ITライフハック

新規参入

レジデンストーキョー、サブスクリプション型住宅事業に参入。第1弾を笹塚テラス内にオープン

00

マンスリーマンションやホテルの開発・運営を中心ンに事業展開しているレジデンストーキョーは、2019年3月15日より、敷金、礼金、仲介手数料ゼロのサブスクリプション住宅の第1弾を「笹塚テラス」内にオープンした。

サブスクリプション型住宅は、持ち家、賃貸に代わる第三の選択として、注目を集めている。加えて今年になって表面化したレオパレス問題により、激増した住宅難民の人々などを含め、敷金・礼金・手数料等なしで住める住宅が大人気となっている。

今回、レジデンストーキョーのサブスクリプション型住宅事業への参入にあたり、事業戦略説明会が開催されたので、その様子をレポートしよう。

■利用者の利便性を重視して、成長してきたレジデンストーキョー
まず、同社代表取締役CEO 野坂幸司氏から、レジデンストーキョーがサブスクリプション住宅事業に参入した経緯の説明があった。レジデンストーキョーは、「多様なニーズの受け皿になる住居や宿泊サービスを提供し、東京を手始めに日本をより快適な場所に変えていく」ことに取り組んでいる企業。物件の開発から賃貸物件の一括借り上げによる転貸しを行っている。開発はロケーションを最重視しており、東京23区内、駅から10分圏内を基準としている。レジデンストーキョーの管理戸数は、年々増加しており、2018年時点で600戸を超え、2019年内には800~900戸に達する見込みだ。

レジデンストーキョーは、入居前に利用マニュアルをデータで送信したり、24時間セルフチェックインを採用、クレジットカードやペイパル決済に対応するなど、利用者の利便性を重視しており、特に外国人からの評判が高いという。


レジデンストーキョー 代表取締役CEO 野坂幸司氏



レジデンストーキョーの開発と運営のスキーム。開発はロケーションを第1に考え、東京23区内、駅から10分圏内を基準としているという。また、サブリースは、賃貸物件を一括して借り上げ、入居者にマンスリーマンションとして転貸するシステムである



レジデンストーキョーの物件は、プレミアムステイ、コンフォートステイ、コンパクトステイ、リーズナブルステイの4タイプに大別できる



入居前に利用マニュアルをデータで送信したり、24時間セルフチェックインを採用、クレジットカードやペイパル決済に対応するなど、利用者の利便性を重視している


■さまざまな社会的課題を解決できるサブスクリプション型住宅
レジデンストーキョーがサブスクリプション型住宅事業へ参入した理由としては、まず「レジデンストーキョーのミッションと合致したこと」、「契約期間の縛りや高額な初期費用といった住み替えの社会的課題を解決できること」、「外国人就労者が急増していること」、「法律改正により民泊が実質的に崩壊すると予想されていること」が挙げられる。

住み替えには、契約期間の縛りや高額な初期費用、生活インフラの契約の煩雑さなどいろいろな社会的課題がある。さらに、外国人就労者が急増しており、2018年10月時点で、その30%にあたる43.8万人が東京に集中しているという社会的な必要性もある。

法律改正により、民泊は実質的に崩壊すると予想されており、これまで民泊が担っていた家具付き賃貸物件の不足が顕著になると見られている。その不足分を埋めるのがサブスクリプション型住宅というわけだ。


外国人就労者が急増しており、2018年10月時点で、その30%にあたる43.8万人が東京に集中しているという社会的な必要性もある



法律改正により民泊が実質的に崩壊すると予想されており、今まで民泊が担っていた家具付き賃貸物件が不足することに・・・。


■クラスとの業務提携でさらに快適な生活を実現
今回レジデンストーキョーは、家具・インテリア・家電のサブスクリプションサービス「CLAS」を運営するクラスと業務提携を結び、より快適でハイセンスなサブスクリプション住宅を実現した。これまでは、ニトリの家具を使っていたが、コスト面とデザイン面に改善の余地があり、コストパフォーマンスが圧倒的で、商品ラインナップがハイセンスなCLASを選択したという。

レジデンストーキョーが展開するサブスクリプション型住宅とは、「契約時の高額な初期費用をなくし、必要に応じた料金だけで機動的な利用が可能な、サブスクリプションサービスを付加価値として享受できる住宅」であり、その第1弾が「笹塚テラス」である。

笹塚テラスは、地下2階、地上10階建で、竣工1971年の京王笹塚ビルをリニューアルしたものだ。用途は宿泊施設や住居、学習塾、コンビニなど多目的で、地下1階には地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」がある。

レジデンストーキョーが、笹塚テラス内にオープンした住宅の間取りは1Kと2LDK、専有面積はそれぞれ25.2平米と51.9平米で、1Kタイプは14戸、2LDKタイプは3戸である。賃料は1Kタイプが4,600円/日~、2LDKタイプが7,900円/日~となっている。サブスクリプションサービスとして、CLASがコーディネイトした家具や家電を定額利用できるほか、東急スポーツオアシスとの提携により、都内のスポーツジムを月8回まで利用できるようになっている。

今後の展開としては、サブスクリプション型住宅の第2弾が2019年6月末竣工予定であるほか、入居者が好きな部屋を選んでセットアップする体制の構築や、ベンチャー向けサブスクリプションオフィスの展開、同ランクの部屋に引っ越し時も定額で利用できるといった新しいサービスを考えているという。


笹塚テラスは、地下2階、地上10階建で、竣工1971年の京王笹塚ビルをリニューアルしたものだ。用途は宿泊施設や住居、学習塾、コンビニなど多目的で、地下1階には地域交流ラウンジ「笹塚アキチ!」がある



今後の展開として、入居者が好きな部屋を選んでセットアップする体制の構築や、ベンチャー向けサブスクリプションオフィスの展開、同ランクの部屋に引っ越し時も定額利用などの新しいサービスを考えているという


■使えば使うほど安くなる家具のサブスクリプションサービス「CLAS」
続いて、クラス代表取締役社長の久保裕丈氏が、同社のサブスクリプションサービス「CLAS」について説明した。

クラスでは、個人と法人のそれぞれに対してサービスを展開しており、個人向けでは1か月400円からという低価格で、家具を利用することができる。価格は固定ではなく、長く使えば使うほど、月額料金が安くなる仕組みで、1か月400円のスツールなら、最終的には1か月100円になる。家具は処分するにもコストがかかるので、所有して自分で処分するよりも手間やコストがかからない。

法人向けとしては、マンスリーマンションの部屋まるごとレンタルやホテル一棟まるごとレンタル、展示住宅向け短期レンタルなどの事業を行っているほか、オフィス向けにもコーディネイト込みで提案しているほか、多くの法人マンションへ家具・家電を納入している。

また、CLASの家具は、リペアしやすい設計になっているほか、耐久性の高い素材を採用していることも特徴であり、通常使用の範囲なら、汚れたり傷ついてしまったアイテムを無料で交換できる。


クラス 代表取締役社長 久保裕丈氏



個人向けでは、1カ月2000円で、シングルベッド&ベッドマットを利用できる


■実際の物件の内覧も行われる
発表会後、サブスクリプション住宅の第1弾「笹塚テラス」の物件の内覧会も行われた。前述したように、笹塚テラスでは2LDKタイプと1Kタイプの2種類の間取りがあるが、それぞれ部屋を内覧することができた。部屋の様子は以下の写真を見ていただきたいが、家具やインテリアは、CLASによるコーディネイトされたもので、ハイセンスで統一感のある部屋となっていた。

2LDKタイプは、キッチンのコンロなどの設備も充実しており、長期間の居住も快適そうだ。テレビや洗濯機、電子レンジなどの家電も一通り揃っており、身の周り品を持ち込むだけで、すぐに住み始めることができる点が魅力である。

コストをかけずに立地のよいところに住みたいと思うなら、サブスクリプション型住宅を検討してみてはいかがだろうか。


2LDKタイプのベッドルーム



2LDKタイプの洋室。大型テレビやソファも設置されている



2LDKタイプのキッチン。コンロは3口で、魚焼きグリルも装備。冷蔵庫や電子レンジも用意されている



2LDKタイプのダイニングスペース



2LDKタイプのバスルーム。バスタブも余裕がある



1KタイプのLD。ベッドと机が並んでいる



1Kタイプのキッチン。コンロは2口で魚焼きグリルはない



1Kタイプのバスルーム

<PR>


石井英男 @hideo_ishii

レジデンストーキョー
CLAS

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
日本オリジナルテイスト!日本の“コーラ好き”が「うまい!」と唸る味わいを追求した「ペプシ ジャパンコーラ」爆誕
京都・嵐山「法輪寺」でコロナ片手に古都の絶景と最高の音楽を。「CORONA SUNSETS SESSIONS KYOTO」開催
もしあの地震が6時間ずれていたら。自宅から参加できる、「夜の避難訓練」を福島で実施
磯野家の傑作選でございま~す!アニメ「サザエさん」で2005年~2008年放送の登場人物別・傑作選50作を配信
災害発生時に非被災者らがインターネットへ“つながない6時間”が被災者を救う!?「ソニーのネット ソネット 防災マニュアル」






スマホ向け電子コミックサービス「LINEマンガ」、新たに出版事業に参入オリジナル作品2タイトル

LINEは、同社が運営するスマートフォン向け電子コミックサービス「LINEマンガ」(iOS・Android対応/無料)において、新たに出版事業に参入すると発表した。レーベル名は「LINEコミックス」。

その第一弾として、レーベル名「LINEコミックス」のもと、同サービスで展開中のオリジナル作品2タイトルをフルカラーでコミックス化し発行、2016年1月15日より全国の書店で販売を開始する。紙媒体出身の筆者としては、この出版不況の中、新たに出版事業へ参入する今回の試みを応援したい。

「LINEマンガ」は、特別な電子ブックリーダー端末不要で気軽にマンガ・ライトノベル作品が楽しめるスマホ向け電子コミックサービス。

■10万点以上のバリエーション、累計DL数は1100万件超
2013年4月のサービス開始以降、約100社以上の出版社・レーベルを通じ、現在までに約10万点以上のバリエーション豊富なタイトルを提供、累計ダウンロード数は1100万件を突破するなど、同カテゴリーのサービスの中では国内最大規模のサービスに成長。

「LINEマンガ」では国内の出版社・レーベルから提供してもらっているマンガ作品に加え、「LINEマンガ編集部」が手掛ける全編フルカラーのオリジナル作品の無料連載を展開している。このたびの出版事業は、それらのオリジナル作品におけるさらなるユーザーとの接点の拡大を目的としており、新たに設立したレーベル「LINEコミックス」のコミックスとして当社発行のもと、日販アイ・ピー・エスに販売協力をもらう形で全国の書店にて発売する。

■月間50万超の読者を抱える2タイトルから開始
第1弾は「ハードボイルド園児 宇宙くん」「マリーミー!」といったLINEマンガが手がけたオリジナル作品でも、特に人気が高く読者数が月間50万人を越える2タイトル。

発売は2016年1月15日(金)。それ以降、随時人気タイトルをコミックス化していく予定となっている。

■購入したコミックスの限定スタンプをプレゼント
「LINEコミックス」から出版するコミックスは、購入者特典として対象のコミックスを購入すると当該マンガ作品のスタンプを無料でダウンロードすることができる「スタンプ付きマンガ」の仕組みを取り入れ、スタンプを通じたコミュニケーションを行うことで作品との出会いの場を拡大する。

また、スタンプはコミックス購入者しか手に入らない限定スタンプとなっているので、既存の「LINEマンガ」ユーザーはもちろん、新規にコミックスを購入する機会を提供するとしている。

■LINEコミックスより出版予定の作品概要
※取次各社・書店への販売案内、および受注開始は11月上旬を予定。

■「ハードボイルド園児 宇宙くん」
“宇宙”と書いて“コスモ”と読むキラキラネームの4歳児がハードボイルドな思考を巡らすギャグマンガ。
LINEコミックス02
作品名:ハードボイルド園児 宇宙くん 1巻
作者:福星英春
発売日:2016年1月15日予定
価格:未定
判型:B6判版オールカラー
発行:LINE株式会社
発売:日販アイ・ピー・エス株式会社
権利表記:(C)福星英春/LINE


■マリーミー!
「ニート保護法」という奇想天外な法律で結ばれた2人の恋愛を描く、ほんわかラブストーリー。
LINEコミックス03
作品名:マリーミー! 1巻
作者:夕希実久
発売日:2016年1月15日予定
価格:未定
判型:B6判版オールカラー
発行:LINE株式会社
発売:日販アイ・ピー・エス株式会社
権利表記:(C)夕希実久/LINE


■アプリ概要
アプリ名:LINEマンガ
対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2013年4月9日
価格:ダウンロード無料(アプリ内課金)
開発・運営:LINE株式会社
著作権表記:(c)LINE Corporation


LINEマンガ(App Store)
LINEマンガ(Google Play)
LINEマンガ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

LINEに関連した記事を読む
LINE@の飲食店・小売店向けに無料で電子版ポイントカードを発行・管理できる「LINE ショップカード」
三国志と大人気RPG「ブレイブフロンティア」を融合した新タイトル「LINE 三国志ブレイブ」
「LINE PLAY」のユーザールームをリフォーム!「ドリームルーム~あなたのルームを匠がリフォーム~」開催
好みのホーム画面に着せ替えできる「LINE DECO」全世界累計3000万ダウンロードを突破
累計2200万DL記録「LINEウィンドランナー」制作陣による新タイトル「LINEウィンドソウル」の事前登録開始

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ