ITライフハック

東京電力

東京電力、停電・雨雲・地震情報などを配信するアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始

main

東京電力ホールディングスは、2017年1月12日より、停電・雨雲・地震情報、ならびに東京電力グループからのお知らせを配信するスマートフォン向けアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始すると発表した。

近年、スマートフォンの普及とともに、多くの方々がアプリを経由してさまざまな情報を取得している社会的背景を踏まえ、同社のホームページなどで知らせている情報を当アプリでも配信し、より多くの人にに東京電力グループの情報を直接つたえていくとのこと。

当アプリでは、登録した地域での停電・雨雲・地震情報などをプッシュ通知でお知らせし、暮らしをサポート。特に停電情報は、停電している地域だけでなく、停電軒数や復旧見込みも知らせるとのこと。登録地域は最大8カ所まで登録でき、自宅、実家、勤め先の停電情報などをプッシュ通知で把握することができる。

また、地震や台風などが発生した際には、東京電力グループの設備被害状況などについてもプッシュ通知で知らせることから、福島県や新潟県に住んでいる人にも、当アプリを通じて、速やかに当社原子力発電所の設備状況について知らせるとしている。

TEPCO速報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
頑丈に固定でき取り付けも簡単な360°回転式バイクマウントホルダー「A250」
ソフトバンク、防水・防じんに対応し、耐衝撃性能を備えたコンパクトサイズの衛星電話を発売
GPS搭載によりアウトドアでの活動シーンを広げるSmart Outdoor Watch「WSD-F20」を発売
絶対夢に出る! はいだしょうこが歌・作画・声優を担当した期待を裏切らない電報スペシャルムービー
「ウルトラマンシリーズ×SHINZI KATOH」のiPhone7ケースが発売




余力8.4%で夏を乗り切れるのか?東電が24日に4389万kWを記録



24日は暑かった。埼玉県熊谷市では、6月の最高気温が1997年に記録した37.4度を抜き、14時20分に39.8度と過去最高を記録した。10時にはすでに32.3度と30度を超え、12時には36.3度となり、19時の33.7度に下がるまで、35度以上の気温が続いた。埼玉だけでなく、栃木、群馬といった内陸部で6月の最高気温を更新し、軒並み35度以上の猛暑日となったのだ。

ここまで暑いと、エアコンは欠かせなくなる。我慢しすぎると熱中症の危険もある。
問題は、東日本大震災以来、東京電力が十分な電力供給能力を持っていないことだ。もしかすると、ゆゆしき事態も考えなければならないかもしれない。

なんと、東京電力管内の電力使用量が、24日14時に4389万kWを記録したのだ。

続きを読む

日本経済の元気が被災地の元気につながる!過度な自粛はやめて日本を盛り上げよう



東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方では、福島第一原子力発電所は国際原子力事象評価尺度の暫定評価がレベル5からレベル7へ引き上げられ、状況の深刻さがうかがえる一方、各地で復興への歩みも進み始めている。

これにあわせるように、国土交通省・観光庁のWebサイトでは、岩手、宮城、福島と3県の県知事からのメッセージサイトを紹介している。
宮城県知事からの「被災地が元気になるためには、日本経済全体の元気が必要であります。全国の皆さまには、過度に自粛することなく、ぜひ、被災者の分まで経済活動やイベントの開催などを積極的に行っていただき、日本全体を盛り上げていただきますようお願いを申し上げます」との言葉通り、復興には支援の手が欠かせないのだ。

たとえば、被害の少なかった宮城県の松島町ではゴールデンウイークに向けて観光客の受け入れ準備が進められている。JR東日本は、東京~仙台の東北新幹線を4月27日ごろに運転再開見込みだ。震災の爪あとが残され、訪れることを控えた方がよいエリアもあるが、東北地方の中でも震災の影響の少ないエリアへ出かけてみることで経済を活性化するという支援もあるのだ。

続きを読む

放射線量がグラフでわかる!東京電力、福島原発のまとめページを開設



東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により、放射線による人体への影響がとりざたされている。ソフトバンクの創設者である孫正義氏は、被ばく線量引き上げに激怒したほどだ。そんな原発事故に対して、東京電力は福島原発のまとめページを開設した。

続きを読む

計画停電の問題点!街で不便に感じることは少ないがエリアは不満

東日本大震災では福島第一原子力発電所が被害を受けるなどしたため、電力供給量が大幅に落ち込んだ。現在はひと段落しているが、東京電力管内では、供給量の落ち込みにあわせて計画停電が実施された。

インターワイヤードでは、ネットリサーチDIMSDRIVEで計画停電についてのアンケートを実施した。すると、東京電力管内では、全国より節電の意識が高くなっていることが分かった。

続きを読む

東北新幹線や東北本線の復旧が進んできた東北地方を巨大余震が襲う



東日本大震災で福島原子力発電所が影響を受け、予断を許さない状況だ。その一方で東北地方は徐々に復旧の道を歩みつつあった。しかし、4月7日23時30分ごろに大規模な余震が発生し、東北地方は大規模な停電となったのだ。
その一方、被災した線区の復旧も進んでいる。東北新幹線の福島~新青森は余震の影響で調査点検が行われているが、那須塩原~福島は4月12日に運転を再開する予定だ。東北本線も4月中旬に仙台まで運転を再開する予定となっている。これで、東京から仙台までの鉄路が確保されるようになる。
ここでは、4月8日現在に発表されている運転再開情報を見ていこう。

続きを読む

計画停電の注意!パソコンはシャットダウンを モーター使用製品はコンセントを抜こう

東京電力と東北電力は、東日本大震災により、電力供給量が落ち込み、計画停電を計画した。春の暖かな日差しのおかげで、エアコンの使用量が減り、計画停電の実施自体は減っている。しかし、夏にかけて、この状況が続くとは思えない。どのくらい供給量が増やせるかにもよるが、計画停電を実施しなければいけないことになりそうだ。

各メーカーから案内されている情報によると、停電時にはコンセントを抜くこととしている。冷蔵庫やエアコンなど、モーターを使った家電製品は起動時の電流が多い。停電から復帰したとき、一斉に家電が運転を始めると、ブレーカーが落ちたり、ヒューズが飛んだりして家電製品への影響が懸念されるからだ。

ということで、家電製品をはじめとした停電時の注意事項を確認していこう。

続きを読む

海岸線の23駅が津波で流出!東北新幹線は4月下旬に全線復旧



東日本大震災で福島原子力発電所が影響を受け、安全な状況になるまでは時間がかかりそうだ。このため、東京電力エリアでは、電力が不足し、計画停電が実施されている。
JR東日本は地震による津波で大きな被害が出た。その被害状況が徐々に明らかになってきたのだ。それでは、鉄道および高速バスの状況を見ていこう。

続きを読む

震災ニュースよりも安否情報!さらに東京電力サイトは訪問者が10倍に



東日本大震災では、Twitterをはじめ、ソーシャルネットワークやニュースサイトが、よく利用されたという。ニールセン・ネットレイティングスが提供するインターネット利用動向調査「NetView」をベースに、ネットレイティングスがまとめた東日本大震災が発生した週の週間データから、震災にあわせて訪問者数が伸びたサイトが明らかになった。

続きを読む

つばさ(福島~新庄)が4月上旬に運転再開見込!JR東日本の復旧の行方は



東日本大震災で福島原子力発電所が影響を受け、予断を許さない状況だ。このため、東京電力エリアでは、電力が不足し、計画停電が実施されるようになった。このため、鉄道会社各社は列車運行スケジュールを変えている。
その一方、被災した線区の復旧も進んできた。秋田新幹線(秋田~盛岡)、東北新幹線(新青森~盛岡)が運転を再開し、山形新幹線(福島~新庄)は4月上旬に運転再開見込となっている。
3月25日現在の運転再開情報を見ていこう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信中
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

タレコミ、ITライフハックに寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

編集長・ライター
小川夏樹

ソフトバンクにてPCComputing、PCJapanの編集を経験した後フリーランス・ライターを経て現在に至る。PCハードウェア、Windows使いこなし、イメージングデバイスを語らせたらいつまでも話が止まらないPCヲタ。また早期からユーザー配信サービス(ニコ生、Ust、Justin等)にも注目し特にニコニコ生放送では“囲い厨で弾幕職人”な日々を送っている側面も持つ。IBMにてThinkPadのリペア技術員の経験アリ

副編集長・ライター
今藤弘一

PCComputing、PCJapanの編集からZDNet(現:ITmedia)へ、ITmedia Games、PCUPdate(現:PC USER)の編集長からオンラインゲーム会社のIR担当や採用広告の制作、フリーライターを経て現在に至る。最近のトレンドは電子工作でハイレゾアンプを作ること。あと鉄分(乗り鉄)かなり多め。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ