2011年3月11日、午後2時46分18秒。宮城県牡鹿半島の東南東沖130キロメートル、仙台市の東方沖70キロメートルの太平洋の海底を震源とする地震が発生。この地震、日本周辺における観測史上最大の地震であり地震の規模は日本観測史上最大のモーメントマグニチュード9.0(気象庁マグニチュード暫定8.4)を記録した。

その震源は広く岩手県沖から茨城県沖までの南北約500キロメートル、東西約200キロメートル、面積としておよそ10万平方キロメートルのすべてが震源域とされた。最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7(7以上の震度はない)で、宮城・栃木・福島・茨城の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強または震度7相当の揺れを観測した。


続きを読む