ITライフハック

東京ゲームショウ2019

東京ゲームショウ2019ドコモブースオープニングイベントを開催

main

NTTドコモは、 2019年9月12日(木)~9月15日(日)に幕張メッセにて開催される国内最大級のゲームのイベント「東京ゲームショウ2019」にブースを出展する。初日のビジネスデイである2019年9月12日(木)に『東京ゲームショウ2019ドコモブースオープニングイベント』を開催した。

■5G通信がゲームカルチャーにもたらす未来
ドコモ吉田裕之担当部長は、 5Gがゲームカルチャーにもたらす未来と進化について「eスポーツだとプレイヤーの対戦環境、視聴環境が劇的に変わってくると思いますし、5Gの特徴である高速大容量という特徴を活かしてこれまでになかったようなクラウドゲームが流行っていくのではないかと思います。」と話した。

当日のゲストにはゲーム好きタレントの夏菜さんが登場。過去にオンラインゲームを20時間プレイしたエピソードを披露し会場を驚かせた。また、夏菜さんには「ストリートファイターV アーケードエディション」の世界トッププレイヤーとして有名なウメハラ選手と、ときど選手の対戦を事前に収録した映像をAR化した対戦映像を観戦してもらったそう。

昔からゲームが大好きだという夏菜さんは「実は東京ゲームショウに来るのは今回で3回目になるんですが、毎年すごく楽しみにしているんです。このドコモブースも想像以上に臨場感や迫力があってわくわくしますね。」と笑顔で話しました。またゲームに関するエピソードを聞かれると、「子供の頃からゲームが大好きなんですけど、少し時間のあった時にぱっと開いたゲームにドはまりしてしまって、一時期寝るのもご飯食べるのもパソコンの前という生活を1年弱続けていました。多いときは1日20時間ゲームしてたこともあります!」と話し、会場を驚かせた。

5G回線で映し出されたAR対戦を観戦した夏菜さんは「 好きな角度と距離で見れるので本当に目の前で繰り広げられているような感覚になるし緊迫感がありますね。しかも5G回線ということで映像の動きがすごく滑らかでびっくりしました。」と驚きを隠せない様子でした。そして最後に「初めて体験させていただきましたが、このすごさは体験してみないと絶対伝わらないので、是非皆さんも足を運んでいただいて体験してほしいです!」とコメントした。

sub1


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「バーチャルキャスト」が東京ゲームショウ2019 TSUKUMOブースに「バーチャル写真館 in TGS2019」を出展
ウルトラマンの原点『ウルトラQ』が史上最高画質の極みへ!『ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX』
aiboと触れ合える体験型企画「Shibuya Town with aibo」をソニースクエア渋谷プロジェクトで実施
今度のきのこの山って一体、何味なんだ???「きのこの山謎のホワイト」が登場
カプコンの人気キャラクター集結のスマホ向けアルティメットカードバトル『TEPPEN』、TGS2019で国内公式トーナメント大会初開催



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 2TB (CUH-7200CB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-11-21


「東京ゲームショウ2019」が開幕!40カ国・地域から655企業・団体が出展

tgs

東京ゲームショウ2019(主催:コンピュータエンターテインメント協会[略称:CESA]、共催:日経BP、会場:幕張メッセ/以下、TGS2019)は、昨日2019年9月12日(木)から15日(日)まで、4日間の会期にて開催される。前半の2日間(12日・13日)は、ゲーム業界関係者、プレス向けのビジネスデイ、後半の2日間(14日・15日)は一般公開日となる。

■国内出展社数は過去最多
TGS2019には40の国と地域から、655の企業と団体が出展する。内訳は、国内出展社数は過去最多の350社、海外出展社は3年続いて300社を上回った。出展小間数は2417小間と過去最多を記録し、事前に届け出があった出展タイトル数は1522タイトルだった。

来場者数は2013年から6年連続で25万人以上を記録している。今年は、会場に来られないゲームファンにも東京ゲームショウの熱気を届けるため、eスポーツステージ企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」やイベントステージのライブ配信に加え、会場内の見どころをコンパクトにまとめて配信するニュースクリップ映像などを、さまざまな動画プラットフォーム上に用意。英語・中国語による配信や、英語字幕付きとすることで、アジアを含めたグローバル規模でのつながりを体感できるようになっている。

■東京ゲームショウ2019 出展規模(2019年9月12日時点)
出展社数 : 655社 〈昨年:668社)
出展小間数: 2,417小間 (昨年:2,338小間)
出展社の国・地域: 40 (昨年:41)
出展タイトル数 : 1,522タイトル (昨年:1,568タイトル)


tgs


東京ゲームショウ2019

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「バーチャルキャスト」が東京ゲームショウ2019 TSUKUMOブースに「バーチャル写真館 in TGS2019」を出展
ウルトラマンの原点『ウルトラQ』が史上最高画質の極みへ!『ULTRAMAN ARCHIVES ウルトラQ UHD & MovieNEX』
aiboと触れ合える体験型企画「Shibuya Town with aibo」をソニースクエア渋谷プロジェクトで実施
今度のきのこの山って一体、何味なんだ???「きのこの山謎のホワイト」が登場
カプコンの人気キャラクター集結のスマホ向けアルティメットカードバトル『TEPPEN』、TGS2019で国内公式トーナメント大会初開催



PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 2TB (CUH-7200CB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
2018-11-21


ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。年甲斐もなくゆるキャン△でアウトドアに目覚めボーイスカウト以来のアウトドア再デビュー。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドはソロキャンプ。ブッシュクラフトとまではいかないが月1~2はどっかにキャンプに行っている。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ