ITライフハック

広告

“水で描く新しい広告媒体”が誕生。走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE」

190319_docomo3994_サイズ変更

NTTドコモは、自転車シェアリングサービス「docomo bike share」の理念である「循環型社会の実現」をより多くの人に知ってもらえるよう、走ったタイヤの跡が広告になる「STAMP BIKE」を開発した。

「STAMP BIKE」は、環境負荷の低減を啓発することを目的としている。「STAMP BIKE」から出る水がタイヤを濡らし、タイヤに刻まれた「環境へのやさしさ」を表現した絵と「しぜんをのこそう」というメッセージが、走るたびに道に映し出される。

これは、2019年3月19日(火)の1日限定で渋谷ストリーム 稲荷橋広場(東京都渋谷区渋谷3-21-3)で走り出した。

開発の背景として、NTTドコモは、自転車シェアリングサービス「docomo bike share」を、都市の移動手段としてだけでなく、循環型社会の実現や地球環境保護の観点から着目し、2011年にスタートしている。

2018年度の「docomo bike share」の利用回数は年間800万回となる見込みで、前年比約2倍のペースで成長し続けている。

2018年6月には、政府が環境負荷の低減と健康増進を目的とし、2020年度に向けて「シェアサイクル」用駐輪場を全国1700カ所に倍増させる計画を発表した。そのような流れを受けて、2018年は「シェアサイクル元年」ともいわれている。

IMG_0093_サイズ変更

NTTドコモ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
日本オリジナルテイスト!日本の“コーラ好き”が「うまい!」と唸る味わいを追求した「ペプシ ジャパンコーラ」爆誕
京都・嵐山「法輪寺」でコロナ片手に古都の絶景と最高の音楽を。「CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO」開催
もしあの地震が6時間ずれていたら。自宅から参加できる、「夜の避難訓練」を福島で実施
磯野家の傑作選でございま~す!アニメ「サザエさん」で2005年~2008年放送の登場人物別・傑作選50作を配信
災害発生時に非被災者らがインターネットへ“つながない6時間”が被災者を救う!?「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」






「No.1表示」広告を人々はどう受け止めている? 購入意欲やブランドイメージを調査(マクロミルレポート)

b82022a108ef5d25022444ca02a10cc8_s

広告などの表示物において、自社の商品やサービスが1番であることを強調する表示は公正取引委員会等で“No.1表示”と言われる。このようなNo.1表示は大きな効果が期待できる反面、中には信ぴょう性が疑われるケースもある。そこでマクロミルは、「消費者はNo.1どのように感じているのか」について全国1000名に対して調査を行なった。

【1】 No.1表示、 7割超が「頻繁に見聞きする」
No.1表示は、普段どの程度見聞きされていて、またどのような印象を持たれているのだろうか。

No.1表示を「週に何度も」見聞きしている人は36%、「月に数回」見聞きしている人も36%でした。合計すると72%にのぼり、普段から頻繁に接触している人が多い状況だ。また見聞きした際に、「好感を持つことが多い」17%、「好感を持つこともあれば、不快感を持つこともある」が最多で54%、「不快感を持つことが多い」14%だった。

sub5

sub6

【2】 No.1表示のイメージは?好印象では「人気がある」、悪印象では「信ぴょう性に欠ける」
No.1表示を見聞きした際、その商品やサービス対して具体的にはどのようなイメージを持っているのか、好印象と悪印象に分けて尋ねた結果を見ていこう。

好印象についての上位5つは、「人気がある」、「流行っている」、「期待できそう」、「宣伝が上手い」、「勢いがある」となっており、すべて2割代だった。一方、悪印象については「信ぴょう性に欠ける」、「うさんくさい」、「売り込まれているように感じる」、「押し付けがましい」、「企業の自己満足」の順に並んだ。悪印象の上位2位である「信ぴょう性にかける」「うさんくさい」については4割を超える結果となっている。

sub3

sub4

【3】 購入意欲に「影響する」と感じる人は43%、 20代が高めで過半数の55%
それでは、 No.1表示による購買行動への影響はどの程度あるのだろうか。ここでは、消費者が自覚する購入意欲(商品やサービスを買いたいという気持ち)への影響度合いを確認する。

「影響する(かなり影響する+やや影響する)」は43%、「影響しない(あまり影響しない+まったく影響しない)」は57%で、消費者の自覚する範囲ではNo.1表示が自分の購買行動に影響しないと考える人が過半数を占める結果だった。年代別に比較をしてみると、 20代のみ「影響する」が過半数の55%で、 30~40代は40%前半、 50~60代は30%後半だった。

No.1表示との接触により“無意識”のうちに購入に至るケースも多いと推測される中、一定数は“意識できる”レベルにおいて購入意欲に影響すると感じており、特に20代では過半数がそう感じている状況だ。

main

【4】 景品表示法による規制の認知率は41%。女性は全年代で30%前後と低め
No.1表示は不当表示によって消費者への誤解を与えないように、景品表示法による規制が存在している。それでは、消費者は実際にこの景品表示法による規制について知っているのだろうか。

認知率を見てみると、全体では41%。特徴としては、男性よりも女性の方が低く、全年代において30%前後だった。男性においては比較的上の年代での認知率が高く、 40代と60代では過半数という状況だった。

No.1表示による訴求は、購買意欲を高める点において、消費者の意識レベルでも少なからず影響していることがわかった。しかし、不信感や押し付けがましさなど、ブランドにとってマイナスともなりかねない印象を同時に持たれることもあるようだ。 No.1表示を使用する際はポジ・ネガ両面を意識する必要がありそうだ。

sub7


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
2018年国内家庭用ゲーム市場規模は 4343.0億円。DL版含めた年間ソフト首位は「モンスターハンター:ワールド」
ミキティが登場!トークショーイベント「おサイフにも地球環境にも やさしい省エネ」を札幌で開催
雪玉を使った新しいサバイバルゲーム「雪玉サバゲー」が誕生!
PS Video「シアタールームVR」で「幼女戦記」スペシャル・エフェクトPV無料配信
VRに関する意識調査。VR体験で購入意欲は高まるのか?(マクロミル調べ)






2017年度も石原さとみさんが出演! 東京メトロ「Find my Tokyo.」の新CMを発表

CM素材10

東京メトロは、2017年度もイメージキャラクターに石原さとみさんを起用し、東京の魅力を伝える「Find my Tokyo.」シリーズを展開する。新CMは、2017年3月31日(金)10:00から特設サイトにて、4月1日(土)よりメトロ駅構内・車内ディスプレイおよびTVにて順次公開する。

今回のCMは、東西線に乗って浦安へ。東京のすぐそばで海にまつわるアミューズメントが楽しめる街、浦安で、誰でも入れる魚市場をはじめ、東京湾で船釣りが楽しめる吉野屋や、浦安の名物である貝鮮串焼きを味わいながら、浦安の魅力を体感していく。

また、CMソングは2017年度も小林武史さんがプロデュース。「中島美嘉×Salyu」が「Happy Life」を歌うことが決定。CMに特別出演している中島さんにも注目しよう。

CM素材1

CM素材3

CM素材9


4月~6月は、西船橋、浦安、妙典を紹介する広告を展開予定。CMやポスターの他にも“チャレンジ”をテーマに、各エリアならではのさまざまな“Find体験/カルチャー体験” ( “あなたもチャレンジ!Find my Tokyo. ”)を紹介するす。特設Webサイト/東京メトロ駅構内・車内ディスプレイ限定公開の、石原さんによる“チャレンジ動画”は今回も必見!石原さんの魅力いっぱいの動画を楽しんでほしい。

4月のCMでは「浦安」、ポスターでは「西船橋」をご紹介。浦安といえば、あの有名なテーマパークを思い浮かべる人が多いのではないだろうか? 浦安には他にも、海にまつわるアミューズメントがたくさんある。そんな浦安へのお出かけ相手は安田聖愛さん。誰でも入れる魚市場をはじめ、思いがけず中島美嘉さんに出会った東京湾で船釣りが楽しめる吉野屋や、浦安名物である貝鮮串焼きを味わいながら、浦安の魅力を体感していく。また、海のそばだからなのか、野良猫に出会うこともしばしば。石原さんについて来た猫の声は、実は猫ひろしさんが演じてくれているとのこと。また、西船橋のポスターでは、石原さんのイチゴ狩りの様子をお届けする。6種類のイチゴを次々に食べ比べるというかわいすぎるイチゴ狩りの様子は、特設Webサイトおよびチャレンジ動画を見てほしい。

妙典


■CM概要
名称 : 「浦安_もう1つのテーマパーク」篇(15秒/30秒/60秒)*60秒はWeb限定公開
放送開始日 :2017年3月31日(金) *メトロ駅構内・車内ディスプレイより順次公開、*TVCM放送は関東地域のみ。4月2日(日)~6月25日(日)まで放送予定。
制作スタッフ :風とロック/博報堂/東北新社/アマナ


Find my Tokyo.

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
どこでも眠れるあなたにぴったりな快眠姿勢が見つかるトラベルピローを発売
位置ゲーム「駅メモ!」のカメラアプリが登場
定年退職を迎える東京メトロの駅長を労うサプライズ企画「THE LAST TRAIN」を実施
Yahoo! JAPAN、「Yahoo!検索」で“音”を検索できる新機能「♪(おんぷ)検索」を開始
“渋谷らしさ”とソニーのテクノロジー・製品・コンテンツが融合した“Sony Square Shibuya Project”

東京メトロ東西線・都営地下鉄新宿線 (街と駅の半世紀)
山下 ルミコ
アルファベータブックス
2017-03-28

東京地下鉄 車両のあゆみ (NEKO MOOK)
ネコ・パブリッシング
2016-09-30



国内有数のデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2017」を開催

名称未設定-1

D2Cは、デジタルを活用したマーケティングコミュニケーションの事例を国内外から募集し、その秀逸な施策を企画・実施したチームを称え世の中に発信する、総合的なデジタルマーケティングの広告賞である「コードアワード2017」を開催する。

4年目となる本年は、一昨年に審査員長を務め、数々の広告賞の審査員を歴任するPARTYのクリエイティブディレクターである伊藤直樹氏が審査員長に就任。他にも、Rhizomatiksの齋藤精一氏やアビームコンサルティングの本間充氏など、3名の審査員を新たに迎え、クリエーティブ、テクノロジー、マーケティングなど国内外のスペシャリスト計8名による審査を行う。

作品のエントリーは2017年3月22日(水)から5月8日(月)まで。今年からオフィシャルサイトを英語対応させるなど、アジアを中心とした海外からの作品募集も積極的に受け付けていくとのこと。なお、各賞の優秀作品および「グランプリ」の発表は7月中旬を予定している。

■賞と審査基準
<グランプリ>
応募作品を通して最も優れた作品と評価された「コードアワード 2017」を代表する 1 作品に授与される。

※以下の5賞では、異なる審査視点に基づき、ベスト(1作品)、また次点としてグッド(1~2作品)を各賞選出し、贈賞する。

<ベスト・イノベーション>
これまでになかった新たなビジネスモデルやプロダクト/サービスの付加価値を創造した施策、また画期的な手法を用いたマーケティングコミュニケーション施策。

<ベスト・クラフト>
デザイン性・実装力・ユーザビリティなどを総合した技術力が伴った施策。

<ベスト・イフェクティブ>
クライアントのビジネス課題や社会課題を解決したり、際立った成果
(売上貢献、ブランディングなど)を残したマーケティングコミュニケーション施策。

<ベスト・キャンペーン>
キャンペーン・プロモーションの企画設計や企画アイデアに関して、そのインパクトやおもしろさ、斬新性などが目立つ施策。

<ベスト・ユース・オブ・メディア>
デジタルメディアやデジタル広告を有効活用した斬新なプロモーションや、デジタルを活用して今までメディア化されていなかったものをメディアとして活用した施策。

※審査員の判断によって、上記の視点以外に際立った要素がある場合は、特別賞に値する賞を新設する。また、審査の結果、該当作品なしとする場合がある。

<パブリックベスト>
一次審査を通過し最終審査に残った全作品を対象に、コードアワードオフィシャルサイト上にて一般投票を行い、最も投票数が多かった施策。

・応募方法コードアワードオフィシャルサイトにて、ユーザー登録が必要。作品エントリーはログイン後のマイページよりご応募可能(※3月22日より)。
なお、作品はマイページより応募期間中であれば何度でも取り消し・修正が可能。応募期間終了後は、作品の取り下げができない。

・エントリー料金
1作品につ 9,72 円(税込)のエントリー料金が必要。

コードアワード 2017

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
タクシー配車アプリ「全国タクシー」で目的地へ到着する前に支払手続きが可能に
全国どこからでも電子お薬手帳サービスharmoサービスに参加可能に
コロチキ、瀬戸内の景色豊かで温暖な土庄町をアピール
ソースネクストが老舗ソフトメーカーの筆まめを子会社化
東京メトロ×NTT、表参道駅構内でナビゲーションと広告サービスの実証実験を実施






東京メトロ×NTT、表参道駅構内でナビゲーションと広告サービスの実証実験を実施

sub1

東京地下鉄(以下、東京メトロ)と日本電信電話(以下、NTT)は共同で、東京メトロを利用するユーザーへのサービス向上を目的に、2017年2月1日(水)~2017年3月26日(日)まで、駅構内ナビゲーションサービスと広告サービスの実証実験を実施する。

この実証実験では、東京メトロ公式アプリ期間限定コンテンツとして、NTTのAI技術corevo(呼称:コレボ)の1つである「アングルフリー物体検索技術」(画像認識技術)、および「2.5D地図表現技術」を活用し、表参道駅周辺の目的地を設定し、改札付近の案内看板を撮影することで目的地までの道順を案内する「かざして駅案内 表参道版」と、7駅に掲出している特定の広告ポスターを撮影すると期間限定の特典が受けられる「かざしてGET!」の2つを用意している。

main


かざしてGET!

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
世界最大級IT関連見本市「CeBIT2017」に「ジャパン・パビリオン」を出展
商売繁盛をみんなで祈願!「【KIGAN】スタートアップ 祈願会 at 増上寺 2017」体験レポ
「LINE Customer Connect」をアスクルの「LOHACO」で試験運用を開始
駐車料金決済アプリ「SmooPA」のサービスが開始。「Yahoo!カーナビ」アプリでも駐車料金決済が可能に
AIRDO、LINEと搭乗システムを連携させた新搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を提供開始


東京地下鉄 車両のあゆみ (NEKO MOOK)
ネコ・パブリッシング
2016-09-30




国内有数のデジタルマーケティングの広告賞!「コードアワード2016」の受賞12作品が決定

キングレコード

株式会社D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2016」の最終審査を行い、ファイナリスト29作品の中から、受賞作品12作品を決定した。本アワードは、2015年4月1日から2016年3月31日の期間、各種デジタルを活用したマーケティングコミュニケーションの事例を対象とし、国内外の合計139件の作品の中から選定している。

作品の選考においては、クリエーティブ、テクノロジー、マーケティングなど国内外のスペシャリスト計9名により厳正なる審査を行い、合計12作品が決定した。

今年は、アワードのさらなるレベルアップを目指し、海外から審査員を招くなど国際化を推進した。結果、応募総数は過去最大の139作品となり、初めて中国やタイなど国外からの応募もあった。
多くの応募作品の中から、世界に通用する「日本を代表する作品」を選考する審査は、難航を極め、結果として、グランプリの選出は見送りとなったが、厳しい審査を勝ち抜いた「日本を代表する」素晴らしい12作品がここに決定した。

■スマホならではの工夫を凝らした作品も登場
今回の特徴として挙げられるのは、今年から新設した「ベスト・ユース・オブ・メディア」に選ばれた「Native Mobile Music Video」等、スマートフォンというデバイスならではの視聴体験を意識して、工夫を凝らした作品が多かったことだ。

また、「ベスト・イノベーション」を受賞した、スマートフォンと連動する歯ブラシ「G・U・M PLAY」をはじめ、「審査員特別賞」を受賞した車の自動パーキング技術を搭載し、手を叩くと散らかった状態から、本来の位置に自動的に戻るオフィスチェア「INTELLIGENT PARKING CHAIR」といった、IoT化が組み込まれた作品が多く出てきたことも今回の特徴となった。

なお 、7月 27 日(水 )に D2Cホールにて開催する「コードアワード2016贈賞式」では、受賞作品の贈賞や、一般投票により選ばれた「パブリックベスト賞」の発表を予定している。

D2Cは、今後も「コードアワード」を継続的に実施し、デジタルを活用した広告コミュニケーションおよびマーケーティングの一層の普及と発展に貢献すべく努めていくとしている。

「コードアワード2016」
株式会社D2C

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
デヴィッド・ボウイの追悼番組をニコ生で放送決定
ドワンゴとNEXCO中日本、新東名高速をモチーフとしたWeb小説を展開
Googleロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念するアニメーションに!
英語のスキルがみるみるアップ!仕事で使える便利な英語表現【Eigooo!英会話】
今年もホットな話題満載!ニコニコ超会議3「言論コロシアム」の詳細を発表








今大注目のDMPを活用しマーケティングの新時代を開くVizuryの戦略とは?

クロスデバイス・マーケティングキャンペーンを可能にするDMP「Engage」を国内に導入したVizury Interactive Solutions(以下、Vizury)。Vizuryは2008年にインドのバンガロールで事業を開始後、東京、デリー、北京、上海、広州、シンガポール、ジャカルタ、台北、ドバイ、ソウル、シドニー、サンパウロ、メキシコなど、アジアを中心に50か国でグローバル展開している。

DMPとはData Management Platformの略で、長期間調査し積み重ねてきた結果、ビッグデータにまで成長した自社の顧客データや自社サイトのログデータといった貴重な情報を一元管理・分析し、最終的に広告配信などのアクションプランの最適化を実現するプラットフォームとして注目されている。

Vizuryはeコマース、旅行、不動産、人材、教育、金融サービスなど、600以上の企業に対しソリューション提供しており、「デロイト・アジア太平洋地域Fast500」(新興企業500社)に2年連続(2013年、2014年)ランクインしているほか、アジア初のFacebook認定パートナー、Twitterリターゲティング・プラットフォーム・パートナーでもある。

今回Vizury日本法人の代表である富松敬一朗氏と、日本でのオペレーションを担当する同社のビジネスデベロップメントマネージャーである松原創氏に、Vizuryの今後の展開について聞いた。

続きを読む

2014年アドテクは運用フェーズに! ジーニーの工藤社長が語る“アドテクの使命”とアドテクの業界予測~前編~

アドテク、アドテクとお題目のように言われる昨今であるが、デジタルマーケティングにアドテクは切っても切れない技術だと言える。注目されるアドテクサービスを出した会社は一気に注目を浴び、業績を急激に伸ばし企業価値を高めてきている。

それを証明するかのようにフリークアウトが本年5月19日に上場したことを皮切りに、企業価値を高めたアドテク各社の上場が相次いでいる。7月2日にはVOYAGE GROUPがIPO。さらにデジタル広告のカウリも来年春の上場を検討しているという。

このように「アドテク」はキーワードとしての目新しさに加え、デジタルマーケティングにおける従来の広告体系に革新を与える技術として注目されているのだ。

続きを読む

アメリカではWindows Phone 8とSurfaceが中心! 日米で異なるマイクロソフトの広告戦略【デジ通】



日本マイクロソフトは過去最大規模のマーケティング予算を使い、Windows 8を中心に据えた広告を展開している。この新OSの認知に躍起なっているが、マイクロソフトの本社があるアメリカとはかなり温度差があるようだ。

日本ではWindowsサーバーやXbox 360といったゲーム機を除くと、日本マイクロソフトが注力している製品は間違いなくWindows 8である。2月からは新しいOfficeが加わったが、日本でのOffice販売の基本はパソコンへのプリインストールであり、Windows 8を搭載し新Officeをプリインストールするパソコンを購入してもらうことで、Windows 8と新Officeの普及を促進したい考えのようだ。

いっぽう本家アメリカのマイクロソフトが一般ユーザーにアピールしたい製品は、Windows Phone 8やWindows RTを採用した自社のハードウェアSurfaceである。事実アメリカで見かけた同社の広告はWindows Phone 8やSurfaceばかりだった。

続きを読む

AKB48の広告が動き出す HPのAR広告キャンペーン【デジ通】

Love PC, Love HP.トレーラー、写真は左から、ともちん、麻里子様、あっちゃん、こじはる、カヲルくんの順


日本HPがAKB48を起用した「Love PC, Love HP.トレーラー」キャンペーンを展開中だ。よく街中に広告を載せた大型のトラックが走っており、これと似たような広告キャンペーンに見えるだろう。ところがHPがやることは、他とはちょっと違う。同社の子会社である「Autonomy」の技術を使ったAR広告で、スマホやタブレットで広告画像を認識し、静止画広告が動き出すというユニークさが特徴だ。
続きを読む

Androidアプリの広告に潜むパーミッションの罠 【役立つセキュリティ】



Androidアプリケーションパッケージ(APK)はAndroid向けのアプリケーションを端末にインストールできる形式にパッケージにしたもので、複数のモジュールを含むことが可能です。

このようなモジュールは、広告用のソフトウェア開発キット(SDK)を含むことがあり、多くのAndroid開発者が自分達の製品を無料でユーザに提供するため、このような広告を含むモジュールを使用しています。

では、アプリ自体に問題がなくても、広告モジュールに悪意がある場合はどうでしょうか。

続きを読む

インフォグラフィック投稿型サイト「infogra.me」と「ツタグラ」がオープン



グローバル時代の現在、国境を超えた情報発信は企業にとって必須となってきたが、言葉を超えて理解を促すコミュニケーションをとれないのが実情だ。そのため、ビジュアルによりわかりやすく情報を伝えるグローバルコミュニケーションツールが求められている。

そうしたグローバルコミュニケーションツールとして注目を集めているのが、「インフォグラフィック」と呼ばれるものだ。インフォグラフィックとは、information+Graphicsを合わせた造語であり、情報をグラフィックで表現することによって分かりやすく伝えることができる。

そんなインフォグラフィックを投稿できるサイト「infogra.me(インフォグラミー)」と経済産業省の「ツタグラ」がオープンし、日本のインフォグラフィック市場が盛り上がっている。

続きを読む

電通とSkypeがディスプレイ広告を展開!その狙いとは



電通は、Skypeが開始するディスプレイ広告の国内における独占販売パートナーに選ばれたことを発表した。広告主に対して、国内のSkype for Windows(バージョン5.1以上)内のSkype Homeタブに表示するディスプレイ広告を販売していく。

Skype for Windowsを起動すると、通常のバナー広告よりも大きな表現スペースをディスプレイ広告としてデフォルトで表示する。クリックすると広告が倍の大きさに広がり、CLOSEボタンで元の大きさに戻るとのことだ。
auでは禁断アプリとして注目を集めたSkypeだが、ディスプレイ広告を展開する意味は何だろうか。続きを読む

シルバーボディのお洒落なデザイン!デルが謎の薄型ノートPCを予告

光学ドライブは、スロットインのようだ


向かうところ敵なし!真の姿を現した宇宙最強ノートPC」のようにユニークなパソコンを販売しているデルは、facebook公式ページにおいて、謎の薄型ノートPCの予告を開始した。ページには、数点の写真とともに、YouTubeによる動画も掲載されている。

続きを読む

話題のSNSに大ブレイクの兆し!電通とFacebookが業務提携した訳

ソーシャル・ネットワーク・サービスというと、日本ではGREEやmixiといったサービスが有名だが、海外に目を向けると、Facebookが世界的なシェアを占めており、英国王室が参加するほどの勢いがある。そんなFacebookに新たな展開があった。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ