ITライフハック

新サービス

ライブ配信サービス「LINE LIVE」の公開初日、総視聴者数500万人を突破

LINEは、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」において、昨日12月10日、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE(ラインライブ)」(以下、「LIVE」)を公開し、サービス公開初日で総視聴者数が500万人を突破したと発表した。

「LIVE」は、コミュニケーションアプリ「LINE」の保有する国内5800万人のスマートフォンユーザー基盤と高いアクティブ率、プッシュ通知機能の仕組みを活かしたライブ配信プラットフォーム。

“ LIVE is Real ”というコンセプトのもと、著名人・タレント、企業、個人など様々な主体によるライブ配信形式の映像・番組を、「LIVE」公式アカウント(LINE ID:@linelivecast)やタレント・アーティスト・企業の公式アカウント、スマートフォンアプリ、Webブラウザなどを通じて配信するサービス。

■サービス公開直後から好反響
また、「LINE」のプッシュ通知機能によりその場で集客、さらに配信者と視聴者が直接コミュニケーションできる機会を提供することにより、”今、その瞬間”を楽しめるスマートフォンならではの視聴体験を実現すべく、12月10日にサービスを公開した。

■12月10日初日時点で視聴者数総計520万人を達成
サービス公開直後より、数多くのユーザー・メディアの注目を集め、同日午後に開催したサービス発表記者会見中に実施したAKB 48の公開生放送では番組開始約7分で視聴者数が約50万人、会見終了となる17分時点では約90万人を突破するなど高い反響をいただきました。その後、同日19時の「AKB48 劇場オープン10周年スペシャル」を皮切りに、以降ソーシャルスター発掘のオーディション番組「「NEXT STAR」や定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」の公式番組「LINE MUSIC EXPRESS」など全て生放送によるライブ番組配信を相次いで実施した。

また、flumpoolが出演した「横アリ間近!flumpoolの初『LIVE』」ではコメント数が30万件を突破、izuさんやてんちむさんの公式パーソナルライブもおおいに盛り上がりを見せ、その結果12月10日初日時点で視聴者数総計520万人を達成した。

■10日に配信した主な公式番組の視聴者数

番組名:「『LIVE』サービス記者会見を生配信」
視聴者数:945,232
コメント数:17,193


番組名:「AKB48 劇場オープン10周年スペシャル」
視聴者数:2,206,416
コメント数:89,086


番組名:「NEXT STAR #1」
視聴者数:1,531,365
コメント数:18,952


番組名:「LINE MUSIC EXPRESS #9」
視聴者数:477,240
コメント数:9,222


番組名:「横アリ間近!flumpoolの初『LIVE』」
視聴者数:67,570
コメント数:319,006


今後もスマートフォンの特性を活かし、”今、その瞬間”を楽しめるリアルなライブ番組を提供するとしている。なお、直近ではMCとゲストがランチを食べながら1対1で語り合う芸能人のお忍びランチトーク番組「さしめし(初回ゲストは志村けん、タカアンドトシ※放映済み)や、記者に扮したタレントや芸人が記者会見のような形でゲストに様々な質問をしていく番組「きしゃかいけん(初回ゲストはでんぱ組.inc)」などの配信を予定している。

■LINE LIVE アプリ概要
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2015年12月10日
価格:ダウンロード無料
開発・運営:LINE株式会社
著作権表記:(C)LINE Corporation


LINE LIVE(App Store)
LINE LIVE(Google Play)
LINE LIVE(Webブラウザ版)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

LINEに関連した記事を読む
ニコ生、ツイキャスを超えるか? 新たなライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」が始動
SEGA×LINE GAMEで贈る運命と出逢う共闘RPG「フォルティシア SEGA×LINE」配信開始
「LINEアカウントメディア プラットフォーム」公開後1日で各メディアの累計購読者数300万人を突破!
集客と収益を生み出す新たなエコシステム「LINEアカウントメディア プラットフォーム」
大人気ゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」に期間限定で「スター・ウォーズ」が登場




プライム会員なら100万曲以上が聴き放題!Amazonの「Prime Music」日本で提供開始

Amazonは、Amazonプライム会員向けの聴き放題・音楽配信サービス「Prime Music」(プライムミュージック)を、Amazonプライムの年会費(税込:3,900円)に追加料金なしで本日、2015年11月18日より日本でのサービス提供を開始した。

続きを読む

MacやWindows、スマホ&タブレットで使える年賀状・はがき作成アプリ「Web筆まめ」登場

株式会社筆まめは、Mac、Windowsパソコンをはじめ、スマホやタブレットで年賀状や各種はがきの作成をかんたんに行うことができる新アプリケーション「Web筆まめ」の提供を、2015年11月12日(木)から開始した。

続きを読む

インテリジェンスとLINEの共同出資による新会社でバイト求人情報サービス「LINEバイト」を公開

株式会社インテリジェンスと、LINE株式会社が共同出資により設立した合弁会社「株式会社AUBE(オーブ)」は、LINEアプリ上で利用が可能なアルバイト求人情報サービス「LINEバイト」を公開した。

続きを読む

旅行・赴任・留学のSOSを解決!海外渡航に特化した日本初のナレッジコミュニティサイト「海外通」って?

終戦後の1964年4月に観光目的での海外渡航が自由化されてから半世紀。一般社団法人日本旅行業協会によると、2014年の海外渡航者は50年前に比べ80倍に増加(※1)、その目的も旅行のほか、ビジネスや留学など多様化してきている。

しかし、海外旅行中にトラブルに遭遇した経験がある人は42.8%(※2)に上るなど、渡航先でトラブルに巻き込まれるケースも多くなってきている。このような背景を踏まえ、ウェブリオは新たな展開を開始するという。

※1一般社団法人日本旅行業協会「日本人海外旅行者数と訪日外国人」
※2「旅行のクチコミサイト フォートラベル調べ

続きを読む

LINEの友人にギフト商品を贈ることができる「LINE ギフト」登場

LINE株式会社は、同社が運営するスマートフォンECサービス「LINE MALL」において11月13日よりLINEでつながっている友人にギフト商品を贈ることができるサービス「LINE ギフト」を開始した。

続きを読む

便利機能満載の新アプリ! ぐるなび発のスゴイ奴「SMARTチェックイン」

本日7月1日、ぐるなびから、新しいスマホアプリ「SMART(スマート) チェックイン」が登場した。アプリのコンセプトは、「レストラン体験を、もっと楽しく、おトクに」。このアプリを使い、お店でチェックインすると、お得なクーポンをGETできるほか、チェックイン回数に応じた特典などを受けることができる。お店の店長やシェフから、チェックインした人だけが特別な耳より情報を得られるので、本アプリによってこれからの外食体験が大きく変わりそうだ。

続きを読む

本日よりau WALLETの新CM「WALLET/シュッとして貯まる篇」放送開始!

auが始めた新サービス「au WALLET」。au WALLETは、世界約3810万人が利用するMasterCard加盟店で使えるプリペイド式のあたらしい電子マネーカード。5月8日のサービス申し込み開始以降、23日間で100万人が申し込みを行った。5月8日からの23日間では、1.9秒に1人が申し込んでいる計算となる。

続きを読む

イオンが放つ世界初のデジタルサービス「イオン サウンドキャッチ」が熱い



ここ数年、様々な店舗を集めた総合ショッピングセンターとしてショッピングモールが地方や都心近郊に続々とオープンしてきている。単に買い物をするだけでなく、丸一日いても楽しめるような様々な施設が組み込まれており、単なるショッピングモールというよりは、大型のレジャー施設と言えるほどの充実ぶりだ。

そうした総合ショッピングモールを全国的に展開しているのがイオンリテール株式会社だ。同社はほかにもネットショップの展開やショッピングポータルの運営など、日常の暮らしに役立つ商品の販売とネットの融合を積極的に進めてきている。

続きを読む

将来は1Gbps超へと加速! UQコミュニケーションズ「WiMAX 2+サービス」10月提供開始



UQコミュニケーションズは、2013年6月24日に総務省に対して「特定基地局開設計画(以下、開設計画)」の申請を行い、7月29日にその開設計画が認定された。これにより同社は、新規割当てを受けた20MHzと現在使用中の30MHzを合わせた連続50MHzの周波数を用いた超高速モバイルブロードバンドサービス「WiMAX 2+」の提供が可能となったと発表。


続きを読む

忙しい人のためのWWDC講座 WWDCにおけるアップル発表内容のポイントをサクッと紹介



アップルは2013年6月11日午前2時(現地時間10日午前10時)、アメリカサンフランシスコのMoscone Center Westにおいて、WorldWide Developers Conference(WWDC)を開催した。「iPhone5Sや新iPad miniは姿を見せるか?アップルのWWDCを日本語で解説」でTehu氏による解説を視聴していた人は、ほとんどの内容が噛み砕いて説明されていたので把握していると思う。ただ基調講演は日本時間で午前2時という真夜中の時間だったため、翌日の出勤を考慮すると見るのを諦めたという人も多いだろう。



続きを読む

無料で読める連載小説! niconicoで「おれいも」「キマイラ」「ロウきゅーぶ!」



株式会社ドワンゴ及び株式会社ニワンゴは、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」において、本日6月5日(水)より有名作品や著名人等の連載小説を読むことができる「ニコニコ連載小説」を開始した。

その第一弾として、連載を再開した夢枕獏氏のキマイラシリーズ最新章「キマイラ鬼骨変」や、伏見つかさ氏の人気作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」、師走トオル氏「現代日本にやってきたセガの女神にありがちなこと」のニコニコ特別版を無料連載する。

続きを読む

au 2013夏モデル登場 4機種のハイスペモデルで100Mbpsの4G LTE対応



本日、KDDI、沖縄セルラーがau 2013年夏モデルの発表を行った。2012年より「3M戦略」(マルチユース、マルチネットワーク、マルチデバイス)のビジョンによって様々なコンテンツやサービスを、いつでもどこでも最適なネットワーク環境で、そしてユーザーの好みのデバイスで利用できる世界の構築を目指してきた。

その3M戦略第一弾として「スマートパスポート構想」を2012年1月に発表し「auスマートパス」、「auスマートバリュー」、「4G LTE ネットワーク」、「マルチデバイス」(LTE対応スマートフォン&タブレット、Smart TV Stickなど)を相次いで提供してきた。

2013年は「スマートパスポート構想」で具現化した3Mの世界をもっと日常の生活に溶け込むサービスへと進化させるとしている。そして3M戦略第二弾「スマートリレーションズ構想」を開始する。

続きを読む

無料回収から100円買取りへ 今度はどんなPCも100円で買い取ってくれる新サービス



以前、「いらないPC無料で回収! 不要パソコン、全国どこからでも無料回収サービス」で紹介したように個人情報の保護や漏えいを防いだり、企業の重要データーの完全消去といったことを考えると、壊れたりスペックが古くなったり、償却期間が終わったといった理由で処分が必要になったPCを廃棄するのが、かなり面倒になりつつある。

燃えないゴミの日に外に出しておいたら、勝手に持って行ってくれるような市区町村に住んでいればいいがリサイクル法絡みで市区町村によっては、処分用のステッカー(3千円+消費税=3,150円)を購入して、それを貼り付け、指定した部署に電話で連絡して回収に来てもらう必要がある。


続きを読む

昼までに頼めば当日着! ドスパラ通販の当日配達サービスが強化



全国21店舗及びウェブ通販のパソコンショップを運営するドスパラは、本日より、同社が運営するインターネット通販サイト「ドスパラ通販」にて、PC、タブレットの一部商品を含むPCパーツ・周辺機器の、正午までに確定した注文を当日に届けるサービスを開始すると発表した。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ