? 店頭募金に代わる“新しい支援方式”への期待が高まる~マクドナルド調べ~

THE ONEMEN'S【初回限定盤】
岸 洋佑
日本コロムビア
2019-09-25




岸洋佑プレゼンツ「THE ONEMEN’S LIVE TOUR」の東京 日本橋三井ホールの追加チケットの販売が決定!!

IMG_4092_サイズ変更

シンガーソングライターの岸洋佑が先月10月25日に名古屋で東名阪ツアー初日を迎えた。同ツアーは、9月25日に発売された岸洋佑2ndミニアルバム「THE ONEMEN’S」に収録されている曲たちが擬人化しアイドルユニット「THE ONEMEN’S」を結成。6人組の架空アイドルユニットのデビューライブという設定が、同ツアーのコンセプトとなっている。

同ツアーの企画・演出は岸洋佑自ら行っている。先日の名古屋公演では、作詞つんく♂・作曲マシコタツロウ、吉沢亮MV出演で話題となった楽曲「ごめんね」から始まり、ミニアルバム収録曲6曲+既存曲6曲、アンコール2曲の計18曲を歌い会場を盛り上げた。

大阪公演ではソールドアウトとなっていた11月10日の東京公演の追加チケット販売の決定が発表された。

■チケット追加販売開始日
11/5(火)18:00~ 先着順
チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/kishiyosuke-t/


■岸洋佑よりコメント
岸洋佑です!
この度、9月25日に発売させていただきましたアルバムを記念しまして、私自身がメンバーでもある架空アイドルグループをプロデュースさせて頂きました。彼らのユニット名は、アルバムタイトルそのままに「THEONEMEN’S」。
東名阪ツアーも名古屋・大阪を終え、なんと即日SOLDOUTしておりました最終公演、日本橋三井ホールのチケットが緊急追加販売決定いたしました。名古屋・大阪と回数を重ねるうちに、これもしたい!あれもしたい!と、裏方の血が騒ぎまくってしまっているので・・・。
東京公演では少しばかり進化した部分をお届けできたらと思っております。もちろん初めて彼らを観る方も、名古屋・大阪に観に来てくださった方も、是非ともご来場頂けたらと思います。
プロデュースって楽しい!演出って楽しい!という初体験もありながら、なによりもライブって楽しい。そんな純粋な気持ちを皆様と共有できたら幸いです。今後とも応援よろしくお願いいたします。

■公演内容
11/10(日)東京 日本橋三井ホール
会場17:00 開演18:00
チケット代5,800円+ドリンク代(別途)
※全席指定席/5歳以下入場不可

YOSUKE KISHI PRESENTS“THE ONEMEN'S”LIVE TOUR
2019年10月25日(金) 名古屋 ReNYlimited
2019年11月01日(金) 大阪 umedaTRAD
2019年11月10日(日) 東京 日本橋三井ホール


IMG_4088_サイズ変更

IMG_4089_サイズ変更

IMG_4090_サイズ変更

IMG_4091_サイズ変更

IMG_4087_サイズ変更


岸洋佑公式サイト
岸洋佑Twitter
岸洋佑STAFF Twitter

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
今回も完売必至? エンスカイから人気の「ドラえもん お正月」シリーズを郵便局のネットショップにて発売
IoTの仕組みからプログラミングまで総合的に学習できる教材「sLab-Car」発売
すこしはマシになったかな? 北海道長万部町の毒舌ゆるキャラ「まんべくん」が、AIに生まれ変わって登場
なんくるないさ~!沖縄県うるま市でニコニコ町会議を開催!大迫力な闘牛大会の生中継を実施!


THE ONEMEN'S【初回限定盤】
岸 洋佑
日本コロムビア
2019-09-25








ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ