ITライフハック

新製品

「ブレンディ タグゴー」ボトルコーヒーシリーズから「ホワイトミルクコーヒー」が期間限定で新登場

_prw_PI1im_gP2d60g3

味の素AGFは、「ブレンディ タグゴー」ボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒーを10月30日(火)より、全国のコンビニエンスストアにおいて期間限定発売すると発表した。

「ブレンディ タグゴー」ボトルコーヒーシリーズは、2018年6月にカフェオレタイプとブラックタイプを発売。それ以降、SNSでのプレゼントキャンペーンやブランドサイト開設など、ブランド認知拡大に向けた取り組みを実施してきた。

このたび、新たに発売する「ブレンディ タグゴー」ボトルコーヒーホワイトミルクコーヒーは、これまでのシリーズ同様、焙煎したコーヒー豆を粉砕し、24時間以内に抽出した挽きたてコーヒーを使用。

さらにたっぷりのミルクと砂糖、そしてとろけるような甘い香りを加えた、シンプルな素材が特長のカフェオレです。なお、味わいの特長や新製品であることを訴求するため、数量限定で4種類のPOPを貼付したボトルを展開する。

■製品概要
商品名:「ブレンディ タグゴー」ボトルコーヒー ホワイトミルクコーヒー
価格:オープン価格
発売日:2018年10月30日(火)
発売地域:全国のコンビニエンスストア限定
商品に関する問合せ先:お客様相談室「0120-17-8651」


「ブレンディ タグゴー」ブランドサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ポイント制度も導入!「宝くじ公式サイト」で各種宝くじの購入が可能に!
手「LINEパズルタンタン」4周年記念で大型アップデートを実施しハロウィン限定イベントも開催!
SIE、PlayStation VRを活用したワークショップ「MEMOREUM TOKYO」を開催
寒い時でも顔もホッカホカな「充電式あったかフェイスウォーマー」
日テレ新ドラマ「PRINCE OF LEGEND」の王子たちも駆け付けた「よみうりランド ジュエルミネーション ~輝きのライトピア~」点灯式





QNAP特別企画、パワーアップし、よりできるようになったQNAP「Turbo NAS TS-231P」

image001

これまで本連載で扱ってきたQNAPのTurboNASは「TS-231+」だ。この製品をおよそ1年に渡って様々に活用することで、NASをしっかり利用していない人たちより何倍も得しちゃおうということをお伝えしてきた。

Amazonのランキングや価格コムの口コミ等を見てみると、現在では自宅でNASを所有しているユーザーが、意外と多いことがわかる。しかも、LANやHDDの知識をあまり持っていない人でも、それなりにセットアップし、データ保存用に使っているようだ。

ただ、それではNASを使いこなしているとは言いにくいのも事実。NASはアプリを追加したり、環境設定を変更・追加したりすることで、データストレージとしての使い道以外でも、便利に使えるのがNAS活用のだいご味と言える。

ということで「TS-231+」を使って可能となる便利な機能や便利な使い方を紹介してきたのだが、昨年の暮れに「TS-231+」の後継モデルとなる「TS-231P」という製品が登場した。もちろん後継モデルなので、これまでに紹介してきたアプリや使い方をすることは可能だ。



それでは新型の「TS-231P」がどう進化したのか見て行くことにしよう。

■CPUがより高速化され処理時間も短くなった
今回、CPUがCortex-A15プロセッサー(1.7GHz、デュアルコア)へと向上している。元々1.4GHzだったのが1.7GHzまで300MHzほど上がっている。このおかげでNAS内部でのファイル検索、インデックス処理、といったCPUクロックの違いが影響するような処理が、高速化されている。SIMD系の命令は変わっていないので、複雑な処理が必要なケースでは、それほど差が出ないこともあるかもしれない。

たとえばファイルに個別にインデックスを付けていくといった単純な処理は、300MHzクロックアップした分だけ高速化されている。ただし、搭載しているのはデュアルコアなので、2コア分の底上げが行われている。おそらく、ファイルの連続書き込み(シーケンシャルライト)などが高くなったクロック分、速くなっていると思われる。

前モデルの「TS-231+」は1.4GHz駆動のCPU、最新モデルでは1.7GHzへと向上


なお、メインンメモリーは1GBのDDR3と変わりはない。USBポートは、前面に1、背面に2の計3ポートでいずれもUSB3.0に対応しているのも前モデルと同じだ。

■デュアルLAN効果の高いLAGにも対応
設置位置は変わったが前モデル同様、背面側に1000Mbps対応のLANポートが2つ搭載されており、LANポートを2つ使ったリンクアグリゲーション(LAG)構成が可能だ。スループットも前モデルの204MB/秒から224MB/秒へと向上している。同一ネットワーク上で2台以上の端末からアクセスされた場合でも、どちらかが低速になってしまうなどということはなく、高速アクセスが可能になっている。

前モデルの「TS-231+」背面。USBポートの位置が中央に近い
   

新モデルでは、USBポートの位置が下のほうへ変更されている。


ただし、LAGを利用するためには、対応しているスイッチングハブやブロードバンドルーターのハブ機能がLAGをサポートしている必要がある。単にLANケーブルを2本ハブやルーターに接続しただけでは、スループットは高速化されない点に注意。

■果たしてどの程度まで互換性あるの?
以上のように前モデル「TS-231+」、新モデル「TS-231P」との違いは、CPU性能の差、背面のUSBポートの位置といった部分以外、ほとんど違いがないと言っていい。本製品は、現在ベータ版で提供されているQTS4.3と組み合わせることで、より強化されることになっているのだが、検証したモデルで搭載されているQTSは4.2.2であった。

QTSのバージョンは4.2.2であった。


また、本体デザインにおいて気になったのがHDDベイに装着するためのHDDトレイが、まったく同じに見えたところだ。ひょっとして「TS-231+」から、HDDトレイを抜き出して「TS-231P」に装着したら、どうなるのか試してみた。

まったく問題なく脱着できることを確認。ひょっとしてと、そのまま電源を入れると「TS-231P」は、そのまま起動してきた。ハードウェア部分がほぼ同じなので、当然と言えば当然だ。

なお、セキュリティ設定はHDD内に記録されているので、HDD内のデータにアクセスしたい場合、当然のことながらIDとパスワードを入力しないとアクセスできない。

既存の「TS-231+」からHDDが付いたままトレイだけを引っこ抜いて、別の「TS-231+」に接続したとしても、IDとパスワードが判明しなければデータは保護される。企業に忍び込んでHDDトレイだけを盗み出したとしてもIDとパスがわからなければ、データを見ることはできない。

しかし、IDとパスワードがわかっている持ち主(管理者)であれば、既存の「TS-231+」から、HDD付きでトレイを抜き出して新しく購入した「TS-231P」に装着するだけでデータにアクセスできるようになる。

長く使っていく間に「TS-231+」が故障したり、何らかのトラブルが発生したり、といった状況に陥った場合、「TS-231P」があれば、データを救い出すことができるだろう。「TS-231+」からの乗り換えとして「TS-231P」があれば、非常にスムーズに乗り換えが可能だ。

TS-231+」のHDDが、そのまま「TS-231P」で使える。


■果たして、どの程度性能が上がったのか?
筆者宅のギガビットLAN環境において「TS-231+」、「TS-231P」をLAN経由で読み書きした場合の性能がどうなっているのかCrystalDiskMarkを用いて計測した。

ギガビットLANの転送速度1000Mbps(理論値)をバイト換算すると、125MB/秒となる。ただし、規格最大速度の100%は出ない。最大で理論値の8~9割出ればいいと言われている。そこで125MB/秒の9割として112.5MB/秒を判定ラインに置いた。112.5MB/秒以上ならギガビットLANの帯域をほぼフルに使えていると判断。それ以下であれば、帯域にまだ余裕があってフルに引き出せていないと判断することにした。

なお筆者の環境では、ブロードバンドルーターのLANポートを経由しただけなので、LAGの計測は残念ながらできていないのと、ギガビットLAN用のスイッチングハブと比較すると、速度的には劣っている可能性がある。最大の読み書き速度で、別環境とは異なることがあると思われるので、参考程度にしていただければと思う。

「TS-231+」は、書き込み速度で100MB/秒を切っている。


「TS-231P」では、書き込みが明らかに速くなっている。


ちなみに、テスト環境で用いたHDDは共にWD Redの2TB「WD20EFRX」だ。容量は2TBの2台をRAID 1構成で装着している。

「TS-231+」の最大読み込み速度は、112.5MB/秒を超え、117.5MB/秒とほぼギガビットLANの理論値を超えているので最大まで引き出せていると見ていい。

ただし、書き込みが98.74MB/秒となっている。これまで「TS-231+」を1年近く使ってきて書き込み速度に不満を感じたことはないのだが、この数値を見るともう少し速度が欲しいと思ってしまう。

■「TS-231P」は書き込み速度が大幅に向上
対して「TS-231P」だが、読み出しは最大115.6MB/秒と「TS-231+」と比べて若干低い数値となっている。この後、数回計測すると3~5MB/秒のズレがあったので計測誤差の範囲と考えて差し支えないだろう。112.5MB/秒を超えているので「TS-231+」同様、LANのスループット最大まで引き出せていると見ていいだろう。

書き込み速度になると、「TS-231+」を大きく超え118.4MB/秒と読み出しよりも高速になっている。これはCPUの駆動周波数が上がったためというだけではなく「TS-231P」のLAN周りの細かな見直し等によって、スループットが向上しているのだと見ていいだろう。

■いま買うなら「TS-231P」! 旧モデルからの乗り換えもおススメ!
いずれにしても、「TS-231+」と比べて「TS-231P」は明らかに高速な書き込みが可能になっているのがわかった。LAG環境によるスループットが比較できないのは、残念だが「TS-231+」から「TS-231P」への乗り換えはアリだろう。

また、これから購入する予定の人は、「TS-231P」の購入をおススメしたい。

QNAP Turbo NAS TS-231P
WD Red「WD20EFRX」
テックウィンド

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

QNAPに関連した記事を読む
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第八回「トラブルシューティング」
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第七回「ファームウェアの更新」
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第六回「RAIDの構成」
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
長期連載、知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第四回








夏の定番「スイカ」がガリガリ君に!「スイカ」の食感、味わいを目指した「ガリガリ君スイカ季節限定発売」

赤城乳業株式会社(は、「ガリガリ君スイカ」を2015年6月30日(火)から季節限定で発売する。この商品は、ガリガリ君のかき氷の配合を調整することで、まるで本物のスイカを食べているようなシャリシャリとした食感が楽しめる。

続きを読む

女子必見! カップヌードルを斎藤工さんと食べられるサイトがオープン

■イケメン男子、斎藤工さんに見つめられながら
日清食品は、本日2015年3月23日(月)に、おいしさとカロリーカットの両方を実現した女性向けカップヌードル「カップヌードルライトプラス ラタトゥイユ/バーニャカウダ」の発売を開始した。

その商品プロモーションの一環として、同日午前10時より、同商品のイメージキャラクターである斎藤工さんと、カップヌードルライトプラスを一緒に食べることができる特設Webサイト“みつめてLight+”を公開した。

カップヌードルライトプラスを食べる際にキャンペーンサイトにアクセスすれば、お湯を入れてから食べ終わるまでの全過程を、斎藤工さんに見つめてもらいながら進めていくことが可能になっている。

続きを読む

ヤマハよりスタイリッシュなフロントサラウンドシステム「YAS-203」新登場

ヤマハミュージックジャパンは、同社の薄型フロントサラウンドシステム「YASシリーズ」の新製品として、同製品を追加するだけで普段のテレビ・映画・音楽の音質や臨場感を高めることができる2ユニット構成(スピーカーユニット&ワイヤレスサブウーファー)の「YAS-203」を、11月上旬より発売する。

続きを読む

これは欲しい! スターウォーズ関連のiPhone対応モバイルグッズが登場

(C)&TM Lucasfilm Ltd.


スターウォーズシリーズといえば老若男女問わず人気のある作品だ。そのため巷には、同シリーズのキャラクターグッズが数多くリリースされており、様々な製品のスターウォーズシリーズが存在している。ここ数年で一気に普及した感のあるスマホ&タブレット市場だが、やはり例外なくスターウォーズ関連のグッズが登場したので紹介しよう。


続きを読む

かゆいところに手が届く玄人志向の変換アダプター&基盤、インターフェイス増設カード



先日「ちょっと古めのPCに喝入れできる玄人志向の外付けインターフェイスカード9製品」で玄人志向が出しているインターフェイスカードを紹介した。今回紹介するのは、インターフェイスを変換・追加してくれるカード「玄人志向/STANDARDシリーズ/インターフェース(シリアル)」「玄人志向/STANDARDシリーズ/インターフェース(変換基板)」玄人志向/STANDARDシリーズ/インターフェース(複合)だ。これらの製品は、かゆいところに手が届く機能を持ちつつも、手ごろな価格に設定されているところがポイントだ。


続きを読む

ちょっと古めのPCに喝入れできる玄人志向の外付けインターフェイスカード9製品



Windows XPのサポート期限切れとなる4月が近づいている。かといってPCを新調してWindows 8.1にアップグレードするほどの予算が取れるという人ばかりではないだろう。また、5~6年前のWindows VistaやWinodws 7搭載PCであっても、メインメモリーの増設や最新のインターフェイスカードを装着することで、PCを若干パワーアップし、Windows 8/8.1が動作するPCにすることができる。そこで玄人志向が出しているインターフェイスカードを紹介しよう。

続きを読む

iPhone 5Cにピッタリ! 人気のiPhone 5シリーズ向けドックスタンドに新色登場



ベルキン株式会社は、同社の人気商品「Mixit UP↑」シリーズの最新作として先日発表された新型iPhone 5s/5cに対応する「Mixit UP↑シリーズ iPhone 5 / 5S / 5C対応ドックスタンド」を9月20日のiPhone 5s/5cの発売と同時に発売する。


続きを読む

手ごろなIntel 8シリーズマザー GIGABYTEより手ごろな価格のHaswell対応マザー



Haswell対応マザー大量登場 第四世代Core i登場でGIGABYTEより対応マザー」でHaswellこと新しいインテルのCore iシリーズ登場に合わせて発表されたインテル8シリーズをチップセットに採用したGIGABYTEのマザーボード15製品を紹介した。

マザーボードが15種類もあれば、自作ユーザーにとって十分な数の選択肢となるわけで、すぐにこれ以上のマザーボード新モデルは出てこないと思われたが、先週末6月14日にさらに5枚ほど新型マザーボードの追加発表があったので紹介しておこう。


続きを読む

スキャナーの新しい形 PFUより新技術を採用したドキュメントスキャナー



PFUの「ScanSnapシリーズ」は、簡単な操作でスピーディーに紙を電子化する定番機器として広く知られている。所有している書籍をスキャンして電子化する、いわゆる「自炊」と呼ばれるパーソナルなデジタル書籍作成作業では、裁断機を使って書籍をページごとにバラバラにする必要があり、高価だったり希少価値の高い書籍の電子化には向いていなかった。

今回「Versatile Imaging Technology」(以下、VIテクノロジー)というまったく新しいスキャン技術を搭載したドキュメントスキャナー「ScanSnap SV600」が登場した。この製品は、大きなサイズの原稿、製本された状態の書籍を裁断して分解せずに最大A3サイズまでの原稿が高画質でスキャンできる。

続きを読む

PCとスマホで手軽にデータ移動 microUSbと通常のUSB端子を持つユニークなUSBメモリー



株式会社フォースメディアは、J-Forceブランド製品としてスマートフォンやタブレットに直接差し込めるmicorUSBコネクターと一般的なUSBコネクターの両方を搭載し、スマートフォン、タブレットとパソコンの間でダイレクトにデータ移動が可能な「パーフェクトUSBメモリ(JF-UFDP8S)」を発売する。



続きを読む

忙しい人のためのWWDC講座 WWDCにおけるアップル発表内容のポイントをサクッと紹介



アップルは2013年6月11日午前2時(現地時間10日午前10時)、アメリカサンフランシスコのMoscone Center Westにおいて、WorldWide Developers Conference(WWDC)を開催した。「iPhone5Sや新iPad miniは姿を見せるか?アップルのWWDCを日本語で解説」でTehu氏による解説を視聴していた人は、ほとんどの内容が噛み砕いて説明されていたので把握していると思う。ただ基調講演は日本時間で午前2時という真夜中の時間だったため、翌日の出勤を考慮すると見るのを諦めたという人も多いだろう。



続きを読む

車でスマホを4台充電 スマホやタブレットを一度に4台充電できるシガーソケット充電器




最近のAndroid端末に搭載されているGPSは精度が向上しており、スマホホルダーとカーナビアプリと一緒に使うことで十分なカーナビ機能を提供してくれる。地図データもアップデートされるし、これで十分だと思っている人も多いのではないだろうか。

ただ、車でスマホをカーナビ代わりに使っていて困るのは、バッテリーがガンガン減って行ってしまうことだ。そうしたときに役に立つのが、充電しつつスマホを利用できる車のシガーソケットをコンセント代わりにできる「シガーソケット充電器」だ。


続きを読む

次のブームは手のひらサイズのPC!? NUCに見るPCのトレンド



NUCというPCの規格を知っているだろうか? 「Next Unit of Computing」の略で、インテルが提唱する新しいPCの形態のことだ。従来はminiITXの仕様で約17センチ四方のサイズだったが、それよりもさらにコンパクトなマザーボード仕様でPCケースを含めても「116.6(幅)×112(奥行き)×39(高さ)ミリ」と圧倒的なコンパクトさを持つ。昨年当たりから今後、この形態のPCが低価格なセカンドマシンとして一気に普及しそうな勢いが出てきている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ