ITライフハック

日本製

1秒に4枚も売れたマスク、なにが違う?

【日本製・個別包装マスク】

トータルベネフィットは、【日本製・個別包装マスク】を2020年7月13日より緊急追加販売する。
今回の追加販売は、「買いたかったのにもう完売?」「次の再販はいつ?」などの要望が多かったことへの対応となる。
価格は通常価格1枚72円(税別)のところ、キャンペーン特別価格1枚65円(税別)。
50枚(1箱)なら、3,600円(税別)のところ、3,250円(税別)。
今回10万枚限定価格のため、なくなり次第終了となる。

■10時間で15万枚を完売
【日本製・個別包装マスク】は、10時間で15万枚を完売したマスクだ。

ほかのマスクと比べて、なにが違うのだろうか?

トータルベネフィットは、
・安心の日本国内製造(大阪府内)
・貴重なお客様の声を反映した、さらなる品質向上
・お出かけ、ご旅行で需要が高まる、安心・衛生的な持ち運び便利な個別包装
この3つのこだわりを持っている。

今回追加販売される【日本製・個別包装マスク】は、
・フィルター:「薄い」との声に応え、メルトブローのフィルターを変更
・不織布:型くずれしにくい素材を使用
・箱にシール:運搬時に箱が空いてしまうという意見から、箱にシールを貼り改善
この3つが前回販売分と異なる。
この3つが前回販売分と異なる

トータルベネフィット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
M84収蔵作品展「Edward SteichenのEleonore Duseなど」開催へ【Art Gallery M84】
A4クリアファイルのフェイスシールド、フェイスシールド用フレーム「Face Tech」を供給へ
完全ノンアルコールバー「0%」が六本木にオープン!朝から楽しめる新ジャンルのバー
東京ディズニーランド時間帯別の混雑エリア
消毒用アルコール、電机本舗が市販のお酒でつくる方法を公開






国産の「文様割箸」を使おう!吉野町×竹内製箸所×吉野高等学校のプロジェクトが発足

奈良県吉野町と、1日に1万3000本の箸を製造する竹内製箸所、奈良県立吉野高等学校による産学官共働である「文様割箸」プロジェクトが2015年4月18日(土)に発足した。これは国内の年間消費量が250億膳ある「割箸」の9割以上が外国産で、国産が数%しかないという現状をうけ、割箸の元祖である「国産割箸」に目を向けてもらいたいという思いから発足したもの。国内で7割以上の生産量を誇る奈良県吉野地域(奈良県南部)が主体となり、吉野町の竹内製箸所、奈良県立吉野高等学校と共働で立ち上げ、割箸の魅力を日本国内はもちろんのこと、世界へ向けて発信することを目的としている。

続きを読む

高品質なレッツノートの工場!開発現場並みの検査施設【デジ通】

自社製のチップマウンターで製造されるレッツノートの基板


パソコンの開発や工場を見学した経験はそれほど多くないが、どの会社も開発現場には開発に関係の設備が、工場では生産に関係する設備があるが、レッツノートの工場は開発現場並の検査施設などが用意されている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ