ITライフハック

日本エイサー

日本エイサー、「Switch Alpha 12」シリーズよりWindows 10 Home 搭載モデルを発売

Acer_SA5-271-wp-win10-06_jp

日本エイサーは、2in1 タブレット「Switch Alpha 12」シリーズより、Windows 10 Home 搭載「SA5-271-F58U/F」を2016年11月17日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、市場想定価格は14万円前後。

Acer が独自開発した通常のファンを使わないヒートパイプ式液体冷却システム 「Acer LiquidLoopクーリングシステム」は、高性能インテルCore i5 を効率的に冷やしながら、その性能を100%引き出してくれる。ファンがないため雑音がなく、消費電力を抑えることができる。

今夏にSwitch Alpha 12 の法人モデルの発売直後から、多くのユーザーよりWindows 10 Home 搭載モデルを望む声があったとのこと。革新的技術、生産性、携帯性、使いやすさ、パフォーマンスをそのままに、Windows 10 Home 搭載した。

アイディアなどを書き留めるときに便利な高感度のアクティブスタイラスペンと、入力しやすいキーボードドックが標準で付属する。

Acer_SA5-271-wp-win10-07_jp


SA5-271-F58U/F

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場
透明なカバーで中身が見えるブルーLED式USB光学マウス




日本エイサー、大画面に大きく表示できる31.5型ワイド フルHDモニター「ER320HQwmidx」を発売

ER320HQ_00

日本エイサーは、ビジネスからゲームユースまで幅広い用途に対応する31.5型ワイドのフルHD(1920×1080)モニター「ER320HQwmidx」を、2016年10月27日(木)より発売する。

31.5型ワイドの大画面の表示領域は約40cm(縦)×70cm(横)で、少し離れた位置からでも見ごたえのあるサイズ。フルHD(1920×1080)の解像度にすることで、文字などの表示が細かくなりすぎず、鮮明な映像を大画面に大きく表示できる。

非光沢のIPSパネルは映り込みを抑えるだけでなく、高い色再現性と広い視野角でどの角度から見ても隅々まで美しい映像を表示してくれる。

本体にはHDMI、DVI-D、アナログ(ミニD-sub15ピン)の3つの入力端子を装備。パソコンはもちろん、家庭用ゲーム機、ブルーレイレコーダーなどの接続も可能で、1台のER320HQwmidxに複数機器を接続し、表示を切り替えて使用できる(PIP、PBP非対応。2つ以上の接続機器からの映像を同時に表示することは不可)。

接続機器のサウンドを臨場感たっぷりに再生する5W+5Wのステレオスピーカーを内蔵。さらにゲームプレイ時に役立つヘッドホン端子も装備しているので、周囲を気にせずゲームの世界に没入できる。

映像を見ているだけではほとんど認識できないフリッカー現象。眼精疲労を引き起こす要因のこの現象をバックライトの制御で自動的に抑制する仕様。ブルーライト透過率を50%~80%まで4段階で調節できるブルーライト軽減フィルタも搭載し、快適な視聴をプロアクティブにサポートする。

スタンドを外して壁掛けやアーム取り付けを可能にするVESAマウント(100×100mm)に対応(別途マウントベースやモニターアームが必要)。盗難防止に役立つケンジントンロックスロットを装備しているのでセキュリティ面も安心だ(別途ケンジントンロック対応ケーブルが必要)。

消費電力を最大で40%低減するECOモードを搭載。日本をはじめとする規格・基準にも適合・準拠しており、安心、安全に使用できる。

■ニュースリリース
http://www.acer.com/ac/ja/JP/press/2016/207261


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ドスパラ、GeForce GTX 1050 / 1050 Ti搭載パソコンの販売を開始
VRも楽々動作!自作パソコンセットの最高峰「パーツの犬モデル プレジデント」を発売
サードウェーブデジノス、買ってすぐに使える!「コミPo!」付属パソコンを発売
GALLERIA Loungeにプロゲーマーが常駐あなたのお悩みを解決します
スタイリッシュなデザインのボトル型PC「Diginnos DG-CANPC」が登場



日本エイサー、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を発売

H6502BD_sku_preview
日本エイサーは、3D対応フルHDプロジェクター「H6502BD」を2016年9月8日(木)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8万5,000円前後(税別)。

本製品は、ビジネス・ホームユースに最適な3D対応フルHDプロジェクター。搭載されているColorBoost3D(カラー・ブースト3D)テクノロジーは、DLPチップとランプ出力を調節して、3D映像時の明るさと色再現性を高める機能。3Dメガネを装着した際の、明るさ・色味の低下を抑え、鮮明で色彩豊かな3D映像を体感できる。

「いつでも美しい映像」を追及した ColorSafe II テクノロジー搭載により、長時間の使用による色味の劣化を抑止してくれる。また3D対応再生機器、3Dコンテンツ、DLP3D対応メガネを使って迫力ある3D映像を簡単に楽しめる。

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
PC-9801などが「重要科学技術史資料(未来技術遺産)」に登録
AntecとRazerコラボレーションPCケース「Cube-Designed by Razer」が登場
マウスのG-TuneからGeForce GTX 1070 / 1080 とCPU&GPUダブル水冷システム搭載の最新モデル
ロジクールよりコンパクトでカラフル、そして気軽に使えるワイヤレスキーボード&マウスのセットが登場
レノボ、最新GPU搭載ハイパフォーマンス・タワー型ゲーミングPCほか2機種を発売








ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら

最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ