ITライフハック

手塚治虫

手塚治虫生誕90周年を記念した“TEZUKA OSAMU HYBRID CASE for iPhone8/7,X”を発売

main

CCCフロンティアは、手塚治虫生誕90周年を記念したコラボiPhoneケース“TEZUKA OSAMU HYBRID CASE for iPhone8/7 , iPhoneX”を発売する。価格はそれぞれ3,000円(税別)。

■オトナから子供から愛されている手塚キャラたちを採用
子供から大人まで世界中の人々から愛される手塚治虫マンガ×UNiCASEコラボ第3弾は、手塚治虫生誕90周年を記念した特別モデル。アトム、レオ、ピノコ、ユニコそれぞれのキャラクターイメージにあわせたカラーでデザインされたiPhoneケースは、差し色としてファッション小物感覚で取り入れるのもオススメだ。背面はポリカーボネート、側面はTPUのハイブリットタイプで、 iPhoneをしっかりと守ってくれる。

製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
スマートフォン/タブレットをBluetoothキーボードにするアプリ「Rickey+」が登場
全国39のFM局の番組をエリアフリー・無料で楽しめる「WIZ RADIO」iOS版が登場
思い出を形に残すスマホアプリ「MERITE」が入学シーズンDLキャンペーン実施中
配信から動画撮影まで1台でこなせる3in1スタンド「マイ撮影クルー」
イヤフォンジャックに差せる充電式の高性能ポータブルスピーカー「サウンドボール」



手塚マンガで憲法九条を読む
手塚治虫
子どもの未来社
2018-06-01




手塚治虫の名作アニメと、夢のコラボレーションが実現。「LINE POPショコラ」に「鉄腕アトム」登場

POPchocolate_AstroBoy_stamp

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」で展開するゲームサービス「LINE GAME」にて配信中の6角形パズルゲーム「LINE POPショコラ」(iPhone・Android対応/無料)において、世界中で愛されている手塚治虫氏原作の名作アニメ「鉄腕アトム」とのコラボレーションを開始した。

「鉄腕アトム」は、手塚治虫氏が連載していた「アトム大使」及びそのスピンオフ作品「鉄腕アトム」が原作の1963(昭和38)年1月1日に放映が開始された日本初の30分テレビアニメーションシリーズで、日本のテレビアニメーションの先駆者ともいえる、世界中から愛されている名作だ。本コラボレーションでは、10万馬力のパワーと人と同じ感情、そして優しき心を持つ少年ロボット「アトム」と、その妹の「ウラン」、「アトム」のよき理解者である「お茶の水博士」、アトムの家の番犬「ジャンプ」が限定デコとして様々な姿で登場するほか、コラボイベントマップやイラスト集めイベントなどを様々なイベントを開催する。さらに、コラボレーションを記念した限定LINEスタンプも配布する。

LINE POPショコラ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
週刊モーニングで連載中の「終電ちゃん」と「駅メモ!」がコラボ
「アトリエオンライン~ ブレセイルの錬金術士~」主要キャラクターの紹介とキャストを発表

「DAM★とも祭り@札幌」を開催。初代DAM★ともマスコットの咲坂柚衣さんも登場

Nintendo Switchをじっくり家でプレイできる「Nintendo Switch用 有線軽快コントローラー」
卒業生・植木等さんの生誕90周年記念 展覧会を東洋大学で開催






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ