ITライフハック

料理

小倉優子、スザンヌ、くみっきーが登場するクッキングLIVEアプリが登場

00

クックパッドは、料理動画サービス第3弾となる、スマホでプロや有名人と一緒に料理が楽しめるクッキングLIVEアプリ「cookpadTV」をリリースした。これを記念して、同番組に登場する予定の小倉優子さん、スザンヌさん、船山久美子さん、お笑いタレントの和牛(水田信二さん、川西賢志郎さん)が登場したイベントが開催された。

■有名人と一緒に料理体験ができる「cookpadTV」アプリ
まずは同社の広報を担当する鈴木友恵氏があいさつし、cookpadTVの概要について説明した。同アプリでは、クッキングLIVEという新しい料理体験を提供するとのこと。クッキングLIVEは、未経験で料理をすることをためらっている人や、新しい料理をしようと思っている人に向けてのアプリ。これまで料理教室に行けなかった人でも、自宅にいながら料理を学べるというわけだ。「休日の新しいエンターテイメントとして、お子様と一緒にパン作りやお菓子作りを楽しむこともできる」と鈴木氏。

01


また本アプリの最大の特徴は双方向型であること。料理のプロや有名人の料理をライブ配信することで新しい体験を4つ提供できると鈴木氏は語る。1つめは普段会えないプロから直接教えてもらえること。「幅広い分野の方に登場してもらうので、晩ご飯のレパートリーに加えたい手軽なレシピ、おもてなしのためのレシピ、パン作りやお菓子作りまで幅広いジャンルのレシピを作ることができる」(鈴木氏)。

2つめは失敗しない料理体験。クッキングLIVEでは事前に公開されているレシピに基づいて材料をそろえておけば、先生の手本を見ながら同じペースで料理をすることができる。ライブ中にテキストを振り返ることも可能だ。

3つめはわからないことをその場で解決できること。「このレシピは2人分だが1人分の時は単純に半分にすればいいのかなど、料理をしているとたくさんの疑問が湧いてくる。レシピや1分動画ではわかりづらかったポイントも、クッキングLIVEアプリであればその場で先生に質問可能だ。対面では聞きづらい初歩的な質問も、クッキングLIVEアプリであれば気軽に聞ける。

4つめはあこがれのあの人と料理ができるという体験だ。「これまでのようにレシピを知って料理を学ぶだけでなく、あこがれの有名人と一緒に料理を作ったり食べたりできる、ライブ配信ならではの新しい料理の楽しみ方を提案していく」と鈴木氏は語った。

■ cookpadTVに登場するタレントたちが登場
ここでcookpadTVで番組を持つゲストが登場した。小倉さんはクックパッドを普段利用しているとのこと。「10年以上前にクックパッドさんが出始めたとき、この会社は絶対伸びると思って株を買ったくらい大好き」なのだとか。スザンヌさんは「子供と一緒にいるときは料理を作っているんですが、なんでも食べてくれるようになったので、作るのも楽しくなって、クックパッドを見ながら作ってます」と語る。そして「料理は毎日することじゃないですか。なので規則正しい生活を送る上でも、朝が早かったりするので、一番大切だなと思います」船山さん。
02


和牛の2人だが、水田さんは元料理人とのこと。「料理を作っていたら嫌なことを忘れるし、内面からきれいにしてくれるので、よく後輩を集めて作っている」と水田さん。舞台でスベった日は料理に没頭しているそうで、「その翌日にはおいしい角煮ができあがっている」(水田さん)。

そして、会場にセットされたキッチンで料理を実演することに。登場したのは食育インストラクターとしても活躍する和田明日香さん。和田さんはあの料理研究家・平野レミさんを義理の母に持つという人。毎日料理を楽しんでいると言うことだが、結婚する前までは興味がなくて、一切やったことがなかったとか。「しかし嫁いでみたらしゅうとめがアレだったので(笑)。でもやってみたら好きになりました」(和田さん)。ちなみに和田さんがcookpadTVに出演したとしたら、「子供が食いつくような、家族みんなでおいしく食べられるような料理をしたい」と語る。

03

04

05

06


次にこのステージで、和牛を使った料理を和田さんが披露することに。料理をしている間は小倉さんたちとの一問一答となった。クッキングLIVEの見所について聞かれた船山さんは「おうちで一緒にお料理教室体験」がテーマだとか。「料理初心者で勉強中なんですけど、料理教室に初めて行ったんです。そしたらすごく楽しくて。料理教室に通っている感覚で体験ができたらいいなと思ってます」(船山さん)。ちなみに週4日は料理をするとのこと。「無心になれるとおっしゃってましたが、煮込みとかすごく大好きで、お弁当も作りました」と、ディスプレイに映し出された船山さん作のお弁当にみんなびっくり。「Instagramが流行っているので、インスタ映えは気にしてます」(船山さん)。ちなみに水田さんによると、赤青黄白黒の5色を入れると料理が美しくなるのだそうだ。

07

08


スザンヌさんのテーマは「簡単うまうま料理」。子供と一緒に作れる料理や、料理が苦手な人にも分かりやすい、おいしいものを紹介したいと語る。「料理が苦手でクックパッドとかをみてできるようになったので、何がわからなかったのかを覚えています。それを一緒に伝えられたらいいなと」(スザンヌさん)。そしてスザンヌさんが作った料理も紹介。クックパッドのレシピを見て作ったものもあるそうだ。しその葉を器のように盛った料理については和田さんも感心していた。

09

10


小倉さんのテーマは「簡単楽しいクッキング」。「過去2回させていただいたんですが、材料が身近だったり少なかったり。親子で作れる簡単な物にしました。今後もこれで行きたいと思います」と小倉さん。小倉さんが作ったのはケーキ。「一通り教わりました」という腕前はかなりのもの。

11

12


ここで料理ができあがったので試食の時間に。しかしその前にスペシャルゲストとしてちびまる子ちゃんが登場した。cookpadTVにはちびまる子ちゃんも登場するとのことだ。

13


そして試食タイム。和田さんによるとタイトルは「横取り牛トマ」とのこと。「平野レミが実家からずっと引き継いできた牛トマという料理があって、それを横取ってやろうと。子供にも野菜を食べさせたいので野菜を加えてアレンジしたりとか、本物の完熟トマトは季節によっては手に入らないので使いやすくトマト缶を使ったり。上にヨーグルトを使ってまして、本家のレシピはサワークリームを使うんですが、買ってもほかにつかみ値がなくてカビが生えがち。ヨーグルトであればあとでハチミツをかけて食べちゃえばいいので。より主婦に優しく、嫁世代に馴染みのあるようなアイテムにアレンジしました」(和田さん)。

14


「こんなに短時間でできるのはびっくり。私も作ってみたい」とスザンヌさん。小倉さんも「こんなに早いのにおいしくて。本家のレミさんのものもいただいたことがあるんですが、そこからより身近な感じになっていて。今夜にでも作ろうと思いました」。

最後に船山さんは「クックパッドは身近に利用していたと思うんですが、cookpadTVになることで、和気あいあいとみんなで楽しめるのがいままでにはなかったかなと。cookpadTVで皆さんの毎日がより豊かになるだろうと思って、頑張っていきます」と語った。

cookpadTV(iOS)
cookpadTV(Android)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
NICT、光格子時計を利用した高精度な時刻標準の生成に成功
Future Tech HubとWOWOWのタイアップによる初のハッカソンイベント開催
自力で生き抜くために。あなたができることは? 防災・減災啓発ショートムービーを公開
吉本興業のeスポーツ事業「よしもとゲーミング」始動
Amazon「ホワイトデー特集2018」で“これを買っておけば間違いない”ギフトランキングを発表






料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」

99d23c45852f0a954c159ed3dc71842d_s

MMD研究所は、20歳から49歳のスマートフォンを所有している女性552人を対象に2017年4月21日~22日の期間で「料理動画に関する利用実態調査」を実施した。


■料理をするときに参考にしているものの上位は「レシピ検索アプリ、レシピアプリ、レシピ検索(ブラウザ)」

20歳から49歳のスマートフォンを所有している女性552人を対象に、料理をする時に参考にしているものを聞いたところ、86.2%の人が「参考にしている」ことが分かった。さらに、参考にしている人(n=476)の56.7%が「レシピ検索(アプリ)」と回答し、続いて「レシピアプリ」が38.4%「レシピ検索サービス(ブラウザ)」が37.2%となった。

20170428-1-1

20170428-1-2


■料理動画を見るときに使用するデバイスは「スマートフォン」が最多。視聴するときのメディアは「料理動画アプリ」が最多

料理動画を見ると回答した人(n=125)を対象に動画を見るときに使用するデバイス(複数回答)について聞いたところ、「スマートフォン」が96.0%と最も多く、次いで「タブレット」が16.8%、「パソコン」が16.8%となった。

20170428-3


続いて、料理動画を見るときのメディア(複数回答)について聞いたところ、「料理動画アプリ」が55.2%と最も多く、次いで「YouTube」が40.8%、「ブラウザ」が26.4%となった。

20170428-4


■見たことがある料理動画サービスの上位は「クックパッド料理動画、DELISH KITCHEN、kurashiru」

料理動画を参考にしている回答した人(n=125)を対象に見たことがある動画のサービス(複数回答)を聞いたところ、「クックパッド料理動画」が49.6%と最も多く、次いで「DELISH KITCHEN」が46.4%、「kurashiru」が36.8%となった。

20170428-2-1


■料理動画を見るシチュエーションの上位は「料理中、ベッド/布団の中、テレビ視聴中」

料理動画を見ると回答した人(n=125)を対象に動画を見るときのシチュエーション(複数回答)を聞いたところ、「料理中」が60.0%と最も多く、次いで「ベッド/布団の中」が32.8%、「テレビ視聴中」が21.6%となった。

20170428-5


MMD研究所

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
劇場版「ポケットモンスター」18作品をU-NEXTにて見放題一挙配信
語学ソフト「ロゼッタストーン」が30万本限定で4,980円に!AI翻訳機まで語られた、ソースネクスト発表会レポート
超会議2017来場記念!ニコニコ住民票、6枚目を作ってきました!
今年も「ニコニコ超会議」の「超鉄道」ブースに行ってみた
ラスボス小林幸子がピューロビレッジに初降臨して「小林幸子 in サンリオピューロランド」を開催


栄養と料理 2017年 06 月号 [雑誌]
女子栄養大学出版部
2017-05-09

The基本200 (ORANGE PAGE BOOKS)
小田真規子
オレンジページ
2008-05-17




Amazonプライムビデオで栗原はるみさんが登場する「Harumi’s Kitchen」を配信

場面写真1

Amazonは、Amazonプライム・ビデオの新しい日本オリジナル・シリーズとして、幅広い世代から愛される料理家、栗原はるみさんの新しい料理番組「Harumi’s Kitchen」を、2016年11月4日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて配信を開始する。

本シリーズは、全12話を毎月第一金曜日に1話更新で、プライム会員に独占配信される(11月と12月は2話同日配信)。

栗原はるみさんは、年代を問わず幅広い層から支持され、著書はミリオンセラーとなった「ごちそうさまが、ききたくて。」をはじめ、累計発行部数は2,400万部を超え、現在はパーソナルマガジン「haru_mi」、レギュラー番組「きょうの料理」などで活躍している。

新番組「Harumi’s Kitchen」では、毎回栗原はるみさんの自宅キッチンにゲストを招いて、とっておきの料理をゲストと一緒に作ることとなる。しばしば仕事や子育てに追われ、つい忘れてしまう「暮らしを楽しむ気持ち」、疎かになってしまいがちな「親子や夫婦のコミュニケーション」、そして次世代を担う子どもたちに伝えたい「食の大切さや、伝統の知恵」をコンセプトに、栗原はるみさんの家庭料理を中心としたアイデアあふれるレシピを通して、“食”の悦びを伝えていく。

場面写真2

場面写真3


©NHKエデュケーショナル

Amazonプライム・ビデオ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ボジョレー・ヌーボー、今年も買いますか?」昨年購入者の7割が今年も購入予定。マクロミル調べ
ヤマハ、ネイティブ米語にも対応!自然な「英語」に特化した「男声」の新型ボカロライブラリー
「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売
通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売
ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売






マピオン季節特集で全国4000箇所の「ご当地グルメ特集」を公開【先週のまとめ】

20161013_kisetsu_gourmet

先週1週間、ITライフハックでは、様々な記事を流した。面白い記事としては、マピオン季節特集で全国4000箇所の「ご当地グルメ特集」を公開した。2016年10月14日(金)の記事を振り勝手みよう。

インバースネット、インテルの第6世代CPUを搭載したNUCを発売
インバースネットは、インテルの第6世代CPU「Core i5-6260U」を搭載したコンパクトなデスクトップパソコンを発売する。同社のダイレクト直販価格は4万4,800円から。本製品は、幅約115mm×高さ約52mm×奥行約115mmのコンパクトな筐体をもつパソコン。机の上はもちろん、テレビ周りのちょっとした空間にも設置できる。また、標準装備の「VESAマウントブラケット」を使えば、液晶ディスプレイの背面に簡単に取り付けることができ、一体型パソコンのように使うことが可能だ。


HUAWEI MateBookを使用したイラストコンテストを開催
華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、同社の2in1タブレット「HUAWEI MateBook」を使用した「キミの夢を描いて!掴め!」イラストコンテストを、2016年10月13日(木)~11月22日(火)の期間で開催する。優秀作品1名には、「感性を刺激する旅に出よう!」国内旅行セレクト(ペア5万円分)がプレゼントされる。


「マクドナルドFREE Wi-Fi」を使い、店舗で楽しめる映画やドラマなどの配信を開始
日本マクドナルドは、2016年6月より導入を開始し現在は約1,700店舗で導入が完了しているFREE Wi-Fiアクセスサービス 「マクドナルド FREE Wi-Fi」を使い、パートナー企業のアプリを展開するサービスを開始する。


マピオン季節特集で全国4000箇所の「ご当地グルメ特集」を公開
マピオンでは、季節に合わせたおでかけ情報を発信するコンテンツ「マピオン 季節特集」にて、「ご当地グルメ特集」を公開した。本サイトでは、ご当地グルメ・B級グルメが味わえる飲食店や道の駅など、4,000カ所以上のスポットを地域別、都道府県別に検索可能。


スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場
サードウェーブデジノスは、スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」を発売した。価格は2万6,800円から(税別)。本製品は、従来の小型PCとは全く異なるボトル型の外観に、必要な機能を妥協なく搭載。高さは500mlのペットボトルより若干低く、なじみあるサイズ感でリビングや会議室にさり気なく溶け込むことが可能。一般的なボトルホルダーにぴったりフィットするボディは、車載PCにも最適。ペットボトルホルダーなどに入れての持ち運びなど、ボトル型を活かした面白い使い方も可能だ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「本屋B&B」が東京をテーマにした新店舗「本屋 EDIT TOKYO」をソニービルに開店
対戦型オンラインゲームによるイベント「FANTASTIC BATTLE」第2回東西対決を開催
「MyBook」で七五三にぴったりな新テンプレートをリリース
「ReLIFE」の実写映画化が決定!中川大志×平祐奈がW主演
秋になっても、さらにアツく、燃える!「ガリガリ君ソーダ SAMURAI BLUE」を発売




美味しい料理を食べつくし!iPhoneのホットペッパーで食欲の秋を満喫


夏の猛暑が一転、うそのように涼しい秋日和がやってきた。35度を超える猛暑ですっかり落ちた食欲も戻ってくる――、そう季節は食欲の秋なのだ!食べ物が一段と美味しく感じる季節を迎え、早くも今日は何を食べようかと悩み、楽しむ人も多いことだろう。

そんな人にオススメなのが、「ホットペッパー FooMoo for iPhone」だ。今や生活に欠かせないアイテムとなったiPhoneはグルメにだって欠かせないガイドでもある。無料の「ホットペッパー FooMoo for iPhone」を使えば、お店を素早く見つけられるだけでなく、バラエティ豊かなクーポンも揃っているから、割安で美味しい料理を楽しめるというわけだ。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ