ITライフハック

日本エイサー

日本エイサー3万円台から買える超速性能でがっつりセキュリティのWindows 10(Sモード)を搭載した11.6型ノートPC

Aspire1_A111-31_black-00_main

日本エイサーは、スタイリッシュなベーシックモデル「Aspire」シリーズより、超高速パフォーマンスで強固なセキュリティに特化したWindows 10(Sモード)を搭載し「はじめてのPC」や「サブマシン」に向く11.6型ノートPC「A111-31-A14P/F」、「A111-31-A14P」を9月6日(金)より発売する。価格はA111-31-A14P/Fが5万2,000円前後、A111-31-A14Pが3万2,000円前後(いずれも税別)。

本製品は、前述したようにWindows 10(Sモード)を搭載。Webブラウザは超高速起動で重くなりにくい「Microsoft Edge」が利用できる。また、高速通信が可能な無線LAN規格802.11.acに対応しているため速く快適にアクセス可能。検索プロバイダー「Bing」はセーフサーチ機能を搭載、さらにMicrosoftによって安全性が検証されている「Microsoft Store」からアプリケーションやゲームをインストールして使えるため、ウイルス混入の心配がなく、子供でも安心して使用できる。

また万が一のデータトラブルにも安心な「データ復旧安心サービス」を標準搭載。「データ復旧安心サービス」は、購入日より1年間、急な故障やうっかりミスによる大切なデータを損失した際に、データの復旧ができる安心のサポートサービスだ。ファイルの消失やシステム異常等の論理障害をはじめ、ハードディスクの機械的・電気的な破損や故障等の物理障害トラブル時にも安心だ。

加えてコンパクトで持ち運びやすい11.6型液晶を採用し、鮮やかで見やすいHDパネルを搭載。コンパクトで持ち運びやすいサイズでありながら写真や動画、ゲーム画面もくっきり鮮明に表示する。

ディスプレイは180°まで倒せるため、ローテーブルでの仕事やソファでの動画鑑賞など、使用時の姿勢に合わせて快適に使うことができる。

目への負担を考慮しブルーライト対策メガネと同等の効果を発揮する「Acer BluelightShield」を搭載。強・中・弱・長時間の4つのモードでブルーライトを抑制し、目をやさしく守ってくれる。長時間のパソコン作業やお子さまの学習等にも安心して使用できる。

インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×1、HDMI×1、その他SDカードリーダー等便利なポート類を配線が邪魔にならないよう背面と右側面に配置している。

「A111-31-A14P/F」は、Microsoft Office Home & Business 2019を搭載。文書やレポートの作成などあらゆるシーンで便利なOfficeアプリを、製品購入後すぐに使用できる。

「Aspire1 A111-31-A14P/F」製品ページ
「Aspire1 A111-31-A14P」製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
PCでゲームを始めたい人に!MSIよりキーボードとマウスをセットにしたエントリーゲーマー向け製品「VIGOR GK30 COMBO JP」
ロジクールGからハイエンド・薄型ゲーミングキーボード「G913」「G813」発売
夏休みの自由工作はパソコンで決まり!マウスコンピューターがパソコン組み立て教室を開催
LAVIE新モデル追加でPC-8001 を細部まで再現した記念品「PasocomMini PC-8001」登場
デル史上最小の13インチ2-in-1「New XPS 13 2-in-1」を発表






日本エイサーからゲーミング向けデスクトップPC「Nitro 50 シリーズ」の新モデルを発売

4515777593588_4515777559454_02

日本エイサーは、ゲーミングデスクトップパソコン「Nitro(ニトロ) 50 シリーズ」より、最新のテクノロジーとグラフィックス性能を搭載した「N50-600-A78UG/G66T」、「N50-600-A58QG/G65」を2019年7月18日より発売する。価格はN50-600-A78UG/G66Tが17万円前後、N50-600-A58QG/G65が12万円前後(いずれも税別)。

本製品は、最大4.70GHz/4.10GHz のトップクラスのスピードで高速処理を行う、第9世代インテル Core i7/Core i5 プロセッサーを搭載。ゲームをしながら同時にライブ配信を行うなど、負荷の大きい作業もスムーズにストレスなく楽しめる。

また高性能なグラフィックスカードNVIDIAR GeForceR GTX 1660Ti(6GB)または、GTX 1650(4GB)を搭載。ゲームプレイ中のキャラクターの表情や背景はもちろん、水たまりや窓に反射する影も鮮明に映し出し、圧倒的な描画力でプレイヤーをゲームの世界に惹きつけるだろう。

ストレージはゲーミングデスクトップにふさわしく、超高速処理を可能にするSSD(NVMe 256GB/128GB)を搭載。ゲームの起動やプレイ中のローディングもスムーズで、快適なプレイ環境をサポートする。さらに、起動ドライブとは別にデータドライブとして1TB の大容量HDD も備えているため、ゲームのインストールも容量を心配することなく可能だ。メモリは高速DDR4 8GBで、拡張は64GBまで可能だ。

黒を基調とした甲冑型ボディに赤のアクセントをあしらったデザインは、シンプルながら強さを感じさせるスタイリッシュなボディ。フロント部のアロー型LED ライトは、本体を起動すると赤く点灯し、プレイヤーをゲーミングの世界へいざなう。

またフルハイビジョンの4 倍の解像度を持つ超高精細な4K(3840×2160)モニターへの出力が可能。キャラクターや背景のディテールまで鮮明に映し出し、ゲームの世界を最大限に楽しめる。

プレイ中の会話や敵が近づいてくるときの足音をより聞き取りやすくするなど、シーンに合わせたサウンド効果に自動調整するCreative Sound Blaster X 360°を搭載。まるでゲームの世界に入り込んだかのような臨場感と奥行きを体感できるサウンド出力を可能にした。

このほか高速無線LAN 規格IEEE 802.11ac に対応。ルーターから離れたところにPC を設置する際でも配線を気にすることなく、好きな場所に設置して、オンラインゲームを楽しめる。

「N50-600-A78UG/G66T」製品ページ
「N50-600-A58QG/G65」製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ZOTAC製GeForce RTX 2070 SUPER&GeForce RTX 2060 SUPERグラフィックスカードを購入するとゲーミングデバイスをプレゼント
サードウェーブ、GeForce RTX2060 Super / 2070 Super 搭載パソコンを発売
VAIOからA4よりも小さい12.5型モバイルPC「VAIO SX12」を発表
iiyama PC「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1650を搭載した15インチのゲーミングノート
リンクス、プロ向けに設計されたハイパフォーマンスマウスパッドを発売





日本エイサーから初音ミクとコラボした「Acer×HATSUNE MIKU ノートパソコン」が登場

Miku_01_image

日本エイサーは、初音ミクとのコラボレーションをしたノートPC Swift 3「SF314-56-A58U/MIKU」を2019年7月12日(金)より発売する。価格は12万7,440円(税込)。

PC本体のカラーは初音ミクのイメージカラーを基調に、人気イラストレーターあごなすび氏のイラストをパソコンの壁紙やパッケージに使用し、ノートパソコンの天板とタッチパッド部分には初音ミクのシルエットがデザインされている。

パソコン起動時の画面には初音ミクのロゴが表示され、細部にまでこだわった製品となっている。本製品は6月26日(水)正午より、TSUKUMOの取扱店舗及びネットショップにて予約販売を開始する。

Miku_04_image

Miku_05

Miku_06


Acer 製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブから手のひらサイズの小型PC「raytrek NUCシリーズ」3モデルが登場
マウスコンピューターからCore i7 9750HとGeForce GTX 1650採用のゲーミングノート
アスク、Synology製コンパクトNASキット「DiskStation DS419slim」を発表
サードウェーブからGeForce RTX 2070 Max-Q/2060 搭載の薄型ゲーミングノートPC
マウスコンピューター、最新の第9世代CPUとGeForce GTX 1650搭載17.3型大画面ノートPCを発売


初音ミク V4X
クリプトン・フューチャー・メディア
2016-08-31



日本エイサー、DisplayHDR600対応で自然な色彩を再現し10億7000万色を表示する4Kディスプレイを発売

4515777597791_00_main

日本エイサーは、31.5型ウルトラHD 4Kパネル搭載した「ET322QKCbmiipzx」を2019年4月25日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万3,000円前後(税別)。

本製品は、4Kパネル搭載、31.5型の大画面で色鮮やかな映像を楽しめる31.5型大画面に、、フルHD(1920×1080)の4倍の高精細な映像を表示するウルトラHD 4K パネル搭載で、
広い色域、美しい鮮明度の映像を体感できる製品。

VESA DisplayHDR 600 規格、6軸カラー調節機能対応で明暗のはっきりした色彩を忠実に再現。広い明るさの幅で自然な色を表現できる技術DisplayHDR 600に対応。輝度600 nits、色域はカバー率99% BT.709を満たしており、フルで色域調整ができる。

さらにHDR10にも対応しているため、明るいシーンは自動でより明るく調節し、暗部ではブラックは濃いブラックのままに調整し、影に隠れる細部の輝度を大幅に向上させる。

FPSゲームなどのプレイ時には、暗いシーンでの視認性が高まるためゲーム展開を有利になるだろう。また、6軸カラー調節機能は従来の「レッド」(R)、「グリーン」(G)、「ブルー」(B)の3色に加えて、「シアン」(C)、「マゼンタ」(M)、「イエロー」(Y)を加えた6色の彩度、色相をそれぞれ調節できるので、より忠実で自然な色彩を表現する。

画像を描画するために必要な色を10億7000万色で表現するため、暗部から明部まで滑らかなグラデーションで再現することができる。写真のレタッチや画像データの編集など、色をより厳密に調整したい場合や、より微妙な色彩の階調を正確に再現したい場合に最適だ。

利用シーンに合わせて2画面表示ができるピクチャーインピクチャー/ピクチャーバイピクチャー機能もあるので、同時表示機能搭載で、2つの画面を1台に同時表示させることができる。サブ画面表示で気になるテレビ番組を見ながらの作業や、2つの資料を並べながら効率的な作業が可能だ。31.5型の大画面ならストレスなく利用シーンに合わせた活用ができる。

また、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われているフリッカー(画面のちらつき)現象を抑えるフリッカーレス・テクノロジーを搭載しているほか、眼精疲労の要因となるブルーライトを軽減する機能を搭載。OSDメニューの設定で、ブルーライト透過率を4段階( 80%、70%、60%または50%)で調節できる。

非光沢パネルは、内外光の反射を軽減し、映り込みも少ないので、長時間の作業でも目の疲れを緩和してくれる。

製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
オンキヨー&パイオニア、“SHIDO”ゲーミングヘッドセット、USB コントロールアンプをクラウドファンディングにて先行販売
iiyama PC「LEVEL∞」よりGeForce RTX 2070を搭載した16型ノートパソコンが登場
日本エイサー、IPS方式フルHD解像度、応答速度1ms、リフレッシュレート144Hzの27型ゲーミングディスプレイを発売
アスク、CORSAIR製のワイヤレスキーボード「K83 Wireless」をAmazon様限定モデルとして発表
VAIO史上最高のパフォーマンスを実現する15.6型ノートPC「VAIO S15」を発表






日本エイサー、IPS方式フルHD解像度、応答速度1ms、リフレッシュレート144Hzの27型ゲーミングディスプレイを発売

4515777596558_00_main

日本エイサーは、Nitro VG1シリーズより、IPS方式、フルHD解像度、1msの超高速応答で安定したゲーム環境をサポートする「VG271Pbmiipx」を2019年4月18日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万6,000円前後(税別)。

本製品には広視野角のIPS 方式パネルとフルHD ディスプレイ搭載で、高精細で美しい映像を鮮明で色鮮やかに映し出すフルHDディスプレイを搭載。高精細の美しい映像でゲームの世界観を余すところなく堪能できる。

また、視野角が広く、見る角度による色変化の少ないIPS 式パネルを採用。画面をシェアする際や、モニターを複数枚並べて使うマルチディスプレイ環境でも快適だ。

1ms 超高速応答で、動画再生時の残像を極限まで軽減する。またリフレッシュレート144Hz 対応で映像も滑らか。さらにAMD Radeon FreeSyncテクノロジー搭載で画像の表示遅延やカクツキのない、安定した滑らかな映像でゲーム環境を快適にする。

明部と暗部の輝度の幅が拡大し、細かい部分の描写もくっきり。より実物に近い映像を
表現することで臨場感を味わえる。

液晶パネル周りのフレームをなくした「ゼロ・フレーム」デザインを採用。より画面が見やすく、臨場感を味わえる。マルチディスプレイ環境にしてもフレーム幅をほとんど感じさせない仕様だ。

ゲームジャンルに応じて最適な映像表示を設定できるAcer 独自の「Game View モード」を搭載。8種類の映像モードの中から選択できるので、ゲームタイトル別やジャンル別にお好みの映像表示でゲームプレイを楽しむことができる。

黒の強弱を調節して、暗がりの視認性を高めるBlack Boost 機能を搭載。11段階からシーンに応じて好みのレベルを簡単に設定できる。暗闇の多いシーンも細部までよく見えるので、暗がりに隠れている敵を瞬時に見つけ出すなど、戦闘態勢を優位に戦えるだろう。

フリッカー現象やブルーライトをはじめとした目の疲れの要因を抑える機能を搭載。長時間の映像視聴も快適に楽しめる。

製品ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、CORSAIR製のワイヤレスキーボード「K83 Wireless」をAmazon様限定モデルとして発表
VAIO史上最高のパフォーマンスを実現する15.6型ノートPC「VAIO S15」を発表
ユニットコム、第9世代のCore i7-9700KFを搭載したBTOパソコンを発売
G-Tune、最新グラフィックス「GeForce RTX 2080」と第9世代 インテルCPUを搭載したゲーミングノートパソコン最上位モデルを発売
ASUS JAPAN、薄さわずか16.15mmを実現したGeForce RTX 2080/2070 Max-Q搭載15.6型スリムゲーミングノートPCを発表




日本エイサーから高解像度の色鮮やかな映像でゲームの世界に没入できる液晶ディスプレイ

PR_XB271l_1600_640

日本エイサーは、ゲームに最適な機能を搭載したPredator(プレデター)シリーズから、高解像度で色鮮やかな映像でゲームの世界に没入できる27型ワイド液晶モニター、4K高解像度「XB271HKbmiprz」、WQHD解像度・リフレッシュレート最大165Hz 「XB271HUbmiprz」を2018年8月23日(木)より発売する。

■ゼロフレームデザインを採用
液晶パネル周りのフレームをなくしたゼロフレームデザインを採用。段差のないフラットな画面は、映像に集中しやすく、より臨場感を味わえる。

また、視野角度が広く、角度による色変化の少ないIPS方式パネルを搭載。XB271HKbmiprzは広大な表示領域を持つ4K高精細モデルを、XB271HUbmiprz は高解像度の映像を映し出すのに適したWQHDパネルを採用しているため、ゲームの速度を気にすることなく、鮮明な映像でゲームを楽しめる。

ゲームプレイ中のコントローラーの操作が映像に反映されるまでの入力遅延を最小限に抑えるNVIDIA G-SYNCを搭載。映像のカクツキや残像感を抑え、滑らかでストレスのない映像を楽しめる。

リフレッシュレートを高めるオーバーロック機能を搭載。通常時最大144Hzのリフレッシュレートを165Hzまで高めることができる。※XB271HUbmiprzのみ

■GameViewモードで3種類のカスタム設定を登録可能
ゲームの種類や場面に応じて、映像表示方法をカスタマイズできる「GameViewモード」を搭載。本機能は、事前に映像表示方法をカスタマイズし3種類まで登録が可能。カスタマイズした後は、ゲーミングモードを起動し1/2/3の選択ボタンを操作するだけで、好みの映像表示を簡単に選択できる。

パネルの高さや、角度を最適なポジションに調整できるマルチ対応スタンドを搭載。お好みの高さで、体に負担をかけることなく長時間ゲームを楽しめる。

XB271HUbmiprz
XB271HKbmiprz

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラが480GBで9千円を切るオリジナルSSD“Z1シリーズ”3製品を発売
ユニットコムからGeForce GTX 1070搭載・ツインドライブ構成の15型ゲーミングノートPCを発売
マイルストーン、ダイレクトなトラッキングを実現する軽量ゲーミングマウス「COUGAR Minos X5」の取り扱いを開始
マイルストーン、スタイリッシュなフルブラックのゲーミングチェア「COUGAR ARMOR Black」の取り扱いを開始
マイルストーン、レーシーなスタイルのゲーミングチェア「Playseat L33T Black」を取り扱い開始






日本エイサー、34型湾曲パネルを搭載したゲーミングディスプレイ「X34Pbmiphzx」を発売

01

日本エイサーは、Predator シリーズより34型湾曲パネルを搭載したゲーミングディスプレイ「X34Pbmiphzx」を2018年1月25日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14万円前後(税別)。

本製品は、包み込むような34型1900R湾曲パネルはゼロ・フレームを採用。曲率1900R(半径1,900mmのカーブ)の湾曲パネルを搭載する。ウルトラワイドアスペクト比21:9、WUQHD (3,440×1,440) 解像度、フレームレスデザインにより、画面に包み込まれるような感覚で、臨場感溢れる映像を楽しめる。曲面スクリーンは視線の動きを減らし、焦点調節を楽にするので、快適なゲームプレイも楽しめる。

視野角が広く、見る角度による色変化の少ないIPS式パネルを搭載。約10億7000万色の色を表示し、sRGBカバー率100%の鮮明で色鮮やかな映像を表示する。

究極のゲーミングを実現するG-SYNCと、最大120Hzの高速リフレッシュレートに対応。FPSやRTSゲームで効果を発揮するリフレッシュレートを高めるオーバークロック機能を搭載している。最大120Hzまでリフレッシュレートのオーバークロックが可能。また、動画再生時に発生しがちな映像のカクつきや、残像感を抑えるNVIDIA G-SYNCテクノロジーも搭載。滑らかな映像で、動き早いゲームにも最適だ。

ゲームジャンルに応じて最適な映像表示を設定できる「Game View モード」を搭載しています。最大3種類の設定を保存できるので、ゲームタイトル別やジャンル別に好みの映像表示でゲームプレイを楽しめる。

暗いシーンも見やすくするDark Boost機能を搭載。黒の強弱を調節して、暗がりの視認性を高める機能だ。10段階から選択できるので、シーンに応じて好みのレベルを簡単に設定できる。

モニターを長時間使用するユーザーのために、目が疲れにくいAcerVisionCareテクノロジーを搭載している。また7W+7W ステレオスピーカーを内蔵する。

画像の高さ(130mmの範囲)、チルト角(上35°、下5°)、スイベル角(左右に30°)の調節が可能なエルゴスタンドのより、最適なポジションでの視聴・プレイが可能だ。

X34Pbmiphzx

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
オフィスチェアをスタンディングデスクに早変わりさせるユニークアイテム「チェアdeスクッと」
ドスパラ、「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」推奨パソコンを発売
ロジクール、3年間の電池寿命のワイヤレスマウス「ロジクール マラソンマウス M705m」を発売
HyperX、RGBライティング対応のゲーミングキーボード「HyperX Alloy Elite RGB」が登場
DMM.com、HTC NIPPONとタイアップしHTC Vive VRキットのレンタルを開始




日本エイサー、第8世代Coreプロセッサー搭載で液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズを発売

4515777552387_4515777552233_4515777590075_001_main

日本エイサーは、第8世代インテルプロセッサーを搭載した液晶が360°回転する13.3型コンバーチブルノート Spinシリーズより2製品Spin 5 「SP513-52N-F78U」、「SP513-52N-F38Q」を2017年11月29日(水)より発売する。価格はSP513-52N-F78Uが14.3万円前後、SP513-52N-F38Qが10万円前後(いずれも税別)。

「SP513-52N-F78U」は、第8世代インテル Core i7 プロセッサーを搭載したプレミアムタイプ。薄型でありながらも最高のパフォーマンスを発揮し、ビジネスにもプライベートにも強く、使い方がどんどん広がる。

カバンに入れてかさばらない15.9mmの薄型設計で持ち運びに適しているほか、4つのモードを使い分けることで、ときにはノートPCとして、ときにはタブレットのように使うことができる。移動中や旅行先でも場所を選ばずに、いろんなシーンで活躍する。1回の充電で最大13時間の使用が可能なバッテリーを搭載。長時間使えるので外出先でも安心だ。

またドュアルトルクヒンジ採用で開いて画面をタッチして使う時にはぐらつきを抑え、開け閉めする動作の時には、軽い力でできるよう設計。360°自在に開閉ができるディスプレイに起こりやすい画面をタッチした際のぐらつきを大幅に軽減した。

Windows Ink対応のAcer アクティブスタイラスペンが標準で付属。高精細な描写が可能な1024段階の筆圧検知で、まるでペンで描いたかのような自然な書き心地を体験できる。思いついたアイディアをその場で書き起こし、データ化して共有できる。

色再現性が高く、視野角による色変化の少ないIPS方式パネルを採用し、細部までリアルに美しく映し出す高精細フルHDディスプレイを搭載。Acer Color Intelligence?のカラーマネージメント機能で鮮やかな画像や映像を心ゆくまで楽しめる。

オーディオ機能では、モードに応じて左右の音声が切り替わるオートリバースオーディオチャンネルを採用。Smart Amplifierの採用で、前モデルよりも向上したオーディオ性能は、映画館にいるかのような臨場感のある音を楽しめる。マイク機能は、音声認識をするAIアシスタント「Cortana」をより快適に使えるよう、アレイマイクロフォン4基を搭載し、4m離れた場所でも音声の検知を実現した。

Windows Hello対応のAcer指紋認証リーダー搭載で、ログイン時のスピードがアップ。すばやくOSにアクセスできる。また、事前に登録したユーザーだけが使用できるように設定できるのでプライバシーやセキュリティも安全だ。

両面どちらも使うことができるリバーシブルデザインで、コンパクトでありながら大容量の電力を流すことができる使い勝手の良いUSB3.1 Type-Cを搭載するとのことだ。

ニュースリリース
Spin 5「SP513-52N-F78U」 「SP513-52N-F38Q」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
「LEVEL∞」でAMD Ryzenを搭載したコンパクトゲームパソコンを発売

ユニットコム、「LEVEL∞」よりGeForce GTX 1070 TiとCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーゲームパソコンを発売
日本マイクロソフト、Surface ProのLTE対応モデルを法人向けに12月8日(金)より発売
アスク、TPCast製のVive用ワイヤレスキット「TPCAST Wireless Adapter for VIVE」を発売





日本エイサー、4Kパネルを搭載したHDR10対応の31.5型4Kディスプレイを発売

01

日本エイサーは、4Kパネルを搭載したHDR10対応の31.5型4Kディスプレイ「ET322QKwmiipx」を2017年11月10日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は5万5,000円前後(税別)。

本製品は、フルHD(1920×1080)の4 倍の画素数、4K の解像度(3840×2160)を実現する最新高性能パネルを採用。大画面の隅々まで色鮮やかな映像を楽しめる。

明暗の差をダイナミックに表現できるHDR10 対応のAcer HDR Ready 搭載により、輝度の幅が拡大。高コントラストで、より実物に近い色味を再現し、臨場感溢れる映像を楽しめる。対応する家庭用ゲーム機でもHDRの映像美を楽しむことができる。

従来の「レッド」(R)、「グリーン」(G)、「ブルー」(B)の3 色に加えて、「シアン」(C)、「マゼンタ」(M)、「イエロー」(Y)を加えた6 色でカラーマネージメントができる「6軸カラー調節機能」を搭載。より実物に近い、忠実な色再現が可能だ。

4K 放送視聴に必要なHDCP2.2 対応のHDMI2.0 端子を備えているため、対応チューナー接続で簡単に高解像度の4K 放送を楽しめる。入力端子は2 系統搭載しているので、ゲーム機やAV 機器をそれぞれに接続しておけば、表示を切り替えて使用できる。

黒が締まった力強い映像を楽しめるVA パネルを搭載。斜めから見ても映り込みが少なく、長時間の視聴でも目の疲れを感じにくい、178°の広視野角対応の非光沢パネルを採用している。

また同時表示機能搭載で、2つの画面を1台に同時表示させることが可能。サブ画面表示で気になるテレビ番組を見ながらの作業や、2 つの資料を並べながらの作業ができる。31.5 型の大画面ならストレスなく利用シーンに合わせた活用ができる。

このほか、液晶ディスプレイのLED バックライトは輝度調節のために目に見えない速さで明滅(フリッカー)を採用。フリッカーは目には見えないが、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われている。本製品はフリッカーレス・テクノロジーを搭載しており、フリッカーが発生しないようになっている。ブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができる。

プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Anker、音質に加え、防水・防汗性能も進化した、カナル型Bluetoothイヤホンのプレミアムモデルを発売
寒い冬に大活躍!フワッと軽いUSBで即暖ヒーターライトジャケット
サンコー、パーソナル加湿&空気清浄機「エアクリーンネックバンド」を発売
軽量&小型でも機能は十分。乾電池でも動き、返し縫いができる「返し縫いできるコンパクトミシン」
テレビから離れていても大迫力サウンドを楽しめる「音を楽しむUSBサウンドバースピーカー」



日本エイサー、自宅でシアター気分が味わえる48.5型4Kディスプレイを発売

EB490QK_2_image

日本エイサーは、高精細な映像を映し出し、臨場感あふれるサウンドの48.5 型4K モニター「EB490QKbmiiipx」を2017年8月25日(金)より発売する。価格は8万円(税別)。

本製品は、48.5型の広大な表示領域をもつ4Kパネルを採用。高精細で鮮明な映像を味わえる。また、4Kテレビ放送の視聴に必要なHDCP2.2対応のHDMI2.0端子を備えている。4Kテレビ放送を視聴するには、別途4K対応テレビチューナーが必要。

また同時表示機能搭載で、2つの画面を1台のEB490QKbmiiipxに表示することができる。サブ画面表示で気になるテレビ番組を見ながらの作業や、2つの資料を並べながらの作業など、利用シーンに合わせた活用ができる。

このほか画素を補正するスーパーシャープネス・テクノロジーを搭載。4Kパネルで解像度の低い映像を表示すると画素が粗く、全体的にぼやけてしまうが、スーパーシャープネス・テクノロジーをオンにすることで画素を補正して自然で鮮明な映像表示が楽しめる。OSDメニュー内で、オン/オフの切り替えが必要。初期設定はオフになっている。

10億7000万色の色表示が可能な10ビット色深度でスジや縞模様を低減し、より高い色再現となめらかなグラデーションを実現。実物に近い映像を楽しめる。視野角による色変化の少ないIPS方式パネルを搭載。光の反射による見えにくさを抑え、斜め方向から画面を見ても美しさをキープしてくれる。

液晶ディスプレイはLEDバックライトの輝度レベルを調整するためにLED自体を高速に点滅(フリッカー)させている。フリッカーは画面のちらつき(フリッカー)を感じたり、目の疲れや不快感、頭痛等の症状を引き起こす原因になると言われている。本製品はフリッカーレス・テクノロジーを搭載しており、フリッカーが発生しないようになっている。ブルーライトを軽減する機能を搭載しており、目の疲れや肩こりの原因になると言われているブルーライトを大幅に抑えることができる。

10W+10Wのステレオスピーカーを搭載。広い空間でも迫力のある鮮明な音質を再現し、まるでその場にいるかのような臨場感溢れる音声を実現した。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
充電式で持ち運べる!ミニ扇風機付きLEDスタンドライト「LED FAN」
テントで使えるファン付きLEDキャンピングライト
さりげない猫耳がキュートなヘッドホン「ピンクキャットヘッドホン」を発売
つけるだけでエルフ耳になれる「妖精に変身!エルフ耳イヤフォン」
HDD/SSDをセットして大量の動画を内蔵できる「SSD/HDD対応 液晶付きすごいメディアプレイヤー」




日本エイサー、「League of Legends企業対抗戦」をHOOTERS新宿店で開催

無題

日本エイサーは、2016年から協賛する東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)のeスポーツ情報番組「eスポーツMaX」公開収録にて、「League of Legends企業対抗戦」をHOOTERS(フーターズ)新宿店で開催する。

これに合わせて、日本エイサーのTwitter (@AcerJapan)をフォロー、該当ツイートをリツイートすると「Predatorキャリーケース」が抽選で当たるキャンペーンも実施される。

参加チームは「eスポーツMaX」から番組スペシャルチーム、うしろシティ金子率いる「チーム金子」、TOKYOMX、セガゲームス、ネットギアジャパン、日本エイサーが出場し、最強の称号とプライドをかけた熱いバトルが繰り広げられる。

また、本イベントは参加無料の公開収録を兼ねて行われるので、番組MCである「うしろシティ」を中心に、様々なゲームの実況や解説を行い、後日放送される。

■開催概要
名称:「eスポーツMaX」公開収録 & League of Legends企業対抗戦
日時:2017年5月21日(日)14:00(タイトル収録)、17:00(企業対抗戦)※時間は変更となる場合があります。
会場:HOOTERS(フーターズ)新宿店(東京都新宿区西新宿1-8-5 アルファ107ビル B1F-B2F)
観戦:参加無料のイベントだが、お店は通常営業の為、1人あたり1オーダー以上が必要
協力:ネットギアジャパン、日本エイサー


eスポーツMaX
Predator(プレデター)特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
NVIDIA、賞金総額60万円のeSportsトーナメント、「GeForce CUP: Overwatch powered by Level∞」を開催
ライフイズテック、「進撃の巨人」のキャラクターや世界観でデザインが学べる「創造兵団」を開催
羽田で偽家康騒動? はねだ江戸まつり2017~母上感謝祭~本日より開催中<PR>
「アイドルマスター シンデレラガールズ」とスニッカーズのコラボレーション企画の第3シーズンを開始
FINAL FANTASY XIIIの主人公「ライトニング」に菜々緒さんが挑戦






日本エイサー、ゲーム初心者にも持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型ゲーミングノートPCを発売

As_VX5-591G_02_main

日本エイサーは、Aspireシリーズより、ゲーム初心者にも、持ち運べるゲーミングPCとしても最適な15.6型高性能ゲーミングノートPC「VX5-591G-H58G」を2017年4月7日(金)より発売する。

本製品は、ハイスピードでパワフルな最新処理性能を持つ第7世代インテルCore i7プロセッサーを搭載。最新のGPUアーキテクチャのNVIDIA Geforce GTX 1050も採用されており、高品質な映像と最高のプレイ環境で、高負荷のゲームでもストレスなく快適に楽しめる。

ディスプレイにはIPS方式を採用。斜めから見ても画面の明るさや色味が落ちないため、フルHDの大画面をどの角度からでも楽しめる。サウンドは、Acer True HarmonyとDolby Audio Premiumを採用。2基のスピーカーからでるサウンドは圧倒的な臨場感を演出してくれる。

また、2つのファンで排熱効率を高め、CPUの温度上昇による処理速度低下を抑え、高機能を最大限に発揮。リア部に目立つ2つの大きな排熱孔は、実用性を計算したこだわりの角度とデザインにより、美しさを損ねない特徴的なデザインに仕上げられている。

製品概要

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
サードウェーブデジノス、GeForce GTX 1080Ti搭載ゲーミングPCを発売
ロジクール、レーザーが出なくワンタッチのズーム機能を持つ「ロジクール Spotlight」を発売
深夜じゃないぞ!ドスパラ、最新グラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti」を早朝販売
LIVA(Windows10)にHDMIケーブルと無線マウス/キーボードを同梱したセットモデルを発売
リンクスインターナショナル、Steamコントローラー、Steamリンクの取り扱いを開始




日本エイサー、「Switch Alpha 12」シリーズよりWindows 10 Home 搭載モデルを発売

Acer_SA5-271-wp-win10-06_jp

日本エイサーは、2in1 タブレット「Switch Alpha 12」シリーズより、Windows 10 Home 搭載「SA5-271-F58U/F」を2016年11月17日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は14万円前後。

Acer が独自開発した通常のファンを使わないヒートパイプ式液体冷却システム 「Acer LiquidLoopクーリングシステム」は、高性能インテルCore i5 を効率的に冷やしながら、その性能を100%引き出してくれる。ファンがないため雑音がなく、消費電力を抑えることができる。

今夏にSwitch Alpha 12 の法人モデルの発売直後から、多くのユーザーよりWindows 10 Home 搭載モデルを望む声があったとのこと。革新的技術、生産性、携帯性、使いやすさ、パフォーマンスをそのままに、Windows 10 Home 搭載した。

アイディアなどを書き留めるときに便利な高感度のアクティブスタイラスペンと、入力しやすいキーボードドックが標準で付属する。

Acer_SA5-271-wp-win10-07_jp


SA5-271-F58U/F

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場
透明なカバーで中身が見えるブルーLED式USB光学マウス




日本エイサー、大画面に大きく表示できる31.5型ワイド フルHDモニター「ER320HQwmidx」を発売

ER320HQ_00

日本エイサーは、ビジネスからゲームユースまで幅広い用途に対応する31.5型ワイドのフルHD(1920×1080)モニター「ER320HQwmidx」を、2016年10月27日(木)より発売する。

31.5型ワイドの大画面の表示領域は約40cm(縦)×70cm(横)で、少し離れた位置からでも見ごたえのあるサイズ。フルHD(1920×1080)の解像度にすることで、文字などの表示が細かくなりすぎず、鮮明な映像を大画面に大きく表示できる。

非光沢のIPSパネルは映り込みを抑えるだけでなく、高い色再現性と広い視野角でどの角度から見ても隅々まで美しい映像を表示してくれる。

本体にはHDMI、DVI-D、アナログ(ミニD-sub15ピン)の3つの入力端子を装備。パソコンはもちろん、家庭用ゲーム機、ブルーレイレコーダーなどの接続も可能で、1台のER320HQwmidxに複数機器を接続し、表示を切り替えて使用できる(PIP、PBP非対応。2つ以上の接続機器からの映像を同時に表示することは不可)。

接続機器のサウンドを臨場感たっぷりに再生する5W+5Wのステレオスピーカーを内蔵。さらにゲームプレイ時に役立つヘッドホン端子も装備しているので、周囲を気にせずゲームの世界に没入できる。

映像を見ているだけではほとんど認識できないフリッカー現象。眼精疲労を引き起こす要因のこの現象をバックライトの制御で自動的に抑制する仕様。ブルーライト透過率を50%~80%まで4段階で調節できるブルーライト軽減フィルタも搭載し、快適な視聴をプロアクティブにサポートする。

スタンドを外して壁掛けやアーム取り付けを可能にするVESAマウント(100×100mm)に対応(別途マウントベースやモニターアームが必要)。盗難防止に役立つケンジントンロックスロットを装備しているのでセキュリティ面も安心だ(別途ケンジントンロック対応ケーブルが必要)。

消費電力を最大で40%低減するECOモードを搭載。日本をはじめとする規格・基準にも適合・準拠しており、安心、安全に使用できる。

■ニュースリリース
http://www.acer.com/ac/ja/JP/press/2016/207261


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、GeForce GTX 1050 / 1050 Ti搭載パソコンの販売を開始
VRも楽々動作!自作パソコンセットの最高峰「パーツの犬モデル プレジデント」を発売
サードウェーブデジノス、買ってすぐに使える!「コミPo!」付属パソコンを発売
GALLERIA Loungeにプロゲーマーが常駐あなたのお悩みを解決します
スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場



日本エイサー、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を発売

H6502BD_sku_preview
日本エイサーは、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を2016年9月8日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8万5,000円前後(税別)。

本製品は、ビジネス・ホームユースに最適な3D対応フルHDプロジェクター。搭載されているColorBoost3D(カラー・ブースト3D)テクノロジーは、DLPチップとランプ出力を調節して、3D映像時の明るさと色再現性を高める機能。3Dメガネを装着した際の、明るさ・色味の低下を抑え、鮮明で色彩豊かな3D映像を体感できる。

「いつでも美しい映像」を追及した ColorSafe II テクノロジー搭載により、長時間の使用による色味の劣化を抑止してくれる。また3D対応再生機器、3Dコンテンツ、DLP3D対応メガネを使って迫力ある3D映像を簡単に楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
PC-9801などが「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録
AntecとRazerコラボレーションPCケース「Cube-Designed by Razer」が登場
マウスのG-TuneからGeForce GTX 1070 / 1080 とCPU&GPUダブル水冷システム搭載の最新モデル
ロジクールよりコンパクトでカラフル、そして気軽に使えるワイヤレスキーボード&マウスのセットが登場
レノボ、最新GPU搭載ハイパフォーマンス・タワー型ゲーミングPCほか2機種を発売








ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ